ここから本文です

投稿コメント一覧 (2857コメント)

  • valu詐欺のヒカルが原因ですべてのユーチューバーが悪いイメージになってしまったんだろうなw
    ヒカルが原因で
    テキ屋お客さんが激減・仮想通貨やVALUやユーチューブが悪い印象になってしまったからねw
    いろんな業界に迷惑掛けたにも関わらずValuで自分たちだけぼろもうけして今はユーチューブでのうのうと動画をアップロードしてるわw
    なんでこんなやつが地獄をみないのか世の中・・・運って不公平だわなw

  • ってことはストライダーズは嵌め込みってことだなw
    ウルフは稀に当たることはあるけどシャークとかいう初心者レベルの予想屋はすべて外れてる?よなw
    なんであんな奴にフォロワーがたくさんいるんだろうかw

  • アンジェスがタイムラインに出てたから調べてみればまたアレやっちゃったのかw

    やっぱ株って怖いねw

    MSワラントとか株主舐め舐めしてるわw

    おまめらに同情してやるから金をくれ!

  • 明日は株式全面安だろうが仮想通貨は爆上げすると断言しとくわw

    今のうちに株式から全資金引き上げてビットコイン買っておけよw

    これが最後の忠告w

  • シャークを擁護した書き込みしてるやつ関係者クサw

    あいつは昔から大口を逃がすためグルになってるかなり悪質な嵌め込み屋w

    断言しとくがここは75MA割れてさらに下に向かうw

    上の窓を閉めるのは数年後

  • あんな素人に毛が生えたような雑魚にリツイートやいいねしてるやつらはど素人。
    良いカモやで。
    トイレダーズもどこも大暴落やないかw

  • 8月1日に分裂させて20万割れすれば、各方面から批判の嵐になり今度こそ誰も仮想通貨を信用しなくなるだろう。それを回避するためにも日頃小難しい事ばかり言っている仮想通貨の技術者達の腕の見せ所でなんとかしなくてはいけないと思うわw
    それとBTC/ETHがない取引所って逃げ道ないと思うから資金引き上げてリミックスやフライヤーに移動しとけよw

  • 松井証券はS高比例配分もなかなか当らないし(先週の金曜日にソレイジアをSBIと松井証券で同時刻に同枚数成り行き注文したらSBIで500株当たって松井は失効。)夜間も出来ないしその他色々と不便なので全資金引き上げたわw

    なんだかんだいって色々できちゃうSBIが最強だわw

  • おまめらこの野田に投票するんだピョ~ン
    ピョーン
    ピョーン

  • 下げてる機関や大口のアジトにヒアリが出現したら買い上げてくれると思うわw

  • 人生とは「移動すること」「人と出会うこと」で成り立っている。
    移動をせずに一か所に座り込んで、誰とも会わないのなら、人生を生きているとは言えない。

    ネットというものが出来て、ゲームをやったり、動画を見たり、音楽を聞いて
    それなりに退屈せずに済むけれど、誰とも会話せず一人でネット三昧で生きることも
    人生を生きているとは言えない。ネット世界ではせめて掲示板で他人様と交流したり
    自分の考え、日常生活の一端を書くことで、人生を生きている証しにすべきだと思います。

  • >>No. 451

    ウルフやシャクは所詮ど素人の覚えたてw
    あいつらのツイートにいいねやリツイートしているやつらは何にもわかってない勝率0%のド素人達w

  • アンケート協力よろしくw

    ウルフの裸を見たい→そう思う
    ウルフの裸なんて見たくない→そう思わない

    ポチポチスタート…

  • ゑ~拙者、黒岩奉行所乃黒岩銀次郎デ御座ㇽ!!!
    採霊打厨ハ買ゐデ御座ル!!!
    八七零四部隊ハ全力デ貝!貝!貝!すゝめ!!!
    ブォォ~ン

  • ここにハゲがいるならこの俺様が治療してやるぜ!
    治療方法はマジックでキコッキコッカキカキ~♪
    おい!そこのお前だよw

  • 1・PERが10倍の株
    2・PERが500倍の株

    どちらが投資効率がよいでしょうか?

    1と答えた貴方は間違いです。株式投資というのは、割安な株を買って値上がりを待つと言うのが一般的なスタイルですが、割高で投資に値しない株を買ってしまっても、それより高い値段で買ってくれる投資家がいれば成功となります。PERが10倍の株でも、自分が買った値段より上を買ってくれる人がいなければ、理屈は正しくてもその投資は失敗です。
    より酷い愚者
    投資と言うのは、誰しも損をしようと思ってやっている訳ではなく、みんな儲けようとして市場に参加している訳で、必然的に投資効率を追及することになります。割安で騰がらない株より、割高だが騰がる株の方が、良い株と言うことになります。つまり割高な株を買っても、それより上で買ってくれる、よりひどい愚者が現れれば良いわけで、そのようなことを前提にして投資をすることを、よりひどい愚者の理論と言います。

    しかし、この理論がバブルを生むことになります。人は誰しも自分が最後の愚者にならないと思うから、時代に関係なくバブルは発生し繰り返します。古くはオランダのチューリップバブル(球根1個で家が買える)、日本の土地バブル(山手線の内側の土地価格でアメリカ全土が買える)、アメリカのITバブル(IT関連なら実態に関係なく株価が暴騰)・・・ これらの末期に共通するのは、自分が利口だと思い込んでいる参加者が目先の機会損失の方を恐れ、バリュエーションを無視して買い上がることです。そしてバブルが崩壊し後から冷静になって考えると「なんで?」という価格が形成されています。過去のバブルは全て「よりひどい愚者の理論」の結果であったと言えるでしょう。では、自分が愚者にならないようにするにはどうするのか? アメリカの詩人、ロバート・フロストの言葉「馬は死ぬ前に売ってしまうことだ。人生のコツは、損失を次の人に回すこと」を引用しておきます。

  • 女王ヒアリ、一日に3000個の卵ってヤバくないか?
    シロアリ駆除の薬だからその他には効果がないとか抜かしている奴は自分の口の中にシロアリ駆除の薬を散布すればいいw

  • 1円貼りついたら知識もくそもないやろw

  • 損失を抱えた投資家心理は興味深い。例えば25日移動平均線を株価が下回れば、直近で買った人の多くが含み損を抱えたと言うことであり、更に株価が移動平均線から下方に乖離すれば、更に多くの人が含み損を抱えたことになります。テクニカル分析を否定しても、この事実は否定のしようがありません。損失を抱えた投資家心理と言うのは、人さまざまですが、怒り、失望、恐怖と言うものが支配的になっています。


    損失を抱えた投資家を3タイプに分けると以下のように分類できる。

    ①この辛い状況から一刻も早く抜け出したいと損切りをする人。
    ②現実逃避をして嵐が通り過ぎるのをひたすら待つ人。
    ③負けを受け入れることが出来ず、資金が続く限りナンピンして回復を待つ人。

    そもそも人間というのは、株に限らず嫌なことは先送りする傾向がありますから、多くの個人投資家が最初にとる選択肢は②か③だと思います。株価が短期間の値幅調整で終われば②、③の人は耐えられますが、値幅調整にプラスして時間(日柄)調整をされると、次第に耐えられなくなります。何故なら人間は短期間のストレスには耐えられますが、先の見えない長期のストレスには耐えられないからです。また信用取引をやっている場合などは、精神的に耐えられなくなる前に、追い証などで資金的にショートする人も出てくるでしょう。従って調整が長引くと次第に①に収束してくることになります。

    上昇相場にしろ、下落相場にしろ、相場の最終局面(天井・底値圏)では、トレンドの勢いにプラスして、損を抱えている投資家の最終的な投げが出るので、出来高を伴ってチャートは鋭角的な上昇または下落を描いて相場が終了します。

    相場と言うのは、常に買い手と売り手の攻めぎ合いで成り立っており、その均衡がどちらかに破れたとき、トレンドが発生し、一方が完膚なきまでに打ちのめされると言う性質を持っています。その様なとき、儲かっている投資家の行動心理などはどうでもよく、損失を抱えている投資家の行動を読むことが重要になります。自分が有利な方に付き、弱っている相手を攻めるのは、相場の鉄則ですが、相手が白旗を上げたと見たときは、ポジションを逆転するなど、常に負けている投資家の立場に立って相場を見ると、自ずと取るべき行動が見えてきます。

  • 競馬、競輪、競艇、私も好きでよくやりました。この手のギャンブルで負けるパターンは大体決っています。競馬で例えると人にもよるんでしょうが、財布に余裕があり、頭が冷静な第一レースから大穴を狙う人はあまりいないでしょう。しかし、勝ち負けを繰り返しながら徐々に負けが込んでくると、だんだん頭に血が上ってきます。もうこの時点になると、競馬新聞やパドックで冷静に馬を見る余裕などなく、とにかく失った金だけでも取り返そうと、見るのはオッズだけになります。こうなってくると更に馬券は当たらなくなります。そして更に負けが込むと、資金も少なくなっているので、狙うのは確率の低い大穴馬券だけとなり、最終レースが終わると財布は空っぽ・・・ これが競馬の必敗パターンでしょう。

    株もある意味、勝負事でギャンブル性もありますから、誰でも上で書いたような心理状態に嵌る危険性を内包しています。一回の取引で失った金額が大きければ大きいほど、早く取り返したいと云う思いが勝り、普段はやらない値動きの激しい仕手株などのハイリスクな投資に走り、結果として更に傷口を広げてしまうものです。

    このような負の連鎖を断ち切るには、一気に取り返そうなどとは思わず、逆に普段より取引量を減らすことです。(このような時に休めと云う人も多いですが、私は休んでしまうと次に相場に入るときに勘が鈍ってしまうので、あまり勧めません)小額でも構いませんから、何度か利食いを繰り返し、まず負の流れをリセットすることに専念します。そして再び流れが自分に向いてきたら、取引量を元に戻せばいいのです。

本文はここまでです このページの先頭へ