ここから本文です

投稿コメント一覧 (878コメント)

  • 今年は皆で仕事の都合をつけて総会へ行きましょう!
    ちょっと株価が戻したくらいで腑抜けてはいけません!!
    会場から溢れるくらい人を集めて株主軽視の経営陣をとっちめてやらんと

    6月22日(金)10:00~
    東京都渋谷区神宮前1-13-14-3F
    原宿クエストホール

  • オンコセラピーホルダーになったことで、中村教授と同じ夢が見ることが出来ている。
    オンコに関わって金欲にまみれたトレーダーではなく、投資家に戻れた気がする。
    中村教授の研究にはお金を出す価値と将来性があると思う。
    トレードは信用で。投資は現物で。

    私は庶民なので、寄付という形での貢献はふるさと納税くらいしか出来ないが、
    せめて、がんが消える人類史を変える薬が完成するときにホルダーでいたい。
    会社と一緒に夢を見て、がんワクチンと分子標的薬が完成して、
    株価も上がって、将来自分ががんになった時にオンコの薬で助けて貰いたい。
    たとえ偽善でも、がん患者さんと自分の未来の為に投資してると言いたい。

    私の信じる道は、中村教授の夢の行方を見届ける事。
    オンコと中村教授の研究は人類史を変える可能性すらある。
    中村教授の夢に投資すると決めたからには結果を見届ける。
    金も大事だが、信念の方が大事。
    しかし、世の中には金の方が大事な人がほとんどだろう。

    『世の中の人は何とも云えばいへ 我が成すことは 我のみぞ知る』  坂本龍馬

  • 『私の人生の目標は、「今は治せないがんを治す薬を生み出す」ことにある。もちろん、会社も同じ目標であってほしいと願っている。患者さんの笑顔を取り戻す結果を残さなければ、私の人生は無に帰すといっても過言ではないし、会社はそれができなければ、その先はない。見たことのない、行ったことのない世界への冒険の旅である。
    その成果が日本の誇りにつながれば、なお幸いである。
    オンコセラピー社は、私の医師としての、がん患者の息子としてのがんに対する敗北をバネに、日本の誇りをかけて、そして、患者さんとその家族の希望と期待を担ってきた会社である。ゆめゆめ、それを忘れないで欲しい』

    出典
    オンコセラピー社に託した夢  中村祐輔のシカゴ便り

  • これ、増資で下がった訳じゃなく、前回の3相失敗で下げたやつでしょ

  • 現在、塩野義と第3相試験に入っているS-588410に関しては、5年生存率1割と言われる末期がん患者さんに対する投与で、
    すでに第2相試験で5年で6割の生存率という素晴らしい延命効果が証明されており、上市の可能性が極めて高いと思われる。

    しかし、過去に上市という実績を残していない以上、中村先生は大株主であることから、
    会社へ影響力を行使し、成功する確率を高める努力をする必要があり、
    先生の人脈を駆使し、S-588410以外の候補について大手製薬会社との提携を実現させ、事業継続の安定を図る事が必要だと思われる。

  • 塩野義製薬が、食道がん向けがんペプチドワクチンの為に、ペプチド量産工場を建設中である事実についてはいかがお考えになりますか?

    私は小さいながら経営者の立場にありまして、経営的な観点から言わせて頂きますと、
    工場を建設するというのは経営判断として大変なリスクを伴うもので、成功に対する確信がないととても行えません。
    塩野義製薬は何かしらの根拠を持って、工場建設の判断を行ったと考えます。

  • アメリカではシプリューセル‐Tが、癌ワクチンとして認可されてる。
    アメリカに出来て日本に出来ない訳がない。
    癌ワクチンは実用化可能なのである。
    オンコセラピーサイエンス社は日本初の癌ワクチン開発会社として、塩野義製薬と共に大きく飛躍するのだ。

  • 含み損1000万近いです。
    嫁にバレたら離婚されるかも(笑
    苦しさが大きいほど成功した時の喜びも大きいですからもう少しのガマン

  • 今年は皆で仕事の都合をつけて総会へ行きましょう!
    会場から溢れるくらい人を集めて経営陣をとっちめてやらんと

  • 自社開発は実質不可能に近い訳で、鵜の目鷹の目に任せたら良いのではないでしょうか
    過去の株主総会を見ていても思いましたが、ここの株主の皆さんはお行儀が良いというか、控え目というか、もっと熱く激しく燃えるパッションを会社へ叩きつけてやらないといけないと思います。

  • 日大じゃないけど、外圧がないと変われない組織ってのもありますよ

  • 電凸したい方、お手紙を書きたい方は下記へどうぞ

    オンコセラピー・サイエンス株式会社
    OncoTherapy Science, Inc.(略称OTS)

    所在地
    〒213-0012
    神奈川県川崎市高津区坂戸三丁目二番一号
    かながわサイエンスパーク R&D D棟11階(受付)

    TEL: 044-820-8251(代表)
    FAX: 044-820-8260

  • 少なくても今年中には何かしらの結果が見えるはずです。
    オンコからではなく、塩野義から発表になるのが残念ではありますが。
    ここで切ってしまってはお金だけでなく志まで失う事になりますよ。

    おっしゃる通り、株主軽視の姿勢は堪忍袋の尾が切れるレベルで、今年の総会では会社を厳しく追及したいと思います。

  • 即アカ作ってホルダーの振りした売り煽り御苦労様です。
    ここまで付き合ったら588410の結果を見るまでは撤退なんて考えられないけど。

  • 「雪に耐えて梅花麗し」

    一貫唯唯諾  一貫、唯唯(いい)の諾
    従来鉄石肝  従来、鉄石(てっせき)の肝
    貧居生傑士  貧居(ひんきょ)、傑士(けっし)を生み
    勲業顕多難  勲業(くんぎょう)多難に顕(あら)わる
    耐雪梅花麗  雪に耐えて梅花麗(うるわ)しく
    経霜紅葉丹  霜を経て楓葉(ふうよう)丹(あか)し
    如能識天意  如(も)し、能(よ)く、天意を識(し)らば、
    豈敢自謀安  豈(あに)敢(あえ)て、自から安きを謀(はか)らむや

    西郷隆盛

    (解釈)
    引き受けたと心にちかったことは、
    どこまでもただただひたむきにやり通さなければならない。
    鉄の如く石の如く守ってきた胆力は、
    いつまでもそれを変えてはならない。
    豪傑の士というものは貧しい生活をしてきた人の中から現れ、
    勲評価される事業というものは多くの困難を経て成し遂げられるのだ。
    梅の花は雪に耐えて麗しく咲き、
    楓の葉は霜を経て真赤に紅葉する。
    もしこれらの天意が理解できたのなら、
    安楽な生き方を選ぶことなどどうして出来ようか。

    ロングホールド中の株主の皆さん、塩野義の588410は成功します。
    オンコセラピーサイエンス社がペプチドワクチンでガン治療の新たな扉を開ける日は近いです。

  • オンコセラピー・サイエンス株式会社
    代表取締役社長  山本 和男様

    事業の継続性についての疑義について

    5月23日付け日経新聞朝刊において、オンコセラピー・サイエンス社について継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に関する注記がされたと報道がありました。
    私は御社の株主でありますが、このままだと誰が見てもあと2年で廃業となることは目に見えております。
    頼みの綱である塩野義の588410も2年以内に収益の柱とする事は大変難しく、大きく期待され、鵜の目鷹の目で狙われているとまで前々社長が言い放ったOTS964は音信不通に。

    これまで散々株主に迷惑をかけてきて、再度増資するおつもりですか?我々株主はあなた方「研究者の給与を払う為の財布」ではありません。

    OTS167及びOTS964の製薬会社への導出を真剣に検討して下さい。

    これだけ株価が急激に低下している中、株価対策も打ち出さず買収防衛策の継続のIRとはあきれてものが言えません。
    このまま無策で株主総会を迎えるおつもりでしょうか。
    我々株主は再度の増資は認めません。導出を軸とした収益構造の大変革を軸に、来年度黒字化の経営計画の公表を求めるものであります。

    中村先生が目指したのは全てのがん患者さんに笑顔が訪れる未来であり、OTS社が独占企業として大儲けする未来ではないはずです。
    我々株主はこれまで御社従業員及び研究者の方々の給与と研究に掛かる費用を支払う原資を負担してまいりました。
    このまま廃業ではあまりに報われません。せめて、中村先生の目指した未来が訪れるまで、同じ夢を共有していたいと思います。
    その為には自社創薬ではなく、大資本の力を借り足元を固めることが直近の大きな課題ではないかと考えます。

  • 964と167を導出しろー
    もはや自社開発は不可能
    増資なんて許されると思うなよ経営陣

  • ここで会社や教授を批判してる人は、空売りしてるか、大損して逆恨みしてるかどちらかでしょう。
    塩野義の動きを見る限り、s-588410も成功の可能性が高そうだし、OTS-167の導出も楽しみです。10年チャート見たって底値圏だし、冷静なら買い以外無いと思うんだがね。

  • 落ちるナイフを掴んでもう3年。
    いまさら一喜一憂などせんわ。3年前に信じた抗がん剤の副作用に苦しまない癌治療の未来がもうすぐ来る。
    s-588410の成功かOTS-167の導出どちらが先に出るのか。

    どちらが来ても時価総額から考えて1200円まではあるだろう。

  • がん治療、遺伝情報でオーダーメイド 保険適用めざす
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000004-asahi-soci

    中村先生の目指す医療は間違いなく進展しています。
    オンコセラピーも近く大きな結果を出してくれるでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ