ここから本文です

投稿コメント一覧 (398コメント)


  • ありふれた日常

    綺麗に構えた数数の無数の星

    退屈そうな散歩犬

    忙しい信号機

    イライラしてる
    独りの老人

    存在があやふやな日陰

    服の色だけ主張してる若者

    中身を見ないですごしている
    野良猫

    偶々偶然この世に生まれた私の

    独り言の呟き。。の、風向き

    みたらしだんご


  • 母の日

    魔法がつかえたならば

    家族四人

    昭和の時代

    の、

    中を

    温かい

    湯気の、立つ

    味噌汁をご飯を

    私の、大好きな

    エビフライを

    笑顔でみんな囲みたい。。

    赤いカーネーション

    お母さんに、上げて

    ささやかな

    母の日を、お母さんに

    送らせてあげたかったね。。

    魔法が溶けたら、

    現実をみるしかないけど。。

    お母さんが

    居る事が

    大切。。

    生きるのは、大変だけど

    ガンバッてね。

    クラブも頑張りましょう。。

    この世に、たった一人の

    私の、お母さんに、幸あれ!

    みたらしだんご


  • 人には、その人の流れがあり

    はやさは

    人其々

    いろんな、はやさがあるんだ

    だから、

    その人の流れに

    添える人は

    貴重なのかも。。

    だから、自分の流れを大切に。。

    たまに、からかう人がいるが。。

    流れが合えば

    気にしないで

    歩ける。。

    ニッコリ、笑って

    歩ける。。

    真っ新な、青い空と、気持ち良い南風と

    手を繋ぎ

    歩いて、歩いて、

    あの、綺麗な、太陽に輝いてる
    菜の花畑まで。

    私の、流れで。。

    歩ける。

    其れが、。

    一番の幸せな、はやさなんだ。。

    みたらしだんご


  • 神様の手紙

    神様



    毎日、毎日、誰にも。。

    ココロへと、手紙



    送られてきます。。

    その日に、必要な質問が一つだけ。

    書かれています。

    その、質問の答えを

    24時間以内に、

    答えを見つけなくては、いけません。

    間違えてもいいんです、、。

    答えは、自分という、ココロの中に。

    その、ココロを

    神様に、送ります。

    神様に、届いたら、

    自分という、一日が終わります。。

    其れで

    また、新しい明日が、用意されてます。。

    また、真新しい

    質問が一つ用意もされてます。

    明日は、母の日

    どんな?質問が一つ送られてくるでしょうか。


    みたらしだんご

    今年は、神様から、重い質問が多いですね。。


  • 低飛行、高飛行,つばめ舞う

    赤ん坊、表情見たいな、皐月空

    タンポポの、花びら愛でて、元気増す

    みたらしだんご

    少しだけ、汗ばむ、季節になりました。


  • ファイト

    中島みゆきの歌詞に

    私の敵は私です。

    正論だろう。

    そう

    敵は私。

    誰でもない

    私の右手と私の左手が

    仲良しに成らないとね。。

    朝、バスの中で聴いて。

    ふと

    ドン引きする程

    感銘した

    歌詞見つけました。。

    みたらしだんご

    春風と、ファイト!です‼ね。

    詩じぁないですね。歌詞コメント内容でした。すいません。


  • 随分と、生きてきたのに、未だひよこ

    当たり前、無くなり出した,私模様

    桜色、吹かれてわかる、美しさ

    みたらしだんご

    春は、バタバタしますね
    私もですが、笑
    天気も、温度も、身の回りも。。
    身体と、ココロのバランス大切に。


  • 何を

    前に

    置いて

    進めば

    良いか

    わからなくなる時

    ただ

    目を閉じて

    無に

    なんにも考えないで

    ゆっくりする時間

    いつも

    設けてみる

    まだ、未熟な自分と

    静かな会話をして

    歩きだせる

    原動力見つけるしかない

    それしかないね

    きれい毎は

    何にもないけど。。

    春雨と春雷の真夜中での思い。

    みたらしだんご


  • 思いでは,放した時に,よみがえる

    あなたへと、思う節に、春雷を

    ゆっくりと、鼓動と共に,春の足音

    みたらしだんご


  • 春風が
    ため息吐いて
    桜の
    蕾が
    膨らんで
    やがて
    無に咲く

    並んで
    バラバラに
    離れて

    それぞれの中で

    新しい

    未来が始まる。。

    自分らしく考えて

    咲くから。



    光を求めて

    ゆっくり、ゆっくり

    焦らず

    自分らしく

    歩いていくから



    真新しい自分も、始まる。。

    みたらしだんご

    ようやく、桜咲き始めました。



  • 真っ赤な一個の

    トマト

    春らしい味

    とても、新鮮だ

    おじいさん、おばあさん



    故郷のトマト

    美味しい。

    負けるな

    負けるな

    トマト

    頑張れ

    頑張れ

    トマト

    故郷は、いつも、優しいから。。

    私も、応援するよ。

    これからも、ずっと、ずっとね。

    もう、すぐ

    満開の桜咲く季節。

    何事もなかったかの様に、

    可愛い桜咲くから。。

    生きている

    桜も、私も、みんなも。。

    真っ赤な一個のトマトも。

    生きている


    みたらしだんご

    今、食べられる喜びかみしめたい。。


  • タイムスリップ

    目の前にある昔いた

    場所から

    反対側のお茶飲む場所へ

    私の

    随分昔の姿が、その前にあり

    全然違う道を
    歩いていて

    私は、これが、本当の私に、為る迄に

    あの、場所では、歩いていけなかったんだろう。。



    思いを変えて行くしかないね。。

    ただ、今の

    私に、必要な

    時間は

    こんな、風に

    ゆっくりお茶を飲んで

    タイムスリップを

    懐かしむ事なんだろうか。。

    まだ、道は、未知の世界かな。。

    まだ、未完な時間

    積み上げよう

    まだ、癒し足りない

    事柄残しているから。。

    満面の笑顔も、残しているから。。

    あの、場所から

    私を

    育ててくれたと思いながら。

    春らしい陽だまり見つけながら。

    まだまだ、感性も、磨いていこう。。

    みたらしだんご

    元気じぁないです。。笑。
    花粉症、風邪、いろいろあります。
    不調は、私の、勲章みたい。。笑えます。


  • 物語は

    あの日から。。

    シナリオなどなんにもない

    ただ、突然に訪れた

    一人、一人の

    使命が、宙を舞い。。

    翻弄されたが、

    同じ思いに。。

    皆、あの日から。。

    同じ思いに。。

    一ミリとも、変わらない

    変われない

    変わってはいけない。

    あれから、どんなに

    歩いただろう。。

    ただ、只管、只管

    歩く時間を何回も

    立ち止まり

    祈る時間が、出来た。。

    そう、あの日から。。

    忘るな

    忘るな

    永遠に

    あの日を

    時間を

    みたらしだんご

    ようやく、春らしい光になりました。


  • 三月の風に

    吹かれたならば

    出会いと、別れの

    風景画

    桜咲く

    短い時間

    輝きを忘れず

    新しい

    自分の、出会いあり。。

    三月の風に

    吹かれたならば

    ハンカチ一枚忘れず、

    ポケットに。。

    ひとひら落ちる

    花びら包んで

    自分の未来と一緒に。。ね。


    みたらしだんご


  • 分からないままの事は

    分からないままで、

    いいのかもしれない

    分からないままで、

    時は、過ぎていき

    分かる、次柄に

    ばったり出会う

    それまで

    それぞれ

    分からないままで。。

    無理に、分かろうとしない

    それが

    一番なんだろう

    素直に

    笑う様な

    そんな、風に

    分からないまま

    私は

    素直に

    生きていきたいから。。

    みたらしだんご


    寒さも強弱、スイッチ、お空にあるんでしょうか。。笑。






    みたらしだんご

    ようやく、三月になりますね。
    季節の変わり目体調気をつけてください。自分もですけど。。

  • ココロの声

    時は光を浴びて

    時は波の狭間に

    友よ

    幸せでいるの?

    友よ

    笑顔でいるの?

    友よ

    淋しい時には

    一瞬で過ぎ去った

    青い時を

    見つけて、見つめて。。

    友よ

    ほんの僅かな時間で、なにもかも、分かるはずないけれど、、

    友よ

    あなたの優しさは

    私の

    ココロに

    深く深く沈んでいたよ

    友よ

    あなたを思ったら

    私のココロ。

    間違いなく、あなたを好きだったという

    事が。。

    今、

    浮かんで〜わかったよ

    友よ。

    ありがとう。

    優しさを教えてくれて

    友へ。。

    みたらしだんご

    居なくなり、分かる事ありますね。。


  • 真夜中の、雨音さへ聞こえぬ、世会へ友が

    思い出は、永遠の歌詞に、ココロ打つ

    板チョコの、思い出噛み締め、郷友を

    みたらしだんご


  • 残された思い出だけで生きている人もいる。残された時間を新しい思い出を作ろうとして、生きて行く人もいます。。

    それぞれ、です。

    思い出の形は違いますが

    みんな

    自分の、偽りない

    思い出が残っていきます。。

    最初と最後の思い出が

    自分ストーリーが

    繋がっていたら

    嬉しいなと

    思います。良い思い出を。。糧に。さぁ、、。

    みたらしだんご

  • 春夏秋冬

    春は、生まれる

    夏は、育つ

    秋は、学び

    冬は、反省と感謝

    旅みたいな、春夏秋冬

    楽しみもたくさん

    用意してくれてます。、

    みたらしだんご

    流石、日本ですね。


  • 真夏の、バレンタイン?、チョコ溶ける

    真冬の、白いラナンキュラス、雪の精

    初恋に、バレンタイン、レベルあり

    みたらしだんご

本文はここまでです このページの先頭へ