ここから本文です

投稿コメント一覧 (1700コメント)

  •  皆さん、今晩は。ルート134です。お便りありがとうございます。

     英国で下院が解散され、総選挙が行われることが決まりました。

     確か下院解散に法律上の制約が課せられてから初めての解散です。
     どうなるのでしょうか。

  • >>No. 33725

     皆さん、今晩は。ルート134です。bankikouronn1さん、お久しぶりです!

    >慰安婦問題は解決済みであるとして、一切取り合わないのが一番。

     私もそう思います。
     これは国家間の信義の問題です。

  •  渡部昇一氏逝去

     皆さん、今晩は。ルート134です。

     右派論壇の重鎮として知られていた渡部昇一上智大学名誉教授が4月17日にお亡くなりになりました。86歳でした。心から哀悼の意を表します。

     1930年に山形県鶴岡市で生まれた渡部昇一氏は、上智大学に進み、英語学を学んできました。
     渡部昇一氏は上智大学の生え抜きであり、上智大学の発展と共に成長してきた人と言えるでしょう。もっとはっきり言わせれば、渡部昇一氏は上智大学に生涯を捧げたといってもいいと思います。私は、渡部昇一氏は「ミスター上智大学」「ミスター・ソフィア・ユニヴァーシティ」だったと思っています。

     私は上智大学出身ではありません(のみならず、親せきにも知り合いにも上智大学出身はいませんが。)。しかし、辛く悲しい気持ちになっています。上智大学は渡部昇一氏と共に在ったとさえ思っていますから。

  •  トルコ、憲法改定の国民投票可決でカウンター・クーデター完成か

     皆さん、今晩は。ルート134です。
     ヨーロッパの歴史の疎いのは、自分自身情けなくなります。

     トルコで憲法改定の国民投票が可決されたようです。これまで大統領と首相が存在していたのが、首相を廃止して大統領に一本化することが重要な改定です。

     これはエルドアン大統領に権限を集中させることになるでしょう。

     選挙制度が絶対的全部代表制を徹底できるのなら、独裁の弊害も解消できるのでしょう。
     ただトルコは昨年クーデター未遂がありました。今回の憲法改定の国民投票可決は、無血・合法的なカウンター・クーデターの完成と言ったところでしょうか。

  • >>No. 33688

     皆さん、今晩は。ルート134です。お便りありがとうございます。

     事実認識に誤りがあったことをお詫びいたします。スデーテン占領と間違えてしまいました。

     お休みなさい。

  • >>No. 33662

     皆さん、今晩は。ルート134です。お便りありがとうございます。

    >かつてヒトラーがラインラントに軍を進めた時にフランスが叩き潰していたら後の第二次大戦は起こらなかった。

     フランスは、ドイツを叩き潰すことをしなかったのではなく、出来ませんでした。

     ラインラント進駐のあった1938年はスペイン内戦の最中で、諸外国は身動きをとることができンまい状態でした。

     そして、ドイツは最新鋭の戦闘機だったメッサーシュミットMe109を本格的に配備しました。
     英国はスピットファイアを本格的に配備する前でしたし、フランスに至っては旧式の航空機しかありませんでした。

     ラインラント進駐をきっかけにフランスが動いても、ドイツはヨーロッパ大陸の制空権を一瞬で奪い取ったでしょう。フランスは、史実と同じく、ドイツに占領されてしまったかもしれません。英国も、スピットファイアを配備する前に空襲でやられてしまったかもしれません。

     1938年のヨーロッパは、戦力の均衡が失われていました。このことを肝に銘じてほしいものです。

  • >>No. 33625

     皆さん、今晩は。ルート134です。お便りありがとうございます。

    >しがないフリーターのルート134にとって北朝鮮は憧れの社会主義国、労働者の天国、金持ちも貧乏人もいない格差の無い地上の楽園なんだろう(笑)。

    >しかし、その憧れの北朝鮮が大嫌いな資本主義国の総本山であるアメリカに叩き潰されようとしている。北朝鮮ファンのルート134はいてもたってもいられない。

    >そんなルート134の最後の頼みの綱が中国だ。中国よ、頑張ってくれ!アメリカが北朝鮮を攻撃したら仇を討ってくれ!そんな祈るような気持ちでバカ書き込みをやっている(笑)。

     nlkemlketrashimaさん、私はこれを読んで噴き出してしまいました。

     北朝鮮こと金氏朝鮮の崩壊は、私も望むところです。
     ただ、私は金氏朝鮮は、残念ながら簡単には崩壊しないだろうと悲観的な見通しを持っています。

     金氏朝鮮を潰すには、金正恩を取り除いた後の北朝鮮の政治体制を維持しつつ、金一族以外の者を最高指導者とする体制を構築することで、アメリカと中華人民共和国との間で水面下の合意を形成することが必要でしょう。
     北朝鮮の政治体制を崩壊させたいのなら、中華人民共和国の政治体制を崩壊させなければならないでしょう。この場合、複数政党制導入後の中国における中国共産党の扱いが問題になるでしょう。あまりにも先の話ですが。

  •  東京大学開校140年、旧Yahoo!掲示板のコメント再表示及びtextream掲示板の表題欄復活・書き込み字数の増加を求めます! 

     皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。

     今日4月12日は、我が国を代表する東京大学が開校してから140年がたった日です。

     東京大学は、開校以来、我が国の学校の頂点として君臨し続けています。東京大学が我が国の学問や教育にもたらした影響は測り知れません。

     東京大学については、1998年に発足し2013年に終了した旧Yahoo!掲示板でも論じられてきました。
     しかし、2013年12月11日に旧Yahoo!掲示板のコメントが非表示になってしまったため、旧Yahoo!掲示板に寄せられた、東京大学に関するおびただしい数のコメントを閲覧できない状態が今も続いています。我が国の教育を論じる上で非常に残念なことです。

     加えて、旧Yahoo!掲示板を引き継いだtextream掲示板も、2014年12月17日に仕様を改定し、書き込み可能字数の制限強化(2000字→1000字)や表題欄の廃止などが行われました。東京大学、ひいては我が国の教育について議論の妨げになるのではないかと懸念しています。

     textream様、掲示板で東京大学、ひいては我が国の教育を論じるためにも、旧Yahoo!掲示板のコメント再表示及びtextream掲示板の表題欄復活・書き込み字数の増加を求めます!

  •  皆さん、今晩は。ルート134です。お便りありがとうございます。

     皆さん、極東情勢について楽観的なな見方をしていることに驚いています。

     専門家からは、中華人民共和国と中国大陸を甘く見ていると批判されるでしょうね。

     では、おやすみなさい。

  •  皆さん、今晩は。ルート134です。

     北朝鮮情勢について、皆さん楽観的ですね。

     私は、中華人民共和国と北朝鮮の関係は、1930年代の旧ソヴェト連邦共和国とモンゴルの関係と同じと思っています。つまり、北朝鮮は、中華人民共和国と同じ政治体制をとっている数少ない国として、中華人民共和国の国際的信用(共産主義体制の説得力)を担保しています。北朝鮮の現体制が崩壊したら、中華人民共和国の国際的信用(体制の説得力)が無くなります。

     モンゴルと我が国の国境紛争だった1939年のノモンハン事変に旧ソ連が介入したのも、モンゴルがソ連の共産主義体制の説得力を担保して降り、モンゴルの崩壊がソ連の崩壊につながるとの危機感があったためです。

     北朝鮮が韓国に攻め込んだのならいざ知らず、アメリカが先に手を出したのなら、中華人民共和国は北朝鮮がやられるのを黙ってみているわけにはいきません。アメリカの軍事力がいくら強大と言え、中華人民共和国の全領土を占領できるだけの兵站、具体的には陸上輸送力を持っているわけではありません。中華人民共和国は、勢力を持っている内陸部に、北朝鮮の亡命政権を存続させる程度のことはできます。

     つまり、アメリカと中華人民共和国が戦争状態になった場合、アメリカの明確な勝利として終わる可能性は低い、中華人民共和国は多大な犠牲を出すだろうが、アメリカによる国土占領には至らせないであろうと予想せざるを得ません。

     中華人民共和国は、北朝鮮が韓国やアメリカを先に攻撃しない限り、北朝鮮を見捨てることはないと考えて結構です。アメリカが北朝鮮を先に攻撃したら、中華人民共和国はアメリカを戦争の泥沼に引きずり込むでしょう。そして内陸の奥深くまでアメリカ軍の兵站の伸ばさせて疲弊させることでしょう。

     アメリカを疲弊させ、最終的に国土占領を断念させることができるのなら、中華人民共和国は多大な犠牲に見合った結果を得ることになるでしょう。

     トランプ政権はそこまで解った上で北朝鮮対策を考えているのでしょうか?

  • >>No. 33568

     皆さん、今晩は。ルート134です。

    >アメリカが北朝鮮を攻撃しても中国は黙認さえしてくれればいいのだ。

     アメリカが北朝鮮に対して先に手を出した場合、中華人民共和国がこれを黙認することはあり得ないと考えるべきでしょう。
     北朝鮮は中華人民共和国にとって、中華人民共和国と同じ体制を持っている国があることを証明する存在です。北朝鮮の崩壊は中華人民共和国の崩壊につながりますので、中華人民共和国が北朝鮮がやられるのを黙ってみていることはあり得ないでしょう。中華人民共和国と北朝鮮の関係は、ロシヤとシリヤよりも強固と考えるべきです。

     要は、アメリカが先に北朝鮮に対して手を出した場合、アメリカと北朝鮮の戦争では済まず、中華人民共和国都の総力戦になる危険性が大きいということです。

  •  皆さん、今晩は。ルート134です。

     北朝鮮がミサイルをまた発射したようですね。うんざりです。

     北朝鮮は、アメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛けたらアメリカが中華人民共和国との全面戦争になることを知っているから挑発しているのでしょうね。北朝鮮がアメリカから先に攻撃されたら、中華人民共和国は諸外国に対して顔向けできるようにするためにも北朝鮮を全力で守りますから。

  •  どうしても頭にくること2題

     皆さん、今晩は。ルート134です。

     どうしても頭にきてしまうことが二つあります。

     まず、マレーシアはクアラルンプールで起きた金正男暗殺事件で、マレーシアは金正男の遺体を北朝鮮に送ってしまったことです。
     マレーシアは自国内で北朝鮮にテロをやられてしまったにもかかわらず、信じられないほどの甘い措置をとってしまったと、私は思っています。
     マレーシアはなぜ北朝鮮に対して国交断絶の措置をとることができないのか、1983年にビルマ(現ミャンマー)のラングーン(現ヤンゴン)で韓国の閣僚が場草津されたラングーン事件で当時のビルマが北朝鮮と国交を断絶したことをと比べると、大いに不満を持っています。

     もう一つは、我が国が、いわゆる慰安婦像問題をきっかけに償還していた駐韓国大使を帰任させることを発表したことです。
     いわゆる慰安婦問題に前進がないのに大使を帰任させるのは、この問題で我が国は白旗を上げてしまったといわれても仕方ないと思います。

     私はどちらも到底納得できません。

  •  4月3日はヨハネス・ブラームス氏没後120年

     皆さん、今晩は。ルート134です。桜もようやく目立つようになりました。

     今年の4月3日は、ドイツの作曲家で、「ドイツの3B」の一人であるヨハネス・ブラームス氏が亡くなってから120年がたった日です。

     1833年にドイツはハンブルクに生まれたヨハネス・ブラームス氏は、若き日はピアノ奏者として活躍しました。
     20歳の1853年、ブラームス氏は、当時デュッセルドルフに住んでいた作曲家で且つ批評家でもあったロベルト・シューマン氏を訪れ、作品を披露しました。ブラームス氏の作品に感動したシューマン氏は、自らが主宰していた音楽誌に「新しい道」という題でブラームス氏を紹介しました。

     ブラームス氏はシューマン家に下宿し、研鑽を積みました。1860年代からはウィーンを拠点に音楽活動を行いました。当時流行していたフランツ・リスト氏やリヒャルト・ヴァーグナー氏の路線に背を向け、純然たる音に重点を置いた作曲をしました。ブラームス氏が歌劇を手掛けなかったのもなんとなくわかります。ただ、ブラームス氏は「ワルツ王」と言われたヨハン・シュトラウス二世氏の作品を好んでいました。

     私はブラームス氏の作品、特に管弦楽作品を好んでいます。4曲ある交響曲、2曲あるピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリンとチェロの二重協奏曲、「ハイドンの主題による変奏曲」、「大学祝典序曲」、「ドイツ・レクイエム」等が私の好きな曲です。特に「交響曲第1番ハ短調」と「ピアノ協奏曲第2番変ロ長調」は感動的です。

     ただ不思議に思うのは、聴いた印象にすぎませんが、ブラームス氏の曲風は、恩師であるシューマン氏の曲風とは、師弟関係にあったとは言わなければわからないくらい大きく異なる気がすることです。軽快で流れるような感じのシューマン氏に対して、ブラームス氏の曲風は重厚さを感じてしまいます。
     私はどちらも好きですが。内面的という点で、シューマン氏とブラームス氏は共通するかもしれません。

  • >>No. 33464

     皆さん、今晩は。ルート134です。dynamicentry_0117さん、nlkemlketrashimaさん、mma302spaさん、hitokoto2008さん、my_imabitoさん、お便りありがとうございます。

    >経営基盤の弱いJRや第三セクターは時代錯誤な再国有化ではなく、国や地方自治体が資金的な援助をしたり経営基盤の強いJRとの合併で対処すべきだ。現にJR北海道はJR東日本との合併という話が出ている。

     nlkemlketrashimaさん、これらの意見については、私は再国有化よりも実現可能性が低いと思っています。

     国や地方公共団体による資金的な援助については、通貨発行権のある国はともかく、地方公共団体の厳しい財政事情の下では、地方公共団体による援助は期待できないと思います。国だけが資金援助するのなら国有化した方が手っ取り早いと思います。

     他のJRとの合併については、JRグループの全てを一つにする合併(つまり分割の否定)以外の合併は経営基盤の強い会社の反発を招くだけでしょう。私は、JR東日本はJR北海道を吸収合併することに徹底して反対すると思います。

     現実的な回答は、部分的にでも再国有化するのでなければ、JRグループの統合(持ち株会社を通さない、文字通りの合併)ではないかと思います。

  •  国鉄民営化から30年、旧Yahoo!掲示板のコメント再表示及びtextream掲示板の表題欄復活・書き込み字数の増加を求めます! 

     皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。

     今日は日本国有鉄道が民営化されてから30年がたった日です。時の流れの速さを感じます。

     国鉄民営化はインターネットが一般に使われる前の出来事ですが、1998年の旧Yahoo!掲示板発足後も時に折り論じられました。

     しかし、2013年12月11日に旧Yahoo!掲示板のコメントが非表示になってしまったため、旧Yahoo!掲示板に寄せられた、国鉄民営化・JRに関するおびただしい数のコメントを閲覧できない状態が今も続いています。国鉄民営化・JR問題を理解するうえでは非常に残念なことです。

     加えて、旧Yahoo!掲示板を引き継いだtextream掲示板も、2014年12月17日に仕様を改定し、書き込み可能字数の制限強化(2000字→1000字)や表題欄の廃止などが行われました。JR問題では、JR北海道の経営問題のみならず、東日本の東日本大震災復旧問題、東海の浮上式リニアモーターの新幹線、貨物の営業黒字等、様々な課題・話題があります。
     textream掲示板によるこれらの改定は、これらの課題や話題を論じる上で制約になっています。

     textream様、掲示板でJRを論じるためにも、旧Yahoo!掲示板のコメント再表示及びtextream掲示板の表題欄復活・書き込み字数の増加を求めます!

  •  国鉄民営化から30年

     皆さん、今晩は。ルート134です。

     今日4月1日は、国鉄が民営化されてから30年がたった日です。
     今回は私の個人的感想を述べます。

     国鉄民営化は、原則として上下一体、つまり鉄路や信号など基盤・固定施設と車両等の運営を同じ事業者で行う方式で行われました(貨物のように上下分離もありますが。)。
     地域分割については、電力や都市ガスの地域分割から生まれたものと理解しています。ただ同じ地域でも新幹線と在来線が別会社(米原~新大阪間等)のように、これまた徹底できませんでしたが。

     地域分割については、住居などの不動産で使われる電気や都市ガスと異なり、公共交通は地域を越えた利用があることを忘れていたのかもしれません。縄張り争いなどの弊害もあります。現に諸外国の鉄道民営化でも地域分割はほとんどありません。

     そしてよく指摘されているように、JR各社の業績格差も深刻化しています。特にJR北海道とJR四国は存続自体が危ぶまれています。

     私は、JR全体の再国有化は困難でも、国が全株式を今でも保有しているJR北海道、JR四国、JR貨物、そして旧国鉄・JRから切り離されたいわゆる第3セクター路線を再国有化すべきではないかと思っています。それも旧国鉄のような公社形式ではなく、交通事業庁(かつての郵政事業庁の鉄道版と理解してかまいません。)を考えています。

     皆さんはいかがお考えでしょうか。

  • >>No. 33427

     皆さん、今晩は。ルート134です。

    >安倍サギノミクスのカラクリを知りたい方は三橋貴明氏の動画を

    見て下さいね。

    彼も初めは安倍を評価してましたが、目が覚めたみたいですよ。

     seiginosyutyou9999さん、三橋貴明氏が安倍晋三を批判するようになったのは、安倍晋三が財政出動をやっているからではなく、安倍晋三が消費税の税率引き上げ以降、緊縮財政にかじを切ったからです。

     財政出動批判は、安倍晋三を援護することはあっても、決して批判にはなりません。

  • >>No. 33428

     皆さん、今晩は。ルート134です。

    >財政悪化するも何も、まだ対外的には黒字のうちにやらないと、もう打つ手がなくなる。
    対外経常収支が黒字のうちにとにかくカネをばらまく以外道はない。

     私は、kunichou_chakaさんのこの御意見を全面的に支持します。

     管理通貨制の下では、対外収支が黒字の国は、原則として破たんしません。もっとはっきり言えば、管理通貨制を採用している国家は、発行権を有する通貨による固定金利の債務で破綻することはありません。

  •  稀勢の里関への賞賛と心配

     皆さん、今晩は。ルート134です。寅吉さん、はじめまして。皆さん、お便りありがとうございます。

     大相撲春場所、怪我をおして出場した横綱稀勢の里関が、大関照ノ富士関を本割、決定戦と続けて倒し、新横綱場所を優勝で飾りました。心からお祝い申し上げます。

     私はこのことをインターネットのニュースで知りました。
     私は、今場所の稀勢の里関に、平成13年夏場所の横綱貴乃花関を思い起こさせました。あのときの貴乃花関も怪我をおして出場し、最後の優勝を飾りました。

     稀勢の里関の怪我の具合をみると、大いに不安です。貴乃花関はこの後7場所連続全休、15日間出たのも1場所だけでした。
     今の稀勢の里関は貴乃花関が引退した年齢に既に達しています。大いに心配です。怪我を治して欲しいものです。

本文はここまでです このページの先頭へ