ここから本文です

投稿コメント一覧 (222コメント)

  • [日産19年ぶり快挙!ノートがアクアを抑えコンパクトセグメント国内販売台数No.1に]
    e-POWERの評判は良かったものの、これほどとは思わなかった。
    バッテリーではなくエンジン発電機の方が低コスト高効率というのは皮肉な話だが、低価格化が一向に進まないリチウムイオンバッテリーに比べたらコスト的にも耐久度にしても上という事か?
    低コストで充電という呪縛からも解放されるという事らしいが結局ガソリン燃やすならガソリン車でいいのでは?という原点に戻ってしまう。
    軽油や灯油でも発電できますというのなら話は別だがガソリン発電機でモーターを回す自動車というのは違和感が強い。ガソリンハイブリッドも結局燃費のいいガソリン車と変わらない。重量やメカの複雑さはデメリットというのも同じ。
    ハイブリッドにしてもe-POWERにしても燃費三割増しの為に数十万円の価格と重量増は選ぶに値しないとは言わないものの、ここまでもてはやされるものとは感じない。
    不必要な車での外出が減った方がエコだし渋滞も減る。

  • [新型アルファードのデザイン、かっこいいと思わない66%]
    一般人からも業界人からも低評価のトヨタデザインだが悔い改める様子は一向にない。

    今の自動車メーカーには新しいチャレンジ’はできないと強く思う。(金儲け以外は)
    熱対策、スペース的に有利なEVですら従来の鉄ボディーでフロントエンジン車のようなデザインしかできない。
    ことごとく後部座席のヘッドクリアランスが心配になるような後部下がりのルーフ。
    衝突しない車を開発しながら衝突安全性のためという名目でキャブオーバー型を廃止しようとする。
    エンジンは小型化しているのに相変わらずロングノーズの車が多い。
    (見とうしが悪いのか歩道上で出待ちする車が何と多いことか!違反切符切れよ!国庫も潤う)

  • [トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携]
    法整備もまだなのに気が早すぎると思う。無人で人身事故が起きたらどうするのだろう?遠隔モニター、電話、通信でも事故の衝撃で故障してしまったら救護は呼べない。
    無人車に轢かれて救護が間に合わず死亡なんて事もありえない話ではない。
    高額な車両になるだろうから大型トラックで無人配達車丸ごと窃盗なんていうのも出てくるかもしれない。
    結局人間の配達の方がローコストで確実という事になる可能性が非常に高い。

  • >>No. 103

    genqiaoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
    ベース車両についてはハイエースが新しくなったので現在ならハイエースキャブコンを選ぼうかと思ってます。
    やはり新型エンジン、自動ブレーキはリセールバリューにも影響しますし20年乗るつもりでいるので、ここでほぼ20年前のエンジンを購入という線はないかと思います。
    おそらく近いうちにカムロードもGDエンジンとセイフティーセンス搭載になると思うのでここは待ちかと思ってます。
    もしくは買い替え覚悟でハイエースバンコンというのも検討中です。
    やはり心臓部と自動ブレーキは後付けは不可能なので譲れない部分ではありますね。

  • [日本車のデザイン]
    先進的だがコストパフォーマンスも良い日本車としては先進的なデザインにしたいという気持ちは理解できる。
    ただ欧州車のようにメーカーとして統一性を持たせる必要は感じないしマツダのような個性的過ぎるデザインに一本化されると嗜好が合わない人にとっては完全に選択肢から外れてしまう。
    日本車のデザインで共通しているのは過度な先進性アピールとロボットを彷彿させるメカメカしいフロントマスク。これはこれで完全否定はしないものの、こればっかりになってしまっているのが問題だと思う。
    片田舎や純日本民家にあのロボットデザインだと違和感が凄い。だからといって燃費や優遇税制を考えると新しい車種は選びたいところ。
    2ケタ近い自動車メーカーが存在するのにシンプル(チープではない)なデザインの車がほとんど存在しない。
    余計な装備をそぎ落とした軽量化のみで低燃費を追求するモデルも存在しない。
    気に入ったモデルを長く乗りたい人にとっては買いたくなるようなモデルが非常に少ない状況といえる。

  • >>No. 268

    高級感と付加価値を付けた方が売れるからというのが主な理由でしょうが、簡素、シンプルを望むユーザーも多いはずなのに廉価グレードを設定しなかったり安くしないので高額グレードが売れるように誘導している。
    見栄を張りたいオラオラな人からは受けるかもしれないが、それを嫌う人も結構存在する。
    兄弟車が存在するモデルはどちらかをシンプルなデザインにしてくれればいいのに販売側の都合で兄弟車になっただけなのでどちらもいかついデザインになってしまっている。
    ユーザー本位でなく儲かる事しか考えていないと感じる所以ですね。

  • [アルファード/ヴェルファイアがビッグMC]
    悪趣味っぷりに磨きがかかって参りました。
    ビア樽腹の中年オヤジがピアスやらネックレスやらやたら光物付けてるようなイメージだな。

  • [ベースはコペン!?!? トヨタ新コンパクトスポーツ]
    コンセプトは安くて使いやすいスポーツカーだそうだが、250万円は全く安くない
    若者はスポーツカー好きという幻想から未だに抜け出せないようである。
    スポーツカーが真価を発揮するような場面は公道には存在しないし、2シーターの使い勝手が2輪車並みだというのは誰でも知っている。
    そもそも8年後にはエンジンのみの新車は無くして脱炭素社会を目指すのではなかったのか?
    言ってる事とやってる事がちぐはぐというか自分の都合が最優先のものづくりという感じしかしない。

  • [買いたいモデルもメーカーもなくなった]
    アメ車よりもガラの悪いトヨタ
    2シーターだけはかっこいいホンダ
    相変わらずのクオリティーとリコールだらけの日産
    中身はいいけどデザインとラインナップが貧弱なスバルとマツダ。
    コンセプトはいいのだがデザインが全く追いつかないスズキ
    他社の二番煎じしかないダイハツ。

    EVが当たり前になってくるなら家電メーカー参入してくれないかな。

  • >>No. 263

    脱炭素社会へのアピールか?
    投資家への建前なのか知らんが具体的な計画を示して欲しいものである。
    EVもFCVも移動ツールとしては非常に高コスト。自動車を使わない事が一番の脱炭素。

  • [古いベース車両なのに価格だけは高騰するキャブコン]
    自動ブレーキなし、20年前のエンジンでも価格だけは上がっていく、約500万円から1000万円オーバー。
    ちょうどトレーラーハウスやログハウスと価格帯がかぶる。
    500万円のトレーラー、ログハウスはなかなどうしていっぱしの家である。
    移住込みだと土地無料、建築補助金100万円の自治体すらあるのだ。車は普通に燃費のいいものにしておいて
    日本列島の南と北に二軒の別荘というのもありだと思う。

  • [トヨタ、あと8年でエンジンのみの新車ゼロに]
    まあ寝言は寝て言えという感じしかしない。ディーゼルのトラックとかバンはなくすのか?ただでさえ高額なディーゼル車をハイブリッド化したら高くて売れないのは経験済だろう。
    EV、FCVは商用車の世界では用途が限定されすぎて浸透させるのは容易ではない。
    という事は商用車もガソリンHVになるという事か?
    そんなことより20年前の1KD-FTV(ダイナ)が未だに現役なんだが早く何とかしてくれ。

  • [ホンダ 新型 N-VAN 2018年8月発売]
    2017年中と思いきや18年春になり今度は夏か?と言う事は秋になり冬になり結局、きっかり20年待ちの2019年か?
    商用車となると開発には超消極的というか、20年フルモデルチェンジしないとか乗用車ならありえない。
    春発売だったらマイカーが6月車検なので買い替えようかと思ったのだが無理みたい、17年目も車検を通すか?

  • [トヨタ 新型 RAV4「FT-AC concept」日本2019年発売]
    信憑性は薄いがC-HRとハリアーがあってさらに同じようなコンセプトのモデルを投入してくるのか?
    そんな余力があるならピックアップトラックかバンを出して欲しい。
    ほぼ同じようなボディサイズに同じ4ドア+リアゲートのフォーマット、プラドも入れると4車種が同一メーカ内で競合することになるが本気なのだろうか?
    どのみち舗装路しか走らないSUVなので、そう考えると同クラスの乗用車とも競合する。
    過剰な装備なんかいらない、汚れてもいい荷室が欲しいユーザーから見たら恨めしい気分にしかならない。
    まあ軽トラックがあるのでいいか。

  • 「何故4枚ドアばかりなのか?」
    2ドアクーペは辛うじて存在するものの乗車用ドアは4枚の車がほとんどという状況。
    これが日本車をつまらなくしている要因の一つだと思う。一番使い勝手がいいのは理解できるが、軽自動車まで
    ことごとくである。
    3列シートの車も数多いので、だったら6枚ドアの車があっても良さそうなものだが、これは存在しない。
    3列目への乗降は結構面倒くさいと思うのだがドアを設置するほど利用頻度がないという判断だろう。
    だったら4シーターの2ドアが生き残っていても良さそうなものだが死滅してしまった。
    、3列シートの車は左側のみ3枚ドアで右側は運転席のみというのも面白いと思うが存在しない。
    要はボディのバリエーションを増やしたくないという意図が見えてくる。
    1車種でショートとロングボディを持つ車もほぼ死滅してしまったし。ピックアップトラックも4枚ドアしか発売しない。
    少数のニーズは無視、ニーズがあっても利益が薄い車種は徹底冷遇という姿勢が車をつまらなくしている。
    ホンダの軽バン、トヨタのダイナ、

  • [臭いものに蓋の業界?]
    ベース車両に無関心というかメーカー任せで大人が中で立てなかったり、エンジン古かったり、自動ブレーキ選べなかったりしても無頓着。
    数十万円の高額なオプションなのに詳細を明記しない。
    (家庭用エアコンとか数万円のはずがオプションになると数十万円。)
    室内高とか車両総重量とかかなり重要な項目なのに明記しない。
    高額な商品なのに色々不親切が見えてくる。やはり中古別荘かトレーラーハウスに軍配か?

  • [トヨタが新型ハイエース発表!]
    新型エンジンと6速AT、セイフティーセンス搭載、現行カムロードを購入する気は完全になくなった。
    とはいえ選択肢の少ないハイエースキャブコンは厳しいものがある。家庭用エアコン搭載モデルがほとんどない。
    ルームエアコンがないと自宅での駐車中サブルームとして使えない。(冬場しか)
    新型カムロードに期待するしかないのだが、いつになる事やら。
    現行カムロードキャブコン売れなくてビルダーさんが倒産続出なんて事になると買えなくなってしまう。
    メーカーも業界もキャブコンに関してはカムロード独占状態を放置したのでつけが回ってきた。

  • [マイカーは本当に必要ですか?]
    高騰する車両価格とガソリン代、税金、保険、駐車場、車検整備料金、高速道路料金どれもかなりの出費。
    マイカーを自転車に切り替えると健康にもいいし、物凄くお金がたまる。
    たかだか移動するのにガソリンと電気とモーターを使って1トンの金属の塊とともにしなければならないのか?
    渋滞してしまえば自転車の方がずっと早い。自分の足でも時間をかければいいだけである。
    ガソリンエンジン、モーター、電気、コンピューター、カメラ、レーダー、エアコン、音楽再生、メカは複雑になる一方でコストも重量も増す、事故のリスクや渋滞のストレスもある。不健康な上に高コストなのががマイカーなのである。
    マイカーに興味ない人は賢いのである。

  • [新型ハイラックスは発売から2か月で年間販売目標の1.5倍の3000台を受注]
    駐車スペース問題、1年車検、高い高速料金、何より小回り効かない。割には大健闘といったところ。
    それだけピックアップトラック復活を待っていたユーザーは多いのだろう。
    かつては5メーカー出していたのだから1メーカーくらい頑なに売る続けるメーカーがあって良さそうなものだが
    13年間も空白があればそりゃあ売れるだろう。
    4ナンバー枠内、シングルキャブ、エクストラキャブもありだったら相当売れただろう。
    購入したユーザーはこれから駐車時、取り回しに苦しむ事になるので中古車市場にも溢れることと思う。
    この車がコンスタントに売れる程、国内市場は甘くない。
    やるなら国内の道路、駐車場環境にあったモデルをちゃんと発売して欲しいものである。

  • [GACKT、若者のクルマ離れに「本当なら世も末だ」]
    これは時代の変化を完全に無視している。数千万円の車が買える人の価値観とは違うのが当たり前。
    昔は頑張れば憧れの車は買えたが今はサラリーマンでは手が届かないというか賢明な人なら不動産を買う。
    車は所詮消耗品な上、高額なハイパフォーマンスカーは日本の道路事情には合わないし公道スポーツ走行しようもんならバッシングの嵐。
    数百万円でも中古不動産なら十分手が届く時代になっている。(バブル期のマンションなら数十万円の場合も)
    自動車だけがバブルの時代から価格が倍以上に跳ね上がっているのである。
    若者だけでなくても脱車社会したくなるのが普通だと思うのだが。

本文はここまでです このページの先頭へ