ここから本文です

投稿コメント一覧 (1859コメント)

  • つまり当事者にとって、保護思想と開拓の両立が難しいんですよね〜

    これを理解出来ないと本当の成長はないと思う事なんだけど、高等思想らしくて

  • 確かに託児施設の設置基準についての子供置き去りネグレストは社会問題化してましたよね〜信じられない事象とは言いたくなるけど。

    このネグレストに関する意識改革に社会的責任があるとも、関連性としては賭博依存にも要因が指摘出来るけど、先ず前者の方が犯罪であると思う

  • やると決まったからには取り敢えず良かったな、循環的な復興までも上手く行くといいね!

    外資参入の許容や可能性に繋がれば面白いかも、相対的互恵関係で頼むぞ。

    一説におけば同時並行的に保護主義的な思想が大事になるとも

  • 成長だって結局は抽象的なものだよ

    記憶だって思い出して振り返ってみれば懐古録だもん

    それまでのプロセスを振り返るって事

    抽象的

  • おいら

    ムカつく事を思い出したり
    イラっとした時に

    スマホでここに書き込みしてるんだよ


  • 大衆心理の裏を行く、社会的な暗黙の了解、大人の事情、これが相場の掟だよ!

    大局に関しては、この掟に逆らいたい訳でしょ

    所がなかなか、こうも行かない訳です

    上がったから今度、下げろっていう本心を見切られている気がして

    今のところ経済のファンダメンタルズという観点プラス暗黙の了解って感じかな
    暗黙の了解って事かな

  • 世界的な化学技術研究と物理学界、知的財産権や既得権益、そして科学者や技術研究者、事実上その最高峰に君臨してるのではと目されているのが、その世界では有名なスイスにあるハドロン型衝突加速器が置かれている施設であるらしく

    NASAよろしく、そしてこれもまた、事実上その技術研究や開発に対する意欲、熱いスピリッツには世界的なイデオロギーでさえも色々な配慮や敬意を払う事が必要だとされているらしいとも

    色々と深く鑑みてみると、その熱いスピリッツや実力からすれば、世界的なイデオロギーとしては
    慣習的で庶民的な技術開発などはちょと胡散臭い物があり一線を画す必要性が大事な事になっているようで

  • ブラックホール研究と技術的特異点 、宗教的神秘思想における終末論の一致

    現在、スイスにあるハドロン型衝突加速器を使ってのブラックホール研究が盛んに行われているようで

    目には見えない程のミクロの世界、素粒子同士を衝突させて新たなる物質を発見、作り出す技術をもっているのがそのハドロン型衝突加速器の持ち味であるのだが、この技術を応用すれば質量の限界、時空をも歪めてしまう程のエナジーつまりブラックホールの瞬間的な精製が可能なんだとか

    先ず初めにコンピュータのデータ上の世界、仮想現実つまりシュミレーションの空間においてブラックホールを人為的に作り出す作業、実験が行われていたらしく データ上の世界では理論上成功に終わったようで次は現実の世界でって事になるのだが

    クローン技術よろしく化学技術にも宗教的神秘思想における人道性への配慮から進捗性のプロセスに合い対する歩み、整合性つまり人々の深い理解、時間的な猶予その余裕が必要な物であると鑑が見られていて、そのブラックホールの精製までの猶予期間の終了期がどうも技術的特異点、シンシギャラティが起こると言われている時期と一致しているのではないかとか

    しかしそれはスーパーミクロのブラックホールで環境や人体等への影響は皆無だと目されている一方で時空の歪みの広がりを見せれば近辺の物質、地球その物が吸い込まれてしまうのではないかとの懐疑的な憶測もあり、慎重に議論がされているらしいのですが、その時の状況が宗教的神秘思想における終末論とも酷似して見えるというせつもあり、例えばブラックホールに吸収された際のスパゲッティ化現象を体現した時に起こると目されている現象にその圧力によって地球の地殻変動の摩擦による高温化現象があり、それが黙示録に出てくる審判の日に起こる現象に似ているとか地獄の穴と呼ばれる地底に繋がる穴から半獣半人の悪魔が湧き出てくるぞいなど。

    文字通りその技術力、倫理的にもハードルが高いと目されている研究であり、技術的特異点がそのハードルを越える、凌駕出来るポイントになるのではないかとも。その研究の成果、つまり特殊相対性理論の追求、ワームホールやホワイトホールの発見こそが事実上、真の技術的特異点であるのではないかとも

    細かい範囲での技術的特異点はもう既に点在していて通信を使ってのやり取りや計算が苦手な人が電卓を使用したりもそうだし

  • 貿易はそれぞれの立場や思惑が交錯するインセンティブであります

    先進国としては、地域の復興や成長、共和制に重みを掛けたいし、新興国としては今出来るだけその格差を縮めておきたいですから。

    成長というコンセンサスではお互いに一致していけるので長期的には解決してるといいと思うけど。

    出来れば地政学リスク的な命にかかわる要因を
    出来るだけ削減してもらえたらいいと思います。

    そしたら株価も上がるかな?反骨しないとあまり上がらないかな?多分上がると思います。

    政治的な思想には形式上のメインは存在するが、どれにも対を成す大事な思想も含まれているらしく

    古典的な問題を解決するには一極的な思想に捉われずにお互いの良い所と悪い所を見極めて良い所を総合的に取り入れていく事が必然的に求められていくらしい

    作為的に急激にそうすると色々な需要などに影響が出る事も想定できるので自然な合意形成が大事になるとも

    今後、特に大事になるのが共産的な解り合いである事が予想されている。

  • 理論物理と因果リズム、宗教的倫理感の一致

    1たす1は2 問題の1たす1は原因でありイコール
    2はその結果にあたり問題と答えそれはつまり因果リズムなんだ

    理論物理上すべての物質の根本にあるのがマイナリーコードである事が予想されていて、なんらかんら調べてもそれと同じような要素から離脱する事は今のところ出来ない。特殊相対性理論、元素周期表

    それはつまり因果リズムとは計算できるものであり自由意思の入り込む余地はあるが物理的な未来の予想は理論上可能な事でもある

    宗教的な倫理概念上では後の見返りを期待した善行は悪と言われていて、その因果リズムとは高等思想でもある
    実情っ割り切れない問題も結構多いからね。

    ある一派においては数学を悪魔信仰的な学問とみなしていた節もあるとか


    DNAスパイラル

    技術的特異点シンシギャラティ、もしかしてそれは新たなる世界の幕開けであるかもしれない。

  • 理論物理学と近代的技術開発、宗教的神秘思想の一致

    近年の理論物理学、天文学界ではブラックホールの研究やその解明に向け盛んに取り組みが行われているのだけれど、グラハムベルとトーマスエジソンよろしく偶然なのか奇遇なのか必然的な事なのかはハッキリ言って全く謎だが、その他各界の研究者や技術開発、はたまた人々の興味や嗜好に至るまで、その傾向は似通ったりしている様に感じられるとか。

    例えば強い吸引力と遠心力で強力にダストを吸い上げ空気と分離そこから排出されるエアーは99.9%までクリーンでお馴染みのルートサイクロンテクノロジーもその一環であると言えるのではないだろうか。

    再生可能エナジー、ブラックホールの研究が進むに連れてそこから続くワームホールやホワイトホールの研究も盛んに行われているとか。

    そんな感じの研究や嗜好が一種のトレンド意識の様に人々の間でささやかれている感もあるけど

    理論物理学と物理学の相違、大衆迎合的に深く理解されやがて浸透、もしくは実用化されていくまでには宗教的倫理感をも伴う啓蒙思想との交換条件、その根拠となり得る見解、つまり物的証拠での正当な評価が求められていく事が思いのほか想定され自然界、つまりある時点に立つ当事者にとって以前から既に必然性に満ちた状態、環境その物に迎合した自然崇拝的な流れの中にあるとすればその者に付き従う事が妥当な見解となっていくのではないだろうか。

    それは例えば核融合でお馴染みの半永久的生命エナジーの源、太陽の中身その正体でさえも外観からの理論上の憶測、デルタフォース禁断の地であるとも言えるかもしれない。

  • イバンカ トランプ ⇨ ぷ

    ファミリーで一枚 カシャ

    お子さんいたんですね。

  • 宗教的倫理感と成果主義思想のえっち

    宗教的神秘思想における宣教師、イエスキリストや釈迦などの誕生秘話には宗教的倫理感に伴なう
    整合性が含まれているようで

    事前に性交渉を行なったという情報が含まれておらず、アジア発祥の釈迦の場合、お腹から直接分娩という事らしくて

    ある一説によれば、そんな風な表現には
    奇跡を信じる信念、偶発的に生じるその恩恵により偉大な何かから奇跡的に新しい命を授かったと感える事に宗教的神秘思想に由緒やリスペクトが感じられるとか、表現だけでなく事実だとする見方もあるらしく

    古代からある性交渉に対する娯楽的価値要素をタブー視する傾向も読み取れる逸話で宗派によってはその行為(タブー)は秘密裏に行われる秘策でもあるとか。


    イデオロギーな見解マナーな話そして因果リズム


    それは当事者にとってこの世に先祖代々脈々と受け継がれてきた遺伝子が丁度そこで途絶えるか、その先まで残せるかどうかの大事な試練の瞬間だとする説も。

    DNAでお馴染みの遺伝子情報は一人一人違う物でオリジナルな物があり、2つとして決して同じ物はないらしく、唯一同じ情報を含ませる事が出来る方法が性交渉から継承活動による物で消えてしまった情報はもう二度と世界に存在する事はないとか、化学的に蘇らせる研究はされているらしけど。

    本来、当事者にとってのそれまでの経緯、原因と結果つまり因果などが影響している度合いの強い事情の一つにあたるらしくて、それ故に上手く継承が出来なくなるケースもあるらしく、その尺度にはマクロからミクロまであり(大昔からそんな風に受け継がれてきたんだなぁ)一説によれば年々、昔からよくあった顔、タイプなどが近年では見られなくなる現象も起こったりするとか

    少しシビアな感じもするらしいけど必然的な事でもあり

    その土台や背景には先史時代から続く生き残りを賭けた壮大なスケールの超自然的淘汰活動、スーパーネイチャーつまり弱肉強食などの競争があり、人間も恐竜や他の生き物との種の存続を賭けた厳しい闘いや、他にも疫病や戦争、犯罪などそれぞれの事情による自然環境を生き延びていて、その結果である秩序やプロセスを守っているとする事実、シビアな事情に対する配慮という位置付けでもあるようで

    そんなシビアな事情も現代社会に置き換えて考えてみれば社会問題等の障壁に立ち向かう姿とリンクするらしい

  • 文明建築と考え方の一致

    文明建築様式って人や生き物の生態機能によく似ているようで、例えば都市の中心部を心臓部であるポンプであると考えると、会社は臓器、そこから、いたる地域に走るストリートを動脈や静脈、人々の事を血液として捉える事で都市全体が生命と同じく生き物の様に活動していると思う事が可能なんらとか。

    そのタイプと同じ様に人々の考え方にも当て嵌めてみればコアな旧市街メインストリートを主観的に捉える事ができ、ついでに外環外回りはその周りを突き走るクールな客観性にあたるとか、インフラ整備の充実により人々の客観的イメージは高まってきているという思惑もあるが、メインストリート主体のコアな過熱、発想の原点リスペクト信仰心に思いを馳せ巡らせたいという思惑もなかなか強いとか。

    どちらの気分も人々の生命活動には大事な物であるが、常に相対的な発想力が思いがけずに能力を発揮する場合もあるらしい


  • 分子や原子より更に細かく肉眼では確認出来ない想像上の世界、理論物理学や量子力学の世界においては、この世、全宇宙の全ての物資においても肉眼では確認出来ないナノレベル以下にまで細分化するとゼロとイチ、イエスかノーつまりマイナリーコードで構成されているらしい、モーガンフリーマン。

    コンピュータが作るデータ上の疑似世界、仮想現実の世界においてもこれと同じ事が言えて、更にその空間の密度を濃くしたりデータの拡大を図り物質の全てのマイナリーコードが解読出来れば仮想現実の世界でもう一つの世界を創造する事が理論上可能であるとか。マトリクッス

    どうやったら発見出来るのか?とか仮に発見出来ても膨大なマイナリーコードを読み込むだりインプットしたりすると莫大な電力やデータの保存、技術者の育成など難関も多い。 現場の状況

本文はここまでです このページの先頭へ