ここから本文です

投稿コメント一覧 (294コメント)

  • 自動運転の実現が近づく御時世に、衝突被害軽減ブレーキなど安全装備が選べない
    ディーゼルエンジンが選べない、選べても基本設計が非常に古い
    燃費が悪い、エコカー減税とも無縁
    バーストによる死傷事故も多い
    どんぶり勘定の高額オプションが多く、支払総額がとんでもない事に....

    現状で購入に踏み切れる人は、かなりの情弱か資金に余裕がある人くらいだろう
    という事で当面キャンピングカーの購入は見合わせる事にしました。

  • >>No. 361

    「パジェロ ショートボディついに絶滅」
    唯一ショートとロングボディが選べる車種だったパジェロのショートボディがついに絶滅のようである。
    スタイルと旋回性能の良さはショートボディのSUVを憧れる要因だったのだが、非常に残念。

  • 「スズキ、両側電動スライドドアの軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」12月デビュー」
    使い勝手と程よいワイルドさを持っていて、売れそうなパッケージング。
    ただ両側電動スライドドアは賛否別れる、重量増とコストアップが馬鹿にならない。
    後部はカーゴスペース、バックドアのみモデルが欲しい。
    今のメーカーはボディバリエーションを増やす事を徹底的に嫌がるから難しいかも知れないが、
    ショートとロング、バンとワゴンが選べた時代から比べると本当に面白い車種がなくなった。

  • 「ハイエースキャブコンもちょっと.....」
    どうやらハイエースキャブコンもディーゼルとSaftysenseを両立するモデルはなさそう。
    (存在するならお知らせ下さい)
    ディーゼル+ルームエアコン+安全性は外したくないし、バンコンは居住性と断熱が弱いのでNG。
    カムロードが新しくなるか、ELFかキャンターのキャブコンが出るかまで気長に待ちます。
    (ELFはプリクラッシュブレーキに関しては秒読み段階のよう)
    普通車+テントのキャンプも悪くないので中途半端なモデルを買うくらいなら”買わない!”がベスト

  • 「営業担当の対応に疑問」
    高額商品なのでまずは信頼できる営業さんでないと購入はためらうものです。
    セールストークだけ達者で、装備として不足な部分を指摘すると「いやいやそんな装備めったに使いません」
    とか、使うのはユーザー側だろ!と言いたくなる営業マンは結構多い。
    1BOXバンだけ買ってベッドキットでいいかとか、消極的にもなる。

  • マツダ、新型「Mazda3」世界初公開 「SKYACTIV-X」初搭載
    エンジン単体の燃費率は最大で20~30%程度改善するという
    去年の秋のコメントが以下
    [マツダがロータリーに続き、究極のエンジンを市販化! ハイブリッドよりも実用燃費が良好]
    ハイブリッドを凌駕する燃費なら 最大で20~30%程度というのは物足りない
    あとはコストだがハイブリッド並みの価格だったら しゃれにならない

  • 「ホンダ、「N-VAN」が第28回RJCカーオブザイヤー特別賞を受賞」
    正当な評価を行う団体もありますね。商用車とは言ってもマイカーとして使う人はいくらでもいる
    全長5m全幅2m室内高1.8m積載、このサイズで出してくれれば宅急便のウォークスルーバンからキャンピングカー、救急車のベース車まで使用できるのだがホンダはやらないだろうな。この辺がホンダの限界

  • >>No. 138

    「ELF Be-camベースのキャブコン」
    ELFベースは大手のフラッグシップくらい クオリティは高いが価格は軽く1000万オーバー。
    それでもソーラーで電気的に自立した部屋が庭先から出先まで確保できると思えば納得できる。
    それに比べBe-camベースは内装も外装も残念なキャブコンしか存在しない。
    実用性も装備も十分なのだが特に外装はプロのデザイナーが関わっているようには見えない。
    シェルの形状、色使い、ロゴまでセンスのなさが露呈している。ELF自体がド商用車なので余計に酷い。
    価格もかなりのものなので選択肢には入らない。
    カムロードが時代遅れなのでELFベースの新モデルの登場を期待したい。

  • 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」
    ジムニーは辞退、N-VANは商用車なので対象外だと!?
    日本と銘打って外車はノミネートされるのに商用車は対象外って納得できるのか?
    自動車業界って本当に理不尽。基本ファミリーカーしか存在しない市場じゃ面白味も何もないけどね。

  • 「いすゞ、小型トラック『エルフ』を改良 先進安全装備や通信端末を標準搭載」
    Be-camが新しくなるかはまだ不明ですが可能性は高い。
    エンジン、セイフティークラッシュブレーキともにかなり進化してるよう。
    キャブコンビルダーさんもカムロード卒業しないと厳しい状況になると思う。

  • >>No. 135

    >コーナーリングは恐ろしくて曲がれないし
    カーグラッフィックだったらどれだけ酷評されるのか聞いてみたい気がします。
    カムロード、いつになるかわからないマイチェン待ってもしょうがないのでハイエースキャブコンにターゲットを絞ろうかと思います。

  • >>No. 133

    乗用車+テントでもキャンプはできるし、キャンピングカーで移動して温泉宿に泊まるというのもありだろうし
    スタイルは人それぞれだと思います。
    キャンピングカーの場合、商品の性質上色々ハードルの高い部分はありますね。
    バブルの頃と違って中古別荘とキャンピングカーの価格ってちょうど競合するようになってきているので、乗用車+テントで別荘探しの旅というのもありだとつくづく思います。
    乗用車なら低燃費で価格も手頃な車がいくらでもありますからね。

  • >>No. 131

    ベース車両に関してはメーカーに任せるのはもっともだが完成車として販売している以上は窓口としての責任はありますよね。
    アフターケアとか、どんぶり勘定の高額オプションとか納得できる説明をしてくれないビルダーさんはやめといた方がいいですね。

  • 「ホンダ 新型CR-V 好調な立ち上がり│月間販売計画の4倍以上となる初期受注」
    フォレスターとともに販売は好調のようである。
    どちらもデザインは賛否別れそうというか、はっきり言ってかっこ悪い、眉間にしわ寄せて怒ってるようにすら見える。
    価格的にも、お買い得感はないので寛容な客が多いものだと感心する。

  • >>No. 354

    「なぜ米国の31倍?高い自動車の税は「矛盾の塊」」
    地方などはマイカーなしの生活は厳しい。だったら自転車、原付、トヨタ・コムスなど車検なしミニカーという手もある。カーシェアリングを利用するという手もある、所有すると色々面倒なのがマイカーなのだ。
    税収が落ち込まないと動かないのが国や自治体。車離れは若者だけでなく全世代で推進しないとメーカーも国も変わらない。

  • 「カムロードは前回マイナーチェンジから丸2年 完全放置!」
    確認しておくとダイナ1.5tは7代目のまま、丸二年マイナーチェンジなし
    (2tは八代目にフルモデルチェンジされ毎年のようにマイナーチェンジもされている。)
    ディーゼルエンジンは1KD-FTVと20年前のままセイフティーセンスの導入もない。
    相変わらずバーストによる死傷事故が起きているがメーカーも業界も放置状態。

  • 「好感度の低いMCが多すぎる」
    知性皆無中年幼稚アイドル 人相劇悪下品大物芸人 超肥満体オカマ スキャンダル肥満芸人

  • 「自工会 豊田章男会長、世界一高いレベルの自動車税に対し抜本的な税制改正に取り組む」
    所得税+消費税 自動車税 重量税 自賠責保険 任意保険 高い高速道路料金 駐車場 車検費用 輸入車並みの車両価格 高騰するガソリン代 たかだか消耗品の移動ツールにしてはコストが高くなり過ぎた。
    特に都市部では便利なツールではない。徒歩、自転車の方が健康的 マイカーに頼らなくなると色々身軽になる。

  • 「カローラ 300万円時代に突入」
    ハイブリッドは支払い総額はほぼ300万円になりそう。若者が車に興味を持たなくなる筈である。
    若者にとって300万円は大金である。所詮消耗品のマイカーに投じるにはあまりに高額。
    数十万円の中古車でも機能的には大差ないので 車は道具と割り切ればいい話ではある。
    安い不人気車が人気になる時代がくるかも知れない。

  • >>No. 126

    「毎年のように起きるカムロードの死亡事故」
    米国であれだけ問題視されているタカタのエアバッグでさえ国内で死亡事故は起きていない
    米国でカムロードが発売されていたら さぞ多くの訴訟が発生し企業側が負けている事だろう
    現実問題としてバーストする事例が多く発生しているのだからタイヤのスペックを上げるとかダブルタイヤ化するとか
    方策を施せばいいものを意図的とすら思えるほどの放置っぷり。
    1KDエンジンにしても とっくに1GDが開発されているのに20年前のまま放置。
    人命をFRPボディーと可燃物とともに乗せているのにセイフティーセンスも搭載されない。
    操縦安定性もお世辞にもいいとは言えず、バーストしないまでもスネーキングが発生するとの事例もある。
    少なくとも現行モデルは買うべきではない

本文はここまでです このページの先頭へ