ここから本文です

投稿コメント一覧 (53コメント)

  • 2018/08/07 00:18

    <nikkansports 全英女子、比嘉真美子、大健闘の4位 >
    「日本勢では41年ぶりとなるメジャー優勝はならなかった」。

    日刊スポーツ、大健闘は失礼だろ。惜敗。今の日本の女子ゴルフは世界レベル、上の20人はいつメジャー勝っても不思議ない。もうメジャー何勝の比嘉とか鈴木とか、10代のメジャーチャンピオンとか、そういう時代。

    申ジエを超えれば世界No1が見えてるんだから。生身の良い目標が目の前に居る今は数年前とは違う。
    強い韓国勢に揉まれて、その韓国勢さえ勝ちが少なくなった日本ツアー。世界の女子全メジャーチャンピオンは日本ツアーからが実現の時代に。

  • > 6750 日大 秋のリーグ戦出場不可
    > 6751 連盟の「当然な対応」だろう。

    超おっしゃる通り。
    当初、「廃部」とか言ってってここまで来たのに。もったいなー。

    大人の事情、ほぼ一人の権力者の事情でこうなるとは。連盟や身を呈した良識ある人達の愛の鞭で、「雨降って地固まる」実現してよ、日大、関係者。

    ※選手は気の毒も、甲子園辞退の10代の高校球児よりはまし。

  • 岡三「3~5月期決算の粗利益率の改善幅は会社側の計画以上だったと分析。廃棄ロスの低減や販売促進の抑制に加え、6~8月期以降は傘下3社の共同仕入れの条件変更に伴い利益率の拡大余地があるとみている」。

    強気まで良くだすね。短期筋のおもちゃにしてるだけじゃないの。
    空売った個人の損切りを、短期筋の資金力で株価幾らでも動かせる小型株。
    マネーゲーム短期筋が岡三だったりして。
    IFIS割安性スコア33点、成長性スコア31点、PER28.9倍だが。

  • いやあ、サッカーW杯を日本人が楽しめるなんて幸せ。

    > サッカーはW杯でたかが16強になっただけで騒ぎ過ぎです。
    > 田嶋氏は辞任すべき。 西野の続投も考えられない。

    16強と言っても、その1勝は87分間で10人対11人のハンデ戦。コロンビアが手を抜かなければ2敗1分け勝ち点1の惨敗。
    田嶋のおっさん「素晴らしかった」。選手も満足げ。

    ちょっと待ってよ、選手関係者たち。W杯をなめちゃアカンよ。次出られなくなるぜ、こんなんで満足されてちゃ。今回は運が大きく味方したでしょ。

    今回、超強豪のイタリアとオランダ、ランク9位のペルー、ウェールズ、スコットランド、東欧の強豪、etcetcでさえ出場できず。それ当たり前の世界。甘過ぎるだろ、田嶋さん、長友、長谷部他。

    アジアも中国の近平さんは「国家予算幾ら使ってもいいからサッカー強くしろ。10億人から選抜だ。ナショナリズムを煽るのに一番いい」。中東も、治安が安定すればサッカーしかない本格強化。

    サッカーなめちゃ~、いかんぜよ! 本田の言うように、優勝の為に何をすべきかでやって。それで16強なら分かるけど。

  • > サッカー少女  - - - - > 親日で美人が多いポーランド

    サポーターの独身野郎たち、残念でしたねえ、試合が終ってしまい。
    美人の国なので、美人が自分を美人と思っていない人達なだけに。

    「ポ-ランド 美女多い」yahoo 検索 ⇒ ポーランド女性の特徴. ポーランド女性は、とにかく美人で愛想が良くて、フレンドリーです。

    ・ 親日国であるので日本人男性に対する違和感が少ない
    ・ 長身の女性もいるが日本人男性にピッタリの小柄な女性も多い
    ・ 欧州でも有数のカトリック国で家庭的な人が多い
    ・ 言葉での感情表現がとても豊か
    ・平均値が高い。かつてはポーランド共和国の版図に入っていたウクライナ、ベラルーシまで含めて、顔立ちの整った美人女性が多いのは確か

    ポーランド 美女サポーターの画像(11,500,000件)

  • > ポーランドは、H組でFIFAランキングは最上位だったが、一番先に予選敗退が決定してしまった。> 第二戦目のコロンビア戦では、明らかに、実力負けした感じだった。
    > 次戦のポーランド戦は大敗する。実力が違いすぎる。

    ポーランド選手、モーティベーションほぼゼロの運。
    ポーランド対コロンビア戦、ハマス大活躍、を日本戦に休ませた運。
    コロンビア、日本を舐め切った運。
    コロンビア戦、開始3分で相手レッドカードの運。
    セネガル、初戦に比べたらだるそうな遅い動きの運。
    日本はゴールがいい所で決まる決定力の運。

    これだけ運に200%恵まれた大会はない。これで決勝T行かなかったらいつ行けるんだ。

  • >>No. 199

    > バーガーキングやフレッシュネスバーガーが出店を増やす。バーガーキングは名前がよい。伸びるだろう。マクドのシェアを取ってくる。期待大。

    シェアなら、日本はコンビニが利便性で奪う気がします。

    そもそも、ハンバーガーショップ自体が日本ではシュリンクだと思います。『サブウェイ170店舗閉鎖』のように。日本は美味しいものがたくさんある。

    アメリカ文化を追い掛けたマクドオーナーも多くは60歳代半ばでしょ。そろそろ。アメリカでも「Consumer Reports調査3万2405人、9万6200回の食事回数。マクドナルドは10点満点中5.8点で全21社中最下位(gigazine)」。

    世界でも「モルガンSを売却諮問社に選定し、総2800以上の店舗を保有しているアジア地域の事業運営権の売却を進めてきた。中国事業を売却。売却額は20億ドル超えるとみられる。業績が頭打ちとなっており世界でリストラを進めている」。

    株はマネーゲーム、この株はそれを楽しめばいい株かと。

  • >>No. 13

    > 片山晋呉 当面ツアー出場自粛
    気の毒に晋呉ちゃん。看板選手だし一罰百戒と皆の為にと思って背負って。
    四半世紀以上、この問題にほぼ何もしなかった協会の管理責任が大きいが。

    思い起こせば、ジャンボ時代には何もせずとも客が付き、スポンサーを断っても試合が1年間ぎっしり。ピーク時に育った選手はスター気取りで「プロアマより試合に集中させてくれ。プロアマ出たくない」だの。それを協会がしかりもせず、スポンサーは「じゃあ、おまえら勝手にやれよ」って感じでブームが去って行った。(苦労した女子プロの樋口さんの厳し過ぎるのとは対照的)。

    ゴルフで飯食うプロである以上、アベレージのおっさんと遊びゴルフをするのも仕事。その点は、女子プロを見習って→研修しましょう-->

    --> シーズン開幕当初から、選手の意識改革について言及してきた石川だが、教育制度についても考えていることがあった。PGA研修、『何で自分たちがゴルフでお金をもらえているか』。プロアマやファンサービスについてのノウハウや、業界のしくみについて徹底して教えるシステムが必要だと語る。

    ということで晋呉さん、柄じゃないけど、今回は全ての犠牲になって。

    と共に、スポンサー招待客も開催で持ち出し金5憶円超(?)は大変だけど、トップアマとかプロのゴルフは同伴者を待たない冷たい、孤独な自己中が染みついていることも分かってあげて、「お~い今日はアマゴルフやれよ!」くらい、皮肉ってあげては。

  • >>No. 213

    > 片山晋呉が不適切行為 処分へ
    > 13番からスタート。プレーを終えて招待客は14番ティーグラウンドに向かったが、片山は同行せず放置。13番グリーンに残ってパッティング練習を続けた。招待客の男性が片山に、14番ホールに来るよう促した。これに対して片山は「まだ前が詰まっているじゃないですか」などと発言。男性は憤慨し、

    > 片山がトラブル プロアマとは
    > スポンサーがいなければ試合が存在せず
    > 片山選手に限らず、多くの選手が慣例的にプロアマで練習を行っているのも事実です。男子ツアー全体の感覚が、どこかマヒしている部分もあったのだと思います。今回のことは、ツアー全体の問題としてとらえなければいけません」

    片山は個人的にはかなり好きじゃない選手だが、サンドバック状態だけにかなり同情する。

    スポンサーじゃない一般人なら、13番グリーンで練習するプロの姿を見て「(マナー違反マナー悪いなと思っても)さすがプロは職人、違和感があればその場で治すんだな」とスルーして終っている事がこれまでだったろうに、と。

    一方、プロの皆さんは、億単位のお金を社内で稟議通す為、費用対効果を説得する為に、どれだけ大変か、プロアマに来る前までどれだけの苦労をゲストがして来たか、を認識しないと。ステークホルダーの一人として、この会社の従業員の人達の浄財ですからね。

    > トップ選手は、いいスコアで回るからファンに尊敬されるのではなく、日頃からファンやスポンサーにホスピタリティを持って接するからこそ尊敬を集める
    > ツアー改革。改革を進めるためには、一人ひとりの意識改革が、今以上に求められる。

    プロアマはプロがスポンサーに謝意を表す一つの形。片山の処分より、これを機会に『意識改革』↑を前に進ませる事の方が、ご立腹のゲストスポンサーの方にも一番の報いかと思うが。

  • > 教職員よ本気で立ち上がれ > 利権に群がる強欲な異常者から経営を奪い返せ> 北朝鮮とあまり変わらない体質

    教職員の行動は日大の評価を上げてるんだけど、粛清とかポアが当たり前の人達。無理しない範囲でね。

    風が収まれば親方傘下の一斉攻撃が始まる。父母会は活動再開が決まれば大学側に寝返る。役人や与党政治家も利権握り次第の安倍政権と政治ポチ司法。勝負はまだ先。優秀な生徒、学生が敬遠するのが現実になってから。

  • > アメフト日大部員、声明文 > 早いんじゃないか?廃部もあるんじゃろ。

    あの声明文は、父母会が作ったものだな。子供を守る為に。その後の動きを見ると、運良くばチームへのペナルティを逃れたい。が見え隠れする。
    表に出ない選手学生を見れば、古い上下関係の伝統はなくならないだろう。

    日大の体育会全体に言えることだろう、それ、を認識して今後入学する学生は自己責任、または、優れた奴が他に行くからチャンス、俺が私が出場できる、だろう。

  • > 64 トランス脂肪酸の摂取源はマーガリンだけではない。
    <日経新聞『米、トランス脂肪酸の食品添加禁止 18年6月から』>
    明日からアメリカでは禁止なんだから、日本でも止めればいいのに。

    良質な原材料価格のコスト高で苦しむすかいらーくは、正直・安心安全。

    bloggoo<マクドナルドの情報公開キャンペーンでフライドポテト原料>
    tabemonoinfo report<食品と暮らしの安全>
    ●トランス脂肪酸が多いマックフライポテト
    マックフライポテトの揚げ油は牛脂となたね油から作ったショートニング。
    ショートニングは、トランス脂肪酸を多く含みます。悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させる働きがあります。そのため、心臓病発症のリスクが増大する可能性があると指摘されています。

    マックフライポテトは、Mサイズを食べると、トランス脂肪酸を、海外と比べて少ないとされている日本人の平均値の3倍も摂取することに。

    ●マクドナルドの情報公開キャンペーンでフライドポテトに含まれている17の原料が明らかに

    遺伝子組み換えのもの(キャノーラオイル、コーン油、大豆油)や水素添加されたもの(大豆油)、化学的保存料や消泡剤(THBQ、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)、そして人工着色料(酸性ピロリン酸ナトリウム)など。
    マクドのポテトにこれだけの原料が含まれているのを知っている人など、
    どれほどいることだろう。

  • > 学生スポーツは、勝敗よりも人材育成教育の友情や努力が最優先のはず

    論点ですね。専門家によると日大に限らず、現状パターンは、①学生スポーツ ②学生と言う名の身分で、全ての費用を学校が持って、学校管理の下、実質勉強をしないで学校名を宣伝するプロのように競技だけをする選手。

    日大オリンピックメダリスト 夏季大会メダル総合計95個. 金メダル( 22個), 銀メダル(31個), 銅メダル(42個)。スポーツの日大、その中でもアメフト部は日大の顔として最上位に君臨するそうです。

    日大の言い分は「メダル至上主義で騒ぎ喜ぶ国民性の日本に大きく貢献して来た」ですかね? この問題を機に、学生スポーツの在り方、体育会プロ化、指導方法、を考え直して良い方向に行けば。

  • 日大の体質の問題、反則の問題等等、ごちゃまぜに話すテレビ、
    と話したくないゲスト評論家のテーマ。

    ・ほぼ、スポーツを宣伝に使うだけの大学。
    ・専攻科目さえ勉強しないスポーツ選手大学生。
    ・監督と口さえ聞けない体育会は日大だけじゃない。
    (監督が有望/有名選手としか話をしないことを知らないゲスト評論家)

    ・体育会に残る超上下関係。
    ・中竹元早大ラグビー監督が語る「選手支配する虚像の恐怖」。“グレーゾーン”もスポーツの醍醐味だと持て囃してきた私たちにも責任はないだろうか。

    ・その他、被害者なので美化しすぎる関学。細かいグレー反則は上手いが。
    ・大人に与えられたメニューから選ぶだけの、今の時代の生徒気質とおとなしい学生自治会。

  • >>No. 4338

    > 栃ノ心12連勝 大関ほぼ確実に
    いいぞ栃ノ心。たぶんジョージアの村はネット中継で大騒ぎ大喜び。

    優勝/大関の凱旋パレードで、月収世界108位 US$264.68(日本の1/10)のジョージアを潤せ~。そして、美女の産地ジョージアから美女応援団軍団を日本に連れて来て~。抱っこしたアナスタシアちゃんも見せて~。

    白鵬は、わざと栃ノ心の得意な力相撲で力試した面もあるな。

  • > 仕手みてーか動きやなw
    株屋「今は投機筋が売り長株を締めあげるだけの、性質の悪い鉄火場相場」。経験則ではこの後どうなるかが見ものらしい。優待族は高見の見物。

  • > 新設ジムにスペックで劣っているし、全体的に設備の老朽化が酷い

    確かに、新設店舗って、設備が良くて安いですよね。近所に大手の新設店舗が増えて、半径3kmに総合クラブの他、ジムだけ含めると13店舗にもなった。大手ではホリデイの設備が劣ってるが、口コミにある低客層と70代以上の年寄りの寄合い所銭湯として賑わってる。ただ、目先の話ですね、これって。

    老舗セントラルも、ネームブランド・有料スクール等で今は老朽化もカバーできてそう。ただ、ご指摘通り移転とか、部分改装とか刷新は必要ですよね。

    業界が飽和状態になって来て競争も厳しい折り、マクロでの視野に立って株主さんに新設・改装費用拠出をお願いしまひょ。長期では必ず株主にプラスですから。

  • > 妻はマック派、私はモス派 > 米の人気ハンバーガーが日本進出
    > モスはハズレがない > モスバーガー食べたいなー

    日本人は、ちゃんと料理した安心安全で美味しいモスを食べればと思うが。
    「モスは胸焼けしない。マックだけ胸やけします」も、よく聞く話だし。

    <健康とビジネス>マクドナルド社のウェブサイト内の「原料に関する事実(ingredients facts list)」に表示されている。フライドポテトが「じゃがいもと調理油の基本的な2つの原料」でつくられているのではなく、17もの原料でできている。

    その17の原料を検証してみることにする。・・・これらの原料には、遺伝子組み換えのもの(キャノーラオイル、コーン油、大豆油)や水素添加されたもの(大豆油)、化学的保存料や・・・。トランス脂肪酸について、きちんと、検査機関に頼んで調べてもらったので正確な数値です。以下・・・。

    マックの油は植物油のショートニング油とラードを・・・の割合で・・・中国で加工されるパティは経産牛・・・と真偽の程は?も本当っぽいネット記事。アメリカから超長い距離を運ぶには薬品漬けもしょうがないかと。

    今の時代、50年前とほぼ同じ製法のマックよりモスだと思うが、二者択一なら。特に成長期の子供には。飽和脂肪酸の気になる35歳以上にも。多少高くても。

    gigazine.net/news マクドナルドが「最もまずいハンバーガー」に輝く
    Consumer Reportsが行った調査は3万2405人に対して行われ、9万6200回にもおよぶ調査対象者のファストフード店での食事回数をもとに、ハンバーガーの味を10点満点で評価。マクドナルドは10点満点中5.8点で全21社中で最下位。第1位に輝いたのは「The Habit Burger Grill」。

    日本ではテレビ朝日が2013年10月に、食のプロと呼ばれる人々が日本のファストフードチェーンのハンバーガーを審査する「第2回 ハンバーガー&レトルト食品総選挙」を実施。結果はモスバーガーの「モスバーガー」が第1位。

  • >> なでしこ W杯出場が決定

    > 祝W杯出場
    おっしゃる通り。3:0で負けててもおかしくない専門家豪戦評も。終ってみたら点を与えず?マジか? そんな韓国戦豪戦。それがこのチームなんでしょうね。
    岡ちゃんの引きこもりサッカーと違った、ずっとハラハラドキドキ。

  • > 去年決算悪くて下がりましたが戻って欲しいです。
    超高い期待の伸び率でしたからね。悪くはなく結構良かったんですけどね。業界全体の伸び率が止まりましたからね。この業界も淘汰の時代かな。

    > 個人投資家株ファイター:最先端のスポーツジム関連銘柄
    最近できてるスポクラ、高品質施設で料金が安くなってるんですよね。

    低価格競争のホリデイが陳腐化する時代かも。高齢者に風呂屋を安値提供して伸びて来たけど、湯量は少ないし、水風呂も実質1人しか入れず衛生面が・・。スポーツ関連には種蒔かずほぼ金使わず超節約金儲け、高齢者寄り合い所で実質銭湯ですからね。

    その点ここは、値上げしたドル箱スクールも好調みたいだし、スキーツアーとかマラソンツアーとか、ずーと種蒔いて来た各種スポーツプログラム、高齢者対策の高品質の風呂とか、付加価値による差別化で選ばれそう。

    でも、当面は年寄り対策かな。
    ttps://toyokeizai.net/articles/-/56288?page=2
    セントラルの年齢別会員比率を見ても明らかだ。10年で30代以下が全体の48%から26%へほぼ半減。逆に60代以上は18%から37%へと倍増。寝たきり防止、介護予防など、切実なニーズのあるシニア層が大量に増えたわけだ。

    ただ、その団塊世代は70歳に差しかかり、いずれフィットネスに通えなくなるのは必至。彼らを囲い込むため、フィットネス各社は介護施設型店舗を開設したり、自治体から介護予防向けの事業を受託するなど、あの手この手の施策に躍起となっている。

    コシダカホールディングス、女性専用ながら、60代以上が58%、50代以上だと84%を占めるという、シニア寄りの年齢構成である。

本文はここまでです このページの先頭へ