ここから本文です

投稿コメント一覧 (11734コメント)

  • >>No. 858

    株価が噴かないように上手く買い戻している。

  • 【材料なし】

    材料がないので上がりようがない。
    そんな中で健闘している。

    材料が出るまで辛抱して待つしかない。

  • >>No. 292

    > yumさん
    > 今晩は   ハイテクです。
    >
    > 仰る通りです。
    > Yumさんは大株主ですから一度DDSへ直接訪問して話を聞かれたら如何でしょう。

    このままFAQの更新されなければ電話くらいはするかもしれません。
    関西在住なので半日でDDSへの直接訪問もできますが。

  • 【Credit Suisseの売り残減少】

    4/23 394,478  -19,900
    5/8  350,578  -43,900
    5/15 258,076  -92,502
    5/18 167,510  -90,566  ※報告義務消失

    野村だけではなくCredit Suisseも減少。
    394,478 ⇒ 167,510に約60%減少し、報告義務消失へ。

    野村と同様に5/11の1Q決算発表後に大きく買い戻している。

    もうすぐ大きな材料が出てくる、業績が好転する前兆だとうれしいです。

  • 【野村の売り残減少】

    4/24  769,468
    4/26  759,568   -9,900
    5/02  715,068  -44,500
    5/09  667,768  -47,300
    5/10  633,611  -34,157  *5/11に1Q決算発表

    5/14  532,797  -100,814  
    5/15 456,253  -76,544
    5/16 385,056  -71,197

    769,468⇒ 385,056へ売り残が半減。
    特に1Q決算発表後の買い戻しが多いことに注目。

  • 【マザーズ指数】

    マザーズ指数 +0.72%
    DDS    +1%

    連動しているようですが、DDSがマザーズ指数を上回ったたのは1時頃の急上昇が原因でしょう。
    空売り機関の買い戻しでしょうか?

  • 【生体認証】

    DDSの予想は常に甘かった。
    売上に直結しないようなことも、さも売上が大きく増加するように。

    マガタマが数百万個売れる。(現実は数百個?)
    数年前FIDOに加入した翌年にはFIDOで数億円の売上予想。(前期まではほとんど売上なし)
    日本HPと共同受注してマガタマプラットフォームで売上増。(期ずれのまま)

    市場を騙すかのように株価を上げる。
    そのタイミングでストックオプションで安く手に入れた自社株を売却して、資金繰りに回す。

    そんなことを繰り返してきたから市場の信頼が薄い。

    しかし、ようやく生体認証が普及し始めた。
    本当に売上を伸ばせる時代がやってきた。

    今年、売上を伸ばせなかったらDDSはお終いだろう。
    だから、今期の業績に進退を賭けて欲しい。

  • 【明日に期待】

    現時点で
    為替111.3円台
    ダウ先物 +210

    このまま行けば明日は大きく上げそうなので期待している。

  • 【明日は取締役会】

    確か火曜は定例の取締役会がある日。
    夕方に何か発表か、FAQの更新があればうれしい。

  • >>No. 169

    > 【子どもの喧嘩】
    >
    > 土日の掲示板はDDSの事業、業績とは関係のない、売り方と買い方の言い争い。
    >
    > 冷静な目で見ると子どもの喧嘩のようでした。
    > 掲示板のレベルと雰囲気が悪くなりました。つまり、売り方の勝利です。
    >
    > 低レベルな投稿は無視した方がDDSのため、ホルダーのためになります。

    土日もずっと。
    ホルダーならまだしも、ノンホルで平日も土日もネガティブ投稿。

    暖かい家庭、充実した仕事、友人、周りからの信頼と尊敬とは無縁なんでしょうね。
    私には哀れな人にしか映らない。

  • >>No. 262

    > NNL社は、上場申請してるのかねぇ???
    > 詳しい方、情報教えてほしいなぁ。。。

    その前にどれくらいの売上があるのかを知りたい。
    成長率も。

  • 【ファナック】

    ファナック +1.67%
    安川    +0.54%

    ファナックがようやく上昇に転じ始めた。
    安川ももっと上がってよいはず。

  • 【死守祈願】

    日経平均23000円
    DDS600円

  • 【そろそろ】

    そろそろFAQを更新して欲しいです。
    社長挨拶も。

  • >>No. 225

    > W3CがFIDO2.0を最終勧告後に、FIDOの中心的存在であるNNL社が、本当にナスダックに上場することになったら、DDSの出資額2億円は何倍位の時価になるのだろうか? その売却特別利益でマイナス利益剰余金を一掃できないかな~。

    DDSやDDSのホルダー側からの視点ですね。
    NNL側から見るとどうなるかです。
    NNL社こそ最も上場益が得られるタイミングを見計らなければなりません。

    最高のタイミングはFIDOの普及が本格化し、NNL社がこれから大きく成長するとマーケットが見るようになったときです。
    早くて来年の後半、私は2年か3年後ではないかと予想しています。

    売上8億円、時価総額200億円くらいの某企業のように将来が期待されるようであれば数十億円かもですね。

  • 【マザーズ指数】

    マザーズ指数は1.5%ほど上昇。
    DDSは連動していない。

  • >>No. 165

    【決算短信より】

    平成30年12月期の通期業績予想は、昨年度の期ズレ案件を含む商談が下半期に集中していることもあり、
    (中略)
    業績予想に変更はありません。

    7月以降、大きな材料がぞくぞくと発表されそうです。
    機関は早耳だから買い戻し始めています。

    > 以下は推測ではなく、事実です。
    >
    > 4/24  769,468
    > 4/26  759,568   -9,900
    > 5/02  715,068  -44,500
    > 5/09  667,768  -47,300
    > 5/10  633,611  -34,157  *5/11に1Q決算発表
    >
    > 5/14  532,797  -100,814  
    > 5/15 456,253  -76,544
    > 5/16 385,056  -71,197
    >
    > 769,468⇒ 385,056へ売り残が半減。
    > 特に1Q決算発表後の買い戻しが多いことに注目。
    > おそらく野村は予想より少ない成り売りと、寄付きの558円を見て株価的に底に来ていると判断したのではないでしょうか。
    > 5/14は寄付き後、反転して577円で引けました。(直近の安値引けは4/16の580円、それとほとんど同じ)
    > 野村の100,814株の買い戻しが影響しています。

  • 【子どもの喧嘩】

    土日の掲示板はDDSの事業、業績とは関係のない、売り方と買い方の言い争い。

    冷静な目で見ると子どもの喧嘩のようでした。
    掲示板のレベルと雰囲気が悪くなりました。つまり、売り方の勝利です。

    低レベルな投稿は無視した方がDDSのため、ホルダーのためになります。

  • >>No. 165

    > 5/14は寄付き後、反転して577円で引けました。(直近の安値引けは4/16の580円、それとほとんど同じ)

    4/16の引け値が580円。
    4/17以降の報告のあった機関の空売り状況です。

    売り増し  3件 
    買い戻し  20件

    機関は買い戻しに走っています。
    つまり、株価的に底であり、下期から業績が回復し株価は上昇すると判断したと考えられます。
    (おそらく業績が回復する材料をキャッチしたのでしょう)

  • 【1Q決算発表と野村7連続買い戻し】

    以下は推測ではなく、事実です。

    4/24  769,468
    4/26  759,568   -9,900
    5/02  715,068  -44,500
    5/09  667,768  -47,300
    5/10  633,611  -34,157  *5/11に1Q決算発表

    5/14  532,797  -100,814  
    5/15 456,253  -76,544
    5/16 385,056  -71,197

    769,468⇒ 385,056へ売り残が半減。
    特に1Q決算発表後の買い戻しが多いことに注目。

    5/11(金)の決算発表から5/14(月)の寄付きまで、掲示板でが売り煽りが多数を占めました。
    5/14の寄り付きで成り売りは20万株台でした。
    50万株を超えていたらストップ安だったでしょう。

    おそらく野村は予想より少ない成り売りと、寄付きの558円を見て株価的に底に来ていると判断したのではないでしょうか。
    5/14は寄付き後、反転して577円で引けました。(直近の安値引けは4/16の580円、それとほとんど同じ)
    野村の100,814株の買い戻しが影響しています。

本文はここまでです このページの先頭へ