ここから本文です

投稿コメント一覧 (751コメント)

  • 菊川怜。 知らん。
    そうですか。あの親子の娘(こ)もそうでしたか。
    知らなんだ。

    どういうわけか、女性の顔は、ちょっと変装されるともうわからない。

    先日も、ワイフと歩いているとき、
    向こうから自転車に乗って現れた女性と、
    お互いに「こんにちは」なんて挨拶を交わしている。
    「どなた」と尋ねたとたん、
    「何言ってるの、お隣の奥さんやないの!」
    だってね、色眼鏡をかけて変装しているんやもん。

  • おいどと言えば(おそ走せながら)
    TVで虫眼鏡の宣伝に出てくるあのおなごはん。
    容姿端麗・眉目秀麗、歩く姿まで実にスマート。
    声までがチャーミング。

    何処のどなたか知らないけれど、
    一日に何回お目にかかることか。

  • この熱風と熱波の酷暑の中、
    復興へと命を懸けて奮闘している人たちのことを思うと、
    誠に言葉もありませぬ。

    そんな中、国会では、賭博の賛否について激論?を交わしているとか。
    ここ大阪では、次の万博を目指し、
    それを吉祥に、離れ小島に賭博場を開き、
    世界の博徒を呼び寄せ、ガッポリ稼がんと、
    知事・市長などが秘策を練っているとか。
    そのあさましき魂胆。
    野党の先生方よ、しっかりしてつかんさぃよ。

  • ヒステリックな歓声と喧騒の中、
    サッカーは終わりました。

    さて次は、高校野球ですか。
    100回記念ということもあって、
    朝日はかなりの力の入れようとか。

    こちら関西では、祇園祭に続いて天神祭り。
    難波の国は益々熱くなるようです。

  • みなさん。ご無沙汰しています。

    おなっちゃん
    Susan Boyleのテスト ステージ
    再度観ることができて倖せでした。
    ありがとう。

  • JXさん
    あの南アとの試合のラストのトライの場面で、
    アナウンサーも泣き声でしたね。

    ところで、先日の試合、
    なんと、出場選手のうち、日本人は二人ほど。
    最早、技術だ、粘りだなんて時代は過ぎ去りましたね。

    やはり体力。
    スクラムでも弱い方が反則を取られますものね。

  • とにかく敵味方30人が入り乱れ、団子になって押し合いへし合い・
    ボールが何処にあるかも分からない。と、いきなりホィッスル。
    で、フリーキックかスクラムの反則。

    ひげの男達が目剥き鼻剥き、マウスピースを口からはみ出させてはぁはぁふぅふぅ。
    とにかく、むさ苦しくて、汚くて、その上荒っぽい。
    第一、何をやっているのか訳が分からない。
    始まったと思うとまたホイッスル。で、はぁはぁふぅふぅ。

    こんなのを好きになって頂戴やなんて、
    頼む方が無理というものかもね。
    ガックリ!

  • あのパス回し、賛否両論で姦しいことやけど、
    中には、攻めてこなかった相手が悪い。
    なんてのもあっりしてね。

    それより、これからのjapanの試合毎、
    選手や監督が、ブーイングの嵐に見舞われるのではと心配だよ。

  • 世の中、、、、サッカーで盛り上がってるけどサ~、
    たまにはラグビーも観てよ。
    今晩あるんだ。
    夜中の3時とは言はないよ。
    ゴールデンタイムの9時からだよ。

    06月30日 (土) 午後08:40~午後11:05 生放送
    スーパーラグビー2018 第17節-2
    ヒトコム サンウルブズ(日本) vs. ブルズ(南アフリカ)

    キックオフは多分9時からだよ。
    世界選手権大会が 来年日本で開催されることだし。

    間違っても、試合放棄の時間潰しなんてのは無いからサ~
    局は、毎日系のBSだよ。

  • それにしても、
    最後の15分の試合放棄にも似た横パスは、
    それなりの理由があったにせよ、
    観ているこちらの方が辛かったよ。

  • こいさ~~~ん。
    いきてるぅ~。
    熱中症になるのはまだ早いよぅ~。

  • >自民党の二階俊博幹事長は26日、人口減少問題に関し「この頃、子どもを産まない方が幸せに(生活が)送れるのではないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」と述べた<

    自民党の二階俊博と言えば、
    党内でも常識人としてだれもが認めている人です。
    その人が、この発言。
    安倍一党もかなりたるんできたようですね。

    これで、次の選挙の行方が解らなくなりましたよ。

  • >ロンドン交響楽団のコンサートチケットが手に入りました<

    みーくん、すごい!
    そういえば、以前本家でこいさんとクラシックの話をしていたら、
    「私もクラシックを聴こうかな」なんて言っていたけど、
    それ以来の研鑽の賜物かな。
    あの頃は、みーくん実にたくさんのクラシックを提供してくれたね。
    今でも大切保留して、時々楽しませてもらってるよ。

    で、指揮は誰かな? 曲目は・・・?
    楽しみだね。

    ところで
    >それなりにコミュニケーションをとってナイトね<

    やけど、ナイトがカタカナになっているけど・・・?

  • >ゼロさん宅はほんとにイベントを大切にするのねえ<

    大切にするのは彼女の方で、
    あたしゃ根っからの大阪人。
    ハンフリー・ボガードではないけれど、
    「昨日のことは忘れちまったよ。明日のことはわからないよ」
    主義のチャランポランの人。

    でもね、だからこそ、きっちりしている彼女に敬意を払うのも、
    生活安泰のためには必要かと思うわけ。

    昨日も、「おめでとう」と言ったら、
    きっちりと「ありがとうございます」と帰してくれたよ。

    こいさん曰く、ハグもチュウもないけれど、
    微妙なところで、平衡を保っている、と言ったところかな。

    夫婦ってそんなもんじゃないかな。

  • 今日はワイフの誕生日。
    「ディナーは何にしょうかな?」
    と楽しみにしていたけど、
    愚息が夜勤になったため、
    楽しみのディナーは、どうやら中止らしい。

    ま、好きな肉でも料理して、あと、ケーキでも食べるつもりかな?

    食べることに興味のない私としては、
    ハイボールのグラスを挙げて「おめでとう」と祝福しようかな。

  • みーくん
    一日遅れで、サッカーの勝利おめでとう。
    コンビネーションにしても動きにしても、
    コロンビアより上回っていたね。

    それにしても、
    サポーターやメディアの喜びようは異常なほどすごかったね。
    家庭で観戦していた連中までが街に繰り出して騒ぐやもンね。
    おかげで、警察の世話にまでなったりして大変な騒ぎ。

    ま、世界がこんなに騒ぐということは、
    サッカーなるスポーツは国家的スポーッということかな。

    ところで、みーくん
    これ程たくさんのサポーターがいるのなら、
    三分の一ほど、ラグビーの方に回してくれるわけにはいかんもんかね。
    たのむよ。

  • 新婚の頃は、
    若いということもあってか、
    そんなに出なかったのでは・・・?
    我慢もできたしね。
    たまに出たとしたら「ごめん」くらい言っていたのではないかな。

    で現在では、
    「お~今日はよく出るな」とか
    「便が出んと、ガスばっかり」とか
    「お~久しぶりに出たな」とか
    つまりはこれ、照れ隠し。

    彼女の方も、何か言っているけど、
    覚えておくほどのものでもないということで、
    記憶にございません。

  • >ゼロさんのために、なんか楽しい話考えとくよ<

    おッ!
    これは楽しみ。
    首を、きりん・つる・へび? 
    にして待ってるけんね。

  • 三姫揃い踏みのお気遣い。
    惚れ直しましたよ。

    テレビを見てたところ、
    いきなり、がァ~んと来たと同時に、
    テレビの画面に「地震予報」
    上下に大きなのが2~3回、
    そのご横ずれ、じゃない。横揺れ。
    久しぶりに大きなのを体験したよ。

    でも、お陰様で無事故でしたよ。

    ところで、
    兄弟のことが話題になったとき、
    ゼロのすぐ上が姉であったこともあって、
    幼少の頃の遊びは、
    おじゃみ、おはじき、あやとり、なわとびetc。

    その姉が、先日、亡くなりました。
    やさしく、笑顔の絶えない姉でした。
    長じても世話になるばかりで、
    何のお返しもできないまま、
    逝ってしまいました。
    臍をかむ思いです。

    暗い話でごめんなさい。

  • いや~驚きました。
    我が家のちょっとした行事をちょっとツイートしただけで、
    我らがお姉さま方から、これだけ心情豊かな御意見を頂けるとは、
    この妖怪ゼロ、ありがたく承っておきます。
    ありがとうございました。

本文はここまでです このページの先頭へ