ここから本文です

投稿コメント一覧 (8518コメント)

  • >>No. 14616

    >アホ、裁判の判決で確率を使うことはない。
    お前は、日本教育受けなおせ。

    「君ね、君の業界ではどうなのか知らないけど、この法律や歴史の業界で生きて行こうと思うなら、確率は無視できないよ。
    たとえば、裁判ではすべて『証拠』によって判断されるけど、『証拠』っていうのは『確率的におそらくこうだろう』っていういことを表したものなのだから。
    まあ、文学部出身者が、確率の重要さを知らずにふざけて言っているのだろうけどね」

    「あの、そいつ、本気で言ってるみたいっすよ」

    「え?
    ええー???
    ホントにそうなの?」

    「そうっすよ。
    そいつ、こういう↓ちょっと込み入った確率計算ができないだけじゃなくて、『人間の判断が確率的に行われている』ってことにも、気が付いてないんすけど。

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562


    「だから、あたしらに『小卒』って言われてんじゃん」

    「そ、そうなのか。
    世の中にはずいぶん酷いレベルの人間がいるものだね。
    まあ、君たちは、この業界で食べて行くのだろうから、確率の話を忘れないようにね」

    「そんなの、中学出てたら忘れるわけないっすよ。
    あと、論理性も重要っすね」

    「論理性って言えば、なんか酷い判決あったよね?」

    「ああ、あれだろ。
    はっきりとアリバイが成り立ってたのに、判決文で『確かにアリバイが成り立っているが、犯行現場にいなかったという証拠にはならない』とかなんとか、地裁レベルで滅茶苦茶な判決出した裁判官とか、いたよな」

    「そうそう。
    ああいう論理性も科学性もぶっ飛んでる奴って、笑っちゃうっすよ」

    「まあ、高裁レベルで即ひっくり返ったから、まだ良かったって言えるだろう」

    「と、とにかく、君たちは、本部長みたいなあんな変な人間にならないようにね。
    わかったね?」

  • >>No. 14614

    >過去を確率で判断することはない。
    犯人が殺人した確率などという判決はないんだよ。

    「裁判の判決とかってー、100%正しくないですよー。
    だから、確率で判決出してることになるんですよね」

    「(…)」

    「(…)」

    「(どうしたんすか、兄貴?
    せっかく、俺が、我慢してバカの相手してるってのに)」

    「(…おまえ…そいつ本気で言ってんだぜ…)」

    「(う、嘘でしょう?!
    確率の計算↓ができないだけじゃなくて、まさかそこまであれってことっすか?

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562
    )」

    「(だから、そうなんだっって)」

    「(確率計算ができないだけじゃなくて、『裁判とかは100%正しく判断している』って本気で考えてるってことっすか?
    人間の判断に、『100%正しさを保障できたもの』なんて、皆無じゃないっすか)」

    「(おまえも、俺が『あいつは小卒だ』って言った意味、分かっただろが!)」

  • >>No. 14612

    >アホ、テーノーの珍説は、却下だ。

    「えー、確率↓って、証拠ですよー。
    それ、無視したら、ダ・メ・だ・ぞ。

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562

    (てめえ、いい加減にしとけよ、ごるあ!###)」

    「(わかっただろ、りょう。
    あいつが飛んでもねえバカだってことが)」

    「(兄貴、りょうさんって呼んだらまずいっすよ)」

    「(あ、ああ、そうだったな)」

    「(それにしても、あの野郎、ホントにトンデモねえバカじゃないっすか。
    確率を全然理解できてねえんだから、小卒に決まってますよ。
    しかも、また、『殲滅(皆殺し)は許可される』とか『裁判無しで便衣兵を殺していい』とかも言ってやがるし↓。

    >日本軍は敵を殲滅し、便衣兵は処刑し、南京戦に勝利したのだ。
    )」

    「(ニワトリみたいに、三日前に言われたことは忘れる奴だって噂、やっぱりホントだったみたいっすね)」

    「まったく、しゃばには、飛んでもねえのがいやがるもんだぜ」

  • >>No. 14609

    >ホント、テーノー相手は疲れる。
    んじゃ、その確率歴史説を唱えている学者を挙げてみろ。

    「学者さんがどうこうじゃないんだキュン。
    確率の話って言うのは↓、『3+4』がいくつになるのかって言うのと同じで、自分の頭で計算して理解することなんだよー。

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562

    (や、やってられるか、こんなバカ相手に!###)」

    「(兄貴、こらえてください。
    相手はトウシロウっすから)」

    「(トウシロウ以前に、39条関係じゃねえか?)」

    「(とにかく、完全なバカじゃねえか!###
    世の中のすべてのことに『100%』なんてねえだろが。
    科学法則とかでさえ『100%はねえ』ってこと、知らねえのかよ?###
    中学で習うことだろが!###
    逆に、『100%の物』があるってんなら、出してみろって話だろが!###」

    「(兄貴、相手は全然理系が分からねえ文学部のズブのトウシロウっすから)」

    「(つっても、酷すぎんだろ!
    中学出てねえのかってな!#######
    そのレベルの話じゃねえか!#######)」

  • >>No. 14607

    >テーノーのお前の間違いではなく、確率で歴史を決めた例を出してみろと言っておる。

    「全部がそう」

    「全部がそうってことが分からない奴だから、嫌になるんだけどね」

    「まあ、たとえば、わしが若いころに起こったノモンハン事件なんちゅうのも、後になってコロコロ見方が変わったやろ。
    つまり、100%の確率で断言できる『史実』なんぞ存在せえへんちゅうことやな」

    「って、あんた何歳なのよ?!###」

  • >>No. 14605

    >どこにそんな歴史があるのだね? テーノー。
    例を出してみな。

    「『何が起こっていたのか』を後から確定させるとき、ほとんど起こりえないすごく低い確率の仮説↓を唱えても無駄。

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562

    そっちの仮説の確率は『0.00...06%(0が177個並ぶ)』、
    私たちの仮説の確率は『99.99...94%(9が178個並ぶ)』なのだから」

    「あいつ、どういうつもりなのよ!###」

    「ま、あいつの場合は文学部なんやから、仕方ない面もあるやろ。
    そんなんより、わし、2,3日前に死ぬほど怖い思いしてもうたわ。
    『法学部出ました』言うてながら『刑罰は被害者のためにある』とか、マジで『復讐刑法』言う奴がおったんやでー」

    「確かに、それって酷い。
    理工学部を出ていながら『はあ? x^2の微分が2xになるって、誰が決めたんですか?』みたいな」

    「せやろ!
    考えられへんやろ!
    おっちゃん、あれ聞いたら背筋がゾクゾクーなって、『ああ、こいつ絶対構ったらあかん人種や』て、すぐに分かったわ。
    それに比べたら、本部長なんてのは、まだまだや」

    「どうでもいいけど、誰が『おっちゃん』よ。
    『わし』とか言ってたやくざのくせに」

    「誰がやくざや!###
    僕ちゃんは、妖精さんです言うたやろが!###
    そういうお前らこそ、ぜんぜんアイドルらしくないくせしよってからに。
    売れたのは男の姿になってからなんちゅうのは、情けなくて涙が出るわ」

    「うるさい!」

    「今更だけど、アイドルが魔法少女でやくざが付き人って、かなりインパクトがある設定だったと思う」

    「せやから、やくざやないっちゅうねん!###」

    「(魔法『少女』でもないかな)」

    「お前ら、あれや、そんなにやくざが好きなアイドルなら、おっちゃんがええのん紹介したるさかい、ちょっと待っとれや!」

  • >>No. 14603

    >確率というのは期待だ。
    過去を期待してどーする、テーノー。

    「なにメチャクチャ言ってんのよ!###
    『過去に何が起こっていたのか』ってことは、後になって各種の史料を元に仮説を立てて、確率的にしか判断できないことでしょ!
    そして、仮説の中で確率が高いものが採用されていくんじゃない!」

    「つまり、確率『0.00...06%(0が177個並ぶ)』↓のあいつの仮説より、確率『99.99...94%(9が178個並ぶ)↓』の私たちの仮説の方が採用されるべきということね。

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562


    「当たり前じゃない!
    まったく、変なことばかり言ってる奴なんだから!###」

    「変って言えば、主役の私たちがこんな後になって出て来たのも変」

    「それは、たしかにあるわね。
    マネージャーにココロちゃんにお母さんまでなんてね。
    一体全体、どうなってるのよ!###」

    「そら、簡単や。
    お前ら、わしらみたいなインパクトちゅうもんがないやろが。
    それに、わしみたいにビシーっとおさえも効かんしな」

    「だからって、わき役の方が毎日出て来るな!###」

    「私たちだって、男に変身するんだから、インパクト、あると思う」

    「それはそうかも知れへんな。
    せやけど、せやったらお前らのアバターは何や、ちゅうことになるやろが!
    いつ、女の子女の子した魔法少女、やっとったちゅうねん?!
    そういうPR画像、方々にまき散らしててええんですか?ってな。
    『看板に偽りあり』とは、まさにこういことを言うんやで」

    「うるさい!###
    二度と出て来るな!」

  • >>No. 14601

    >事実を前にして、起りそうもない仮説など屁の突っ張りにもならん。

    「あなた、確率をなめているんじゃない?###
    『起こりそうもない』のは、あなたの方よ!
    あなたの仮説が起こっていた確率は『0.00...06%(0が177個並ぶ)』↓。
    私の仮説が起こっていた確率は『99.99...94%(9が178個並ぶ)』↓。
    どちらの方が『起こりそうもない』のかしら?!

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562


    「さよちん、そいつ、何言うても無駄やで。
    完全に頭、行っとるやろ」

    「だけど、ああいう人を放っておくと、第二、第三の信者が現れて犠牲になるから…。
    日本会議みたいな人を人とも思わない『悪徳宗教』は、絶対に許すわけにはいかないのよ。
    それこそ、殴り倒して血だらけにしてでも止めなければ…」

    「体悪いんやから、あんまり、無理せんときや。
    ほんま、ああいう質の悪いのこそ、会社や組織で取り締まれっちゅう話なんやけどな。
    日本社会の良識、どこに消えてもうたんやろなあ」

  • >>No. 25352

    >「文系なのに事情知らへんのやったら、もぐりやろが、こんボケが!」
    >>どういう意味?
    刑法総論の単位は取ってるが。

    「ホントかい!###
    お前、文学部で教養でとったとかやろが!

    『刑罰が被害者のためにある』言うんなら、被害者が『許す』言うたら処罰できなくなるやんけ。
    お前みたいなボケカスは、『そんなん起こるわけないやろ』みたいに気楽に考えとんやろが、例えば『10億円払いますから』言われて抗える奴なんちゅうのは、滅多にいないやろ。
    そらそうや、実の子いじめ殺す親さえ何%も居そうなのに、ちょっと許してやるだけで10億円手に入るんやからな。
    めんどくさい子供、めんどくさい親・じいさんばあさん、そういうのに始末つけてくれた上に10億円ちゅうことになるんやからな。
    大黒柱とか失のうてても、10億円に抵抗するのは、そらつらいでー!
    つまり、金持ちなら処罰されない社会になること必定やろが。
    実際、中世末のドイツ諸国なんかは、そうなっとったやんけ。

    しかも、そういうふうに『被害者側が犯罪者の殺生与奪権を持ってる』ことになったら、金で頼むならまだしも、犯罪組織の外道どもが大挙して被害者側に押しよせることにもなるやろが。
    お前、アメリカのマフィア裁判とかは、みんな誰も、証人にさえならんやろ。
    それが、証人どころか、証拠も証拠がごっそりそろとっても『許します』言うだけで無罪になるんやから、これを利用しない極道がどこにおるっちゅうねん!
    実際、14世紀のフランスでは、捜査や告訴が個人に任されたために、ギャング天国になってみんなが困ったやろが。

    結局、お前の言うてることちゅうのは、『被害者の命や体の一部を、他の人間が売り買いできるようにします』ちゅうことに直結すること必定やろが!
    お前の説によるなら、被害者が『許します』言うたとき、なんで処罰ができることになるのか、絶対に説明でけへんのや、こんボケ!
    お前、アメリカの白い猿どもの手先かちゅうねん!#######」

  • >>No. 25350

    「文系なのに事情知らへんのやったら、もぐりやろが、こんボケが!」

  • >>No. 25346

    理系のバカは、ひっこんどれや!###
    者知らずのくせしよってからに!

  • >>No. 25343

    刑罰っちゅうのは、やった奴は『軽くしてくれ』、憤っとる市民は『重くしてくれ』ちゅう『綱引き』やろが。
    あるいは、王や腐った政治家や官僚なんかが『重くしてくれ』、良識ある一般市民が『軽くしたってや』ちゅうように、別の『綱引き』とかもあるやろ。
    その他にも、やった奴と被害者側の『綱引き』とか、『刑罰右翼』と『良識的一般市民』との綱引きとか、いろんな綱引きがあるもんや。

    せやのに、各人が立場を変えても『まったく同じ意見を言えるはず』ちゅうのんは、頭がぶっ飛んどる狂人だけが言える妄想やな。
    『子供の法律論』しに来るんやないで、ほんま!###

  • >>No. 25340

    >「『被害者のために死刑がある』なんぞ言うとるいわゆる『都市伝説的、超ど級のトンデモ説』は一切排除してやる、ちゅうことでええんやな?!
    >>ぷぷっ。
     そんなん、誰が言うてんの???(笑)

    「『被害者のために死刑がある』なんちゅうのは、刑法学では誰も言うてない(超超超変人を除く)トンデモ説そのものやんけ。

    そういうトンデモ説、実際にゲルマン°人の末裔たちが『先祖伝来の風習』とか言って中世でやってて、14世紀のフランスとかで市民たちが辛酸舐めたやろが。
    せやから、近代刑法では、そういう原理を排除しとるんやないかい!###

    そういう300年は遅れたこと言うとんのは、世界の先進国ん中でアメリカだけやろが!、ったく(ただし、東西海岸部を除く)。
    白い猿どもが2千年前の森で暮らしてた°人の風習なんぞに固執しよってからに。
    日本は、そういうバーバリアン・サベージズのマネする必要なんか、微塵もないやろ!
    中世ヨーロッパで実害につぐ実害、経験しとるんやからな!」

  • >>No. 25336

    >「犯罪について『犯罪をやった奴だけに責任がある』とかなって、犯罪をやった奴だけを処罰するように徹底したのは、何万年もの長い人類史ん中でほんのここ2,3百年だけや!…
    >>そやしな、「現代の日本における死刑制度をテーマに」しようや。

    「『被害者のために死刑がある』なんぞ言うとるいわゆる『都市伝説的、超ど級のトンデモ説』は一切排除してやる、ちゅうことでええんやな?!

    せやったら、簡単やろが。
    一般抑止についての抑止力仮説が確認でけへんのやから、憲法論上、即、廃止やんけ。
    おまえ、こない簡単なことで『法律論』とかえっらそうにほざいて、ごねてて恥ずかしくないんかい?!#######
    ったく、ボケが!

  • >>No. 25334

    「お前も、妄想、書いとんな、こんボケが!###########」

  • >>No. 25330

    >「被害者の気持ちが刑罰の基礎になってる」っていう点が、大間違い。
    >>「大間違い」というほどではないな。

    >「被害者の気持ちのために刑が行われる」なんていうトンデモなく頓珍漢なことを言うなら、
    >>「トンデモなく頓珍漢なこと」というものではないな。

    「今の刑法学でガン無視される珍説中の珍説、ほざきたいなら、お前だけがほざいとれや!
    お前が笑われるだけや」

  • >>No. 25331

    >それまでは、ヨーロッパでも日本でも、一族に責任を負わせるちゅうのは、当たり前のことやったろが。
    >>現代の日本における死刑制度をテーマにしているのであるから、君のは“いちゃもん”の域を出ない。(「人権社会」って…。ちょっと用法が違うと思うが。)

    「犯罪について『犯罪をやった奴だけに責任がある』とかなって、犯罪をやった奴だけを処罰するように徹底したのは、何万年もの長い人類史ん中でほんのここ2,3百年だけや!
    それまでは、王さんとか役人とかが勝手に法律さえない場合でさえ『お前とお前の妻子は死刑』とか、やっとったやんけ!
    おまえ、人にいちゃもん付ける前に、まず、法制史、勉強してからこいや、こんボケ!

    『犯罪は犯罪者だけの責任』ちゅうことになったんは、人々が無謀なことやる王さんたちに反抗して『人権社会』作ってからや!
    それを、どっかのアホみたいに人権社会で初めて出来上がったルールの中にどっぷり浸かってながら、『僕ちゃん、人権おかしい思いますねん』とか、ようけほざいとられるもんや。
    人権社会の大事なルールにスッポンかますんやったら、『中世に逆戻りするんか?!』言われて当然やろが!
    おまも、あれか?、頭ぶっ飛んどる口か?」

  • >>No. 14599

    >久々に名言を吐いてしまったようだな♪
    神はサイコロを振らないということだ。

    「どアホ!
    事後的にどうやって『史実を見抜くのか』っちゅうことも、分からへんのか、ボケが!
    ありそうもない仮説の方が、ありそうな仮説を抑えて採用される理由なんぞ、皆無やろが!

    おまえの仮設は『0.00...06%(0が177個並ぶ)』の確率、俺の仮説は『99.99...94%(9が178個並ぶ)』の確率で↓、なんで、お前の仮説の方が優遇されなあかんのや?!#######

    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14544
    h ttps://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/927b393f7ad19a5d57d31ed63f50676b/1/14562

    お前、頭、ぶっとんどるやんけ!」

  • >>No. 25327

    >法で成人が定義され,大人は大人として法の裁きを受ける。それで文句あるまい。

    「それが出来たのは、人権社会になってからや!
    それまでは、ヨーロッパでも日本でも、一族に責任を負わせるちゅうのは、当たり前のことやったろが。

    『被害者側の恨みを晴らすために死刑』言うてる奴が、なんで、『報復のために一族皆殺し』に人権論なんか持ち出して『待った』かけとんのや?
    理由、言ってみいや!###

    人権否定して、刑罰論無視して、近現代法無視して、『被害者被害者』言うとったのに、いざとなったら『犯人の親戚は犯人とは無関係です。人権上、そういうのはよくないです。犯人だけの問題です』っちゅう甘っちょろい事、なんで言えるのや?
    被害者側の気持ち、無視しとんか?

    けったいな意見聞いとったら、こっちこそ、不思議でたまらなくなったわ、ったく」

  • >>No. 25325

    >私は一般に死刑廃止を願う人の覚悟を知りたいのである。民主主義の原点に帰って、自分自身や家族が被害者である場合の質問という原点に戻、ってしている。

    全然刑罰論と関係ない「宗教論」やってるだけじゃん。

    「被害者の気持ちが刑罰の基礎になってる」っていう点が、大間違い。
    「被害者の気持ちのために刑が行われる」なんていうトンデモなく頓珍漢なことを言うなら、

      「人殺しには、犯人の一族郎党皆殺し」ということになる

    だろ。
    実際、中世までは、日本でもヨーロッパとかでも、「相手の一族皆殺し」をやってたんだからさ。
    被害者側の被害感情っていうのは、それくらい強いものだよな。

    頭の悪い偏執刑罰論者が、そういうとこだけ「ぼ、僕は、人権的に、犯罪者個人だけに責任があるとお、思うんだけどな」とか言うなよ。
    「被害者のため」と言ったんだから、「一族郎党皆殺し」の覚悟をみせろよな!

本文はここまでです このページの先頭へ