ここから本文です

投稿コメント一覧 (708コメント)

  • >>No. 587

    君も見る目ないね。。

    tyrはバーチャルって気づいてないの?

  • ここ決算前に買うのが得策と見てたけど

    完全に外しました。

    それでもスイッチが失速しなければとは思うけど、それなら月曜の安いとこ拾うほうがいいわけで。。

    まあ1000円割ることないと思うけど、一度手仕舞って税金対策してから買いなおすとします。

  • >>No. 157

    わたし株主ですが4000憶の最終利益については会社予想どおりなので問題ないかと思います。

    3Qでの進歩率とかをみて市場が4400憶くらいの勝手に予想をしただけと思ってます。(自分もそれくらい行くと思ってましたが)

    今回の決算はむしろ社長交代で今期は増益にしたい意向があったため負の遺産は早めに計上しとこうという意図があったと思ってます。

    なので今期決算はなにがなんでも4500憶は達成するとみてHOLDの方向です。

    ちょっと株価は荒れ気味ですが落ち着けばまた今期決算に向かって上昇していくのではないのでしょうか。

    しかし伊藤忠は外資の空売りファンドに目をつけられやすいですね。株主としては大きな自社株を発表して焼き尽くしてほしいです。

    社長交代して株価が大きく下がった汚点は作りたくないので自社株買い発表が近くあるかと期待しています。

  • わたし任天堂の株主でもあるので一言

    任天堂が第四半期で最終利益を赤字を見込んでいた理由に北朝鮮の戦争リスクを織り込んでいたとかありえません。

    赤字を見込んだ大きな理由は第3四半期まで円安に振れていたので、3Q決算時点(12月末)で為替差益を計上して

    いたからです。

    3Q決算発表は1月末でしたので、その時点でかなり円高が進んでいたので4Qに今までの差益分を帳消しに

    する為替差損を計上しなければいけなかったからです。嘘と思うなら任天堂決算を見てもらえばわかります。

    解説 例えです。
    3Q決算日時点(12月末)で円安だったの100憶為替差益を決算時計上 3月末の通期決算時には円高に振れ年間通した為替差益0円でした。 結果として4Q単独でみると-100憶為替差損を計上しなければいけません。

    まあホシデンの場合がこれにあてはまるかどうか別にして、3Q決算より通期決算の数字がわるいということは4Q時に

    営業外でなにかしら損失等を計上する予定なのでしょう。(減損とか株式評価損とかいろいろあります)

    あと為替差損とかも考えられますが。

    ということで会社が好調かどうかみるのでしたら営業利益の推移だけ気にすればいいと思います。

  • わたしここ買ったので反論したくはないですが、単純計算で3Qと4Q同額稼ぐってのはありえません。

    玩具はクリスマス商戦で半分稼ぐがってのが通例です。まあ一応ホシデンは電子部品の会社ではあるわけですが、

    ほぼ実態は任天堂組み立て工場みたいな会社でこれにあてはまると思います。

    まあ自分も今期スイッチ2000万台出荷予定の任天堂強気に便乗して、今期はホシデンで勝負と思って

    買っているので応援は致します。

  • 任天堂半分売った資金でホシデン買ってみました。

    今期スイッチ2000万台の出荷予定にあわせてここも来期予想は強気とみています。

    目標株価は2000円

    決算前に買うのはちょっと危険な感じですが株価は底入れしてるかなと思っています。

  • 株主やめたくないので半分だけ利確しとく

    あとはラボ待ち楽しみにして放置

  • 受注残高から行けると思ってましたが失敗でした。

    わたしも手仕舞ます。

  • 今回の3Q決算は期待以上だったのでtyrがバーチャとかどうでもよくなった。

    先は長いけどマジに10万円超える日がくるかもね~

    さすがにそこまで株主でいれる自信ないけどね。

    まあ自分もクサレ爬虫類かな。

  • あれねtyrがバーチャであることを暴くために株主でしか答えられない質問をしたのです。
    一応正解したら二度と投稿しないと言いました。
    1日遅れで答えはしたがその前に掲示板でIRに答えがあることを書き込まれてね~
    それで無かったことにしました。

  • 改めて今回の上方修正を検証してみると
    4Q単体の数字は
    売上高1630憶 営業利益40憶 経営利益-200憶(赤字) 最終利益-150憶(赤字)になります。
    ちなみに1Q単体決算
    売上高1540憶 営業利益162憶 経営利益309憶 最終利益217憶です。
    1Qのスイッチ販売台数197万台
    4Qのスイッチ販売予定台数約300万台(今期目標1500万台より)
    ソフト・DSの販売台数が激減するのを加味してもちょっと慎重すぎる上方修正かなと思います。

  • もうひとつ4Qのスイッチ生産は高水準維持し、出荷調整して在庫を積み増す予定かもです。

    あのダンボール発売にあわせて一気に出荷を合わせる可能性大

    その場合来期の1Qが超絶決算になります。

    これ私の予想なので投資は自己責任でお願いします。

  • 任天堂株主様おめでとうございます。

    1Qと2Q決算では若干不満でしたが3Qは文句なしです。

    明日から5万円台相場は確実とみています。

    気になる点といえば上方修正したが経営利益、最終利益とも3Qの数字より低いことです。

    つまり4Qだけ注目すると赤字という事になります。

    スイッチ販売台数が200万台届かなかった1Qでさえも100憶以上の黒字だったので。

    おそらくもう一回の上方修正と配当増額のアナウンスはあると思いますね。

  • 決算については見解は分かれるとこではありますが私は好決算と思ってません。

    2Q時にくらべて伸びが鈍化していると判断しました。

    ダウと日経がいつ調整するか微妙な時期に決算で期待値以上でないと判断し5800円ですべて売却しました。

    しかしこの会社自体好きですし応援していきたいのでまたいつか安くなったら株主になりたいと思います。

  • もちろん上がることは嬉しいが9日までの動きはたいした問題でない。

    問題は3Qの数字のみ

    2Qの決算資料から受注高と残高は高水準であること確認できているので高決算期待しているが、良くも悪くも株主の期待を裏切る会社なので不安も大きいです。

    わたしにとって最後のNISA 投資銘柄で今回は更に現物と信用も含めた3本立て

    NY も日経も株価は高水準なので最後の買い銘柄と思ってます。

  • >>No. 654

    > 僕は下方修正でも(よっぽどでない限り) 諦めるつもりはありませんね。ここが下方修正をよくする会社だとしても業績だけ見れば伸びています。例えば10%伸びるって言って6%だけ伸びる会社と、3%伸びるって言って4%伸びる会社なら、前者の方が成長している会社です。
    >
    > そしてここはその伸びの割には株価は安いと思います。予想は当たるにこしたことはありませんが、予想が当たりにくいって分かっていればそれを前提に投資しますから問題はそんなに大きくないのかなって思っています。

    投資スタイルは人それぞれなので異論はありませんが、ただちょっと気になるのはYACの業績が少しくらい伸びてるのは今の半導体需要を考えると当たり前なのです。
    なので増益でも会社予想に届かず下方修正ばかりで投資家の信頼を得てないので底辺で放置されているのかと思います。
    大体ですね今の半導体装置メーカは逆の上方修正が主流ですから。
    まあ私もここが割安と思いけっこう買い増ししていますが3Qは半信半疑です。

  • ラボがどれくらいヒットするかで上場来高値更新も視野に入ってきました。

    段ボールの原価と面倒な組み立ては購入者がするので売れれば爆益。

    ましてや相乗効果でスイッチも売れるので任天堂にとって至れり尽くせりです。

  • スイッチがこれから大ヒットを続けるには、なにかもうひとつ爆発的なインパクトのものがほしいと思っていましたがラボはその予感がします。
    WillはWillフィットで爆発したようにスイッチはラボで大爆発しそう。
    しかしさすが任天堂
    発想力半端ないです。

  • YACの会社発表の今期予想
    売上350憶 営業利益20憶 経営利益15憶 純利益 10憶 一株利益110円強です。
    問題はこの会社予想を達成できるかどうかです。
    なので3Q決算に注目しているのです。
    今の日経平均の水準からみて半導体製造装置メーカーのPER10倍なんて割安すぎます。
    ではなぜにそんなに安値で放置されるか。
    それは多くの投資家はYACの会社予想は過大すぎるとみているからです。
    仮に3Q決算で会社予想が達成されるような決算だった場合は必ず上がると考えてます。
    あくまでも私的な予想なので投資判断は自己責任でお願いします。

  • 半導体製造装置メーカーはどこも繁忙で今期の上方修正がかなり意識された株価になっています。

    そういう中でYACだけが取り残されている感じです。

    まあ中間期の決算をみれば致し方のないとこですが。。。

    しかしながら取り残された分だけ3Q決算にインパクトがあれば大きく羽ばたく可能性を秘めています。

    全ては3Q決算次第でしょう。

    すでに掲示板に書かれている方もいますが、この会社は下方修正の常習犯が一番の問題

    更に買い増しするか判断が難しいです。

本文はここまでです このページの先頭へ