ここから本文です

投稿コメント一覧 (578コメント)

  • 幽霊は見たことないけれど、限りなく奇妙な変人に出くわしたことがある。

    約30年位前、夏休みに親友と2人で飛騨高山へ旅行に行った帰途、道すがら乗鞍スカイラインに寄って、雄大な景色を満喫しようと考えていたのだが、あいにく山中の一本道が道路工事で大渋滞で、中々進むことが出来ず、やっとのことで夜中に、ある山中の温泉街に辿りついた。

    だが、飛び込みで宿を探しても、皆満員で泊まるところがない。

    仕方が無いので、思案の末、そのまま夜中の峠道を一気に下って、松本まで行くことにした。
    松本ならば深夜でも休むところがあるだろうと思ったから。

    温泉街を出て、人気も車のすれ違いも全く無い、何も見えない真っ暗な夜道を走っているとき、その登山者は漆黒の闇の中から突然出現した。

    ヘッドライトの中に、登山帽を目深に被り、リュックを背負った登山者の歩く姿が現れたときはビックリした。

    何故なら、彼は照明の一切ない真っ暗な山の峠道を、明かりを一切点けずに歩いていたから。
    こんな月夜でもない真っ暗な道を明かりなしで歩くなんて、余りにも人間離れしていた。

    不気味な感じがしたが、よく見るとちゃんとした人間だ。
    背負っているリュックも登山用のブランド品で、見た目に不自然な部分がなかった。

    真夜中の夜道、照明もなく歩くのは不憫だと思い、横を通るとき、クルマを止めて「良かったら乗りませんか」と声を掛けた。

    すると、その登山者は「いや、いいです」と答えた。
    何となく不気味だったので断ってくれてホットした。

    その登山者の目深に被った帽子と長髪に隠れ、顔は見ることが出来なかった。

    そうして、僕達の車は、その登山者の脇をそのまま走り去り、バックミラー越しにその登山者が闇の中に吸い込まれて見えなくなったとき、その登山者がそのまま闇と共に消えてしまった様に見えた。

    その後、気になったのでネットで安房峠のことを検索していたら、安房峠は、登山者の幽霊が出るという噂があることが分かった。
    今は新しいバイパスが出来てその峠道は殆ど車は通らない様だが。

    今思い返すとその登山者について奇妙な点がもうひとつある。
    夏山には相応しくない厚着をしていた点だ。分厚いジャンパーを羽織っていた。山の夜は冷えるとは言え、重い装備を背負い体を動かしていたら汗が出そうなものだ。こちらは半袖Tシャツの夏の軽装だったというのに。

  • >>No. 124

    幽体離脱の夢を見たのはもうかなり昔。10年以上前になるかも。
    自分の書いた文章を見返すと、嘘くさく見える。

    この体験をした後、忘れない様にと、覚えている限りのことをメモに残したのだが、現実の出来事の記憶でも1年前の記憶でさえ曖昧だというのに、やっぱり時間が経つと怪しくなってくる。
    変な目で見られたくないので、基本的にこんなこと他人に話さないけど、それが正解なんだろうね。しょせんは夢だし。

  • >>No. 3659

    >「菅野氏は籠池夫妻に『誰かを刺したくないか』としきりに持ちかけた。
    安倍総理批判をさせようとしていた場面もありましたが、それは前理事長が頑なに断った。

    >その後も、籠池一家が菅野の指示通りに動かされていたことが書かれている。
    「証人喚問で父が読み上げた文章は菅野氏が書いたものです」
    「今年1月、菅野氏と裁判費用の話で打ち合わせをした時です。

    >私が『費用はどこから出るのですか』と訊いたところ、
    菅野氏は『民団幹部の会社経営者から工面する』と言われたのです。

    何で森友問題でマスコミが騒ぎ、1年以上も国会が空転したのか疑問だったのだが、やっぱりこういう裏工作があった訳だね。

    日本の国会が空転することで、日本の経済再生は遅れ、経済衰退することで、その富や技術が、米中韓といった国々に流出する。
    かの国々の人たちは豊かになるのに、日本国民は相対的に貧困化。今のこの国の体制では、この流れが覆ることは無さそうだ。

    米国による日本の戦後の統治は、謀略から始まっていると言っても過言ではない。
    国内の朝鮮や韓国勢力を使って日本を統治、弱体化する…。

    闇市とか一等地を彼らが買い占められたリ、朝鮮進駐軍として武器を手に暴れられたリ出来たのも米国政府のお墨付きがあったから、と考えると自然と納得がいくし。

    マスコミには未だに在日枠というのがあるなんて噂もあるし、確かに個々の報道で変な細工をしているとネットでしばしば話題となっているし。

    学校では、戦前は天皇を中心とした全体主義で自由が無く、悪い侵略戦争をしたと教えられ、戦後は米国によって自由がもたらされたと信じ込まされてきた…。街宣右翼による日の丸、天皇のネガキャンも結構影響力あったし。

    当の韓国も、米国の傀儡政権、米国に亡命していた反日の権化、李承晩によって、親日勢力が徹底的に弾圧され、平気で歴史をねつ造するバリバリの反日国家にされてしまったし。

    謀略の根は相当に深いと言わざるを得ないだろうね。

    ルバング島に30年間潜んでいた小野田少尉は、ラジオ放送で戦争が終わったことを知っていたが、日本本土は米国に操られた偽の日本で、本当の日本は、中国大陸やアジアに潜伏して、また再生の機会を伺っていると思い込んでいたと、救出した鈴木紀夫氏に語ったというが、結構鋭いものがある。

  • 長崎と天草の隠れキリシタンの里がユネスコの世界遺産になった。
    幕末から明治にかけて同地でキリスト教の布教につとめたマルク・マリー・ド・ロ神父という方がいる。

    フランスの裕福な貴族の家に生まれたド・ロ神父が日本に来て布教活動のみならず多くの日本人を救うために産業の育成にも力を尽くしたり、教会を設計したりかなりマルチな才能を持った素晴らしい方だったみたいで、しかも若い頃の写真を見ると中々のイケメンな方で、現地では今でも慕われている。

    高橋佳子氏のある著作にド・ロ神父の前世が、日本人の隠れキリシタンの武将で、秀吉のキリスト教弾圧によって、ポルトガル人の神父や信者たちが処刑され殉教する姿にショックと感銘を受け、そのとき自分がキリシタンだと言い出せず、関ケ原の戦いに敗れ結局は処刑された過去をもつ魂だったことが書かれていた。

    そのときの強い後悔が、想いが、ド・ロ神父を日本に引き寄せ、そして神父が並々ならず強い活躍をする原動力になっているなんて、ある意味凄い、感動的な話ではあった。信じるか信じないかは読む人次第だが。

    今、海外の人々に人気のある日本。日本が好きな人達の中には、前世が日本人だったという人もいるだろう。
    「前世療法」で有名なブライアン・L・ワイス博士も、自分の関心のある多くの要素として前世の影響があると著書で語っている。

    氏の著書では、馬好きの白人女性が前世がインディアンであったことが原因にあるとか、現在のトラウマの原因が前世にあるとか、英語が出来ない中国人の女性が、退行催眠でペラペラと流ちょうな英語をしゃべりだしたとか、まあ面白い例、興味深い例がいろいろと書かれている(本人の退行催眠による供述による)。

  • 別に安倍政権を支持している訳ではないけれど、日本経済にとっては近年では一番マシな内閣だった。で、日本経済も何とか再生して、経済が成長を実感できる久々の内閣だった。

    その安倍総理が最大限に存在感を示したのが2回にわたる消費増税の延期。これは今の小粒な日本の政治家ではなかなかできないことだと思う。

    至極まっとうで、本来ならば誰でも日本の現状、過去の状況を分析すればわかる話であるのだが、何せマスコミや財界、学会にまで多大な影響力を持ち、多くの天下り先を持ち、多くの日本人が忖度している財務省の意向に逆らうわけだから。

    だが、財務省絡みの森友加計問題で、その存続が怪しくなってきた。正直、日本経済はこの問題で、また消費増税で、また冷や水を浴びせられることになるだろう。

    経済衰退したらそれだけ、この国から雇用と技術(税収も)が失われ、経済力をつけた中国を中心に、韓国、米国にまたこの国のもろもろが買いたたかれていくことだろう。

    この国の中枢には相当数の反日工作員もどきの人間が居ると思われる。ある意味国家の体ををなしていない。
    心から愛国心のある政治家、官僚なんて一体どれだけいるのやら。殆どは違うと思われる。

  • >>No. 31

    人間の想念は時空を超越している…なんてしばしば言われる。

    自分の幽体離脱の夢(夢で終わったので夢としておく)でも、一瞬にしてチベットや北陸と、瞬間移動することを味わった。

    …ということは、この広大な宇宙空間でもそれはあてはまるということ。って考えてみると凄くないだろうか。

    お釈迦様が悟りを開いたとき、その小さな体から抜け出して、自分の意識がどんどん大きくなり、宇宙大の大きさに膨らみ「宇宙即我」の境地を得たというけど、この意味って相当深いと思われる。

    まあ、実感して観なければ到底想像もできない状況ではあるけど。

  • >>No. 122

    つづき。

    渡来人と縄文人が交わることで日本人が生まれた訳だが、その縄文の遺伝子が強く表れているのが、沖縄の人とアイヌ。本州の人間では縄文人の遺伝子の割合は20数パーセントとか。

    アメリカ人の白人も実は、僅かではなるが、インディアンの血というか遺伝子が混ざっているなんて話もある。

    人種の切れ目は実ははっきりしないという話があるが、遺伝子的に。既にどこかで混ざって今に至っている訳で、
    良いか悪いかは別として、その流れは加速しこそすれ、止めることはできないだろう。

  • >>No. 121

    そして、もっと面白いのが、アメリカ大陸のインディアン、インディオと、縄文文化、日本との関係性。

    インディアンの言葉は、日本語と似ているという話がある。まんま通用する言葉もあるという。
    アパッチ族は、日本と同じで、こっち、あっち、という言葉がまんま通用し、相手のことを汝(なんじ)と言うという。

    ある日本の学者が調査して、イロコイ(色恋)、カンザス(簪)等、日本語として読み替えられる言葉がインディアンの言葉には沢山あったなんて発表もしている。

    アメリカの歴史は、僅か二百数十年だが、インディアンの歴史を加えると、日本並みの古い国となる。
    竹内文章だったか、古文書にはアメリカの語源は「天の利」から来ているなんて書かれていたなんて話もあるし。

    日本の場合、数回にわたり大陸から渡来人が大挙して来ているが、彼らは、縄文人と共存、混ざることで、その文化の継承者として、日本人として今に至る訳だが、アメリカの場合は、共存しようとしたインディアンを殺戮して、その土地を奪ってしまった。

    最近は、米国ではその反省から歴史感の見直し、また昨今の前世や生まれ変わり等の価値観の普及、スピリチュアルの流れが進むことで、価値観が変わってきているみたいではあるが。

  • 遥か昔、1万5千年前から続いていたと言われる縄文文化。言わずと知れた古代日本の歴史はその頃から延々と続いて今に至っている訳だが、一国の歴史としてこんなに遥か昔までさかのぼれる国ってのは日本以外には無いだろう。

    何せ、大陸の人々は移動や戦いや淘汰、混血を繰り返しているので、その位に古代の人々を自分たちの祖先と言えなくなってしまうので。

    ということで、日本文化の根底には、言語の中には、縄文文化のエッセンスが詰まることとなる。
    世界で断トツに古い歴史を誇る国…ということになる訳で、天皇と神道、そしてユダヤとの不思議な関係。

    へブル語と日本語との偶然では片づけられない類似性、神道や山岳信仰の中にもユダヤ教との関連性を見出す日本やイスラエル等海外の学者、識者も少なくない。

    ギオンやソーラン節、「えっさほいさ」みたいな日本語としては、よくわからない言葉が実はまんまへブル語として通用するとか、カタカナと古代へブル文字が似ているとか、面白い話題が沢山ある訳で。

  • 三橋貴明氏が逮捕された。

    氏は、日ごろから財務省の消費増税の流れに批判的で、この点は自分の考えと全く同じなんだが(ロジカルに考えれば普通はそうなるはずなのだが)、どういう訳か日本の中ではそういう考えが中々一般世論にはならない
    (というか、自分の周辺の中小の経営者や営業職、技術職で財務省の姿勢に批判的な人間は結構いる。普段自分は政治的な話は全然しないので、大抵は聞き役になるが、実は相当数の日本人がそう思っている可能性が高い)。

    氏が最近『財務省が日本を滅ぼす』という本を出版し、「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」と周囲に語っていたそうだが、10代の妻への暴行(DV)容疑で逮捕されたとのこと。

    何とタイムリーな事件だろうか。ちょっと出来過ぎというか。
    この報道で、三橋氏への一般の人々のネガティブな印象がついたことは間違いがないだろう。

    氏が妻へ嚙みついたり、暴力をふるったりって…。
    報道をみると、氏が普段から暴力的で粗暴な人間であるかの印象を受けてしまうけれど、三橋氏側にも相応の言い分があるはず。

    人間ってのは、相手が余りに変なこと、何か突拍子もないことを言ったりすると(誰かの居れ知恵で、変なことを信じ込まされたりとか)、氏の理性の許容を超えた行為をしたことで、思わず手を挙げたって可能性も大きい(あの「このはげ~」発言で落選した女性議員と同じパターン)。

    いろいろな話、噂から類推するに、三橋氏を快く思っていない勢力(財務省筋)が、普段から氏のウィークポイントをマークしていた可能性がある。これは議員や有名なマスコミ関係者にも言えることかもしれないけど(あの橋元前大阪市長の女性スキャンダルとかも)。

    やっぱり財務省の消費増税に批判的だった、マスコミの論客で東大教授だった植草 一秀氏が、警察関係者も冤罪ではないかと疑問を呈されている手鏡事件でマスコミの表舞台から消えた事件も忘れてはいけないだろう。

    もしそれらが本当だとしたら、いつぞやその反動を彼らも享受するはず。逆に後世、植草氏は再評価される可能性がある。歴史ってそんなもの。

  • 自分も何とか稼いでいるけれど、昔の同僚だった友人から電話があった。

    お互い、厳しいけれど頑張って行こう的な話をした。
    その友人の知り合いで、アラ還で、以前、大手企業の営業をしていた人が、今は警備員のバイトで生計を建てているが、月収が最大でも20万にもならず、しかも日々の行先が変わるので、そこへ行くのも苦労しているといった話だった。

    友人のその友人は、大手企業の営業職だったときは、フェラーリに乗っていたという。まあ、この手の話は、割とよく聞くので、またか的に聞いていたのだけれど、そうやって苦労している人たちは相当数いると思われる。

    自分もリーマンショック時、一時その状況に追い込まれ、もう復帰できないかもと思ったけど、幸いにして、元の鞘に戻ることが出来た。とはいえ、未だ困窮老人(最悪は破産)の可能性があり、予断を許さない状況にあるけど。

  • >>No. 117

    先進国で最悪レベルの貧困大国。自殺大国。それが今の日本。

    日本の失業率は発表では3%。で、これは先進国では異常に少なく、海外からは優等生扱い。というか信じられないとう声があがっているという。

    もちろんこれにはからくりがある。この数字はハローワークで実際に仕事を探している人の数字で、実際にはハローワークに行かずに仕事を探したり、仕事を探すのをあきらめた人たちの数字が入っていないから。
    実際は約16%になるという調査もある。

    こんないい加減なことしているから、こんなアホな統計を政治家も官僚もマスコミも信じているから、この国の今の深刻さがわからず、ミスリード、失政を繰り返し、この国をどんどんダメにしていく。

  • 2年後の消費増税で日本経済はまた冷えることになる気がして仕方がない。というかそれでこの国の借金が解消されたり、国民に負担しただけのメリットがあるとは思えない。

    ということは、やっぱりそれだけこの国の消費が落ち込み、困窮者が増えて、肝心のこの国の借金も増えこそすれ減らないということ。

    あの東日本大震災を予知した女性のブログとたまに覗くが、農業従事者が減り人口減少で宅配従事者が減り、よりこの国の経済状況が深刻になり、消費税が12%になる日…について触れていた。

    国の借金が拡大し、そのツケが国民に大きくのしかかるとも語っている。そりゃそうだろう。肝心のこの国の経済が再生しなければ、増税だけして国民や企業の負担ばかり増やしていたら、困窮者はより増え、少子化はより加速し、結果税収は大きく減り、国の借金はより膨らむことになる。ある意味、予知以前の当たり前の話なんだが。

    というか、何とかそのバカげたとんでもない流れを止めないと、この国は本当にとんでもないことになる。
    後世の日本人、いや世界経済に悪影響を与えることで、世界の人々から白い目で見られることになってしまうだろう。

    そろそろ国民が、ちゃんとした理性ある能動的な行動をとらないともう後がない。日本の再生ができるかどうかのタイムリミットが迫っている。そんな気がする。

  • 同じことを今の日本以外の国でやったら結構な収入と貯金を持っている…。
    実はそういう日本人って相当数いると思う。自分もだが。

    特に不景気で起業してしまった人たちの多くは徒労に終わっているだろうね。苦労して一生懸命働き、ある程度成功しても根負けして挫折。で、最後は困窮、又は借金を抱えて破産(ある意味自分も似た状況で、なんとか生き残っているが)。

    まさに激しい経済戦争で何とか命からがら生き残った…って感じ。同業他社がいったいどれだけ無くなったか。
    行方不明になったり死んだ人たちも相応にいる。

    彼らは、間違いなく日本以外の国で同じことをやっていたら億万長者になっていたろう。実際、バブル崩壊前は、結構安易な経営だったのに、小金持ちな経営者、会社が沢山あった。

    日本は、日本人は意図的に貧困にさせられている。これが正直、偽らざる実感。というか正直、本当の話ではないだろうか。

    後世、必ず明らかになるはずだが。またそのツケがそれをもたらした勢力にもたらされるはずだが。
    (あのT大H学部も国民世論の反発で廃止されることになるかも)

  • 東京オリンピック後に日本経済は大変なことになるかも。

    家電業界は今後の需要予測として、東京オリンピック前に消費増税で消費税が10%となる前、駆け込み需要がおきるが、その後、消費が落ち込むとみている。
    1964年の東京オリンピックのときもオリンピックが終わり、経済が低迷したと言われるが、今回も同じことがおこると予想している経済関係者は多いみたいだ。

    金融緩和で、日銀が結構お金を刷っていて、これが経済衰退とともにハイパーインフレを起こす可能性があるかも。

    日本ではあまり話題にならないが、実は同じことを米国の有名投資家が警鐘を鳴らしている。

    で、今の急激に上がっている日本株。これが消費増税やオリンピック終了による経済の落ち込み、が引き金になって、日本経済が冷え込んだタイミングで、一斉に日本株売りをしたらどうなるか。


    そのタイミングで日本経済は大変なことになり、どころか日本発の世界恐慌が起きるかも。で、それをいわゆる闇の勢力が狙っている可能性がある。

    東日本大震災を予知した女性も東京オリンピック後に闇の勢力が世界経済の落ち込みを画策しているなんて結構前にブログで書いていたが、日本は大変なことになり、老人の貧困化が進むなんて書いていたが、日本政府にはそのシンパがいるなんて書いていたが、現実になるかも。

  • 日本の権力者たち程、国民のことを考えていない、自分たちだけのことしか考えていない権力者って、民主主義国と言われる国ではないだろうね。

    特に官僚と言われる人たち。何か凄く彼らに違和感を覚える。z省とか。

  • 本来の日本の実力からすると、今の経済衰退はあり得ない。絶対に。
    これは技術職のはしくれとして相応に社会の一線でいろいろなものを見、体験をした人間として断言できる。

    だからこそ、今の日本経済の体たらくが我慢ならない。日本という国柄から考えて、歴史的経緯から考えてもこの状況は、本来あるべき姿ではない。

    安倍首相による今回の総選挙で、何となく消費税が10%になることが既定路線になってしまった。財務省は笑いがとまらないだろう。

    安倍おろしともみえる財務省がらみの森友、そして加計問題。謀略のにおいがぷんぷんする。
    本来は何故あの土地が法外に安く売却されたのか、徹底的に追及すべきなのだが、公文章が破棄されたり、結局は追及がうやむやとなり、この国が本当は民主主義国ではないことが再確認された事件だった。

    消費増税の本当の目的。それは経済を冷やすことだという説がある。
    経済が好調になると、お金が国債ではなく他のもっと部の良いものに投資されて、お金を集められなくなるという説。また経済が好調になると国債の金利があがって、その分の支払い額が増えるという説。
    今のゼロ金利政策だって国債を買わせる為という説がある。実際に日銀は国債を買いまくっているけど(その金は回りまわって米国に向かっているという説もある)。

    真相は分からないが、充分に裏がありそうではある。

    今のこの低迷する経済状況で、中小の経営者や末端の労働者は、正直、その労働の割りにかなり不当な扱いを受けている。
    同じ労働、仕事をして、今の日本ではなくて海外の多くの国々で同じことをしたら、きっとかなり豊かな生活が享受できる人間も多いはず。
    だが、今その多くが困窮にあえいでいる。何せ受注単価がバブル期の1/3になったりして、逆に要求がきつくなったりしている状況だから(で、末端は過酷な労働、ブラック化という問題が発生。そして貧困、ウツや自殺の問題も)。
    今の貧乏経営者たちが、バブル崩壊前の日本、東アジアで同じことをしたら充分な金持ちになっているだろう(これは自分の実感でもあるが)。

    ちょっと解せないのが、安倍政権になってからの株高。金融緩和による円安が要因と言われているが、海外投機筋によって演出されている感も否めない。彼ら投機筋は、日本経済が低迷したとき、それを一斉に売って大儲けを企んでいる可能性もある。

  • 「NHKスペシャル 人体」を観た。

    最近の研究で、人体の各部位、各臓器は、相互に情報のやり取りをして、連携して機能していることが分かってきたという。

    そしてその情報のやり取りをするネットワークが血管。つまり人体というのは、相互の細胞、臓器同士の集合体で、巨大なネットワークを構築することで、巨大なひとつの生命体を構成しているという訳。

    人体は、ひとつの生命みたいだが、実は多くの細胞の集合体で、連合して動くことで、ひとつの生命として機能しているという訳。

    これってまさに巨大なインターネット、そして国家や企業といった人間社会と同じということ。

    社会には自分たちだけが栄えれば、いい思いをすれば、儲かればいい…と思っている悪い人たちがいて、ネットではハッカーやウイルスを流行らせてネットを壊そうとする勢力がいて、それが社会全体に悪影響を与えたり、時には社会、企業、ネットを壊したりするが、それと同じことをしているのががん細胞。

    彼らは偽情報を流して、他の細胞をだまして、そこに潜入、自分達の勢力を拡大させていく。
    彼ら、がん細胞は貪欲で自分たちの仲間を増やすことしか頭にないが、それによって、人体という巨大なネットワークが壊れ、機能停止し、最後は自分たちも死に至るというところまでは頭がまわらない。

    実はスピリチュアルの世界ではかなり前から、各臓器や各細胞に意識があると言われていて、高橋信次氏も、悟りを開くとそれらの意識と対話することができると語っていた。意識といえば植物も同様で、同じ様に対話ができるという。

    で、私たちの正体はというと、俗に魂といわれる、体の細胞の集合意識体とは別の存在だという。

    脳死で植物人間になる人がいるが、それは魂がどこかへ行って、肉体だけが機能している状態。ある意味寝ているときと似た状態。寝ている人間は起こせばすぐ目覚めるが、脳死の場合はそれが出来ない。

  • >>No. 2990

    105歳で亡くなった日野原さん。人間ドックを始めたり終末医療のパイオニアとして、米国や日本の大学で教鞭をとったり医療界の重鎮として、尊敬をあつめた方だった。

    が、あの世に帰ったら、金さん銀さんとか、先に亡くなられたもっと上の世代のかただらけで、医学界の先輩諸氏が沢山いて、また若造、新人になる。

    お疲れさまでした。しばらくお休みください。

  • >>No. 106

    明治維新の志士たちもそうだけれど、南北戦争の頃の米国人にはイケメンというか魅力的な人たちが多くいたみたい。
    南北戦争で兵士達の間で歌われたリパブリック賛歌。

    https://www.youtube.com/watch?v=p5mmFPyDK_8

本文はここまでです このページの先頭へ