ここから本文です

投稿コメント一覧 (1199コメント)

  • 地政学的な挑発行為と言うのも実は郷土愛的な縄張り意識の強い言わば原理主義者的なネットワークコミュニケイションに向けられたメッセージ色の強い出来事の一つで言うなれば相手の興味、裁量を引き出す為のギリギリの駆け引きですよね。 一国の大統領クラスの統率者ともなれば普通は国民の命や安静、国の政治、経済、そして何よりも自分自身の信用から来る国の安定性が問われるのは当たり前だし、それがなかったら元々、国が成り立ちませんから、むしろギリギリの駆け引きまで持ち込むだけでも成功度の高い出来事で有ってそれを基に注目してもらって国の実情を世界的な格差との整合性を図って行きたい、行って貰いたい訳ですよね。 事実、国への来賓としての各界からの著名人なんかを呼び寄せたりするとかもしてアピールしてたりもするのですが、普通の人には只の遊びに見えるかもしれませんが、そういう国に一人で遊びに行くともなればそれなりに安全の保障等も手当しなければならない事になるものでも有るし、仲がよさそうな親密な関係ぶりを施したりする事も必要とはしない。 でも米軍の派遣が終わってしまった頃までに何にも無ければまた新たな挑発行為に打って出る事は在るかもしれませんが、それをやっちゃうと結局ミサイルって何処からでも攻撃出来る性能が売りになるし、むしろ北方領土に配備して有るロシアから飛んで来る可能性も有るみたいなんですよね、と言うのは国際政治的な表向きの顔とは別のアーミーに許された独立的な制裁判断による裏の顔と言う物が有るんで、結局は地政学的な意識の強い国民性に対するメッセージと国威発揚に向けたメッセージの両立から来る新しいタイプの政治外交姿手段に限られると考えるのが妥当な類の話なので有って日経平均で市場を落ち着かせると言うのはごく当たり前で有り政治経済向きに向けたメッセージと受け止められる物でもあるとも言えるんですよね。

    でも実兄を粛清してしまった事が事実的な事ともなれば国際人道的な整合性が問われる事になる事はある程度予測されたりはしていますがね。

  • >>No. 2206

    本日、沢山の利益を出す事が出来ました。
    それは、ほとんどお猿さんのおかげであったと思っています。特に900円台に下がっていた時にはお猿氏も持っているんだから大丈夫だろうと笑って過ごせました。 有難うございます、また付いて行きたいと思っています。

  • 表の顔と裏の顔 2
    それは例えば人単位で有れ国単位で有れ、強いて言えば世界単位で有れ宇宙単位であったとしても精神から来る推定年齢的な憶測、つまり精神年齢が有るんじゃあないかって言われちょるんですよ

    かくかくしかじかオバマ政権時代は表向きな活動に慮った外交努力に周知徹底していたと言われていて、南シナ海、東アジア近郊の外交指針や中東問題にはそんな風に等身大に合わせた感じで周りの成長力を刺激したり社会的な秩序の誇りを持っておく事の大切な部分を引き出していたと言われていて、つまりは中学1年生みたいなもんですよ
    でもね、実はそれとは別にそれまでの戦士イズムの実情的、リアリテイな厳しさなんかもアピールしていたのではないかとも言われているですが、諜報活動とかの。

    従って、次の段階からは中学2年生、3年生って成長していく、させていく必然性が必要になっていくと言われているし、高校生位になる頃にはもう「大人」に成長していってくれないとチョットまずいって言うのも有るんですが、退学になっちゃたらもう学校にも行く事出来ないし、投資家の思想や実際の科学技術の先端は進んでいて、それまでの戦士イズムでは相手の身の丈に合わせた戦いに関する人道的整合性にリスペクトが必要で有るとされていたりもして、やっぱり元々戦争行為はやりたくない、やらない方が良いと考えている人の正当性も強い為、パトリオットゲームにしかりミサイル攻撃等で悪い部分のアクセスを限定的に直接遮断してしまうものがより良いって事になるみたいなんですよ

    その為に勝手に戦争と復興を繰り返しそれを口実に急成長して来た先進国にも人道的責任が必要だとか、だからそんな風な幼才教育の様な物を世界的な政治活動、情報機関にも手伝って貰って繰り返し、繰り返し、世代の交代に渡って繰り返し学んでいく事が必要になるんですが、やがては世界が皆んなで手を携えて一緒に活躍していける世界観を共存して行かなければならないんだとか。

  • 表の顔と裏の顔
    国家の治安維持の為の戦士イズムにはこんな感じの考え方が必様な物だとされていて、歴史的にスパイ活動や情報収取とかもやってきたのですが、いわるゆ報道ベースのインフォメイションや政治活動にはなるべく表向きな活動内容報告が期待されているのですが一定の範囲での戦時イズムの独自性やアーミーの独立性にも裁量が必要な事でもあると言われていて、いささか社会を混沌に落とし込めるような態度や困った行動をとるなど迷惑な活動には一定の範囲内での独立的な見解による制裁判断が必要になってしまうのだという、結局、革(あらた)まった内容による人を困らせる様な対応や態度にはこうした少々手荒な行為になるかもしれん対応での実力行使でしか改善の余地に見込みが無いらしく、表向きには分かり易く色々なアプロウチや警告で訴えてはいるんですけど、相手に上手く伝わらなかったり、度を越してエスカレイトする事もあり、いつまで経っても止めて貰えない場合や改善の見込みが全く見受けられないような場合に限り許される範囲内の中で有れば独立的な制裁の発動に余儀なくされる事も有るのだという

    表向きのやり取りによっての制裁活動の応酬では市場や国民性、全体主義思想に与えられる影響が大きく悪い結果を招く不安を煽る恐れも残る為、なるべく速やかに独立した見解での不正なアクセスを遮断する方法がより有効なのだとか

    むしろそんな風な表向きの活動とは一線を画す独自性の強い制裁決議案が国民イズムの中にも着々と受け継がれている場合も有るし、制裁が発動された時には少しはビックリするが、それで上手く行った場合の方が市場や国民の生活に与える影響は最小限に抑えられ、チョットはしんみりするけど今まで通りの平穏な日常生活にいち早く立ち直れる割合も高いのだともいう

    でも、一般論ではこうゆう制裁決議の在り方はいささか非人道的な側面性も有るとも指摘もされ始めてきていて今後、ケイスバイケイスで徐々に弱まって行く物で有るとも予測されてもいる

    と言うのも本場もんの教育や戦士イズムとはそういう物で有りますけど、相手側にそれを解ろうとする努力や裁量って物が無いと、結局、虐待ってなるんで、あと、言われている事が本当に解らなかったりする場合も有ると指摘されているみたいなんですよね、だからやっぱり復興や発展も同時に垣間見ていく事って大事ですよね、結局整合性問われますし

  • 1 ホワイどうして、文字通り保護主義的な思想の傾向が強い先進国の持つ公式承認機関の権限は強く、「全会一致」での整合性が強く求められる作業なゆえ全体が深く可能性を信頼し共感しあえる環境作りが求められるのかと言うと。
    各種様々な公式的承認機関とは限らずとも、その認証試験等を必要とする各種様々なイナベイション新たなる技術開発、革新とは図らずしも人道的整合性の根本的原理思想の発祥、根拠と成り得る者と名高い宗教倫理思想との共生、共感、忠誠心らしきリスペクトが必要になるんですよ、それは例えば生殖作用を共は無くても生み出される事が可能であると考えられている試験管ベイビーつまりクローン技術の拡散や応用編にも必要性が有ると常に鑑がみられている人類の軌跡、レジェンドに対するリスペクトで在り、創造の神イエスキリストや聖母マリア、スーパーゼウス、ご飯の時のいただきます!更には聖者ムハンマド等の神々に対する日頃の感謝であり、一般論では旧カトリック教会系のイデオロギーに強い影響力が有るのではないかと言う事になっているんですが博愛主義や敬愛、慈悲、慈愛、強いては啓蒙思想に至る人類皆な平等的観点での調和、融合色、反格差社会や反戦運動、反社会主義に対する人道的な対抗策となって行くみたいなもんですよ。

    栄養の摂取量や健康増進にも根本的な人道的責任思想や反格差社会に付する倫理感が伴うと考えられていて、ある一定の割合でのコントロール、振り分け、体格や体質の一環性までも求められる事が必要と言われているんです、元々、欧米の人は体格が良いし、アジア人は比較的に最近までは小さい方が多いと言いたくなるのですが、戦争行為時の有利性や健康増進の度合い等にまで経済的な格差による差異が生じると良なくって、強いてはやがてそれらの差異が格差社会に対する反骨や悪意と見なされている行為に繋がり世界的な情勢の不安に発展するのではないかと言われているみたいなんですよ。

    文字通り先端医療は開発費、費用も高額であり回収作業にも整合性が問われ、有機物質由来となると人間の本質的な免疫力を爆発的に高める事までも可能だと期待されていて、地球上の有りとあらゆる病原体リスクへの対抗、不治の病の根絶までも可能なんではないかとさえ言われていたりもするし、クローン技術と組み合わせれば、人間はその寿命を100%維持する事まで出きるのではないかとも

  • 2 そうゆう人間本体に対する大革命を今、現在の先進国だけで強いて言えばその中の一般論よりお金持ちの富裕層だけがその恩恵を一身に受けその全てを享受してしまう事が果たして本当に良い事なのだろうか!となってしまうらしいのです。

    1日数百円位の生活費で過ごしている人々が何億人も居るし、先端医療なんてもってのほか風邪薬の抗生物質さえも手に入らない位の人もいるらしいのですよ、もしも、もしもその人達が反社会主義的な考え方を先進国や各社社会に反発を抱き行動でもって実行に移すとすれば大変な事で文明の維持にとっても甚大リスクになる事は必至で今まさにその傾向を強めていく事に繋がる様な懐疑心を生み出させると言うよりは、なるべ出させない様な結果づくりが必要になるのだとか、そんな風な人類の先行きを慮った考えとの戦い、衝突となる事は
    相応しくなく、感覚を研ぎ澄ませてみれば、なるべくお互いに譲歩し合った先鋭的な未来感での融合、引き合いを常日頃(つねひごろ)、日常茶飯事(にちじょうちゃはんじ)、的に連続して求められるのだとか。


    ↓ホゲッチュ・ホーゲ (正式名称)

  • 実は「水からの伝言」とゆう研究の成果と結果が日本人の学者から発表されているんですよ
    その研究とは水に優しい言葉や音色の良い音楽を聞かせると、その水を氷結させた時の結晶の形に対して逆に罵倒を聞かせた時の形と違いが出るという結果内容なのだ

    顕微鏡で結晶の形を精査した結果、優しい言葉を掛けた結晶の形は整然として美しく、悪い言葉を掛けた物はよりダーティな物に違いは無かったという

    この結果内容は厳格な教えを重んじる科学者からすると存在を意義を否定され冷やかされてしまった如く実に非科学的な内容だと嘲笑され全く受け入れようともして貰えなかった物だったという。 本来厳格で公式的な認証機関で承認されるには必ず「全会一致」での整合性が必要で例えば「物」の美しさとは本来元々個々それぞれに個性が有って図らずしもその対象とされる象が鑑賞する側にとっての客観性の不一致により成否の評価に違いが出ると言う事には繋がらない事だとか、カメラ撮影時の撮影技術によって様々な形へ変化が生じる事が指摘された、後者の撮影技術への懐疑的疑問への誤解を理論上解いた事は示されたのだが前者の美学に対するエゴイズム思想への認証が公式的には承認されないと解釈する事が可能なので有る

    肯定派、懐疑派双方の意見を踏まえたとして、一定の範囲で研究成果を認めたとしよう、「意識」の持つ意志伝達能力には伝えた側と相対的に対をなして伝えられた側に何らかの変化、影響力を持つ物と解釈できると同時に、伝えられた側からしてもこれまた相対的に対をなして伝えた側に何らかの変化、影響力が働いたかの様にも解釈できるのである。

    例えば免疫力に作用かもしくは何らか変化が生じているのではないのかという見方も有る、有機物質由来による健康機能作用にもこれと同じ様な効果に対する見方があり治療を受け入れる側の意識もしくは可能性に対する信じる心つまり信仰心によって効果、その免疫作用に違いが生じるのではないかと言う見方も有る

    文字通り保護主義的な思想の傾向が強い先進国の持つ公式認証機関の権限は強く、その一方で新たなる可能性に深く追求して行きたい冒険者も多いのだが前提として述べた「全会一致」での整合性が強く求められる作業なゆえ全体が深く可能性を信頼し共感しあえる環境作りが求められるのである。

    例えば新興市場や新興国の発展もその一環であるとか。

  • 流石お猿プロの意地強えぇぇ〜
    信じに信じまくって来た甲斐がありました。
    どうも有難うございますお猿プロ。

  • >>No. 1596

    おいらのノストラ観測からするとザ コールドウォーつまり冷戦の対義語ではなかろうかって感じもする

  • 両建ての技術力ですよね、増したんが掛かっていないく、ここら辺よりは下げるだろうという所で両建てして、ケイスバイケイスで買いはずっと持っておくという、悪魔でもリスクに担保した投資方法

  • 今回の様な御決まりの概況関連による株価の上げ下げでは投資家の思惑が強く、今後は出来るだけ無くして行く事が想定される。

  • 東芝の原発技術というのは、これこそ正に超先鋭的で、シャープも先鋭的ですけどどっちかと言うと民間の消費的ですから、元々、原発技術と言うのはもう皆さん知っての通り国が莫大な費用を掛けて意地で推し進めて来た文明科学にとっての正に最先端の技術がモロに結集した超ハイテクな物で、使い方を誤れば兵器にもなってしまいますけど、改めて言わせて貰えばそんなの当たり前の事で、今現在ありとあらゆるリスクに対してその兵器さえ無くなってしまうのかと本気で考えてみればチョット現実味の薄い話で、原発の発電能力にしても世界から全くのゼロにしてしまうと言うのにも現実味が無いと言えば無い。はっきり言ってチョット頭の良い人から考えてみれば絶対ない! とまあそれくらい現代の科学力が結集した物だと言う事は間違いないんですが、直近の株価は非現実的な価格だと言える位の事で、ごたごたは国からすれば絶好のチャンス到来、又は実情とはそういう物で安い所はメッチャ買いです、それこそ大量に仕込んで根本的な土台な所からしっかりと構築して支えてなおしていくはずだと見ますね。

    と言うのも文明の維持と言う物にもはある一定の「担保」という物が必要になるんですよ、
    原発以上の科学力でそれ以外に維持出来る物が現実的に存在出来るなら、それはもう必要が無い事だとは言えるかもしれませんが、今の所無い、そして今後も数百年位は恐らく無い
    天然資源由来は注目されていますけど枯渇するのが弱点で、原発技術と言っても格納容器というインフラ寄りの技術だと言われていますが、そうゆう失敗した時に甚大な災害の責任が追及されるリスクの有る会社を簡単に潰したり新たに作り出したりするという事も考えにくい、ある意味人類の文明というのも失敗の経験を繰り返しながら過去の教訓を活かして歩むべき物だったんで、原発技術ってなると人類の文明的な視点で鑑がみる事が必要になりますね

    上場廃止と言うのも一つの手では有るかもしれませんけどね、原発は無理でも格納容器建設事業は国有化するとかは有るかもしれません、たぶんないと思いますけど。

  • ホワイ何故に物資の供給プロセスに家電の輸出や新興国からの輸出に期待がかかるのかと云うと、先ずは家電には手に取った時に伝わる文明科学のインスピレーションという物が有るし、実際に世界的に人気もあって生活用品の必需品だし、文明科学にとっての結晶と言っても大げさでない程に象徴的で有る部分、日本や先進国にとっては。 作ってる張本人からすれば労働社会に対する反骨精神しかり競争意識にも疲れちゃったりするから、返って自然を愛する気持ちの真逆に捉えたりもしたくなるけど、もうちっとグローバルな視点で考えれば元々、広大で過酷な自然環境の中で生きてる人もいるし科学的な文明の発達が無ければやってけない地方だって一杯有るんですよ、それも解らない位文明科学に浸っていながら文句いってたら馬鹿です。

    アンド何故に新興国からの輸出にも期待が持たれているのかと云うと、元々、大戦末期には世界的な社会的援助や協力体制の元で戦後レジームを作り上げて生産や輸出による復興のグルーヴに頼るしかないって云う考えが有るというか文明や経済成長の掟、様々リスクに対応する手段としては、グルーヴは必須で強いては先史時代からずっと続いてきたレジェンドにも当たるんですよ、だから、過去に戦争や復興を繰り返しながら高度に発展した先進国の台頭する経済社会や競争意識のはびこる今現在に置いて戦争をしたり一から復興するのはその過去に比べて当然に辛いリスクになるし、また、先進国として参加するとなると過去以上の社会的援助や人道的責任が伴わなければならないって云うんですよ🤝 それで、その旨味に当たってしまうとも云うべき供給のプロセスである輸出業を先進国だけで、取り合ってしまって良いのかって言うと、供給は先の需要にも繋がりますから、独占する事が得策と迄は言えないという考え方もあって、ですから成長の発展途上にある新興国同士で過去の戦後レジーム主義体制構築や生産項目輸出での復興メカニズムを出来るだけ助け合い、それを先進国が影ながら優しく見守り、最大の支援策を講ずるという、長く険しいプロセスや経済社会の競争ルールの保全、又は支援メカニズムの両立の難題を乗り越えて文明を正常化もしくはさらなる飛躍を成し遂げて行かなければならないって事になるんですよ。

    投資としては本当に凄く真剣な物になるんですよ、例えば仕手化されたり個人の利益を追求されると困るとか。

  • シャープというのはネイミング通り元々、先鋭的な技術力が売りで、個性的でモダナイズドされた新製品や更なる技術開発に能力を注いで来た事で世界的にも有名なんですよ、家電製品には特許申請が出来ない事に加え国内市場に置ける護憲的保守主義体制や同じ様な製品との価格競争、そして元々のシャープの社会的役割、つまり新たなる技術の開発、革新に精力を注ぎこむ必要性、こんな実情により、世界のイチローしかり、海外に飛び出してその実力を存分に発揮しに行ったともいえるんですよ、そしてその整合性として一度は下げた株価だって、新興国家の成長と共に大きな付加価値を生み出す財産として歩み出すことにも一定のリスペクトが必要になるんですよ。

    国とすれば政治的、世代的、戦後レジームのコンセンサスでもある原発政策のバックアップの元、皆んなで一緒に辛く険しい道のりを築き上げてきたレジェンドがあるではないかって言いたくなるんですよ。

    元々、個性と政治的なコンセンサスというのは、どうも上手く噛み合わないってジレンマって物があって今の所、結局こうなりましたけど、元を正せば先鋭的な技術革新というのも成長には切っても切れないとても大事な物で、それがなければ今日の◯◯は無いって位に実情ではそういう開発技術に頼りながら付加価値を高めてきた経済的実情って物が有るんですよ、それはつまり、郵政民営化、アベノミクスにだって同じ事が言える国のジレンマでもありますよね。

    更に深刻なのはそういう改革者を敵としてみなし結果として追い払ったり意見を全く受け入れ様としない保守護憲的な世界観にも問題があったとも言えるのですよ。

  • サウジアラムコ上場の期待に応えて、更に追加の情報でオレから流したい事を言ってもいいとすると、やっぱり中東方面の調達困難な物資の一つに鉄鋼材不足が挙げられちょるんですよね、鉄鋼って言えば、そう、中国に一杯あまっちょるって言えるんですが、売買価格の不安要因に加えてグローバルなリスク対策意識、それはつまり、武器を作っちゃうんじゃないか?という不安から来るんですけど車🚘にも同じ様な不安があって戦車作っちゃうんじゃないか?とか、そう云う訳有って日本の半導体技術の流出不安しかり先進国としての世界的人道責任いわく、中東方面に物資を届ける事に一定の世界的不安に対する配慮がなされているんじゃなかろうか、売買価格の不安的要因というのも、その辺の「事情」から販売者側にとって人道的支援意識が必要になるのではないかと安く販売しなくちゃならないという事に繋がる不安、また、鉄鋼は輸送に関してはある程度はやってるみたいだがコストが高く、グローバルで基本的には現地調達生産でやってて課題も豊富なようだ。 段々、反社会主義勢力の台頭が後退していく中で、戦後レジームが受けた社会的援助しかり、同時進行的に復興もしていく必要性に対する指摘もあるとか推測、今言える復興の最終的な段階となれば復興地域で色々な製品を生産して輸出して販売していくプロセスにまで達する必要性まであるらしいが、オイルも輸出してるからケースバイケースになるジレンマに当たる様な問題意識もチョット有るとか、無いとか、それで、そうなると結局また資源枯渇問題の振り出しに戻ってしまうから、やっぱり製品も輸出するまでいって欲しいんだとか。例えば物資の供給プロセスの一環として家電の供給つまり輸出なんかは先進国からより海外からのが輸出しやすいのではないかとか。


    本日のホゲッチュさん、ちゃんと餌食べてる所
    前足が頭の上にきちゃってるね、直近の脱皮の際にこうなったのだ。

  • サウジアラムコ上場に期待に応えてもう一丁噂を云うと、何でも中東方面には各種様々な経済成長、発展に対応するだけの物資が足りないんだとか、サウジアラビヤ等にも株式市場は有るのに物資を調達されない様にするグローバルな暗黙の了解、圧力、力が働いているとか、それは様々なリスクに対抗する為だという見方も有るが、元々、貧困や世界的な所得格差から発揚する物だから、対策と同時進行でリスクが高まるという見方もある。
    サウジアラムコ上場の期待の取り引き条件には労働市場の解放路線が有るんじゃなかろうかって見方がある、中東方面で人気がある日本の自動車🚗や家電の生産活動を形式上学んでまだ開発が進んでない地域の物資調達名目にすると良いんだとか

    オイルマネーに保守的になりがちになってしまうんじゃないだろうかって指摘もある現在の市場とは別に再生可能エネルギー開発や経済発展を進める為にも出来ば株式市場をもう一つ作るんではないだろうかとか

  • ほげっちゅうさんの口癖一覧

    🙆‍ホゲッチュ、ホゲッチュ。😗🐙
    「軽く納得した時や、何となく相づちを付いた時」

    🙆‍ホゲッチュッ!😼⚡️
    「ヨッシャ!、又は次に行く時!」

    🙆‍ホゲッチョォ〜〜⤵︎😂
    「悔しい時、又はやってしまった時」

    🙆‍ホゲッチュがこの! ホゲェ〜〜ッチュ!ホゲラ〜〜〜〜チュッ!👹
    〔怒った時や、下らなく感じた時〕

    🙆‍ホゲ?
    「口答えされた時や聞き返している時、又はムカっときた時」🐷🐸

    🙆‍ホゲラチューズ的事案じゃ😤🐥
    「どうしようもこうしようもない事が起こった時」

    🙆‍これは正にホゲラチューズ的事案のイシズエ
    じゃ㊙️👓
    「どうしようもこうしようもない事案の最たる根拠が見い出された時」

    🙆‍ホゲッチュウ?⤴︎😂🐸
    「嬉しい時」

    🙆‍ホゲッチウ〜〜⤵︎、ホゲッチュ〜ヨ!🤣⛑
    「困っちゃった時」

    🙆ホゲッチュッチュッチュッチュ〜〜🤣🐳
    「ずっこけ気分」

    🙆‍ホォ〜〜ゲ ホゲ ホゲ ホゲ ホゲ😄🐵
    「笑っている時、又は急かしている時」

    🙆‍ホゲーーチュッ!ホゲーーーチュ!ホゲーーーーチュ!😖🚑
    「寂しい時や腹減ってる時、又は遠くから呼んでいる時」

    🙆‍ホ〜ゲ ホ〜ゲ😗🌝
    「同感を促している時」

    🙆‍ホゲラチューズデイ!🎩😃
    「火曜日又は偉そうな時」

    🙆‍これぞ正にホゲッチュがホゲッチュたる由縁
    じゃ😤🐘 〔由緒正しい時〕

    🙆カニじゃホゲッチュはカニじゃ!🦀😤
    「世の中の動きとは関係無いという意味」

    色んなホゲッチュが一杯あるね
    君は一体どんな時のホゲッチュが好きかな?
    こんなにもちっちゃくて可愛いらしいホゲッチュ
    愛しくてたまらない

    他にも探してみれば一杯あるよ。皆んなも自分のペットなり近くの動物なり探してみてね。
    好物はカジュマルの葉っぱ、ムシャムシャ良く食べる、飽きるとあんま食べない、性格は本当に気まぐれ屋さんでのんびりするのが何よりも1番だ〜い好き。

  • 1 因みに補足として、ヤドカリ君の飼い方は神経を使う必要がある
    砂はタツプリ身の丈の2~3倍は入れて置かなきゃならない、何故なら年に数回は「脱皮」をするからだ!一番細かいサンゴ砂を入れ替えよう含めてタップリ用意している。

    この脱皮の季節は大体決まっていて1月~2月頃や何月かに数回やる、年を取って成長していく毎にチョビット減るらしい、我が家のとっても愛されて止まないホゲッチュウさんはもう何年も前に5~6年前ホームセンターのヤドカリ釣りコーナーにて釣れたとても可愛らしいオカヤドカリなのである、他にも数匹購入したが最初の頃は知識不足や私のいい加減さが災いして死んでしまったのである、かわいそう!が最後に何とか生き延びてくれたのが一番最初に餌のポップコーンで釣れて、コイツならいけそう!と末永いインスピレーションを一番最初に受けた我が家のホゲッチュウ君なのである、メチャメチャ可愛い!
    手っ取り早く言えば水はカルキに入りの水道水では「ダメ!」我が家ではNATIONAL製のアルカリイオン浄水器のおいちいお水を与えているし、餌も難しい、ポップコーンの豆のまま買って来て炒って無添加の物を与えたり、自分様にスーパーで調達した食パンやバナナ、アボガド、リンゴも自分の口の細菌が付いて無い清潔な部分を手で千切ったり包丁で切ったりして与えている。

    他にもペット用無添加の煮干しの細かく砕いた奴や赤虫もチョット食べるのだ、「ウマイ、ウマイ」と聞こえてくる様だ、ネット通販ヤドカリパークで調達したソルトバスを比例配分通りに薄めた塩水を2週間位に1回与えたり、真冬の辛い時期であってもパネルヒーターを背面、横面に3か所張り上には多様布を掛けて26~27.5℃の調子いい温度を保つ必要も在る、可愛いな~ヤドカリホゲッチュウ。

  • 2 恐らく「ゲージ」の許容匹数が在ったのだと思う、家は1匹が丁度良い、最初の頃に一緒に飼っていた大きいのに足を一本もぎ取られてしまったと思われる事件が起きた、ワッチョ!また細くてか弱いのが新たに一本生えて来たじゃあ~りませんか!チョコット曲がって見えるのがそれ!頑張れ!ホゲッチュウ!ワシは最後まで全力でサポートするぞ!と胸に決めたとか何とか。

    最後に、どんな生き物で有っても結局は飼い主さんの優しい語り掛けや気持ち、日頃の愛情こそが相手側の生き物に対しての生きる渇望に変わっていく物だと、私は確信した。
    驚くべき事にまるでその気持ちに応えてくれているようなのだ!

  • サウジアラムコ上場期待はエナジー枯渇問題も背景に在って
    イスラム反社会主義勢力問題はそこら辺に根本的な深層心理的な要因が在るみたいなんですよ、人類の文明の形跡を途方も無く辿ってみると瀬戸際に在る小さい事案に対する対処法は解決する能力は在るが相対して漠然とした大きい事案には知能が発達して無いが如く悉く対処できないと言う指摘がされているみたいなんです、例えばポンペイ、核戦争、原発危機など… 要因としては経済的な準備資金の不足や平和ボケ等が指摘されているが。 倫理概念、大人っぽい事情、身の丈センシティブなチビリゼイションの中に身を浸して置きたくなる心境からすればこそ、プログレシブで細かく小さな問題を解決する事こそが本望であって、そんな事とは関係がない様なより大きな未来的観測に対応する事はどうしても子供👶っぽく感じられるのだとか、でも実は本当の大人ならば、そんなふうな先の事迄も予測していたりする物でも有りますよね。

    それでもって今回のサウジアラムコ上場にて人類はその懸念疑惑の解消に向かいたいんじゃなかろうかって見方が在る、つまり其れまでに積み上げた莫大な財力を基にエナジーの枯渇問題がリアルに浮上して市場に莫大なマイナス要因を生じさせる前までに再生可能エナジーの開発に市場を通じて世界全体で成し遂げた方が良いという考え方なのだ。

    主に欧州での共有の可能性が高いと目されている、東証でも分割すればあり得る。
    むしろ東証は魅力的だと目されている見方も在ってアメリカとのパイプがセンシティブに働いているし敗戦国であるし同じアジア系として系統、考え方が似ているという説もある
    又、先方としても枯渇問題は重要な懸案事項で在りなるべくその無駄を無くしたい、無くして欲しい、無くしていく事が上手い技術の持ち主にも脚光が浴びせられているという、ケースバイケースで。

    労働市場の開放に関しては主に株式市場の運営方法に興味が在ると指摘も在る、形式上株式市場の技術力の提供を受けて、中東方面で新たな株式市場を建設する為の整合性にもなるのだとか、ハードルも高くこの事案が上手くいくかどうかには賛否両論あるらしい、労働市場解放と言っても元々イスラエルでは技術力も高くハイクオリティな分野での活動に期待が在るらしい、けど幅広い分野では商業や農業でも人道的な整合性とての需要は期待されてい

    ↓名前ホゲッチュウ

本文はここまでです このページの先頭へ