ここから本文です

投稿コメント一覧 (92コメント)

  • >>No. 723

    山戸さんはスタッフブログの中でもいつも内容が濃く、そしてとても頑張り屋な姿が伝わってきて、リーダーとして、また女性の出世頭としてもKeePerを引っ張っていく人材だととても期待していました。
    お亡くなりになられたのは本当に残念です。心よりご冥福をお祈りいたします。

  • >>No. 551

    IRの月次はあくまでも直営Laboの実績であって、会社としての売り上げはいまだ過半を占めるProShop実績と合わせてのものになります。

    これまでのトレンドとProShopの伸びがほとんど期待できない現在では今年度の売り上げ達成は厳しいと思っています。ただ、LABOが伸びれば伸びるほど原価は下がるので、利益面では期待できますけどね。

  • PC踏み潰すのは

    ・・・それはまずい(笑)

  • >>No. 452

    さいなら。もう二度と来ないでください。

  • 説明資料に目を通しました。新しかったのは30年度と31年度の新店24店のアナウンス。
    今年度の24店出店は相当無理をしてる感がありますので、これ以上無理が出来ないという判断が入っているのでしょう。
    ただ、これでは成長の加速というイメージは与えられませんね。艶パックもそう大きなビジネスとも思えませんし。
    Labo100店を目指すのはいいとして、次の成長ドライバーになる「キレイ需要」の獲得に早く取り掛かるべきだと思います。

    車に限ってしまうと「休日」の「天気の良い日」にどうしてもビジネスが限られてしまいます。
    車以外で「平日」でも「天気が悪くても」キャッシュを生み出せる事業をKeePerの技術を使ってできるのが一番良いのですがね。そういうアイデアをそろそろ社内で募ってみてはいかがでしょうか(もちろん極秘にしてもらってて構わないですが)。

    2月も後半になってようやく春の兆しが見えてきました。
    とりあえずは雪や泥で汚れた車を洗いにLaboにお客さんが殺到しているというニュースを聞きたいですねぇ。

  • 去年の全社会(全社員会議)では多くのお金が賞金に回ったということを喜ぶコメントがありましたが、今年はどうだったのかな?
    努力や成果に対して会社として正当な報酬を出し、それを讃えるのは大変素晴らしいことだと思います。この取り組みも毎年進化させていってほしいと思います。
    トップの話を延々と聞く場ではなく、各店で得た学び(成功事例)を共有する場の方が意義が高いでしょうし、また、著しい成果を挙げた人物(や、店舗)をより盛大に賞賛し、各社員が「来年に向けて我々も頑張るぞ!」と士気が上がる場になると良いなと思います。

  • 明日はとうとう大納会ですね。今年はKeePer株もそれなりに上昇しましたが、世界的な株高傾向を考えると目立った好成績、と言うほどではありませんでした。まあ地合いにあまり左右されないKeePerらしさを感じる株価形成だったようにも思います。

    年末最終株価を3年分:
    2015年末 767.5円
    2016年末 915.5 円(前年末比+19%)
    2017年末 1404 ± ??円(前年末比+5?%)

    なお、参考までに書きますと、明日の株価1374円以上で前年末比50%超上昇、1419円で時価総額200億というキリの良いところになります。
    これまで通り事業継続していけば時価総額300億は確実に達成できる会社ですが、500億、1000億を目指すには「新たな決意」が必要になってきます。そんなアナウンスを期待する2018年になりそうです。

  • 12月の後半、これからは谷社長の店舗訪問録がバンバン上がってくるのが嬉しいですね。
    私は単なる株主でしかありませんが、自分の投資したお金がこういうところで価値を生み出していると考えるとそれはそれで楽しいものです。
    見所は足立店の2000万越え、板橋店の1000万返り咲き、大須・中川店の1000万チャレンジ、世田谷・東海のデッドヒート。そこに現れる伏兵刈谷店、3年目組の大ジャンプ(仙台、名張、彦根あたり)・・・てな感じでしょうか。
    去年はラストスパートで人が足りず少し失速感がありました、今年は改善できているものと期待しています。

  • 短信と四半期報告書を読みました。
    2Qで半期計画の売り上げを達成するには計算上10-12月で前年116%程度の売り上げを達成しなければなりません(Pro,Labo合わせて)。10月がコケた中、11月12月で挽回するには無理がありますので、しばらく株価はこの未達疑惑を織り込んでいくのではないでしょうか?(ハズレて欲しいけど)
    利益もこれも結構厳しいものがあります。報告には出店は計画通りの旨が強調されていますが、本来は上期にもっと出店する計画になっていたはずです。その点は誤魔化して欲しくないと思いました。
    1QのLaboの減益は簡単には人員のだぶつきだと思います。早い出店は減価償却費を増やしますが、それは売上である程度は吸収していきます。一方、採用は前半大量出店を前提にとっていたはずなので、この固定費が今重くのしかかっていると見ています。現状で言うならばそれを逆手にとって、去年「人手が足りず」年末の売り上げの伸びが抑えられた状況を余剰人員でしっかりとカバーし年末最終の伸びを見せて欲しいところです。
    また、今回見えたのはProShopの限界かもしれません。1Qの失速は天候の面もあるでしょうが、その前から減速傾向は見えていました。ProShop数が増えて売り上げが増えないのはKeePerのProShop担当者の生産性を下げる要素にしかなりません。中期的にはその点を踏まえた人員政策やサービスの見直しをしていかないと単なる金食い部署に成り下がりかねません。

    以前から投稿している通り、そろそろKeePerには3本目の柱が必要です。Labo100店になってから考えるのではなく、今のうちに種を撒いておいて欲しい。「キレイ」で括れるビジネスはたくさんあります、それにはこの会社のコーティング技術、高いサービス精神が存分に生かされるはずです。また、海外もチャンスは十分にあります。自信がなければ資本マイノリティから始める合弁でも良いと思います。常にチャレンジするマインドを見せることも投資家へのアピールに繋がります。

  • 白龍さんのご提案が功を奏して株価が大きく上がるといいですね。
    満足に利益確定させて、そして、いつもの穏やかな掲示板が戻って来ることを願っています。

  • 私は別に命がけで投資しているわけではないですので、白龍さんの命がけレベルはさっぱりわかりませんが、少なくとも投資とは個人の私利私欲のために会社にネチネチと圧力を掛けることではありません。

    投資スタンスは自由ですので短期重視であればそれはそれで構いませんが、長い目でサポートをしていこうと考えている自分からすると、あなたの個人的欲望のために会社を荒らしてほしくない、迷惑だわ、というのが私の本音です。

    まあ、これ以上やりとりしても噛み合いそうにないですね。

    あと、本当に会社の回し者ではありませんから。
    ダメだと思ったら自分の見る目がなかったと、売りに入ります。

  • 白龍さん

    会社の回し者ではない一般株主です。

    あなたが「命がけで真剣に投資する」方だったら、わざわざこんなとこに来て騒ぎ立てることの無駄さ加減もお分かりになっていることかと思います。なので私は「そう思わない」です。

    株価が上がるのは悪いことではないですが、今回の連投を見ていると売り抜けを目的としているただの煩いだけの人物にしか見えず、あなたの印象は大変良くないです。そういった方は売り抜け後は音沙汰がなくなるのでそれはそれで良いですが、ただ、人としてどうなの?と思いますね。少なくとも「命がけで真剣に投資」ではないですね。投資の意味を今一度勉強されると良いと思います。
    もし中長期で会社の成長とともに果実を育てよう、というのであれば、会社には別のアプローチをされるべきだと思います。

    上場企業のIRは基本的にあなたのような煩いだけの株主(*株主かどうかわかりませんが)に対しての対応方法もわきまえています。上場している以上は株主を選べませんが、居てほしくない株主への対応方法は選べます。不快な対応を受けているのなら是非売っていただいた方が良いです。

    てか・・・「そう思わない」をクリックされてそんなに気になりますかね。

  • 9月月次に対して値動きが大きかったのは意外な感じでした。
    結局行って来いとなり、値幅だけ取って売り切った個人と掴まされて売りハグれた個人とが残る展開は株価にはしばらくマイナスに作用すると思います。
    10月は2年連続で好調だったのでここいらで反動がきてもおかしくないような気もしますし、八王子店の再開延期も少なくともプラスには作用しません。そんなところを織り込みながら、吉田選手のCMや新店IRとか、はたまた新業態への??とか、、、しばらく材料待ちの展開になるのでしょうか。

    Canada さん、総会のレポートありがとうございました。社長が常に顔出しモードなので総会もさぞかし距離の近いものだったと推察します。こういうのが意外に高いPERを支えてたりするのですよね。

  • 今年も総会に行けませんでした(涙)
    出席された方、何か情報ありましたらお願いします・・

  • まだまだ男性中心の会社ですが山戸さんの取締役就任で新しい風が吹き込めると良いですね。
    スタッフブログでも面白い視点での投稿が多かったので、大いに期待しています。
    女性顧客を獲得できるような動きになるとマーケットも広がっていくと思います。

  • 2016年6月期は上方修正後、本決算はやや未達
    2017年6月期は上方修正後、本決算で結構上乗せ
    という結果でした。
    前期の反省を生かしたのか、また、6月の梅雨入りが遅かったこともあり、ポジティブな決算ですしたが、EPS90円(分割前)に乗ってしまったのは出来過ぎの感もありますね。
    さて、2018年6月期はEPS50円(分割前100円)への挑戦となりますが、これまでよりリスクの多い事業展開になると考えています。
    数日内に発表される決算説明資料でもう少し詳しく確認していきたいと思いますが、とりあえず短信からの気づきを挙げておきます。

    (ヒト)
    新規採用人員に出店が追いついておらず、だぶつき感が出ている、現に人的生産性が幾分悪化している。計画24店の出店が遅れるほど固定費負担となり、利益に影響する。
    (ProShop)
    微増の計画として、文面からも頭打ちを認めている内容。登録店が増えて単価が下がるのは営業費用増加にしかならないのでマイナス、これを計画に織り込んでいるかどうか。一方Laboがテンポよく出店されて売り上げが期待通り積み増しできればEPS50円では済まないはず。
    (モノ)
    「新しい販路のために開発した新製品の販売」
    このもったいぶり感は今までにないメッセージなのでプラスの意味で期待。「新しい販路」が自動車関連なのか、それ以外なのかでマーケットの反応が変わってきそう。「キレイ」につながるビジネスではあると思いますが。
    (カネ)
    上場費用、TVCM代といったバッファー利益要因が今年からなくなるのでシビアな経費コントロールが一層求められる。

  • 今日のIRはサクセッションの動きとして投資家に明確なメッセージが伝わったと思います。去年は6月くらいからずっとゴタゴタしてましたからね・・・
    若きナンバー2は漢字でソウスケさんだと思ってましたがトシユキさんて読むそうです、46歳。
    ちなみに谷社長がブログを始めたのは48歳の時。

  • 業績修正内容はまったくサプライズではないですが、大手証券会社から初めてレーティングが出たことにサプライズです。そういう会社になって来たのだなと思うと嬉しいですね。

  • 5月月次は前年の悪さを考えると既存店の伸びとしてはそんなにサプライズではないですが、昭島新店が良いスタートを切っていること、足立店が相変わらず絶好調なのに加え、草加店も1,000万プレイヤーの仲間入りを果たしそうな勢い、そして、手稲店の影響を感じさせない札幌店、労働生産性の大幅改善など、今後に向けて心強い点が色々と見られます。
    6月は去年は空梅雨だったのと前月の反動もあるでしょうから大きな伸びは難しいでしょう。まあ、閑散月の1つですからあまり気にする必要はないと思います。むしろ気持ち的にはすでに来期にあります。去年イマイチだった8月の選手権をどう活性化させるか、新店が順調に計画できるか、そして、2年後あたりに100店達成が見えてくる中、来期は新たな展開の準備としてどのようなチャレンジをしてくるのか、関心ごとは沢山あります。

    株価がここまで大きく上がってしまったことに驚いています。仮に来期EPS90円で考えるとしてもPER30倍に迫っているわけですからね。競合がいないこの会社を何倍で評価するべきかはなんとも言えないですが、短期急騰してしまった以上、これから権利開けまでの波乱は覚悟しておかないといけないかもしれませんね。

本文はここまでです このページの先頭へ