ここから本文です

投稿コメント一覧 (2307コメント)

  • >>No. 2954

    麻呂さん

    レビューが載らない本を救いたいの?
    なんだかERみたいね。
    そういえば理不尽に貶されている。理不尽に褒めちぎられているその両方があるのね。
    それは誰かが引っ張った流れに大勢が靡くのか、分からないけど知り合いが噛んでるってのはありそう。作家をライバル視してとか編集者に恨みがあって悪し様にいうとか。。。
    反対に、儲けたくて旗振りするとか。。。。

    私は読書が捗らないのでそれどころじゃないんだった(。。;
    もうすぐ母の納骨・・・

  • >>No. 2952

    麻呂さん
    >レビューを入れてくるのは、面白かろうが詰まらなかろうがライフワークとして投稿する人、感動して投稿する人、立腹あるいは落胆して投稿する人、のどれかです。第三のグループ代表としてのレビューにもれっきと意義がありますよ。

    違いますよ。麻呂さんは真っ当な理由があるのでしょうけどあるのでしょうけど大半は回し者です!
    あれって金品貰ってやってるのかしら?
    編集者の友達なんかが図書カード渡すとか、一杯奢るとか。

    私も「許されざる者」の反対論でAmazonデビュー飾ろうかしらね。
    でも、最初に書くのはちっとは気に入ったものにしたいけどなー。
    なんだったかしら?「沈黙を破る者」だ!ヨーロッパミステリ、ドイツ?
    買ってこんな腹立たしかった本はないのよ。だって文庫じゃなくて新刊で2400円も出してしまった。書評に騙された!あれこそ嫁嫁、読め読め詐欺でなくてなんだ!ほんとに人の財布を狙うにもほどがあると激怒したの。

    筋はわすれちゃったけど、〈者〉つながりでそれから手を染めようかしら。
    いつかね。

  • 麻呂さん
    >美容院で仕上げてくれたのと同じ髪型をどうしても自分で再現できないんです(*_*;

    同じにはならないですよね。でも美容院同様きっちりってやじゃないですか?
    私はキチッとしてるよりラフな方が好きなので。
    今回はそれを言って美容師さんがいいと思うようにして貰ったのね。
    ここが欠点ってところをカヴァーしてブラシで梳かすだけでいいように。

    カットした長い髪が床に散らばってるのの掃除だけでも大変なのに安くしてもらって悪かったみたい。これをキープするには3ヵ月に一度は来てくださいって(><;三年行かなかったりするから。

    麻呂さんは白髪なんて全然目立たないしヘヤスタイル決まってましたよ。
    でも中国の美容院ってどんなでしょう。やり方大幅に違いそうですね?

    麻呂さんは、アマゾンに凝ってるの?
    私、あそこにあまり知らないんですよね・・・見るたびウィンドウズの窓が開き過ぎてパソ固まって、とても目が疲れて。やっとのことで麻呂さんの書き込みを読んだくらい。

  • >>No. 2948

    麻呂さん
    きょうは美容院に1年半ぶりに行ってイメチェンして来ましたよ!

    私、本はとっても大事にする方で本はきれいなまま取って置きたく並べ順にも以前は拘っていたし、増えすぎて管理出来ない今でも背表紙だけでも本を眺めるのは好き。
    アッシには関わりあるっぽい。

    でも詰まんない本となったら頭来ちゃって邪魔にして、でもパパが捨てるなといってたので。ここへきて文庫100か200冊位は手放なそうとおもってるのだけど。

    >マムさん時代がありました。本に関してえり好みのない方でしたね。独特の文体で。元気かな?

    ほんとに独特の文体。言い回しなのね。
    どうしてるのか、メールの返事がパッタリ途絶えた・・・

    麻呂さん尊敬!とってもグローバルな人なんだ~国際会議なんですね。
    というか遠い人に思えるわ。

  • >>No. 2946

    私ね、映画終わってすぐうちに帰って現実に引き戻されるそのタイムラグのなさにちょっとめげました。

    映画館って自宅から遠い方がいいのか?いやいや、1時間半かかって辿り着いた無料チケの映画館帰りにものすごく虚しかったから、でもあれは映画がつまらなかったせいかな~だって交通費は900円超でしたから(涙)

    本をもう少し読んでみようとは思っていますが、「許されざる者」過去に起きた少女殺人の安楽椅子ならぬベッド探偵。脳梗塞のリハビリ兼ねての犯人捜しです。
    なんか登場人物が緩くてねぇ、まだるっこしい。文章が下手なんだ。でもバイオレンス嫌いにはいいのかな。

    早く読んじゃって他の人に勧めるほどでもないので売る本リストに・・・・
    そういえば以前ここに書いていた、マムちゃんね、送料あちらもちで読まない文庫(文庫以外要らないって)を送ってって言われていたので札幌に一箱、こちらに一箱準備してあるんですがそこに追加しようか・・・詰まらなかった本でもいいんですって。まだその話が生きてるのなら送ってしまいたいわ。いずれ引っ越すんだから(溜息)

  • >>No. 2944

    さっき麻呂さんにお返事したらそれきり古パソの接続が途切れて壊れた(><;

    映画館入場料はシニア割なので麻呂さんはもうちょっと高いです。

    シニア割目当ての男性、オタクっぽい若い男、変わった感じの女性たちその中には私も含まれ、皆一人ぼっち。
    ぼっち映画館?
    デートのカップルも映画好きの友達同士もまずいなかったですね。
    こういう映画館でデートって良いと思うけどなかなかそうならないのね。
    見終わって楽しく語らう文化がないんだ(><;
    思えば寂しい国です。

  • >>No. 2941

    >頭ごなしに叱られた経験ばかり。かなり傷ついてるよなー。

    おお、よしよし!
    きっと今にリベンジを。
    でも向こうもね、後悔してるかもよ。
    後味悪いの尾を引くのは言った者だってそうなんじゃないかしら。

  • >>No. 2941

    麻呂さん
    >過度に他人に期待しない習性
    >そんなもんさと、あまりショックも感じない(ように自己防衛している?)。

    私、娘時代にそんなこといったな。何人もBF作っておけば一人にしてやられても他のBFがセーフティネットになってくれるって。「キープ」って言い方が30年後くらいに出来たわ。今は「保険」っていうみたい。
    でもそれは本物がいないから言うことね。

    きょうは近所の映画館に掛かってた映画の最終日で一人で最終回を見てきました。
    イザベルユーペールって私世代のフランス女優、きっと若いときは大して綺麗じゃなかったと思う。頑張ってます。
    「エル」http://gaga.ne.jp/elle/ってレイプされた女社長の報復です。犯人役の若い俳優がタイプでした。

    もう一本も面白かった。
    「ノクターナル・アニマルズ」です。http://www.nocturnalanimals.jp/
    この予告編って下手だわ。本編のがずっと面白いです。普通反対だけどね。

    映画館に行って楽しかったなんて、うれしいです。どっちもミステリってより犯罪映画ですけど出来が良かったの。それ2本で900円。
    本とどっちがいいかしら。900円なら月1,2回行ってもいいかも。

  • >>No. 2939

    麻呂さんったら、

    エステルは結婚など求めなかったなんて純な気持ちじゃなくてそんなジジイと結婚するなんて気さらさらなかったのよ。
    エステルには輝かしい未来が待っている。波倉なんかがいたら邪魔。
    ただエステルは刹那、波倉みたいなおっさんに身を任せて自分を穢したいみたいな?
    それって無軌道、無鉄砲の一種じゃないのかな?
    男性はそれを神聖視したがるのかも。

    ところで、
    海辺のカフカHPで村上春樹も言っていましたよ。
    若くて魅力的な女の子がいて、歳を重ねた魅力的な女性がいる。
    歳を重ねた女性の魅力の方が大きいと村上は思います。みたいなお世辞?
    あんとき村上54歳くらいでしたか。

    今じゃその村上も娘世代の作家にぞっこん。
    年寄りは若い女に惹かれるものなんだ!
    と情けなく思ってみています。

    麻呂さんも熟女がいいなんていえるうちが華といいますか、
    まだまだ若い、子供な証拠ですよ!

  • 「裸者たちの国境」中薗英助
    中薗英助は父と同い年で生きてたら97歳ですか、だから当然と言えば当然なんでしょうけど、
    どうして、男は年取ると若い女がいいんだろうか。

    年若いエステルなら尊重したり頼ったりする癖に、
    蔡美妃にはそうしなかった。
    滞在許可の問題ではなくて波倉が蔡に相対さなかったから蔡はヒステリックに逆上し、結果波倉に殺されてしまうことになったんでしょう?
    そうだと思います。

    もし蔡とエステルの立場が逆だったら?
    エステルに滞在許可が下りなくてエステルが逆上したとしたらさ波倉はキスして黙らせる感じだったんじゃない?というよりもエステルに滞在許可が下りなかったら波倉もそこに留まったかも。

    蔡だってエステルの立場に立った場合、そうした波倉に寄り添う行動に出たんじゃないですか?
    物語が始まる前に、男が女を見る視線。
    問題点はそこにあるかと思います。

    蔡に対して優しくなかった波倉の視線。
    エステルの若さに対する波倉の良い感じの先入観。
    だからそうした寂しい結末になるんです。
    若い女に誑かされるいい歳の男はバカです!チャンチャンッ。

    昔も今も変わりませんね。

  • >>No. 2935

    そっか、英語だけじゃ戦力にならないのですね。
    日本で就職となるとやはり後塵を拝して、もうどうにもならない感があります。
    ホテル業界っていってもたぶん英語は間に合ってる感じでしょうね。でしょう第一ペラペラといかないから。
    これからは中国語、韓国語ですかね。もっとも中国韓国の旅行客は民泊かも。
    うちの傍にももぐり民泊かなと思われるうちがあります。
    怖い・・・

    なかなか進まないミステリです。
    村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」はミステリでした。
    ちゃんと殺人事件の犯人がいましたし。
    珍しく決着つけた物語でした。

    三省堂で買った「許されざる者」は登場人物がゆるいんだな。
    スウェーデンミステリにしては残虐性がないのは嬉しいところですが、良い人ばっかで底が浅くて詰まらない。ちょっと後悔。
    でもそれに戻って読み終えないと。

    「星を継ぐもの」はぱったり進行止まったきりです。ビートたけしの映画に同じタイルとがあったと知ってウンザリしました。

    また麻呂さんからせっかく頂いた絵本ですが、私にはさっぱり分からなくて・・・
    も少し手元に置いて、ゆくゆくお返しした方がいいと思っています。
    宝の持ち腐れだから。

  • >>No. 2933

    麻呂さん
    >大企業に人材をもっていかれて困っている中小企業やベンチャー企業などは、ときどき支援団体主催などで求人説明会を催すと思うので、

    そういうときも歳の順で何十代の代から外れると60歳以上(つまり親世代)と同等の扱いなんだそうです。そこではキャリア最優先なので、たとえ大学院で勉強したと言ったってそれはキャリアブランクとしか認められないのね。

    麻呂さんの会社では翻訳の人員まだ足りてないんですか?
    そういう事務的翻訳ならやり易いでしょうか?
    もう一度考えていただけませんか?
    様子を見て話してみたいと思います。

    母娘作家ってどうも上手くいった例がないみたいです。
    父息子だとあのディックフランシスのうちみたいに良い例も、
    それから第一従兄弟同士(ですよね?)のあのエラリークイーンなんてとっても楽しそうですもんね!

  • >>No. 2931

    麻呂さん
    しらべはこの世界には見切りつけたみたい・・・
    英語も手放そうとしています。
    絆を欲してそのための就職がしたい。でも今入れる就職先にやりがいのようなものがあるはずもなく勘違いしていることが分からない。

    ただただ新卒を逃したことだけを悔いる。
    でも日本が新卒偏重なのは正しいことではない。重要なのは根本が間違っていることだから過度な自己嫌悪や親(私)への非難は止めてといっても聞かないのよ。損は損として一生つきまとうから仕方ないんですけどね。

    で、メアリヒギンズクラークは私が知る限り、アメリカ一のベストセラー作家だった時期があって、ある出版社と5億ドルだかの独占契約を結んだ。
    しかし、その後決定打は出なかった。それで娘も参入して必死こいて書いて書いて書き捲ったのではないかと・・・要は義務として課せられて。

    また、母娘で思い出すのは、ローラワイルダー?
    「大草原の小さな家」あの人が娘と共著した後で母子絶交するんですよね。
    自分の力の方が上回っているってどっちも考えて譲ることがなかったので。
    どっちの取り分が多いかでも揉めたとか。生涯断絶は続いたらしいです。
    長閑で清貧な自然主義物語の事実は真逆であったというのがこれまた味噌ですね。

  • >>No. 2929

    しらべは・・・メアリヒギンズクラークだったかしら?割に大衆的なロマンス物のあの人のなら英語で読めるんですがルースレンデルは翻訳読んで面白いと思っても原書はなかなか読めないそうです。

    今は英語から離れて就活面接必死こいててパニクって出先から電話してくるので、そんな電話受けた日(きょうも)は私が寝込んでしまいます。
    麻呂さんにお仕事回して貰おうってお願いしたんでした。
    この掲示板を読んでくれることはなさそう・・・・

    9.11と3.11は私にとってもエポックメーキングです。どちらも11なのも符号めいて見えますよね。
    911の頃から掲示板に書き始めたので911には掲示板的な思い出もあります。311はその年の終わりに夫を亡くしたので。

  • >>No. 17824

    この場合、旅立つと使うのだろうか?

    死を意味する言葉を。

  • >>No. 2927

    「ユナイテッド93」ですか?あんまりそういうドキュメンタリタッチの映画は見ないんですが。
    でも奥さまと映画館行くって良いですね。
    いかにもデートらしいわ!

    しらべが好きで勧められたのはコリンデクスターと競馬シリーズのディックフランシスで競馬シリーズは「軽いからなにも考えないで読めちゃうよ」って言われても私どうしても読めなかった。
    コリンデクスターは私の方がその後、夢中になったかも。

    今NHKで若き日のモースの事件ドラマをやってて好きで結構満足しています。
    日本の俳優でやったアガサクリスティの2夜連続も面白かった。
    天海祐希は実際に足を捻挫したか何か怪我したようでそれを庇うためにシナリオを変えたかな?
    パディントン発の列車の窓から草笛光子が並走する列車内の殺人を目撃するシーンはとても良くできていたわ。

    黒木瞳の鏡は横にひび割れては面白かったです。これも「女優は死産した」と変えてありました。施設に預けっぱなしの隠し子というオリジナル設定には難がありましたものね。

  • >>No. 2925

    これ海賊船の本なの?
    麻呂さんのプロフ、可愛い海賊ですね。

    >「人魚とビスケット」の”人魚”

    って分からないわ。

    「バスク真夏の死」筋をはっきり覚えてないので書きようがないのですが、忘れられないシーンで一杯。

    ヒロインと彼の夜の庭だったか、公園だかの緑の中でのキッスシーンにどっきり!官能的で忘れられません。
    ヒロインは精神的に切迫してて精神病院入院歴もあったと思う。お金持ちのお父さんと兄さんと三人で各地を転々として暮らしているんですよね。
    バスク地方の独特のダンスシーンが出てきてその楽しさがつたわってきます。手を繋いで輪になってなんだかジャンプを競うみたいな?ゆっくりしたロマンティックなダンスじゃなくてスポーツ的興奮のダンスなんですよ。
    それTVのヨーロッパ街歩きだったかで見たわ。激しく草臥れるみたいなの。

    哀切な幕切れ。
    事実が白日の下に晒されるクライマックスが悲しくて悲しくてオイオイ泣いちゃってそれは私と性格が全然違う妹もそうで翌日顔が腫れるほど泣いたものでした。犯人の意外性も一番。
    ところが、しらべ(子のネットネーム)は「これのどこが面白いの!」って一刀両断・・・麻呂さんもしらべ派かしらね?

  • >>No. 2923

    麻呂さんはプロフが新しくなったのね?

    読書の絵?
    「銀のカード」は興味を持っているんですが、麻呂さんが老人の恋は終わるとネタばらししてるので、悲恋は読みたくないなという気持ちです。

    「バスク真夏の死」と「ぼくの美しい人だから」が私のお勧めのロマンス小説ですよ。
    「国境の南、太陽の西」と合わせて私の三大ロマンスです。

  • >>No. 2921

    どうも麻呂さんは、ロマンスの部分をすっとばす傾向があるわね。

    >蔡美妃という女性に外国人登録証を交付してやろうとしたのですが、書類に一部虚偽の記述を挟まなくてはならなかった?ことが災いし交付は却下。彼を信じた美妃は激怒して波倉をなじり、結婚を強要することによって在留の権利を確保しようとします。おそらく波倉は痴情喧嘩の最中に美妃を殺してしまったのでしょう。

    登録証交付って乾いた一件から痴情のもつれまでに至るところが肝なのに、それすっとばして、というかその作家がそういうのをすっ飛ばして書いたわけかしら・・・ね?

    こないだ三省堂で買った、「許されざる者」主人公の定年した国家犯罪捜査局元長官がICUで一命を取り留めたところから始まります。
    病院に付き添いで寝泊まりしていた私にとって記憶も新い、既視感満載の出だしですからなんとかまた寝読み復旧出来るかなというところです。
    星を継ぐものの続きは滞ったままで、でもこれには併読した本とのシンクロニシティがあり、その驚きはそのまだ霞んでいません。

  • >>No. 2919

    そうね、こないだ盛大にご馳走していただいたのに、むくれる権利ないわね。
    鋭敏な感覚かどうか、オリジナル感覚かも。

    やっぱり話し相手がいないのは寂しい老後なので話し相手をこうして確保しておかなくちゃね。
    麻呂さんは現役だから老後は先の話だけど。

    読書は全然進んでいません。
    また読めないモードに突入しちゃった・・・
    いつも頭の中が渦巻いているので、頭の中流星群。

本文はここまでです このページの先頭へ