ここから本文です

投稿コメント一覧 (78コメント)

  • >>No. 995

    「患者一人ひとりの運動器の損傷レベルや自律歩行能力に合わせて設定を変えることができるという。回復が進むと、歩行時の足に対する負担をより大きくすることで、パワードスーツの役割は二次的なものとなる。」

    本文中には、どのような疾患・障害のリハビリに対して用いるのかが書かれていないので推測の域を出ませんが、「運動器の損傷レベル」と書いてあることから、中枢神経レベルでの障害(脳卒中、脊損、 HAL適用の難病)対象ではなく、単に筋力低下が著しい患者の筋の機能(筋力)回復を目指すものと考えられます。筋に電極を貼り電気刺激を加えるということですから、そのパワードスーツで補助して歩行を可能にしつつ同時に歩行に必要な筋を電気刺激で活動させる、それを繰り返すことで歩行に必要な筋力を効率良く回復させようということでしょう。筋力の回復に応じてパワーヅスーツの補助する力を徐々に減らして、自力歩行に近づけるということもできるということですね。
    単純な筋力回復訓練よりはマシだと思いますし、単なる歩行補助ロボットよりも良いと思います。

    しかし、HALよりも適用範囲がかなり限定的で、中枢神経系を含む運動機能回復に効果が左程あるとは思えませんので、HALと競合するとは考えられません。

  • 私に質問してきた方が2人くらいいたようだが、スレッドが変わって直接返信できない。返信したいという積極的な思いもないがw

    サイバーダイン株持ってるよ。金持ちじゃないから、そんなたくさんじゃないが。
    2014年の初夏ころだったかなぁ?最初に買ったの。
    今も含めて、ほとんどの期間購入価格を下回ったこと無いです。

    経営とは何かなんて、一般論で語っても意味ない。
    そんな知識もない。
    だが、サイバーダインの経営は、安心してみている。
    過去に、山海さんの経営にかかわる内容の投稿もしている。

    私の質問してくる前に、私が過去にどんな投稿してきたかを見れば、いろいろと分かるはずなのだが。
    こういうところで、やりとりしている人って、そんな簡単のこともしないよね。

    まあ、私のことなどほっといてくれれば良い。
    やりとりする気もないので。
    目障りに感じたら、無視ユーザーに登録してくれれば良いw

  • 面白い!実に面白い!

    プロの経営者に代われとか山海社長の経営に難癖つけている奴らは、経営の事なんかわかっていないことを自覚していないでようなので面白い!

    こうやって、サイバーダインの株価が上昇後に急落する度に、今のうちにとあくせくと儲けているやつがいる(裏返しで焦って売却して損するやつがいる)んだなぁと考えるだけで面白い!

  • >もう一度歩きたいと切実に願っている人に対しても20年とは酷な話です。

    こんな失礼なことを書いといて、このことに知らんぷりな人間を相手した自分が馬鹿だった。
    論理的に物事を考えられない、語れない輩は相手にしないことにしている。

  • 私の投稿のことだろうか?
    だとしたら、酷い勘違いだろう。
    人の投稿を、意味もよく考えずに読んでいる証拠です。

    >もう一度歩きたいと切実に願っている人に対しても20年とは酷な話です。

    再び歩きたいと願っている患者がHALでリハビリを受けられるようになるのに10年、20年かかると、そんなことを誰が言いましたか?
    医療用HALの技術はもう確立しているのだから、あとは適用する疾患が増えれば(承認さえ降りれば)、そして実際にHALを導入する医療(リハビリ)機関が増えれば、多くの患者が歩けるようになるんです。
    そんなこと、わかっていることでしょ?

    山海社長あるいはサイバーダイン社にスピード感がないという妄言に、過去に反論した投稿もしています。
    着々と会社の事業発展のための手を打っていると。

    ただし、FDA承認を得られたからといって、半年や1年で飛躍的に売り上げが伸びないのも事実。医療機関がHALを導入を決めたとしても、リハビリ体制を整えるのに1月や2月でできると思いますか?HALを使ったリハビリがスタートできたとして、最初の患者たちに効果が出て、それを元により多くの患者が利用するようになり、さらにHALの導入数を増やしたり採用する医療機関が増えたりするのに、いくら早くたってそれぞれ数ヶ月単位の時間が必要でしょう。
    結局、1年1年の積み重ね、年単位で事業は考えるべきです。

    今後予想される、国内での脊損や脳卒中などの適用が承認されるまでの期間、そして承認後各医療期間で実際のリハビリで使用する患者が増えていくまでのタイムラグを考えれば、今から3年後の売り上げの伸びよりも5年後の売り上げの伸びの方が飛躍的に大きくなり、さらに世界的に展開して大きく成長するのに10年先とか見るのは当然でしょう。
    だから、3年後の株価2倍、5年後の3倍でいいのか、10年後、20年後10倍超を待つのかって話でもあります。
    私はサイバーダイン社の「事業」の発展を「株主」として見届けたいと考えています。

  • 医療用だとばかり思っていました。

    福祉用を使うのであれば使うことは可能でしょうが、医療保険は利用できませんね。

  • 145でist*****さんが紹介してくれたJR東京総合病院のサイトを見ると、原因に関わらず整形外科疾患(筋力低下など)にHALを使ってのリハビリを勧めているので、この病院であれば今でもあなたはHALを使ったリハビリを受けられるかもしれません。
    問い合わせて見られたらいいのではないでしょうか。

    私の認識不足でした。

  • あなたの場合、原因部位が脳ということは有り得ないので、脊髄損傷にいれて良いかどうかがポイントでしょう。
    でも、脊柱管狭窄があったからといって、その後の運動機能障害が直ちに脊髄を原因部位と決定できるものではないですし、そうであったとしても(脊髄)損傷には含められないでしょう。

    もしも、手術にミスがあり、手術によって脊髄が傷つけられた場合はどうなのか?
    そこは私にもわかりませんが。

  • 頸部脊柱管狭窄症の治療(手術)は終わり、それが成功したにもかかわらず、運動機能低下があるということですね。
    HALが使えれば、効果がある可能性は十分ありそうです。

    しかし、頸部脊柱管狭窄症による運動機能障害は、HALが保険適用される対象疾患ではないので、公的医療保険を受けられないことになります。また、サイバーダイン社がHALを保険適用外の疾患に使用することを認めているという事例はないようですので、HALがレンタルのみで運用されている限り、あなたはHALを使ったリハビリを受けることはできないでしょう。
    頸部脊柱管狭窄症による運動機能障害にまで保険提要の範囲が広がる日が来れば、晴れてHALを使ったリハビリを受けることができるわけですね。

  • サイバーダイン社の事業が10年、20年先(せめて5年先)を見越して「投資」すべきもんだって言ってるのにわからんヤツがいるようだ。
    事業の特色と伸展状況から言って、まだまだ継続的安定的に株価が上昇する段階にないサイバーダインなのに、短期の「投機」目的のヤツ等が間違って買ったのかどうか知らないが、株価が上がらないからってイラついて会社・社長・IRについて誹謗中傷や見当はずれのこと言っていること自体が馬鹿丸出しだってことだなw

  • 投資とは事業に対してするもの。
    事業としての好結果が出てくるのに、5年10年単位かかるのは普通のこと。そして、その好結果がどのくらい持続して伸びていく力を持っているのかといことが重要だと思うのだが、それもそれぞれの事業で違って当たり前。
    私は、サーバーダインの10年後20年後を見越して投資した。
    短期的な株価の上下に行き位一憂するのは、投資じゃなく投機してる連中と見なせば良い。

  • すぐに自分の考えどおりにならないと愚痴や文句を言う、クズが多いなw

    投資とはなんだ?
    何で、年単位で物事を考えられないのかねぇw

  • 迷うヤツは投資に向かない!

    会社の成長見守らずに、経営陣やIRにすぐに難癖つけるヤツ、会社の迷惑顧みずに電話するヤツ。
    組織の足を引っ張ることしかできない小物たち。

  • サイバーの営業力が弱いと、なぜ言い切れるのかが不思議

  • >寝ている間に

    自分の脳を活用しないことは、意味がないのです。
    脳〜筋肉の全経路、そして、末端の皮膚・筋肉・骨etc〜脳という感覚系の帰還ループがあって、初めて運動機能は成り立ちます。
    どこを省いても意味がありません。

  • この度のFDA承認の素晴らしい点は、「脊髄損傷患者」を対象としていること!

    ちょうどNATUREから脊損についての記事が案内されてきたばかりだが、NATUREにも近いうちに脊損の有望な治療法としてHALが紹介されることだろう。
    ttps://www.nature.com/collections/ctdkppqqnx?WT.mc_id=EMI_NA_1712_Outline171214_AdHoc_AS

  • kab*****の後ろに「さん」と入れるのを忘れていました。kab*****さん、すみませんでした。

  • kab*****の653の質問に答える人がいないということが、HALの技術を理解できている人が少ないということだろう。
    (わかっていても、面倒くさいということもあるでしょうけど。実際私も面倒くさかったw)

    まあ、kab*****の653の質問(発言)に、「そう思う」とした奴らは、何にもわかっていないってことを自覚するべきだ。少なくとも、そんな奴がどんなにCD社およびHAL、山海社長の「悪口」を書いても、無知な人間の検討外れな恥っさらしということだw

本文はここまでです このページの先頭へ