ここから本文です

投稿コメント一覧 (294コメント)

  • NC-6004は臨床的に重要な神経毒性、聴覚毒性または腎毒性の副作⽤を軽減し、⻑期間の 治療を可能にした。 過去にプラチナ製剤での治療経験があり、副作⽤による治療継続困難や 有効性が得られず治療中⽌となった肺がん患者でも有効性が認められた。以上の結果から、 NC-6004とゲムシタビンの併⽤療法は、本試験の肺がん患者において有望な活性および忍容 性を⽰したことから、今後さらなる検討を進める。

    認容性に耐え
    有望まさに有望株だね

  • 富士フイルムがDDS始めるぞ

    臨床試験国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野長の松村保広氏が絡んでるいるみたい
    ナノキャリアは、関係ないのか名前が出てこない?


    富士フイルム,進行性の固形がんを対象とする抗がん剤「FF-10832」の臨床試験を米国で実施することを決定
    〜がん組織に薬剤を選択的に送達し,薬効を高めるリポソーム製剤の臨床開発〜
    上記で検索して見て

    *1 米国イーライリリー社が開発した抗がん剤(一般名:ゲムシタビン,製品名:ジェムザール)。膵臓がんの第一選択薬として用いられ,そのほかにも幅広いがん(肺がんや卵巣がんなど)に用いられている。
    *2 がん組織は自らの栄養のため血管を新生させるが,新生血管は未成熟で,正常血管には存在しない血管壁の隙間が存在する。リポソームや高分子などを血中に滞留させると,隙間がない正常な血管壁は透過せず,がん組織周辺のみで血管壁を透過する。また,がん組織ではリンパ組織が未成熟であるため,透過したリポソームや高分子などが排除されにくく,結果的にこれらはがん組織に集積する。これをEPR(enhanced permeability and retention)効果という。崇城大学DDS研究所特任教授・熊本大学名誉教授の前田浩氏と,国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野長の松村保広氏が「がん治療における高分子薬物の血管透過性・滞留性亢進(EPR)効果の発見」(1986年)において発表。両氏は論文・引用分析においてトムソン・ロイター社がノーベル賞有力候補者として発表する「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を2016年に受賞している。
    *3 血中薬物濃度が,半分に低下するまでの時間のこと。

  • 塩野義製薬「手代木流」で10年先も勝
    で検索してみて
    握力出るよ

  • 今朝の日経新聞より
    あと3年、核酸医薬5000億円規模
    ナノは、当然105か6004か中外か6300
    バイオテクノロジーを使った医薬品の一種。化学合成で作ったDNAやRNA(リボ核酸)などを使うのが特徴で、病気の原因に関する遺伝子に直接、働きかけるため効果が高いとされる。がんや中枢神経系の疾患など、特に有効な医薬品がない分野で新薬が期待される。国が決める薬価によるが、化学合成で製造のコストは下げられるため患者の経済的負担を抑えられる可能性もある。市場規模は2020年ごろに5千億円になるとの予測がある。


  • 日本化薬(株)
    4272
    2017/10/1
    同左
    1000→100
    -
    ダイトーケミックス(株)
    4366
    2017/10/1
    同左
    1000→100
    -
    広栄化学工業(株)
    4367
    2017/10/1
    2017/9/27
    1000→100
    同時に、株式併合(5株→1株)を実施
    日油(株)
    4403
    2017/10/1
    2017/9/27
    1000→100
    同時に、株式併合(2株→1株)を実施

    10月1日化薬も日油も株式分割するとなると
    ビックニュースが( ^ω^)・・・来ないかな

  • 資料ありがとうです
    結果について佐伯氏は、「PSNなどの副作用をより軽減するため、NK105の用量については80mgを含め、さまざまなシミュレーションを行った。今回は65mgに減量したことにより、副作用は軽減したが、非劣性につながらなかった可能性がある」と話した。
    やはり推奨容量がすくなっ方みたいですね
    NC6004は通常投与量より多かったからまだ救いようがあるか

  • 寝太郎
    寝てしまったか
    えいYa
    起きたか

  • 訂正
    NC60004
    NC6004
    0が
    多かった

  • 欧州腫瘍学会って権威あるか?
    学会でNK105発表する意義は?
    第三相失敗で論文発表は製薬会社はほとんどしないらしい
    発表すれば同じ失敗が無くなり良いことだが手の内が見えるためかどうか
    わからないが
    日本化薬が学会発表することはかなり自信がありNK105が修正で上市できると確信しているとおもてってよいと思う
    学会発表後追加臨床試験の開始発表そんな長いスパンでないうちにIRがなくては意味がない
    NK105追加臨床試験開始され
    いま影が薄いNC60004が上市に近いと評価される

  • 化薬の医療動画を見ましたが
    1分間のどうがですが高分子ミセルを用いた。
    スペシャリティファーマとして、
    開発を行う。
    NK105今週末学会で発表されれば
    DDS復活の兆しが見えるのではないか

  • ヤマブキさん資料ありがとうございます。読ませていただきました
    免疫、抗がん剤が脚光をあびていますが第一選択ではないと思います
    DDSは、患者が積極的に使うで有ろうから
    第一選択に成りうると思いました。
    「従来の抗がん剤治療では、薬が正常な血管の孔を通過し、その効果が正常な細胞にも作用してしまうことで副作用が起きていましたが、ナノマシンは正常な血管の孔は通過できないので、副作用が起こりにくくなります。そうなれば、患者も積極的に利用することが予想され、術後の転移の抑制にも効果が期待できます」

    転移や再発乳がんに用いるパクリタキセルを搭載したナノマシンの治験は、最終段階の第III相試験までコマを進め、実用化まであと一歩というところまで来ている。そこで有効性と安全性が認められれば、晴れて医薬品としてさまざまな医療機関で使用できるようになる。

  • 来てほしいです
    9月には105の良い知らせを
    期待したい

  • 有ったんだ。皆過信するな
    自分は大丈夫みたいな
    おかげさまで
    大事には至らなかったけど
    2個取りました
    3年前は難ともなかったよ
    しかしやって良かった
    内視鏡検査
    出来たら抗がん剤治療は
    したくないからさ
    6004の資料を見ていて皆大変辛い思いが
    身に染みています
    がんの怖さを知って要るから
    105、6004、6300、
    どれか1つ上市確実の前後に
    核酸デリバリーが現実に成って来ると
    内閣府の資料で見た
    7月の核酸オンパレード
    いよいよ有言実行か?☺

  • 握力が欲しいなー
    ナノキャリアはつらいよ🙇

  • 昨日引退宣言
    ブラバスって資生堂か男性化粧品だったかな
    (冗談)
    1日天下
    短かったね

  • 今日はわくわくしたが
    終わって見れば
    いつもと変わらない
    出来高有ったから
    裏ではいろんな主役が右往左往したんでないのかな
    🔰です。

  • 今スーパードクターズ見ているけど
    どうだかな
    ナノ掲示板で耳年増に成っているのか
    ガンとは国立がんセターが
    日本一でないのかな

  • どこのホームへ行けばいいか教えてくれ(笑)
    文足らずであったが
    小野薬品を宣伝したととれるかなもしくはほか会社?
    オプジーボは高額なのでこれからは
    高額の薬は安くできる薬に勝てなくなると言いたかった。


    薬価を10分の1以下に下げる、次世代のバイオ薬が登場!?
     バイオ薬には難しそうなイメージがあるが、要は「体内にある物質で作った薬」だ。体外の化学物質で作った低分子医薬品は、その名の通り、分子が小さいぶんだけ吸収されやすく、効果が高い。ただ、治療を必要としない組織や細胞も傷つける恐れがあり、副作用のリスクも高い。
     その点、もともと体内にあるたんぱく質で作ったバイオ薬品は体に優しく、副作用が少ない。現在のバイオ薬品の主役は抗体薬。体の免疫システムの主役である抗体(糖タンパク分子)を主成分としたもので、従来のバイオ薬よりも効果が高く、副作用はさらに少ない。延命効果が高い画期的な抗がん剤として話題になった「オプジーボ」も、抗体薬だ。
     ただ、抗体薬にも欠点がある。一つは高価な点。オプジーボを1年間使用すると、体重にもよるが3500万円以上もかかる。これが問題となり、2016年11月、国は同薬の薬価の50%引き下げを決めた。おかげで、オプジーボの販売元の「小野薬品工業(4528)」の株価は、ピーク時の半値水準で推移している。財政難の折、国は薬価の引き下げに本気で、「医療コストを低下させる薬でないと認可が下りない方向に来ています」(岩田さん)。

  • 今目を見張る抗がん剤
    オプジーボなどは核酸で
    製法が難しく高額に
    薬価が1年で3500万円が半額に
    国は高い薬は本気で承認しない方針が明確に
    示した
    10分の1で出来る技術がある会社が
    これからでて来るからだ
    SBIが主役になるとレポートありました

  • 日経新聞からの記事ですが
    7月7日核酸医薬技術米特許成立
    7月10日核酸医薬技術が米特許査定
    7月19開発中の製剤を米当局が指定
    7月21日核酸医薬技術で米特許査定受ける
    7月21日化粧品事業を強化
    今夏から新製品投入
    今まで大した材料がなかったが
    ここにきて
    日経新聞に載る記事が
    5本続けて出て来ている
    ににか良いね👍

本文はここまでです このページの先頭へ