ここから本文です

投稿コメント一覧 (1057コメント)

  • 政策パッケージ 電波制度改革「着実に実施」 IoTなど新産業に不可欠

    12/9(土) 7:55配信 産経新聞

     政府は政策パッケージの生産性革命の柱の一つとして第5世代(5G)移動通信方式など電波のインフラ整備を掲げた。背景にあるのはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)を活用した世界に先駆けた新産業を創出するために電波の有効利用が不可欠という事情だ。政府は新たな電波の割り当て手法に価格競争の要素を含む新制度を導入するなどして、新産業の活性化を図る考えだ。

     政府の規制改革推進会議は11月29日に電波制度改革に関する答申を安倍晋三首相に提出した。政策パッケージは、この答申に盛り込まれた電波制度改革について「着実に実施する」と強調。今後、防災用などの公共用周波数の割り当て状況を積極的に公表することなどの「見える化」や、有効利用されていない周波数帯を返上することなどの電波制度改革を推進する。

     政府は、AIやIoT、ロボットなどの新技術を高度に組み合わせ、社会のあらゆる分野で変革を図る「ソサエティー5・0」を提唱している。この実現の過程で電波利用のニーズは飛躍的に高まる見通しで、電波利用改革は急務だ。

     ただ、電波割り当て制度改革で注目された周波数帯を競争入札にかける電波オークションは、経済協力開発機構(OECD)加盟国で日本のみが未導入。世界初の産業創出を目指すためには、海外企業も新規参入しやすいよう、電波の利用環境についても世界最高水準を目指す必要がありそうだ。(大坪玲央)


    今回は政府も本気っぽいですね☆

  • 税負担、最低20%に下げ=企業に賃上げ・投資促す―政府

    12/8(金) 19:58配信 時事通信

     政府は8日に決定した「政策パッケージ」に、賃上げと設備投資に取り組む企業の実質的な税負担を軽減する措置を盛り込んだ。

     2020年度までを集中投資期間と位置づけ、前年度比3%以上の賃上げと積極的な設備投資を行った場合は、実質的な税負担を約30%から約25%に引き下げる。賃上げとIoT(モノのインターネット)など革新的技術を活用した生産性向上に取り組む企業は、約20%に引き下げる。

     生産性向上と賃上げを加速させ、消費拡大による景気回復を軌道に乗せるのが狙い。茂木敏充経済再生相は、税負担軽減措置の導入により、日本企業が「国際競争に打ち勝てる環境を作っていける」と強調した。

     一方、利益を上げながら賃上げや投資に消極的な企業に対しては「果断な経営判断を促す」とし、税負担が増すような措置を検討する考えを示した。こうした取り組みにより、政府は20年度までに企業の設備投資額を16年度比で10%高める目標を掲げた。 


    時代は後押ししてくれている。このチャンスをものにして欲しいですね☆

  • モルガン4日に買い戻してるね。
    売り一辺倒では無いみたい。

  • <生産性革命原案>賃上げ・投資促す 法人税20%台前半に

    12/5(火) 21:19配信
     政府は5日、新しい経済政策パッケージの柱の一つ「生産性革命」の原案を自民党に提示した。賃上げや設備投資に積極的な企業の法人税の負担を「国際競争において十分に戦える程度まで軽減する」と明記し、企業に賃上げ・投資を促す方針を示した。政府は2018年度税制改正で税優遇の制度を拡充し、実質的な税負担を20%台前半に引き下げる方針だ。

     20年までを「集中投資期間」と位置づけ、税制や予算、規制改革を通じて賃上げや技術革新を促す内容。20年度までに国内設備投資を16年度比で10%増加するほか、18年度以降3%以上の賃上げを目指す数値目標を示した。

     賃上げや設備投資に取り組む企業の法人税負担を引き下げ、革新的な技術を導入する企業はさらに「世界で打ち勝つことができる程度」まで軽減する。

     政府・与党は18年度税制大綱で、賃上げ総額の一部を法人税額から差し引く「所得拡大促進税制」を拡充し、3%以上の賃上げをした企業には減税額を上乗せする方針。また、あらゆるモノがインターネットでつながる「IoT」などの技術を導入する企業に対し、費用の一部を法人税から税額控除する仕組みを検討している。

     日本の法人実効税率は18年度に29.74%となるが、これらの優遇措置を組み合わせた場合、企業の実質的な税負担は20%台前半となる見込みだ。

     一方、賃上げや投資に消極的な企業には「果断な経営判断を促す税制措置を講ずる」とし、一部税制優遇の対象から外すことを示唆した。16年度の企業利益は過去最高となったが、設備投資や賃上げの動きが鈍いため、税制措置に明確な格差を付けることで積極的な投資や賃上げを促す狙いだ。

     また、革新的な技術やサービスを試験的に実施するため、関連規制を政府が一時的に停止する「サンドボックス制度」を創設する法案を次期通常国会に提出する方針も示した。国が主導して規制緩和の分野やルールを決める従来の「国家戦略特区」制度に比べ、自由度の高い実証試験が可能となる。【片平知宏、中島和哉】

  • 今期に入ってから決算短信等に記載のある入退室管理向けの出荷ってAkerunに対するOEMだとすると合点がいきます。他にも気付いていないだけでOEM案件増えているのかもしれませんね。
    決算短信等にある位置測位に関しては、画像見る限り、大日本印刷とスター精密の電源不要の「キャスタービーコン」を活用したIoTサービスっていうのも該当しそうですし。

    ttps://www.star-m.jp/topics/5714/

  • 1年以上前に話題になってたみたいですが、PhotosynthのスマートロックAkerunのAkerun Remotoって、おそらくOpenBlocks BXシリーズですね。
    製品の仕様がほぼ(完全に?)一致してます。


    Akerun Remote
    サイズW41.6 ✕ H96 ✕ D11.3mm( 突起部含まず )
    電源100-240V 50/60Hz( 付属ACアダプター )
    本体質量45g
    無線I/FBluetooth 4.0 ※有効距離0~10m(障害物なきこと)
    Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n 対応(認証方式:WPA-PSK/WPA2-PSK、
    暗号化方式:CCMP(AES) / TKIP)
    動作環境温度 0~40゚C / 湿度20~80%RH(結露なきこと)

    ttps://akerun.com/spec/


    OpenBlocks BX3
    寸法 41.6mm(W)x 96mm(D)x 11.3mm(H)(突起部含まず)
    重量 45g
    電源 DC 4.75〜48V
    (USBケーブルによる給電時 DC4.75〜5.25V)
    無線インターフェイス 3G(ソフトバンク) 対応
    対応Band W-CDMA:band 1/8
    BT 4.0+2.1 EDR
    WLAN (IEEE802.11a/b/g/n)
    動作条件 動作時 温度:0℃〜+40℃ /湿度:20%〜80%RH(結露無きこと)

    ttps://openblocks.plathome.co.jp/products/obs_iot/bx3/spec.html

  • スタートアップが手がける紛失防止IoTタグ「MAMORIO​」、小型で高性能の上級モデルが登場

    2017年12月01日 by masumi ohsaki

    紛失防止IoTタグ「MAMORIO(マモリオ)」を提供するMAMORIOは12月1日、新製品となる上級モデル「MAMORIO S」を発表した。本日から公式サイトや各種ECサイトにて予約受付を開始し、12月7日より一般販売も始める予定だ。

    MAMORIOはBluetoothを活用した小さなタグとスマートフォンを連携することで、大切なものの紛失を防ぐサービス。スマホとタグを付けた貴重品との距離が離れた際に、場所と時間をアプリに通知する。加えて手元から離れたMAMORIOと他のユーザーがすれちがった時にその場所を通知する機能や、駅や街に設置されているMAMORIO SpotにMAMORIOが届くと通知する機能も備える。

    今回発表されたMAMORIO Sでは従来モデルの機能を継承しながら、さらなる小型化と高性能化を実現した。重さを3.0gから2.4gへ、厚みを3.4mmから2.8mmへと約20%の小型化を行い、よりつけやすいサイズになっている。

    性能面では紛失時に発見率の指標となるアドバタイズインターバル(電波の発信間隔)が2.53倍向上。従来モデルでは最大30mだった有効距離も約2倍の最大60m程度まで拡大するなど性能があがった。本体の電池寿命は約1年間で価格が税抜きで3980円。カラーはビジネスシーンでも使いやすい表裏ブラック1色だ。

    MAMORIOはスタートアップのプロダクトのみを取り扱う特設ストア「Amazon Launchpad」に、日本版ローンチ時の2017年1月から掲載。本日発表されたAmazonランキング大賞2017のAmazon Launchpadストア部門では年間1位に輝いている。

  • 900円なんてここでは普通ですよ(^^;)
    これで動揺するようなら、ここは触らない方がいいですね。

  • 相変わらず値動き凄いですね(^^;)

  • 内閣府革新的研究開発推進プログラムに続報が出てたみたいですね。


    ・IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる70km超無線多段中継伝送を用いた多地点広域データ伝送試験に成功
    これは、広域系に接続される狭域系のゲートウェイにOpenBlocksが使用されているっぽい。
    今後の展開としては、各中継局無線機配下(広域系?)に100〜1000台のWi-SUNシステムを用いた医療情報、環境情報収集ネットワークを接続させ(狭域系?)、大規模なエリアの情報収集の実現を目指すらしい。

    ・国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイによるBluetooth搭載各種機器からの移動対応、広範囲情報収集システムの開発に成功
    はじめImPACTで使用されているゲートウェイとしてはNextDrive社のCube Jと、ぷらっとホームのOpenBlocksが挙げられていましたが、このシステムに限ってはOpenBlocksでのみ開発されているみたいですね。
    超ビッグデータの基地局ゲートウェイとしては、OpenBlocksが有力っぽいのかな。


    これ結構すごいことな気がするんですが、どうなんでしょうね。

  • 平成28年度事業報告書に
    「現在、当社は主力製品であるIoTゲートウェイにおいて、他社の追随を許さない地位を確立しつつあります」
    と記載してあるので、会社を信じるのであれば、かなり有利なポジションを構築出来ているっぽいですね。
    あくまで会社を信じればの話になりますが。

  • Me-MAMORIOの普及にエーザイさんが協力して頂けるのは心強いですね☆
    MAMORIO Spotも増やしてくれたらなあ^^

    「Me-MAMORIO(ミマモリオ)タグ」モニターの募集について
    秋冷の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    さて,竹原地域医療介護推進協議会(バンブーネット)では,平成 28 年 7 月 21 日付でエーザイ株式会社と締結した協定に基づき,認知症高齢者が行方不明になった場合に,いち早く発見して保護につなげるため,「Me-MAMORIO(ミマモリオ)」を活用した地域ぐるみで行う「高齢者見守りネットワーク」づくりに取り組んでおります。
    つきましては,このたび事業実証を行うにあたり医療機関,介護施設・介護サービス事業所及び徘徊のおそれのある方(竹原市にお住まいの方)を対象として「Me-MAMORIO(ミマモリオ)タグ」を無償で提供するモニターを募集します。
    モニター参加を希望される場合は,事業所内で必要個数を取りまとめ,別紙申込書の提出をお願いいたします。
    皆様方には事業の趣旨をご理解いただき,本取組に積極的にご参加くださいますようよろしくお願いいたします。

    提出先 竹原市健康福祉課介護福祉係(竹原市中央五丁目1番35号)
    提出期限 平成30年2月末日

  • バイオの中でもここは異質。
    リスクとベネフィットのバランスがピカイチだと思います。
    集め足りないので、個人的にはまだ上がらないで欲しいですが。

  • Mamorio良い感じですね。
    Mamorio Spotもっと増えたらいいですね。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000014738.html

    日本郵便初のオープンイノベーションプログラム これからの時代の郵便・物流を創出する「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」採択企業を4社決定
    2017年11月16日 15時00分

     日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男/以下「日本郵便」)と株式会社サムライインキュベート(東京都品川区、代表取締役 榊原 健太郎/以下「サムライインキュベート」)は、日本郵便初となるオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の採択企業を4社決定しましたので、お知らせします。

     本プログラムは、近年におけるECの進化や人口減少など物流業界が抱える様々な環境変化を踏まえ、日本郵便とサムライインキュベートが斬新なアイディアやノウハウを持つスタートアップ企業と共創し、「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」の実現を目指すものです。

     2017年9月4日(月)から募集を開始し(注2)、多種多彩な105社の企業から応募をいただきました。書類審査・面談審査を踏まえ、本プログラムのメインテーマ及び詳細テーマにおいて革新性や課題解決性、実現可能性、親和性が高いと考えられる4社のスタートアップ企業(注3)を選定しました。
     今後は、2017年11月17日(金)から約3か月かけて、社内外のメンターやアドバイザーの助言等を得ながら実現に向けた共創に取り組みます。

     両社は、引き続き本取り組みを通じて、時代の変化に応じた価値ある郵便・物流を提供し続けるため、共創によるイノベーション創出に取り組んでいきます。

  • なんか人少なくなりましたね。
    信用買いも減ってるみたいだし、個人はかなり振り落とされたのかな?
    あの先週末の上髭はそれだけの恐怖感がありましたし。
    なだれ三羽烏からの赤三平。
    こんな高値で誰がかっているんでしょうね。

  • 引け新値ですね☆
    日証金買い残も2800まで減りましたね。
    個人売らされてるっぽい。

本文はここまでです このページの先頭へ