ここから本文です

投稿コメント一覧 (486コメント)

  • 今日も強いですね
    マザーズも強いのですが、サンバイオはひときわ強い
    まわりが状態の変化に対処するため落ち着きどころを探っている中、一人だけサンバを踊っているような感じですね

    アメリカの今回の下げの理由がはっきりしないのが気になるので私はしばらく静観します

  • しばらくは買いませんよ
    たぶん一週間は買わないと思います

    日経はわりと予想通りの動きでしたが、マザーズが意外と固いのが予想外でした
    サンバイオもそのなかでも秀逸な強さですね
    ここの株主のかたの握力には脱帽するしかありません

  • 自分の中では満足できる値段で売れましたので十分です
    へたくそ報告でもいいのです
    私は欲張りません

    焦らなくても市場は連日あいていますので、欲しければまた買えばいいだけですから

  • ありがとう

    今日は今のところ素晴らしい強さですね
    思っていたより上値までもどりました

    大きい下げは一波で終わらないことが多いので、一回様子を見るためのポジション解消ですので、落ち着けばまた短期分インしますよ

  • 3420から3460で恩株以外売却完了
    意外と高値で売れて良かったです
    治験結果前というのはありがたいですね

    とりあえずしばらくボラ大きくなりそうなんでキャッシュを増やして様子を見ます

  • アメリカ大暴落きましたね
    高く売りぬけたい人には迷惑な話です

    とりあえず恩株は残して、6月に3000以下で買った分と直近で買った分は売ります

    サンバイオ教の皆様、買い支えよろしくお願いいたします

  • ノーベル賞を受賞した本庶先生の「ネイチャー、サイエンスの9割は嘘」というマスメディアが切り取った誤解を与えそうな見出し発言がありますが、おっしゃりたいことはそういう権威ある学術誌に書いてあることも妄信しないで疑ってかかることの重要性をといています

    ところがここにいる方々はネイチャー、サイエンスといった権威ある学術誌でさえない、個人ブログの内容を疑いもしないで妄信してしまうのです

  • 高値掴みで困っているかたはブログをたちあげればいいかもしれませんね
    自分ではなく友達に頼むとよりいいかもしれません

    ここのかたたちは血眼でみつけてくれますし、そして信じてくれるようですよ

  • そう?
    証券会社の自己売買部門なんてもはや犯罪者の巣窟みたいなものでしょう

    そして友達が受けましたと言って自分ではないところが味噌ですよね
    自分でないから友達がそんなこと言ってた気がしただけですとかごまかすこともできますし

  • でもこういうブログネタを拾ってきてそれをもって期待できると思える人の精神構造がまったく理解できない

    そもそも一例良くなったかどうかというのは症例報告レベルでエビデンスレベル5と下から二番目のエビデンスレベルで非常に弱い根拠にしかならない

    そして最も恐ろしいのは高値でうり抜けるためにサンバイオ株主、証券会社が偽のブログを立ち上げ治験を受けた患者を装い期待をもたせるような効果があったと書くこともありえるわけです

  • 私に言わせれば死角だらけなんですけどね
    サンバイオにというよりも死角なしと思っている人が多すぎること自体が死角ですね

    治験結果まで楽しく待ちますよ
    少しでも踏み外せば奈落に落ちる綱を渡っている気分で最高にスリリングですね

  • Kのコメントは都合の良いほうに解釈しすぎてもうなんかどうでもいいやって気分になりますね
    まあ治験結果でるまではその調子で盛り上げてください

    期待通りにいかなくて株価下がっても手のひら返してサンバイオの悪口は言わないでくださいねー
    まあ、無理でしょうけど

  • 良く気づきましたね、その通りです(笑)

    る〇、初〇、神は基本的にスルーです
    なぜなら国語力が著しく低く、解釈がおかしい、本質ではなく蛇足部分に絡んでくる、そもそも意味不明など、正直相手をする価値もないからです
    たまに暇なときやこちらも言葉が足りなかったなと思うときは補足で相手をすることもありますけどね

  • 国語ができないと嘘にみえることもあるんじゃないでしょうか
    勝手に脳内変換したりしてもいますからね
    私が言いたい本質ではなく、蛇足の部分に食いついてくる輩も多いですし

  • まさに今回の件を含め流れをとらえていると言えるでしょう
    以下は私が9月23日に書いたコメントです

    「3か月以上前ですが、フランスでアルツハイマー薬が保険適用から外される方針になりました
    アルツハイマー薬は認知機能のテストでプラセボ群と比較してプラスの効果があるということで世界的に認可されているわけですが、テスト上プラスの効果があったとしてもそれが実際の生活でどれほどプラスになっているかというとそれは疑問であるという主旨で保険から外されるようです
    これはSB623についても対岸の火事ではなく、SB623は選別した患者で行ったP1b/2aで運動機能の数字上の改善は見られましたが、mRSの改善はなく、実感として必要な介助が減るわけでないことを意味します。つまり介護負担や以降の医療費が変わるわけでもなく、テストの成績だけ少し良くなるといった程度です
    そういった治療に対する世界の風当たりはますます強くなってくることが想定されます
    先進国各国高齢化社会が進む中、医療財政は逼迫し費用対効果に見合わないものは保険から切られる、そういう流れが来ているわけです」

    はたしてSB623が社会的コストの軽減につながるのかということ
    選別したP1b/2aでも全体の3割強、改善が見られない人もいた、そしてmRSが上がった人も一人もいなかった

  • 先進国各国高齢化社会が進み、医療保険財政が逼迫している中、どういう流れになるか考察しましょうということ
    「社会保障費抑制へ改革案、高額医薬品は保険の対象外、財務省が財政審に提示」
    これはまさに先日私が言ったとおりの流れの一部なわけです

    次に考えるべきは保険の対象外となっていくのはどういう部分からなのか
    SB623はその時どういう立ち位置になる可能性があるのか
    そういうところにちょっとは頭をつかいましょうというお話
    売り煽りとかそういう次元の低い話ではないです

    まあ仮にも上市できないと考えても意味はないんですけどね
    まずは上市できる方向にいけるよう治験の成功を祈りましょう

  • 今は承認されている薬が基本保険がきくじゃないですか
    それが、ジェネリックがでたら先発品は保険対象外になったり、単純に値段が高いものは保険対象外になったりそういうふうになっていくということじゃないでしょうか

    第三者から見てそれって自費でいいんじゃないというのがだんだんと保険からきられていくんじゃないですかね
    なんでもかんでも保険の対象ではなくなっていくと
    国民皆保険制度を維持していくにはやむをえない部分ではあると思います

    フランスのアルツハイマー薬が保険から外された事象と根幹は同じです

  • 社会保障費抑制へ改革案、高額医薬品は保険の対象外、財務省が財政審に提示

    うーん、困りましたね
    私の懸念が現実になってしまうかも
    まあ先の話ですがね

  • サンバイオの取引では私は連戦連勝です
    正直負ける気がしません

  • こういうフォーラム煽りはやめたほうがいい

    旧アキュセラの窪田社長も治験結果後くらいに大きな講演の予定があって、治験上手くいってるのわかってるだろみたいな悪質な買い煽りがあったが、結果は失敗
    ちなみに講演はキャンセルになりました

    フォーラムがあるから成功みたいなまったく因果関係のない煽りはやめましょう

本文はここまでです このページの先頭へ