ここから本文です

投稿コメント一覧 (648コメント)

  • 2018/04/23 22:52

    >>No. 4145

    Iggy Pop & Deborah Harry - Well, did you evah

    こんばんは。
    なーんだかエロ、じゃないエライお役人や知事さんがみっともない事になってますが、ハニー・トラップってことは無いでしょうね?
    男はみなスケベだ!とは思うけど、仕事の相手に、たとえシャレでもHな話はよくないよね。
    お笑い系の女性芸人さんたちが、「そのくらいのセクハラは芸能界ではよくある」みたいなことを言ってましたが、あの世界は特殊だもの。

    ★Linda Ronstadt And Aaron Neville - Don't Know Much
    前に貼ってくれた時に初めて聞きました。意外な組み合わせだけど、リンダの声はクセがないので聞きやすいですね。
    バリー・マンとシンシア・ワイルについては、宮治さんの番組でも時々紹介していますよ。主に60年代の曲ですが・・・
    バリー・マンは80年代になっても活動を続け、映画音楽のスコアを書いてグラミー賞を獲得していたのですねぇ。( ̄▽ ̄)

    ◇Iggy Pop & Deborah Harry - Well, did you evah
    では、私もお気に入りの2人に登場してもらいましょう。(  ̄ー ̄)
    このビデオまだあったのねぇ、嬉しい!おお、ツインタワーまで。
    1990年の作品なので、2人とも元気いっぱいでアチコチ歩き回っています。
    コメントによると、ビング・クロスビーとフランク・シナトラが歌った曲「Well, did you evah」のカバーと言うことです。知らなかったわー。
    https://youtu.be/vjejqJVUYOU

  • 2018/04/18 22:31

    >>No. 4143

    Elton John - Don't Go Breaking My Heart

    こんばんは。
    非表示の原因はチョットわかりませんね。マークと文字の組み合わせだろうけど、調べようがないし・・・
    「お能」は、私が不勉強なせいか、ほとんど何を言ってるのかワカラン?!
    「和泉式部」や「藤原定家」は聞き取れたので、平安時代の和歌が起源の芸能なんですね。
    お弁当を頂き、恐縮しながら帰りました。 ( ̄∇ ̄*)ゞ

    ★Captain & Tennille - Love Will Keep Us Together
    この曲は好きだったのでよく覚えています。
    仰るように、オルガンやピアノが拍子をとっていて面白いですね。
    '75年のヒット曲ですか、もう少し前だと思っていました。
    Youtubeで初めて見た時、歌っているのは女性のテニールだけだったと分かりまスタ。キャプテンもハンサムですね。(  ̄ー ̄) 

    ◇Elton John - Don't Go Breaking My Heart (with Kiki Dee)
    同じ頃のヒット曲かな?こちらもYoutubeで初めて動く姿を見たわ。(笑)
    テニールとキキ・ディのヘアスタイルが同じようなマッシュルーム・カットです。あの頃流行っていたみたいですね。
    エルトン・ジョンは最初、ダスティ・スプリングフィールドと歌いたくて打診したのですが、断られたそうです。後で病気のせいだと判ったとか・・・
    https://youtu.be/z0qW9P-uYfM

    ロケットレコード♪

  • 2018/04/14 11:59

    >>No. 4141



    どうだ!?😺

  • >>No. 4139

    まさか◆の前に◇があれば
    非表示だったりして( ̄□ ̄;)!!

  • 2018/04/13 22:35

    >>No. 4134

    Sonny & Cher - The Beat Goes On

    こんばんは。
    2回続いてDJさんの投稿が非表示になってる!ヤフーの気まぐれにも困ったもんだ。
    明日、生まれて初めて「能」を見に行きます。といっても、本格的な能舞台のあるやつじゃなく、フツーのステージなんだけどね。どげなもんでしょな。何言ってるかわかるかしら?( ̄▽ ̄)

    ◆The Rattles - La La La
    おー、懐かしい!何年ぶりかしら。最初は日本のGSがカバーしているのを聞いたかも・・・ウロオボエ・・・
    糸井さんが初めて紹介した曲なんですね。うーん、私これの入っているコンピ盤は持ってないと思う。
    コチラのほうがシャムロックスより、やさぐれていて良いですね。そうそう、昔は「本命盤」て表現していましたねぇ。( ̄▽ ̄)

    ◇Sonny & Cher - The Beat Goes On [1967]
    バラカンさんのラジオでジングルとして流れていて知りました。
    どことなく「うさんくさい」面白さのある曲だと思う。(笑)
    この2人は結婚していたんですねぇ。その「親密さ」が音に出てるのかな。そしてシェールはその後グレッグ・オールマンと一緒になるんでしたっけ。南部男のグレッグが、急にハリウッドの洗練を身につけちゃってビックリしたなぁ。@@
    https://youtu.be/16LEElK1HhM

  • ら・ら・ら/大黒摩季

    こんばんは。
    「80年代のCM黄金時代を作った3人」の番組、面白かったです。
    あの頃の、いや、今でもキンチョーのCMは可笑しいわ。美人の沢口靖子さんに「この足どけてくれへん、あー、くさ!」なんてセリフを言わせたり。
    すぐに打ち切りになったけど、フランス語の発音を誇張する面白いCMもキンチョーだったような気がします。
    トリスの子犬、あの短さで見事なドラマになっていましたね。サントリーのCMも良いものが多かったわ。

    ◆真室川ブギ/林伊佐緒
    いやー、面白いですねぇ!初めて聞いたと思います。
    民謡を当時流行のジャズに乗せて歌う試みがあった、というのが嬉しいじゃありませんか。
    歌詞は民謡そのままなんでしょね。愛嬌があるし、うまく韻を踏んでいてこれぞ庶民の歌というかんじがします。
    「この家の娘さんにチョイと用がある」って・・・
    軽妙で、ドアーズの「バックドア・マン」とはカナーリ風情が違いますね。( ̄▽ ̄)

    ◇ら・ら・ら/大黒摩季
    当時はなんとなく聞こえてきた曲ですが、久しぶりに聞きました。
    「あっという間に、もうこんな歳だし、親も歳だし~なんかやらなきゃ、誰にも会えない」
    なーんて、お年頃の娘さんの揺れる気持ちをズバリと表現しているのが良いなぁ。同じく女性の気持ちを歌っているユーミンの一連の曲より、共感を持ちまスタ。
    曲調は、萩原健太さんじゃないけど、ブルース・スプリングスティーンの影響を少し感じるわ。(  ̄ー ̄) 
    https://youtu.be/YkZbA8smMdg

  • >>No. 4128

    民謡クルセイダーズ - 会津磐梯山

    こんばんは。
    大谷選手がエンゼルスで投打に大活躍、嬉しいかぎりです。
    シーズンの初めから結果を出すなんて凄いですね。オープン戦ではけっこう打たれていてこりゃダメかも、の声も聞かれ心配でしたが・・・
    初ホームラン打って帰ってきた時、チームメイトがシカトしていたのは可笑しかった。

    ◆Fat Boys & The Beach Boys - Wipeout
    うーん、私はファット・ボーイズよりビーチ・ボーイズのボーカルで聞きたい世代です。(笑)
    先日、「Jポップスとアメリカのポップスの違い」をテレビでやっていました。
    Jポップスは主にカラオケで歌われるので「メロディ重視」、西洋のポップスはクラブで踊るために「リズム重視」だそうです。まー、それはそうだけど、どちらも良いとサイコーですね。( ̄▽ ̄)
    番組では「Jポップスは歌詞が良い」と誉めていたけど、私はあまり良い歌詞に巡り会っていない気がする。

    ◇民謡クルセイダーズ LIVE at MORE "AIZU BANDAISAN / 会津磐梯山"
    民謡は好きなのですが、洋楽に慣れた耳には少し変化が欲しいところです。
    日本の民謡を世界のリズムに乗せて歌う「民謡クルセイダーズ」はその点、曲によってリズムが違っていて面白いし、インストもどこかで聞いたようなメロディを取り入れていて笑っちゃいます。
    民謡と言えば、地域の夏祭りで、沖縄の「エイサー」という太鼓を打ちながら行進する郷土芸能を見たのですが、まー、その迫力とリズムにビックリしまスタ。前にも書いたかな?
    https://youtu.be/WESnbtbliUE

  • 2018/03/30 22:22

    >>No. 4126

    Pharrell Williams - HAPPY

    こんばんは。
    DJさん、ダイエットは順調ですか?
    私は油断して食べ過ぎ、ヤバいことに。( ̄ロ ̄lll) 薄着になるまでに元どおりにしなくては!
    とりあえず、夕食後のおやつ禁止だな。(そんなの、もってのほか?)

    ◆Lalah Hathaway, Pharrell Williams - Surrender
    映画「ドリーム」について以前にもお話されていましたね。宇宙開発というと白人オンリーの世界と思っていたら、黒人、それも女性が参加していたと聞いて驚きました。
    Lalah 、フツーに読めば「ララ」でしょー。(笑) なぜ最初の a が「エイ」で、2番目が「ア」やねん!ま、ええけど。
    音楽は懐かしさを感じるもので、ファレル・ウィリアムズはどこかで聞いたことある名前でスタ。

    ◇Pharrell Williams-HAPPY-日本語訳&歌詞
    イマドキの音楽はほとんど耳にすることがないのですが、この曲はテレビで繰り返し流れていて覚えました。(笑)
    ちょいとググってみると、ファレル・ウィリアムズは音楽プロデューサーでもあり、自らも歌うんですね。ファッション・デザイナーなど多岐にわたって活躍している様子。知らなかったわ。
    Happy、懐かしのノーザン・ソウルを思い出して手拍子したくなります。
    https://youtu.be/brUH4yZyWhw

    オサレですなぁ・・

  • 2018/03/25 21:58

    >>No. 4124

    Inara George - Release Me

    こんばんは。
    雨が続いたせいか、コチラはまだお花見できるほど咲いていないようです。
    花が散りかける頃、毎年同じルートをドライブして同じお店で食事します。新しい所を調べるのがメンドくさいという怠惰な理由だけど、おかげで定点観測の写真が貯まりました。(笑)
    白い星マークを使うと「非表示」になることが多いみたいなので、しばらく「◇」を使いますね。

    ★Steve Miller-Dear Mary
    わー、優しい曲ですね!ギターとピアノ、それに途中からトランペットも入って来て、いい感じ。バックに水の流れる音も聞こえます。
    69年リリースなので、世界的にドンドンいろんなタイプの音楽が現れてきた頃ですね。
    「リビング・イン・アメリカ」も同じアルバムに入っていたんだな。(  ̄ー ̄) 
    懐かしいモノクロ写真のスライドショーも雰囲気が合っていますね。

    ◇Inara George - Release Me (music video)
    最近ラジオで聞いてとても気に入った曲です。
    イナラ・ジョージは、リトルフィートのボーカリスト兼ギタリストだった、ローウェル・ジョージの娘さん。
    父親のローウェル・ジョージが亡くなった後、悲しみにうちひしがれ乗り越えることができなくて苦しんでいる母親の気持ちを歌った・・・ということです。
    歌詞はハッキリ分からなくても、胸に迫ってくるものがありました。
    https://youtu.be/IFsiDYBNaZc

    ローウェル・ジョージと娘さん かな?

  • 2018/03/20 22:34

    Quicksilver Messenger Service - Mona

    こんばんは。
    女子テニスの大坂選手、優勝おめでとう。
    女子もパワー・テニスの時代になっちゃって、ある程度の体格があった方が有利ですね。最初のサーブから威力が違います。
    エバートやナブラチロワの頃より格段にスピードやパワーが増したけれど、昔の方がいろんなタイプの選手がいて試合が面白かったような気も・・(  ̄ー ̄) 

    ★BO DIDDLEY- in his prime
    「アメグラ」の後でオールディーズのブームが起こったのですか。
    それも当然かも。あの映画が与えたインパクトは大きかったわ。
    「ロックンロール・エクスプロージョン」は我が町には来なかったと思う。
    ボ・ディドリーのジャングル・ビートはずっと聞いていても飽きませんね。
    私が最初に聞いたのは、ドアーズのライブに入っていた「Who do you love?」のカバーでスタ。

    ☆Quicksilver Messenger Service - Mona
    ボ・ディドリーのビートは白人の青年たちにも衝撃を与えたようで、よくカバーされていますね。
    QMSの「モナ」、この映像は偶然見つけました。音は良くないですが当時の雰囲気がそのまま伝わってきて素晴らしい。
    大学の敷地内で演奏しているようで、若い観客の様子はウッドストックを思い出します。
    https://youtu.be/3vu_hiGOrRI

    コンサートのポスター

  • 2018/03/14 22:33

    >>No. 4118

    Wishful Thinking - Meet the Sun

    こんばんは。
    お金の絡んだスキャンダルが出るたびに政治家の秘書や役人が自殺をする、悲しい結末に。もう、何とかならないのかな!!
    誰かに「死んでくれ」と強要されるのでしょうか。「家族の暮らしは心配するな。あとの面倒はみるから」・・って?まるでヤ○ザみたい。
    私ならば、黙って死ぬくらいなら週刊文春に「売る」かなぁ・・・後でヒットマンに命を狙われても。

    ★Wishful Thinking - Peanuts
    フォー・シーズンズ風のファルセットがユニークです。思わず手拍子を打ちたくなるリズムが日本人に受けたのかな。(  ̄ー ̄) 
    「チェリーチェリー」も聞きまスタ。このコーラスは英国よりアメリカをお手本にしていますね。
    ざっとコメントを読むと、このバンドはデンマークで人気が出てデッカ時代の数曲がヒット・チャート入りしたようです。よかったね。

    ☆Wishful Thinking - Meet the Sun
    オススメに出てきた曲。英国とアメリカ両方の雰囲気を持つ、なかなか良い曲じゃありませんか。
    ビーチボーイズ風のコーラスが良い感じ。英国に、このあたりのサウンドを好きなプロデューサーでもいたのかな。
    ところで、DJさんがオールディーズに填まったのは「アメグラ」から、と聞いたけど、どうやってほかの曲を知ったのですか?
    https://youtu.be/jKRGTeYGNvg

  • 2018/03/09 23:04

    >>No. 4116

    ASTRUD GILBERTO - CALL ME

    こんばんは。
    「スリー・ビルボード」、アカデミー賞W受賞なんですね。最近は出不精になり映画館もご無沙汰ですが、いい映画は映画館で見ると感激もひとしおですね。
    謎のある社会派のお話みたいで興味がわいてきました。
    「息子が行方不明になり、見つかったと連れてきたのは別人だった」、という実話を基にした「チェンジリング」は映画館で見たのですが、考えさせられる作品ではあったけど、残酷なシーンがあって見るのが辛かったです・・・

    ★Petula Clark - Don't sleep in the subway
    わぁ、可愛い曲ですね♪ 聞き覚えはあったけどタイトルなど忘れていました。再び出会えて良かった。( ̄▽ ̄)
    「ダウンダウン」もトニー・ハッチなんですか。どちらもオサレで明るい春色の歌だなあ。
    ピーター・オトールと共演したのは「チップス先生さようなら」でした。コチラもほとんど忘れているのでもう一度見たいです。

    ☆ASTRUD GILBERTO - CALL ME
    アストラッド・ジルベルトの歌った「コール・ミー」もトニー・ハッチ作と知りました。
    元はクリス・モンテスが歌ったもう少しビートのあるやつですが、ボサノバになって更に軽やかに。
    今思うと、クリス・モンテスも不思議な人ですね。特にアイドル顔でもないし声はどっちつかずだし・・(ごめんなさい) (-ω-;  
    https://youtu.be/iDf74ekyuvM

  • 2018/03/05 22:33

    >>No. 4114

    Dionne Warwick - Trains and Boats and Planes

    こんばんは。
    女子フィギュアで金メダルを獲ったロシアのザギトワ選手に、秋田県から秋田犬が贈られるそうです。
    えー、日本人じゃなくロシア人にあげちゃうの?、金メダルのご褒美に?
    それって、なんだか引っかかるものがあるんですけど。Σ( ̄ロ ̄lll) おばちゃんの僻みかな。

    ★春がいっぱい / ザ・シャドウズ
    そうそう、80年代に入った頃までかな?、必ずこの時期にラジオから流れてきましたね。(  ̄ー ̄)♪ 
    「ザ・シャドウズ」がいったい何者なのかマッタク知らず、曲の感じからポール・モーリアのようなイージーリスニングの人たちと想像していました。
    原題の 「Spring is nearly here」・・「春はもうそこまで来ている」、、を 「春がいっぱい」としたセンスいいですね。
    ホンワカした雰囲気は、桜が満開になる日本の春に合っていて和みます。

    ☆Dionne Warwick - Trains and Boats and Planes
    コチラも春のムードかなぁ。(-ω-;  ナントカ・クレーマー&ザ・ダコタズでもヒットしたんでしたっけ。
    オサレで複雑な曲調だと思ったら、バカラック作でした。やっぱりねー。
    1965年の曲だから50年も前になるんだけど、まったく古さを感じません。「雨にぬれても」もそうですが、この人の曲は時代を超えていますね。
    子供の頃は、新学期にどんな担任が来るのか、新しいクラスで友達が出来るだろうか、と少し不安でしたね。
    https://youtu.be/TwOngoEuVGw

    えばり兄弟も歌っていたみたい

  • >>No. 4111

    マイ・ピュア・レディ- 尾崎亜美

    こんばんは。
    3月に入りました。出会いと別れの季節ですね。
    今年は引っ越しの値段が高騰しているそうで、日によってはどの業者にも断られるとか。
    大学卒業の時、軽トラに本やレコードを積み、運転手さんと一緒に帰ってきた時のことを思い出しました。(笑)

    ★Gazebo - I Like Chopin
    いやー、これも名曲ですね♪ そういえば前奏が長く1分半もありましたが、飽きずに聞かせる魅力があります。
    ヨーロッパと日本だけのヒットだったのね。ビートのない美メロな曲はアメリカで受けないのかな。ポール・モーリアやフランシス・レイなど日本人は好きなタイプなんだけど。(  ̄ー ̄) 
    小林麻美さんのカバーもよく覚えています。スレンダーで妖精のような人でしたねぇ。

    ☆マイ・ピュア・レディ- 尾崎亜美
    なぜか春一番が吹く頃に思い出す曲で、口紅のCMで流れていて好きになりました。この時代の化粧品のCMソング、何曲か覚えていますよ。
    邦楽は聞く機会が無かったのですが、知らないだけで、聞いてみると好きな曲がたくさんあるかもしれません。
    小林麻美さんも資生堂のCMに出ていましたね。( ̄▽ ̄)
    https://youtu.be/QTRRRECiVu0

  • 2018/02/25 14:12

    >>No. 4109

    F.R. David - Words don't come easy

    こんにちは。
    昨晩は女子カーリング3位決定戦見ていました。日本の1点リードから最終エンドに入り、英国のラストショットで勝敗が決まる展開はメチャ面白かったです。
    マイナーな競技ですが、親しみやすい選手たちが懸命に戦う様子に日本中が声援を送ったのではないでしょうか。
    やってみようと思った子供たちもいるだろうけど、氷の無い土地では難しいかな。

    ★Aerosmith - I Don't Want to Miss a Thing
    90年代以後はヒットソングを聞く機会もグッと少なくなりました。ホント、映画のテーマソングとして耳にするくらいですか・・・
    テーマソングと言えば、今回オリンピックのNHKで使われていた曲、ドンヨリとやる気なくなりそうでミスマッチですた!
    「アルマゲドン」も見てないのですが、娘さんのリブ・タイラー出てたのね。彼女は両親のいいとこを受け継いで?チャーミングですね。(  ̄ー ̄) 

    ☆F.R. David - Words don't come easy
    ラジオで久しぶりに聞きました。82年当時から数えて36年ぶりですか!
    歌っている人はモチロン、タイトルも忘れていたわ!というか、そもそも知らなかった。メロディと「Words don't come easy」 の所だけ覚えていました。
    どうやら一発屋さんのようなので、DJさんはご存じかもしれません。
    周期的にこんな中性的な声のヒットが出ますねえ。古くはクリス・モンテスなんていましたね。( ̄▽ ̄)
    https://youtu.be/_MdNXV0yfsA

    シングル盤出てたのね ヨーロッパで1位は立派です

  • 2018/02/19 22:29

    >>No. 4107

    Starship - Nothing's Gonna Stop Us Now

    こんばんは。
    カーリングをよく放送してくれるので、ソチの時より面白さが分かってきました。(笑)
    日本は、団体競技になるとチームワークがよいので強さを発揮しますね。
    選手にマイクを付けて、仲間内の会話が聞こえるのも愉快です。 ( ̄▽ ̄)

    ★John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion)
    日本でもヒットしたようでよく聞いたのですが、歌っている人は誰なのか知りませんでした。歯切れがよくメロディも良いですね。
    映画は何年か後にレンタルビデオで見ましたよ。
    こうして見ると、デミ・ムーアやロブ・ロウ、エミリオ・エステベスの出世作だなぁ。
    とても良く出来た青春映画で、エリート大学の卒業生一人一人のエピソートが興味深かった。(  ̄ー ̄) 

    ☆Starship - Nothing's Gonna Stop Us Now
    「セント・エルモス~」の後に再生されました。おっ、この2つサビのところの盛り上がり具合といい、よく似ているなあ。同じ時代の空気を感じます。
    しかし、「セント・エルモス~」の方がサックスも入っているし出来が良いですね♪
    映画「マネキン」のテーマ曲だけど、映画は知らなかった。ラブロマンスものみたいです。
    https://youtu.be/j46N_aMlXH8

  • 2018/02/14 22:30

    >>No. 4104

    Babys - Head First

    こんばんは。
    今日はオリンピックのメダル獲得&入賞のニュースが続いています。
    スピードスケートはオランダ勢がダントツに強いけど、そのオランダからコーチを招いてトレーニングをしたそうで、成果が出ましたね。オランダ人より小柄なので、色々と苦労したと思います。
    スノボやモーグルの人たちを見て「ちょっとチャラい?」と思うのはオバサンになった証拠だ。(笑)

    ★Exile - I Wanna Kiss You All Over (1978)
    これは初めて聞きました。エグザイルというバンド名も知らなかったです。
    チニチャプの作品なんですね。何度か聞くうちに、ホット・チョコレートの「You sexy thing」を思い出しました。エゲレスの音だー♪ストリングスが入っているせいかな。(  ̄ー ̄)
    「スター・ウォーズ」、なんと今まで見たことないんです。うーん、宇宙のどこかで何かが起こるという、いわゆる「SF」にあまり興味が無いせいかも。
    これと「猿の惑星」くらいは見ておこうかな。「2001年宇宙の旅」もレンタルビデオだったしなぁ。

    ☆Babys - Head First
    78年頃、ビジュアル系で売り出されたバンドがありましたね。Angel なんてのもいましたっけ。覚えてますか?
    この「ベイビーズ」も、ブリティッシュ・ハードの新星として期待されていたそうです。と言ってもほかの曲は知らないんだけど。
    この曲を覚えていたのは、ちょっとヘンなサビのメロディのせいかな。(  ̄ー ̄) 
    https://youtu.be/xa6CfwYO1_o

  • 2018/02/10 00:41

    >>No. 4102

    Bill Withers - Lovely Day

    こんばんは。
    ピョンチャン五輪始まりましたね。来た挑戦がにわかに参加したこともあってモチベーションが下がり気味なんだけど、DJさんはどうですか。
    日本に向けてミサイルをぶっ飛ばすような国なんだから、マスコミも浮かれて「美女軍団」なんか撮影しなくてもいいのに・・・

    ★THE TEMPTATIONS - "Psychedelic Shack"
    「バラカンVS近田」のラジオは面白かった!どちらも遠慮せず好き勝手なことを言ってて、ハラハラしながらも緊張感を楽しんでいました。あれから続きがあるのかチェックしてみよう!(  ̄ー ̄) 
    テンプテーションズのサイケもかっこいいですね。近田さんは「テンプスのファンにはサイケ期を認めないやつもいる」と言ってましたが、私はどちらも好きですよ。
    この映像はテレビ向けかな?さすがに奇麗な画質のものが残っています。

    ☆Bill Withers - Lovely Day
    ラジオの78年特集で聞きました。そうか、40年も前になるのですねぇ。
    記憶はあるのですが、久しぶりに聞いてメッチャ新鮮でした。
    ヒットメーカーなのに、この人の曲はどれもオーバーにならずオシャレ感があっていいですね。
    アメリカよりはイギリスでヒットして7位まで上がったそうです。
    https://youtu.be/PIa1Rp-MRcc

  • 2018/02/05 22:30

    >>No. 4100

    Mr. Big - Photographic Smile

    こんばんは。
    恵方巻きの販売目標を増やさずに前年並みにしたスーパーのニュースを読みました。
    だいたいやね、寒い日に巻き寿司なんて食べたくないわ。お腹痛くなりそう。
    関西の一部でしかやってなかった行事を、これ幸いと全国区にしたスーパー・コンビニ業界は、お寿司は「生もの」という点を考えてほしいものです。

    ★Be Bop Deluxe - Maid In Heaven
    渋谷さんの番組で特集をしていて聞いたはずのビー・バップ・デラックスですが、あまり記憶がありませんでした。
    時期的にはギリギリ、グラムかなぁ。スパークスもグラムと呼ばれたし。
    サウンドはキャッチーで爽快で、ギターが気持ちいいですね。イギリスで受けそうなかんじ。
    このジャケ、イケメンだけにライトが当たってるんですかい?ひどいなぁ・・

    ☆Mr. Big - Photographic Smile
    同じく渋谷さんのラジオで聞いた曲ですが、中華風なイントロで始まりクルクル変化するメロディが面白いと思いました。これは一発で覚えましたよ。(笑)
    以前DJさんも、彼らの「ロミオ」を紹介してくれましたね。ミスター・ビッグはイギリスでは人気のあったバンドなんですね。後からアメリカの同名バンドが出現しましたが、まぎらわしいわ!(  ̄ー ̄) 
    https://youtu.be/NDzLb1Brk9Y

    このジャケではカワイソス。。(´・ω・`)

  • 2018/02/01 22:24

    >>No. 4098

    Roxy Music - BOTH ENDS BURNING

    こんばんは。
    栃ノ心の優勝で、相撲に活気が出ればいいですね。今までさんざんなニュースばかりだったから。
    そうこう言ってるうちに、ピョンチャン五輪かー。女子アイスホッケーには来タ挑戦も参加するみたいで、なんだかなあ。(  ̄ー ̄) 

    ★Dave Mason - Baby...please
    このアルバムは注目されていたようで、雑誌やお店でよく目にしました。
    ギターも歌も上手いですねぇ。独自の世界を持っているように思えます。
    この時にはソロアルバムも数枚出していて、余裕も感じられます。
    デラニー&ボニーたちと一緒に録音した、「Only You Know And I Know」は聞いたことあるけど、ファンキーな曲調のもあったし、反対に、固いかんじのトラッドな曲もあったような・・・イギリス人の遺伝子に組み込まれているのでしょうか。( ̄▽ ̄)

    ☆Roxy Music, BOTH ENDS BURNING
    グラムロックのブーム時はラジオでT.Rex やボウイを聞いていましたが、ロキシーの「サイレン」を聞いたときはかなーりショックでした。
    なんと言えばいいのか、今まで聞いたことのない、でも刺激的なサウンドで消化するのに時間を要した・・・というかんじかなぁ。( ̄▽ ̄)
    ステージでよく演奏される「ボース・エンズ・バーニン」は「恋はドラッグ」のB面だったようですね。
    https://youtu.be/9srPxGj2SwE

    ツアープログラムだそうです

本文はここまでです このページの先頭へ