ここから本文です

投稿コメント一覧 (297コメント)

  • 弱小個人が楽観に浸っていると大体やられる。
    それが世の常。

    対して出来高もないチャート崩すのは簡単。
    株はいつ何が起きるか分からないよ。

  • >>No. 514

    立ち上がったばかりだし、評価はこれからでしょ。
    セレスがマイニングするマイナーpos(草)コインを個人にアピールして爆益稼いでほしいわ。

  • いつの間に仮想通貨情報サイトコインペディア立ち上げとるやん。

  • 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

    今日がスタートライン

  • 本日のIRで一番のサプライズはposだわ。
    都木さんの先見の明には恐れ入った。
    来年4月にはストックオプションも80%行使出来るし、会社と株主のwinwinでいこうや。

  • どちらも買わないに100万円。
    セレスは来週失望売りスタート、リミックスは時価総額500億で何もかも織り込まれており材料出尽くし。

  • いっそのこと、コインチェック全部売ってビットバンクを子会社化し、廣末さんをセレスの代表取締役、鷹木社長を会長にした方が株主のためになるよ。

  • マーキュリーの初期登録間に合わなかったか。
    マネパ、インフォテリア、リミックス等と同じスタートラインに立てなかったことは誠に遺憾。

    仮想通貨という新規セクターにおいては、何よりもスピード感が最優先される。最初に取り組んだ取引所がそのセクターのスタンダードになるので、ここから挽回するのは他の取引所の何倍も努力しなければならない。

    残念だけど後手を引いた以上、ここは負け組だよ。

  • こんな下降トレンドの糞チャートに参戦する大口はいませんよ。需給が好転しトレンド転換するまでは様子見が無難。アルゴにやられるだけです。ただ含み益は数十億あるようだし、中期経営計画が軌道に乗れば何れぶっ飛ぶでしょうね。新規事業具体的な中身も気になるところ。

  • 仮想通貨交換業の登録は相当な運転資金がなければ話にならない。そのための一部売却と予想。金融庁との事前協議の中でそういった要件の話があったのでは?
    登録業者のハードルはかなり高く、業者が相当絞り込まれるという予想があるので、1部上場で信用があり、尚且つ資金が潤沢でコンプライアンスを重要視するセレスにとっては下克上のチャンスだと思うがどうなるかな。今週にもアナウンスがあるでしょう。

  • 今株価上げることに対してセレスにメリットありますか?って話だと思いますよ。
    今暴騰させてしこり作った頃にストックオプションの目標達成してもセレスの役員に旨味ないよね?
    ちなみに株価2000円で増資IR出した後、身内の役員が保有株売って株価下げた後1540円でストックオプション獲得したの知ってます?
    株主より自分たちの利益を優先にしているなと感じます。
    新規のホルダー、1年間のIR調べてみよう。

  • ストックオプションを発行するのは自信の表れでしょう。
    都木社長は、相場が落ち着くタイミングを計っているのでしょうか。

    約10か月前に開発不足の決済や送金アプリを開発すると発表して以降、
    なんら音沙汰がない。

    増資で資金は潤沢。

    インバウンドをターゲットとしたマーケティング戦略では、どこでも
    導入しているクレジットカードではインセンティブにならない。

    となると、今後生き残るためにはビットコイン決済は必然でしょう。
    リアル店舗でビックカメラの次に何処が参入してくるかも楽しみだ。

    セレスが何を根拠に中期計画の売上を現状4倍の150億に設定したのか?

    隠し玉があるのでしょう。それを待たずに利確する訳にはいかない。

  • 沖縄で仮想通貨構想

  • ストックオプション予約は今日が期限。
    都木社長、
    そろそろ株価上げないと、なんのインセンティブにもならないよ。

  • 高橋秀明取締役には新株予約権を割り当てて欲しくないですね。

    セレスの保有率を下げ、結果的に需給を悪化させたインサイダーが行使価格1547円で買い戻すとなると、信義則違反だと思います。

  • 今回のIRは都木社長の意思表示が強く現れているものと考えています。

    何故、あの中期計画で機関に売り叩かれたのか?
    それはh29.12決算予想が平凡過ぎて機関に足元を見られたからです。本当に出来るのか?と。

    今回のIRで見逃せないのは、中期計画のEBITDA30億を2年前倒しのh31.12月期に本気でクリアしてやろうという気概です。

    今回の強気のIRを出す過程には、都木社長に何らかの根拠があるはずです。

    面白くなってきた。

  • サイバーSのストックオプション発行後の経過を調べましたが、インセンティブを役員で独り占めするなんて、とんでもない会社ですね。

    H28.12.21 ストックオプション発行IR(当社取締役及び従業員に対して6,100個の予約権を発行 行使価格375円)
    H29.01.06 ストックオプション発行確定(社取締役5名5,600個、当社監査役1名500個、合計6名6,100個)
    →従業員に割り当てることなく、役員クラスで予約権を総取り
    H29.01.13 2/四決算の上振れ着地と「ゲットアンプド モバイル」の公式サイトを公開し、ストップ高
    →以降、IRを連発し、株価が一気に3倍超えに
    H29.03.01 新株予約権の行使期間を迎え、3/1現在の株価1,200円以上で売却可能に。

    サイバーS取締役のシナリオ通りで現在に至る。。。

    セレスはどうなるか?

  • IRには、「本新株予約権1個あたりの発行価額は、700 円」と記載されているので、
    1株あたりだと7円になるのではないでしょうか。

    それは置いといて、Gunosy、サイバーS、サイゼリヤなど、1年以内にストックオプションを発行した会社の
    株価の傾向をチェックしましたが、どこも業績UPなどにより右肩上がりです。

    このタイミングのストックオプション発行IRは、株価に対する都木(たかぎ)社長の自信の表れだと思います。
    今が株価の底値だと考えているのでしょう。

  • ショーシャンクさん、みなさん、こんにちは。

    週末に本土を襲った最強寒波の影響は落ち着きましたでしょうか。
    沖縄は、昨日までは肌寒かったですが、今日はポカポカ陽気で半袖の人もチラホ
    ラ見かけます。

    さて、先週、人口400人の素朴な島、渡名喜島に行ってきました。
    渡名喜島は沖縄本島から船で2時間半もかかる日帰りができない島で、宿泊施設
    が4件しかないことから、1ヶ月前には予約しないと訪れることができない難易
    度の高い島です。

    このようなことから観光客(交流人口)が少なく、ありのままの自然が残ってお
    り、満潮時の海岸線では通年でウミガメを観察することができます。

    海の他にも渡名喜といえば夜の集落を暖かな光が照らす「フットライト」が有名
    です。
    ほろ酔いの中、夜の集落を散策しましたので余計に綺麗に思えました。
    フットライト画像を添付しますね。

    今週も、みなさんにたくさんの幸せが訪れますように。

  • セレスのほか長期間調整中だったリアル、さくら、ロックなどが動いている通り、フィンテックセクターに資金がきてるのは間違いないのですので、焦らずゆっくり行きましょうや。

    法施行まで息の長い相場になってほしいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ