ここから本文です

投稿コメント一覧 (11708コメント)

  • ぽんぷ銘柄恐るべしw
    ありがとw

  • うほほ~ぃw
    ナイスなクリプレありがとうw

  • 平素は格別のご高配を賜りまことにありがとうございます。

    当社は平成28年7月に今回のホールディング体制を見据えて、商号を株式会社シーマより株式会社ニューアートに変更いたしました。(自由な精神と革新的独創力により今までなかった新しい企業文化をクリエイトする)を理念に掲げ、社名のニューアートにはオリジナリティ溢れる美を創造する企業グループであり続けるという思いを込めました。これまでブライダルジュエリー事業を主軸として事業を展開してきましたが、今後はニューアートという言葉をキーワードとして様々な分野の事業展開を推進して参ります。

    私は、ギャラリストとして50年間をホワイトストーンギャラリーの経営に、5年間をアートミュージアムの経営サポートに従事してきました。ブライダルジュエリーについては25年間のキャリアがあり、これまでギャラリストとして培った経営をブライダルジュエリーに生かして来ました。

    例えば、現在当社ではマンツーマン接客をしておりますが、実は私のギャラリストからの経験に基づいて発案し導入した販売方法です。また、当社のブライダルジュエリー事業では、お客様の注文を受けてから制作する受注制作販売(セミーオーダー、オーダーメイド)のシステムを採用しておりますが、これは過剰な在庫を持つ必要がないという大きなメリットがあり、今日当たり前の様に行われているルースとリングのデザインを組み合わせて販売するこの販売システムを日本のブライダルジュエリーに初めて開発導入したのが、ダイヤモンドシライシになります。

    それまでの日本の宝石業界はたくさんのデッドストックを抱えて倒産することが多かったのです。このシステムを採用した宝石店は倒産から解放されることになりました。このように当社は他社の真似をするのではなく、全く新しいことを開発しながら成長し続けております。特にこの度、ダイヤモンドの伝統を守りつつ、新たな試みとしてフィンテック技術を融合させ、さらなる発展を遂げるために仮想通貨事業のニューアートコインをスタートさせました。

    これから毎週、ホールディングカンパニーのグループ会社を社長の紹介と共に、企業内容を説明していきますが、その会社ごとのオリジナリティに溢れる、生産、販売戦略にご注目ください。

  • <東証>ソルクシーズが一時28%高 仮想通貨関連に物色

    2017/12/18 11:12日本経済新聞 電子版

    (11時5分、コード4284)大幅に4日続伸している。前週末比290円(28.8%)高の1298円まで上昇する場面があり、上場来高値を更新した。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が日本時間18日午前8時から仮想通貨ビットコインの先物取引を開始した。ソルクシーズは金融機関向けシステムを受託開発しており、仮想通貨関連銘柄として物色されている。仮想通貨のマイニング事業を持つセレス(3696)やGMO(9449)なども高い。

     ソルクシーズ株は15日に制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前日比150円(17.5%)高の1008円まで上昇して取引を終えており、18日も買いが続いた面もある。13日付の日本経済新聞朝刊は三井住友銀やりそな銀などが「米リップル社の技術を活用し韓国の大手銀行2行と15日から送金実験を始める」と伝え、実験の中心となるSBI(8473)傘下のSBIリップルアジアに技術協力するソルクシーズに買いが波及していた。

    NEW ARTはおいてけぼりかよ?w

  • なによりFSRUは自走できる。商船三井は「チャレンジャー」をトルコで数年間、運用した後は次の利用地へ移動させる。消費国にとっては必要量を一定期間だけLNGを使いたいといった柔軟な調達が可能になる。

     商船三井によれば、2017年までの10年間に、新たにLNGを導入した22カ国のうち、6割超にあたる14カ国がFSRUを使った。実用化から10年あまりで、世界で稼働するFSRUは20隻を超え、扱い量は世界需要の8分の1に相当する年3千万トンに達する。

     「この市場は伸びる。引き合いは10件を下らない」。商船三井の中野宏幸海洋事業部長は言う。FSRU市場では米エクセラレート、ノルウェーのゴラールLNG、ホーグLNGなど、この分野に注力する企業が先行する。

     ここに参入した商船三井の強みは建造段階からのLNG輸送船への関与と世界最大の運用実績だ。これを生かし、インド西部グジャラート州では、地元エネルギー企業が計画するFSRUプロジェクトに参加、建造への技術支援や保守・操業を手掛ける予定だ。

     LNG導入国の拡大は、需要の増大と取引の多様化につながる。LNGを生産する事業者やトレーディング事業者、大口の買い手である電力・ガス会社もLNGを売り込む好機とみて動く。

     東京電力ホールディングスと中部電力が燃料事業を統合したJERA(東京・中央)の佐藤裕紀執行役員は「FSRUは新興国需要を促進する」と語る。欧州に拠点を置く資源商社トラフィグラはパキスタンで複数のFSRU事業を進め、三井物産も同国でのFSRU事業に参加を決めた。

     市場の裾野を広げる新技術は、プレーヤーの幅を広げ、新たな競争をもたらしている。

  • LNG市場広げるFSRU 受け入れ基地を船に

    液化天然ガス(LNG)の導入国が広がっている。日本や中国、韓国などの既存の大消費国に加えて、東南アジアや中東、南米などの新興国でも輸入が始まった。市場の拡大を後押ししているのが、FSRU(浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備)と呼ばれる新技術だ。

    商船三井は近く、トルコ南部のドルチョール港で、世界最大の能力を持つFSRU「MOL FSRUチャレンジャー」の操業を始める。LNGの貯蔵能力は26万3000立方メートル。主流のFSRUの1.5倍の貯蔵能力がある。

    FSRUとは産地から運ばれてきた液状のLNGを貯蔵し、必要に応じて気体に戻す設備だ。桟橋や港に近い海上に係留し、陸上の受け入れ基地の機能を代替する。

     LNGは産ガス国でのガス田開発や液化設備、生産したLNGを運ぶ専用輸送船、消費国でこれを受け入れる基地と、大がかりな設備と巨額の投資が必要だ。これを回収するために売り手は買い手と、20年に及ぶ長期契約を交わしてきた。

     消費国にとっては、長期・大規模にならざるをえない契約量と、受け入れ基地の整備にかかる費用や手間が導入のハードルを上げてきた。

     FSRUはこの費用と時間を大きく短縮する。陸上基地の建設は5年程度かかるのに対し、FSRUの納期は新造船で2~3年、既存のLNG船を改造する場合は1~2年だ。1000億円規模の投資が必要となる陸上基地に対し、FSRUは300億~400億円程度ですむ。

  • トヨタ自動車は18日、エンジン車だけの車種を2025年ごろまでにゼロにすると発表した。電気自動車(EV)に、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)も加えた「電動車」を、すべての車種に設定する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00000045-asahi-soci

  • 15万トークン×2万円=もう30億円調達できたんだねw

  • 30割れた後は永遠にヨコヨコが続くんだろうなw
    ピクルスの完成ですw
    オワタw\(^o^)/

  • 買ったそばから売り板に置くアホばっかりw
    これでは一生上がりませんw

  • 本当に売りたいだけなのかもなwww
    高く売りたいならいますぐ引っ込めろw
    250以上まで上がってから複数回に分けて売ればいいだろw
    頭悪いのか?w

  • 11万株ウォールを220に1点集中w
    何がしたいのかw

  • 近々に新株刷る予定がなくなったからなのか、それとも
    ついに相場操縦の疑いで検挙されたからなのか、それとも
    仕込みが終わったからなのか、理由は分からないが11万株ウォールが消えたw
    合図と取ってよろしいですな?w

  • 皆、気付いてるか?w
    あれが出てこないぞw

  • 日本の投資家は思ってる以上に慎重だw
    明日から上がるなんて甘い期待は持たないw
    ままならんよ、本当にままならんw
    (ρw-).。o○

  • 来年は設置も始まりますw
    来年は設置も始まりますw
    来年は設置も始まりますw

  • いや、一つ言い忘れたw
    その企業にいち早く乗っかったNEW ARTにも期待するw

  • 日本はとても慎重ですからねw
    そして異次元の協調性を持ち合わせていますw

    仮想通貨も初めの頃はそんなまやかしの通貨、破たんするに決まっているだろうと皆が思っていたものですw
    それが最近になって国が認め始めたとたんに大ブレークw

    中国なんか儲かりゃ何でもいい世界w
    リスクなんぞ度外視で積極果敢に仕掛けてくるw
    だからマイニング事業でも先の利を得たのでしょうw

    スピードマイニング、その名に恥じぬスピード感で勝負したのは素晴らしいと思いますw
    中国の牙城を崩す先駆者となってもらいたいものですw

本文はここまでです このページの先頭へ