ここから本文です

投稿コメント一覧 (2355コメント)

  • >>No. 9934

    本牧さん、こんにちは

    レス有難うございます。

    >彼の状態が良くなれば、神里という格好の一番打者を得たのだから2番でしょうね。
    >今の打線はそれなりに機能していますが、私は、クリーンアップは、宮崎・筒香・ロペスの順がいいと思います。
    >そして6番が弱いので、ここに倉本を置いたらと考えています。これをやるならば、7番捕手、8番大和でしょう。
    >9番は倉本だから機能しているので、大和では話になりませんから。

    完全同意です。!!

    1 神里
    2 桑原
    3 宮崎
    4 筒香
    5 ロペス
    6 倉本
    7 嶺井
    8 大和
    9 投手

    この打順でいいですよねー。

  • >>No. 9929

    横レス失礼します。

    大和を7番でというのに賛成です
    むしろ9番でも良いくらいです。

    2番はもっと小技を確実に出来るように練習した桑原が良いかな。

    1番2番がジグザグでどちらも足と一発があるとすれば、相手にとってどんなに脅威か。

    3年ぶりの首位です。
    しかも3人の主力投手と梶谷抜きでです。
    すごい!

    ラミレスの采配は何だかんだ言って安定感が有りますね

    9番倉本と3番筒香は気に入らないけど。

  • >>No. 9847

    イシクロさん、お久しぶりです

    そうですね〜。
    昔では考えられない事ですね〜。

    まずは、ウィーランドと今永が戻ってきたら誰を落とすんでしょうねー

    下手をしたら開幕投手の石田が落とされるかも知れません。
    落とす前に、石田には嶺井と組ませてあげたいものですね〜

  • ヤスさん今日は

    なかなか忙しく、投稿する時間も有りません

    >といってもプロでは経験のない先発ですら、4回3失点で十分合格点じゃないかな?

    4回3失点どころか素晴らしい結果でしたね。録画して見ました。

    新人の時のあのトラウマから見違える様なピッチングでした。
    もともとこれだけのポテンシャルはあったんですねー

    今日は東。
    今日こそは白星付けてあげましょう!

  • >>No. 9721

    ヤスさんおはようございます

    相変わらずスタートでもたもたしている我がチーム。
    筒香はやはり4番にし倉本は6番あたりにすべきでしょう
    過去に成功した事にラミレスはこだわり過ぎる。これがベイの弱点だと思います。
    他のチームの監督の事を言えませんね。

    ただこの成績のなかでも主力3人の投手を欠きながら投手陣が頑張れている事が救いだと思います。

  • >>No. 9635

    ヤスさん、こんばんは

    >楠本はOP戦から1軍でも結果を残していますから当然なんですが、山下・宮本が1軍メンバーに選ばれた理由がなんとなく判りますね。
    >まず大河が急成長中で網谷も長打力を発揮し、非力でファームでも結果が出ていなかった百瀬もようやくプロに慣れてきた感じです。

    25歳以下の選手の成長大変嬉しいですですね。
    大河には期待していましたが、百瀬までようやく伸びているとは・・・
    ショートは貴重な守備の要ですから、柴田、倉本をセカンドに回し30歳の大和をショートにとしたからには、大河、百瀬の二人に明日のベイスターズ が掛かっていると言えます。頑張ってほしいものです。

    >逆に伸び悩みや頭打ち感で心配なのが、関根・白根・狩野で低打率に喘いでいます。

    昨季のはじめに「今年スタメンを取れなければ僕の野球人生は終わってしまう」と言った関根の言葉を思いだします。自身の言葉のトラップに嵌まってしまったのでしょうか。少し心配です。ただ、まだ若いので次のジャンプのためにかがみ込んでいるのだと考えたいものです。

  • >【楠本のこと。】
    >地味なんですが僅か3打席とはいえ、3四死球の渋い働きをしている楠本についてです。
    >神里もですがこのルーキーも雰囲気がありますね。(笑)
    守備&走力で一歩先じている神里が使われていますが、彼がその代わりでもおかしくないポテンシャルと魅力を感じています。

    本当にすごい雰囲気のある選手ですね。
    体もバッティングフォームもすごくしっかりしていて、すごく打ちそう、すごく走れそう
    そんな雰囲気が相手の投手に伝わっての「3四死球」なのかもしれませんね。

    ベイスターズのスカウトは本当にいい選手をとってくれます。
    神里、佐野、楠本・・・これは乙坂もうかうかしていられません。
    って言うか、梶谷、桑原だってそうだと思います。

  • >>No. 9606

    >【祝!! 京山初先発初勝利】
    >見事な若武者ぶりでチームの開幕3連敗を救いました!!

    本当に素晴らしかったですね。
    結果論ですが、開幕1勝2敗は僕の予想通りで、しかも京山で必ず勝てると思ってました。結果論ですが。(笑)
    コメントが良かったですね。
    「負けない投手になりたい」
    サイコーのコメントです。嬉しくて涙が出て出そうでしたよ。

    ラミレスも、右投手でも嶺井を出してきた。この辺に本気で京山で勝とうと言う気が見えました。

    今永が戻るまで2勝3敗ペース、ウィーランドが戻るまで3勝3敗で行き、結局、濱口が戻るまで借金一桁であれば折返しの貯金は可能かと思います。

    その時はベストのローテは、
    今永、京山、東
    石田、ウィーランド、濱口
    ってとこですかねー。(ワクワク!)
    あれ!飯塚は?

    ラミレスが井納を7回の勝ちパターンに回す気になった理由がわかりますね。
    飯塚もきっと勝ってくれると信じてます!!

  • >>No. 9603

    はまっ風さん、こんばんは

    このトピを盛り上げていただいて、感謝しています。

    虫かごに入れても、流しても、どちらでもいいでしょう。
    ”飄々と風のようにあれ”ってところですかね。
    昔、僕が苦しい立場に置かれた時に、上司がくれた金言です。

    全ては、なる様になる。
    先日テレビで、巨人の上原が、成功要因を聞かれ、”じっと耐えて運気を待つ”ことだと言ってました。
    すごく共感しました。

    一方で、小さなことに拘り、夜な夜な無意味な投稿をするものがいるのであれば
    それを、不快に思うのであれば虫かごに入れ、笑って見れるのであればそのままでもよし
    そんなところですかねー。

    こんな世の中の片隅の中でも、いろんな人間模様があり、おかしなものですねー。(笑)
    結局、そんなことも全て俯瞰して見れないといけませんね。
    ”飄々と風のようにあれ”

    はまっ風さんのハンドルネームにちなんで、
    僕の大事な言葉を書きました。
    因みに、僕は「愛・・」は虫かごに入れてますが・・・
    どちらでもいいと思っています。
    自分自身が「日々心安らかであればよし」と思っているので。

  • >>No. 9535

    ヤスさん、スレッドの皆さん、おはようございます。

    昨日は残念な試合でした。
    ただ、幻の場外弾を含めるとクリンアップに全てホームランが出たわけで、
    その意味では良かった、と考えましょう。

    >>ラミレスにはキャッチャーミットを構える姿を投手方向から映像で見て欲しい。
    >>個人的な感覚かもしれないのですが、リードだけでなく、ミットの構えも嶺井の方が安心感があると感じます。

    >これに加えて、昨年から欠点と言われてきた、ミットを動かす癖が投手のコントロールに微妙な影響を与えているんじゃないでしょうか?

    戸柱、うーん、決して悪いリードではなさそうに見えましたが、
    ミットの動かし方が下手というか、動かさなくていいのに動かしてしまってる。
    それからストライクが欲しい場所で、戸柱の構えた位置にボールが行ったのに、ボールと判定され苦しくなったボールが何球かあった。これは構えた位置が審判のボールゾーンだったか、普段の不要なミットの動きが審判にボールと判定させたんだと思います。微妙なことですが大事なことなので気をつけて欲しい。
    ①不要なミットの動きをなくすこと
    ②ギリギリボールになる厳しいところに要求するのでなく、ストライクゾーンで勝負すること

    それから、国吉がワンバンを投げて股間とミットの背中でなんとか後逸を逃れた際、
    戸柱はマスクをとって鬼のような表情で国吉を睨みました。
    国吉のようなメンタルの弱い投手にあんな態度とっちゃダメだよなー
    ③制球が定まらない投手には厳しい表情をするんじゃなくにこやかに対応してみることも考えて欲しい

    以上の3つが、戸柱の改善点かな。


    ラミレスに対しては、打撃要素と捕手防御率の要素を天秤にかけるのであれば、
    捕手防御率の要素を優先すべきだということが、昨日の試合でわかった。
    というかわかって欲しい。

    ①球場との相性(打撃要素と捕手防御率)
    ②相手投手との相性(主に打撃要素)
    ③自チーム投手との相性(捕手防御率)
    これに加えて
    ④相手チームに対する捕手防御率

    ラミレスは④が戸柱と嶺井で一緒なので、捕手防御率要素の③は戸柱<嶺井だが
    主に打撃要素の①、②で戸柱>嶺井なので、戸柱を使った。

    これは戸柱>嶺井を示している指標が2つ、そうでない指標が1つなので、一見論理的に見えるけれど、
    これは相性という何やら理由のわからない指標を扱う際の数字の罠にハマった結果判断を誤った結果です。
    ④相手チームに対する捕手防御率はあくまで、平均値としてなので
    特に③で異常値が出ているのあれば、捕手防御率としては③を優先すべきでした。

    つまり相性という、少々理由の不明確な数字を根拠にするのであれば、漠然とした「対チーム捕手防御率」ではなく
    より確度の高い「対投手の捕手防御率」を優先すべきだと言うこと。
    そして、戸柱の無安打と言う結果も踏まえると、そもそも捕手選択の指標としては、打撃でなく捕手防御率を優先すべきなのだと言うことが明らかになった試合でした。

    ラミレスわかるかなー?(苦笑)

  • >>No. 9528

    三嶋と井納が6回から7回まで投げてくれれば今期のリリーフはかなり計算が立ちます。

    それにしてもやはり戸柱&石田はダメでした。
    捕手の役割を投手のメンタルまで含めてリードするのだと定義した場合、戸柱でなく嶺井ファーストであるべきかなー。

    過去の統計データで判断する事の限界をラミレスは知る必要がある
    過去の相手チームとの相性と、
    自チームの投手と捕手の相性のどちらかを優先するのか
    それには数字を超えた分析と洞察が必要という事をラミレスには学んで欲しい。(上から目線ですがラミレスより歳上だし管理者経験も長いので、許して下さい)

  • >>No. 9455

    ヤスさん、こんばんは。

    >開幕スタメンでただ一つ不満だった戸柱マスクですが、明快な考えを答えてくれていますね。

    戸柱スタメンの理由がわかって良かった。
    モヤモヤのままだと嫌ですからね。

    >>去年の横浜スタジアムでの数字を見ると、戸柱がいい。ヤクルト相手だと嶺井と戸柱は、捕手としての数字的には変わらない。たまたま向こうの投手が右投手であることと、石田が2、3点を失っても打撃のことを考えると戸柱でいった方がいいのかなと。

    つまり、打撃と捕手防御率の両面で
    1)球場との相性
    2)相手投手との相性
    3)自チーム先発投手との相性

    これらの要素を総合的に考えた結果ということですね。
    何が何でも戸柱ではないのだということであれば、ひとまずホッとしますね。

    そして次に、1と2よりも3を優先すべきじゃないの?っていうobjectionになるわけですね。

    僕としては先日の出陣式での戸柱の表情を見て、今までにない表情だと思いました。
    表情はこわばり、なんとも自信のない表情をしていました。
    筒香にいじられて無邪気に笑っていた頃とは大違いでした。

    ラミレスにはキャッチャーミットを構える姿を投手方向から映像で見て欲しい。
    個人的な感覚かもしれないのですが、リードだけでなく、ミットの構えも嶺井の方が安心感があると感じます。

    >少なくとも総合力は戸柱>嶺井ではなく、戸柱=嶺井というのが基本と判りました。

    今この時点では、僕の評価は嶺井>戸柱です。
    プロになり、少しでも甘くなった内角を痛打された経験が重なり、昔の黒羽根のように外角低め一辺倒のリードになっているんだと思います。たまに投げさせる内角も決して内角高めは要求せず、低めに要求してボールになり、ちょうど内角真ん中になって決勝打を打たれるところを何度も見せられました。

    その点、嶺井はすでに黒羽根に、「困ったら外角低めが基本だから」と言われたかどうかはわかりませんが、入団時からきっとそんなことを聞いていて、そういうリードになったところでラミレスに変わり、内角を使えと言われて怖さを知った上で元の大胆なリードが戻ったんじゃないかと思っています。

    嶺井のリードは、「打たれたら俺のリードのせいだ、思い切って投げろ」って見えるのは、気のせいかなー。
    とにかく、嶺井は思い切って内角高に構える。
    それが見ていて気持ちいい。

    きっと、戸柱もいつかそういうリードができるようになる。
    ラミレスがそう考えているとしたら、今回の先発は納得します。
    ラミレスがそう考えていなくても、光山コーチはきっと正しい指導をしてくれていると期待します。

  • >>No. 9405

    オープン戦の後開かれた、応援団の決起集会が開かれました。僕は参加してませんが面白いのでみなさんみてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=Sz4ypEpauag

    押せ、押せ、横浜!!

  • >>No. 9403

    そうそう、honさんの質問に一つ答え忘れたました。

    >ぼびいさん、球場の雰囲気はいかがでした?

    最高でした。
    2万6千以上の入場者数で、開幕したかのような雰囲気、
    しかも外野応援団の場所以外はほとんどベイスターズファンで埋め尽くされていました。

    ただ、椅子が全て青になったので、逆に青のユニフォームが目立たなくなった気がしました。

    そんな中、西部の応援団がいつも以上に頑張っていて、
    ベイスターズ の3塁側の応援ももうちょっと頑張ろうよって感じでした。

  • >>No. 9401

    honさん、こんばんは
    確かに大和の三遊間からの送球はワンバンだったし、倉本ならノーバンですね。
    それは確かにそうだと思います。
    倉本は、三遊間には強くても二遊間はUZR特に悪そうに思います。
    まあ、開幕の二遊間が大和、倉本だったにしても、シーズン通してそうとも限りません。
    柴田も決して腐らずに、自身の技術を磨くことだけを考えているようです。大和守備の良さは、取ってからいかに早く投げるかを考えた捕球体勢にあるとして、見習っているようですし、今年で全てが決まるわけではナシ、結局自分の力をいかに付けるかに掛かっているんでしょうね。
    今年の内野守備練習は大和が入って引き締まったものになったと、柴田自身が言っていました。それを聞くと、例え彼のポジションが一次的に奪われたにせよ、彼自身の成長のために大和獲得は成功だったと言えるでしょうね。

  • >>No. 9400

    やすさん、こんばんは


    >僕は大和獲得時から言ってる様に、『大和レギュラー絶対』ではありません。
    >今は控えに廻らざる得ない柴田のポジション起用に、不満も何度か書いてきました。

    >しかし、大和SSのディフェンス力UPは、仰る通り絶大だと思います。
    >それをMaxで活かすには、2Bに廻った倉本との相乗効果がなければなりませんね。
    >僕がチーム総合力の大幅UPとして、大和獲得に最も期待してきたところです。

    全く異論ナシです。
    早くから大和獲得の意義においては、ヤスさんと全く意見は一致していましたからね。

    >OP戦での倉本の2Bは不安な場面やエラーもありましたが、徐々に好プレーも出始めています。(つまり慣れてきた)
    >なにしろ、アマチュアを含め経験して事のないポジションですから、ミスや試行錯誤は『産みの苦しみ』と思い、ファンも多少の我慢が必要じゃないでしょうか?

    セカンドはまったく逆の筋肉と神経を使うので、今までショートしかやらなかった自分にとって、
    体のバランスが良くなり打撃にもいい影響を与えていると、倉本自身が言っていました。
    あとは、その反対の体の使い方に慣れ、自然と体が反応してくれればきっとミスも減ってくるんでしょうね。
    何事も大きな成果の、前には「産みの苦しみ」があってこそですからね。
    期待しています。

  • そういえば、観戦していて大和の守備の威力を痛感しました
    ショートでセカンドベース寄りを抜けようかというゴロをとりもう少しでダブルプレー
    三遊間のほとんどサード寄りのボールをとって素早い送球でアウト!(倉本では触れもしなかったかも・・・)
    1イニングの中でこんな守備をされれば飯塚も好投できるは・・・と感心しました。
    ショート大和でもいいかなという気になりました。

  • >>No. 9373

    ヤスさん、こんばんは

    ソトのオープン戦成績の件

    >AVG:0.313(7位) OBP:0.340(15位) SLG:0.521(7位) OPS:0.861(8位) 得点圏AVG:0.250(20位)
    >気になるのは四球が打席数50でわずか1個という少なさです。
    >ラミレス監督は結果を求めて、積極打法を容認しているのかもですが、元々フリースインガー・・・?
    >シーズンでは相手投手の状態や配球によっては、じっくり見極める事も求められるケースが多々あります。

    四球が少ないのと得点圏打率が低いのは、やっぱり優良外国人の要素に欠けますね。
    去年のシリアコのような印象がどうしてもぬぐえない

    去年は当初からシリアコに期待していなかったので、昨年の今頃から開幕数試合の間スタメンでシリアコが使われた際は、「宮崎が使えなくても最低でも白崎を使え」って言い続けていたような気がします。

    そういえば、新人達の目覚ましい活躍と、大和を含めた内野手争いですっかり忘れてましたが、
    「白崎」がいたじゃないですか!!

    ソトなんかどうでもいい!
    白崎を育てなきゃ。
    入団してすぐ本職でないショートを守らされ、打撃に集中できず不運だったかもしれません
    なんだかんだ言われながらもショートも守れる大型内野手は数少ない
    白崎どうしてるかなー。(苦笑)

  • >>No. 9357

    ヤスさんこんばんは

    >さて、問題の熊原-戸柱のバッテリーです。
    >下位打線に連続四球からなんと4連続四球で、大量失点のプロ失格の大逆転劇を招きました。

    >三嶋にスイッチと同時に戸柱も嶺井に交代させられ、さすがに温厚なラミレス監督も我慢できなかったんじゃないかな?
    >炭谷以外は完全に外角中心で逃げまくっての4連続四球、そして甘いストレートが西武の強力クリーナップに通用するはずはありません。

    今日は3塁側の内野席から見ていたので、コースはよくわかりませんでしたが
    熊原の乱れ具合にやはり戸柱のリードがあるんだろうな思っていました。

    本日発表された開幕スタメンでは、6番戸柱が入っていました。
    ちょっと納得いかずですね。

  • >>No. 9343

    神里良いですねー
    流石ドラ2だけの事はありそうです
    慣れてくれば長打も出そうですね

    桑原、梶谷がこのままだと
    1番センター若しくは1番ライトは神里が良さそうです

    今日のスタメンに注目ですね
    佐野、楠本、乙坂のベンチ入りは硬いでしょうね

    「今年レギュラーを取れなければ自分の野球人生は終わってしまう」といって昨年望んだ関根は盗塁走塁技術を上げないと
    梶谷はじめ彼らを押しのける事は難しそうですねー
    まだ若いので諦めず精進して欲しい物です

    それにしても下位で佐野、楠本をとるベイスターズのスカウトは大したもんだ

    そのスカウトが久々の2位で取った神里ですから期待しましょう

本文はここまでです このページの先頭へ