ここから本文です

投稿コメント一覧 (597コメント)

  • 1850と似た動き、

    ハメられたとしか見えません。

  • 2桁のごみ株を、利用した奴らが、いただけ。

  • 南海辰村を見てたので、53で、持ち越しは、止めました。

    明日、様子見て、また買います。

  • 9704に乗り変えた、ようです。

  • 中国の大手自動車メーカーが、FDK鳥取工場を、非公開で訪問した。

    目的は、全個体電池

    株価反応なし

  • 機関の空売り、モルガンと、野村で500万位、あります

  • 噂だけで、商いありますね

  • 乗り場なかったので、止めました

  • 証券会社しか、空売り出来ません。

    機関と勝負です。

  • 今の時点で、全個体電池を完成したのは、FDKと、TDK

  • FDK研究者

    水素空気二次電池の研究開発。正極の開発、劣化した電極の分析解析も実施。
    電気自動車やモバイル機器の発展に伴い、現状のニッケル水素電池やリチウムイオン電池を超える高性能な二次電池の開発が求められており、FDKでは「水素空気二次電池」の実用化に向け、研究開発を進めています。水素空気二次電池は空気中の酸素を利用するため、正極内部に活物質を貯める必要がなく、既存の電池と比べて大幅な軽量化と高容量密度化に期待できます。私は、電池の長寿命化や高出力化・安定作動を目指し、正極の材料や構造・製法について検討しています。水素空気二次電池の構造や反応機構は複雑であるため、まだ実用化には多くの課題がありますが、現象を1つ1つ丁寧に考察しながら開発に取り組んでいます。

    だからこの仕事が好き!
    一番うれしかったことにまつわるエピソード
    正極製法を工夫し、初めて重量や厚みが揃った均質な正極を作製できたこと
    水素空気二次電池の正極は、材料を混合しシート状に圧延したものを集電体と圧着して使用しています。しかし、混合や圧延といった過程は簡単そうに思えてノウハウが多く、初めは重量や厚みが揃った極板を作ることができませんでした。大学で学んだ知識だけでなくモノづくりのノウハウを必要とされ、改善には苦労しましたが、先輩社員のアドバイスを頂きながら、材料の混合時間や方法・圧延条件を検討し、細かい条件まで詰めることで、解決することができました。極板作製は電池作りの源流とも言える重要な工程であり、極板にバラつきがあると電池の品質を一定に保つことはできません。品質を維持することはとても難しいですが、だからこそやりがいがあると思います。

    ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
    ニッケル水素電池で世界的に高いシェアを持つ電池メーカー
    私は大学で電池を専門としており、性能だけでなく安全性を意識した電池を開発したいと考えていました。ニッケル水素電池は安全性が高い水溶液系電解液を使用し、また環境汚染物質を使っていないため低環境負荷に優れるという点が魅力だと思います。FDKはニッケル水素電池で世界的なシェアを獲得しており、お客様が求める優れた品質の電池を製造していると確信しました。この会社なら、自分のやりたい事や大学で学んだ研究を活かすことが出来ると確信し、FDKを選びました。

    これまでのキャリア
    研究開発(現職・今年で一年目)

    FDK株式会社の先輩社員


    電極に使用する材料の評価
    LIC事業推進室
    上村 彩乃

    ニッケル水素二次電池の主材料である水素吸蔵合金や各種極板材料の開発
    ニッケル水素電池事業部 技術統括部
    大畠 昇太


    アルカリ乾電池の材料開発・設計から量産化まで。
    FDKエナジー(株) 技術統括部
    鈴木 雄也

    社内ITインフラを支える仕事。ICTを駆使したシステム構築~運用支援
    情報システム部
    井口 大輝


    秘書業務、社員の出張及び精算管理など
    総務人事部
    水原 志野

    自社製品、また製品周辺の市場に関する調査やビッグデータの分析など
    マーケティング本部
    田中 里奈

  • 「協会には不可解なカネの出入りがあります。また、両国国技館の改修工事でも、入札を行わずに特定業者が工事を請け負うなど怪しいカネの動きは多くある。挙句の果てには、モンゴル人力士が強姦事件を起こし、それを理事が奔走して揉み消したことまでありますからね。私はいま、弁護士からアドバイスを受けながら、どのタイミングで何のカードを切るのがいいのか、綿密に準備を進めています」
    白鵬が八百長を頼んできた、相撲協会と業者との不可解なカネの流れ、モンゴル人力士の強姦事件と、どれ一つとっても相撲界を震撼させるのに十二分な大スキャンダルである。

  • 「協会には不可解なカネの出入りがある」

    『フライデー』にはこのほかにも貴乃花の重大発言が満載である。
    「08年に起きた力士による大麻所持事件や10年の野球賭博問題についても、協会のやり方には不満があります。大麻所持事件は露鵬や白露山だけを処分したが、あれはトカゲのしっぽ切り。横綱クラスの力士にも疑惑はあったんです。野球賭博についても、琴光喜だけに解雇という重い処分が下されたのはおかしい。以前から協会の体制を批判していた私への当てつけでしょう」
    琴光喜は貴乃花と昵懇だったそうだ。08年は白鵬が横綱になって2年目である。さらに、
    「協会には不可解なカネの出入りがあります。また、両国国技館の改修工事でも、入札を行わずに特定業者が工事を請け負うなど怪しいカネの動きは多くある。挙句の果てには、モンゴル人力士が強姦事件を起こし、それを理事が奔走して揉み消したことまでありますからね。私はいま、弁護士からアドバイスを受けながら、どのタイミングで何のカードを切るのがいいのか、綿密に準備を進めています」
    白鵬が八百長を頼んできた、相撲協会と業者との不可解なカネの流れ、モンゴル人力士の強姦事件と、どれ一つとっても相撲界を震撼させるのに十二分な大スキャンダルである。

  • 『フライデー』が報じている重大事実

    白鵬が貴ノ岩に「星を売れ」と電話をかけてきた。
    昨年の初場所13日目の夜、稀勢の里と優勝を争っていた白鵬が、次の日に対戦する貴ノ岩に“八百長”をしてくれるよう付き人を使って何度も電話をかけてきたが、貴ノ岩はそれを察して、出なかった。
    その結果、ガチンコ相撲になって敗れた白鵬が、このことを根に持って、巡業先で日馬富士と共謀して貴ノ岩を呼び出し、暴行したのだ――。
    貴ノ岩の師匠・貴乃花親方が支援者にこう語ったと、『フライデー』(1/19号)は報じている。
    同様のことは『週刊新潮』(1/18号)も報じている。
    「今回の事件の背景を探っていくと、1つの事実に行き当たる。2017年の初場所中の1月20日夜、横綱白鵬の側近が執拗に貴ノ岩に電話をかけていた、という事実に」
    文春も、少し前になるが、モンゴル人力士同士が八百長らしき「談合」をやっていて、貴乃花が憤っていると報じていた。

  • 【新製品】高機能のDC‐DCコンバーターを17年11月サンプル出荷。

  • 為替レートの想定は、105だそうです。

本文はここまでです このページの先頭へ