ここから本文です

投稿コメント一覧 (218コメント)

  • 人道って何?




    「在日コリアンの生活保護支給額推計270万円(1世帯あたり)。これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる」



    在日コリアンの生活保護受給率は14%。10人に1人以上が生活保護を受給し、外国人生活保護支給総額から推計すると世帯あたり最低270万円が支給されている。これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる。在日コリアンへの逆差別じゃないですか?


    在日コリアンに対する生活保護支給額は1世帯最低270万円(推計)。年収にすると380万円程度。日本人の世帯年収350万円以下約39%、400万円以下、45%。日本人の半数弱の世帯が生活保護受給者である在日コリアンより下の手取りで生活している。お花畑左翼のいう人道って何?

  • 同様の行為を国家に求める自分の浅薄さと身勝手さを恥じた方がいい!!




     日本国憲法の前文や第9条を読むと、米国人法律家の1人として心の底からの恥ずかしさと、日本に対する申し訳なさを感じる。なぜなら、GHQの露骨で幼稚な嫌がらせが目に余るからだ。

     第9条の本質は、戦争で米国に苦戦を強いた日本へのペナルティーである。第9条を素直に読むと、真冬の夜中に「裸で外に立ってなさい」と命令されたに等しい。

     日本人らしい性善説に基づき、「米国が戦後の日本を平和国家にする目的で第9条を提案した」と解釈する人がいるが、大間違いである。私は確信を持って断言する。それは100%ない。

     米政府は昔も今も、時として本当に大切な判断を間違えて、全くバカげた行動を取ることはあっても、日本のように「お人好し」な行動は取らない。

     ついでに言うが、「平和主義を掲げた日本国憲法を守っていれば他国は日本に戦争を仕掛けてこない」という論理は、62年前に破綻している。日本国憲法公布の6年後、日本は韓国に島根県・竹島を強奪されているではないか。

     この無邪気で無責任な主張をする人々に、ぜひ一度、試してほしいことがある。


     もし1カ月間無事であれば、日本の驚異的な治安の良さに感謝すべきだ。もはやノーベル平和賞モノである。だが、それを行う勇気がないのであれば、同様の行為を国家に求める自分の浅薄さと身勝手さを恥じた方がいい。

     日本の治安が世界一なのは、日本人の国民性と警察のおかげである。地域の安全を守るのが警察であるように、国家の安全を守るのが軍隊だ。

     日本が戦後70年間も無事でいられた理由は憲法第9条ではなく、在日米軍、自衛隊、日米安保条約のおかげである。

     第9条にある「正義と秩序を基調とする国際平和」は、昔も今も実現したことがない。むしろ、日本の安全保障は戦後最大の危機にある。この状況下でも、バカげた主張を続ける政治家の「存在意義」が全く分からない。

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。

  • 【平壌1月13日発朝鮮中央通信】
    平壌で行われた学生少年の2014年迎春公演の
    舞台には、在日朝鮮学生少年芸術団の生徒らが
    出演する音楽と舞踊「元帥に従って最後まで」
    も上がった。

    多くの学生少年が一糸乱れず披露する美しい踊りの
    律動と歌を通じて、異国の空の下でも愛国の代、
    民族の代を揺るぎなく継いでいき、 いささかの
    心配もなくたくましく育つ彼らの明るい未来を
    うかがえる。
    公演の初めに響くナレーションが、
    観客の心の琴線に触れた。

     冷たい異国の地で/
     寝ても覚めても夢にも偲んでいた/
     祖国はわれわれにとって何だったのか/
     学びの窓際に響いていた/
     朝鮮学校のべルの音だったのか/
     親しいわが言葉と文字/
     わが踊り、わが歌だったのか/
     正月の雪も祝福の花吹雪になって降る/
     わが祖国の懐に抱かれて/
     われわれはささやいてみる/
     あ、祖国 祖国とは何か!

    民族文化の花園で朝鮮民族になった誇りと自負心に
    溢れて、堂々と胸を張って朝鮮語と文字、歴史と文化
    を学んでいく総聯(朝鮮総聯)の新世代にとって
    祖国はすなわち、金正恩元帥である。

    それゆえ、
    一生涯異国の子どもたちを温かく抱いてくれた
    金日成大元帥と金正日大元帥の愛まで合わせて
    総聯の将来を祝福してくれる金正恩元帥に
    最後まで従っていく固い誓いが
    彼らの歌と踊りにありのままこもっているのである。

    同胞生徒らは、公演の舞台で代を継いで太陽運に
    恵まれる社会主義祖国が世界で一番だと
    心の中の真情を吐露した。

    観客は、異国の地でも朝鮮の国花オオヤマレンゲ
    のようにきれいに美しく、強靭に咲く
    総聯のつぼみに惜しみない拍手喝采を送った。

    おい、何か文句あっか?? えっ!!

  • 2015/07/15 13:12

    人道って何?




    「在日コリアンの生活保護支給額推計270万円(1世帯あたり)。これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる」



    在日コリアンの生活保護受給率は14%。10人に1人以上が生活保護を受給し、外国人生活保護支給総額から推計すると世帯あたり最低270万円が支給されている。これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる。在日コリアンへの逆差別じゃないですか?


    在日コリアンに対する生活保護支給額は1世帯最低270万円(推計)。年収にすると380万円程度。日本人の世帯年収350万円以下約39%、400万円以下、45%。日本人の半数弱の世帯が生活保護受給者である在日コリアンより下の手取りで生活している。お花畑左翼のいう人道って何?

  • 日本軍に協力して儲けた金で
     紡績王にまで登りつめた徐甲號こと
     通名・坂本栄一の存在を、
     サヨク達はどう説明するのだろう?
    (以下略)

    --------------------------------------------------------------------------------

    さて、この【西日本最大の紡績王】
    徐甲虎の経営する坂本紡績では、
    再三の労働基準法破りの
    過酷な労働を従業員に強いていたそうでして・・・

    ★『阪本紡績事件』
     

    ★大阪労働基準局に出向
     ― 紡績女子労働者の深夜業と直面―
     ― 坂本紡績労組結成の経過 ―
     月刊「権利闘争」 2007年 7・8月合併号より
     


    因みに、
    当時人気歌手だった「小畑実」は、
    徐甲虎の娘婿なのだそうだ。

    こいつがいわくつきの徐甲虎 ↓

  • ハーグ密使事件以降の大日本帝国国内では、「朝鮮を自国領土に組み込み朝鮮人を皇民とせしは皇国民の質の劣化である」という見地により、反対の意見も相当根強かったのです。しかも、併合時に必要となる莫大な資金の負担についても政財界より併合反対の強い意見があったのです。なにせ、当時朝鮮は、膨大な対外債務をかかえており、それを日本の血税で肩代わりをするというのは、政財界・一般国民の激越な反発を招いていたのであります。

    反対に、軍部出身者を中心に、日韓併合賛成派もあり、「我が国上下輿論沸然として鼎(かなえ)の湧くが如く、或いは新聞に、演説に併呑を論じ、合邦を説くこと盛んなり」という記事にされるなど、国論は併合賛成・反対に二分されていたのが、真実、当時の日本の状況でした。

    ところが、大変な事態が起きたのであります。韓日合邦反対の急先鋒であった、また朝鮮統監でもあった伊藤博文が、ハルピンで安重根に暗殺されたのであります。情勢は、一気に併合へと傾いたのであります。

    伊藤博文の暗殺を受け、韓国側からの提案である一進会の上奏声明等を経て韓国併合の話が持ち上がりました。この時会員100万人といわれる韓国最大政党である「一進会」は強力な併合推進派でありました。

    下は伊藤博文を迎えるために一進会がソウルの中心部、南大門に
    立てた豪壮な奉迎門 ↓

  • 日本人は施し受けるのは恥として割腹したり戦争で夫を亡くした母子には
    適用されずに極貧生活を堪え忍んでいた

    不逞鮮人は敗戦で困窮している日本に続々と密航してきた
    不逞鮮人共は暴動や脅迫で生活保護を要求し
    日本人が身を粉にして働いた血税で生活保護を与えていた

    ピーク時で鮮人の受給率24% 同時期の日本人は2.2%
    こういった歴史の事実をすべての日本人に特に若年層に知ってもらいたい


    国会会議録検索システム
    http://kokkai.ndl.go.jp/
    帝国議会会議録検索システム-戦後会議録(昭和22年3月まで)
    http://teikokugikai-i.ndl.go.jp/


    検索日付 昭和22-50年
    検索ワード「生活保護 朝鮮 強要 脅迫 共産 韓国」等
    これらをいろいろ組み合わせて検索してみてください

    24 - 衆 - 社会労働委員会 - 12号
    昭和31年03月05日

    ○安田(巖)政府委員
    それから朝鮮人の方の保護の問題でございますが、
    これは現在朝鮮人で保護を受けておりますのが十三万七千二百一人でございます。

    現在朝鮮人の登録人員が五十七万千百六十八人でございますので、
    二四%に当っております。

    御参考までに日本人の保護率はどうかと申しますと、
    大体千人で二十二人でございますから、ちょうど十倍の率になっております。

    この一カ月間における保護費が大体二億一千万円でございますから、
    保護費の月額のうちで五、六% を占めておるということになるわけであります。

    これは外国ではどうかというお話でございますが、
    日本におきましても出入国管理令によりますと、生活の困窮者であるとか、
    あるいは犯罪を犯したというような者は送還できることになっておるのでありますから、
    大体外国ではそういう場合には送還するということになっております。

    【関連】
    【国会動画】在日韓国朝鮮人の生保率は、日本人に比べ「桁が違う」。生活保護率:日本人17人/1000人 …在日韓国・朝鮮人142世帯/1000世帯

  • そして、自国のハルビン駅に韓国で抗日活動の英雄とされる安重

    根(アン・ジュングン)の記念館を作ったように、中国は韓国を

    引き入れて日米韓の同盟に「楔を打ち込もうとしている」と指摘。



    「(韓国は)日本をバッシングすることで一時的に歴史的な痛み

    を癒やすことができるかもしれない。しかし、それは自国を北京

    の搾取に晒すことにつながる」と警告している。

    ◆印研究者「朴政権は袋小路に向かっている」

     デリー大学の東アジア研究家、サンディップ・ミシュラ助教授も、

    オピニオンサイト『ユーラシア・レビュー』で、朴槿恵(パク・クネ)

    政権の外交政策に疑問を投げかけている。

    同助教授は、朴政権は一見巧みに軍事的パートーナーのアメリカと経

    済的パートーナーの中国とのバランスを取った「二面外交」を展開し

    ているように見えるが、「結果的には前政権と同じ道を同じゴールに

    向かって歩んでいる」としている。そのゴールとは、北朝鮮問題を始

    めとする韓国の外交課題が何一つ進展しない「袋小路」だという。



    また、朴大統領が再三にわたる安倍首相からの2者会談の要請を断っ

    ていることについて、「そのジェスチャーは韓国内の大衆の支持を得

    るのには有効かも知れない。



    しかし、外交面では戦略的な態度だとは言えない」と批判。『ビジネ

    ス・スペクテイター』のリー記者も同様に、「大衆迎合主義は韓国の

    戦略的利益に資することはない」と述べている。

  • 特にジュネーブは国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が本部を置くことから同地に事務所を持つ人権関係の非政府組織(NGO)も多く、委員との情報交換やロビー活動が日常的に行われている。


     対日審査に先だって14、15の両日、地元記者が「NGOによる委員洗脳の場」と揶揄(やゆ)する「NGOブリーフィング」が実施された。 15日には日本の16団体の代表が慰安婦問題をはじめ特定秘密保護法、死刑制度、朝鮮学校の高校無償化除外などに関し、イデオロギー色の濃い説明を委員たちに英語で伝えた。


     ブリーフィングの主催者は、今回の審査のために結成された日本弁護士連合会などの団体からなる「ジャパン・NGO・ネットワーク」。会場に入るには事前登録が必要だ。 会場には慰安婦問題解決や死刑制度廃止、ヘイトスピーチ(憎悪表現)禁止の法整備などを求め日本から来たNGO関係者ら約70人が陣取っていた。ほとんどが左派・リベラル勢力だ。


     つい先日、東京にある「朝鮮大学校」の学生と称する「日本に寄生する朝鮮人」たちが、スイスでの反日宣伝の成果を自慢している記事を読みました。「ああ、やっぱり在日朝鮮人は反日工作員だな」と改めて実感した次第です。

    在日は悪質ですね。「反日のためにスイスに行くお金があるのなら、北朝鮮の飢えた子供たちを救えばよいのに」という考えは連中には一切ないようです。こういう連中を日本でのさばらしておいてもよいのでしょうか? (詳細はこちら。参加者氏名と顔写真あり。各自保存してください) http://chodaesinbo.com/archives/19057 ) 

    ちなみに、スイスで朝鮮大学生から陳情を受けた人たちは、実は、朝鮮大学生が「北朝鮮アウシュビッツ強制収容所国家の看守」ということをご存知だったのでしょうか? 次回はぜひあらかじめお知らせしておくべきですね!


    国連・自由権規約委員会日本政府報告書審査(15〜16日、スイス・ジュネーブ)に参加する在日朝鮮青年学生代表団が13日夜、ジュネーブに到着した ↓

  • 人権派の弁護士は、
    音頭を取る大家の弁護士も、
    弁護団に参加する個々の弁護士も、
    基本的に個人の代理人だから
    得られる報酬には限りがある。

    大きい事件が
    日常的に発生するわけではないので、
    日常的には交通事故処理や
    個人の離婚問題、窃盗や傷害などの
    個人の刑事事件などの仕事も積極的に
    引き受けるが、いずれも相手が個人なので
    得られる報酬はわずかだ。

    したがって、
    人権派としての活動だけをやっていたら
    事務所経営は成り立たない。
    そこで、事務所の経営に必要な最低限度の
    稼ぎを中小企業法務で稼ぐということになり、
    基本的に人権派弁護士の事務所はかなり質素だ。


    基本的に、『人権派弁護士』は儲からない・・・
    大きい裁判で一発当てない限り名も売れない。
    だから、高木健一弁護士のように
    わざわざインドネシアにまで行って
    「日本政府から賠償金が貰えますよぉ~」
    と叫んで廻って、自ら事件を大きくするのだ!

    こいつがその高木健一弁護士 ↓

  • 人権派の弁護士は、
    音頭を取る大家の弁護士も、
    弁護団に参加する個々の弁護士も、
    基本的に個人の代理人だから
    得られる報酬には限りがある。

    大きい事件が
    日常的に発生するわけではないので、
    日常的には交通事故処理や
    個人の離婚問題、窃盗や傷害などの
    個人の刑事事件などの仕事も積極的に
    引き受けるが、いずれも相手が個人なので
    得られる報酬はわずかだ。

    したがって、
    人権派としての活動だけをやっていたら
    事務所経営は成り立たない。
    そこで、事務所の経営に必要な最低限度の
    稼ぎを中小企業法務で稼ぐということになり、
    基本的に人権派弁護士の事務所はかなり質素だ。


    基本的に、『人権派弁護士』は儲からない・・・
    大きい裁判で一発当てない限り名も売れない。
    だから、高木健一弁護士のように
    わざわざインドネシアにまで行って
    「日本政府から賠償金が貰えますよぉ~」
    と叫んで廻って、自ら事件を大きくするのだ!

    こいつがその高木健一弁護士 ↓

  • 人権派の弁護士は、
    音頭を取る大家の弁護士も、
    弁護団に参加する個々の弁護士も、
    基本的に個人の代理人だから
    得られる報酬には限りがある。

    大きい事件が
    日常的に発生するわけではないので、
    日常的には交通事故処理や
    個人の離婚問題、窃盗や傷害などの
    個人の刑事事件などの仕事も積極的に
    引き受けるが、いずれも相手が個人なので
    得られる報酬はわずかだ。

    したがって、
    人権派としての活動だけをやっていたら
    事務所経営は成り立たない。
    そこで、事務所の経営に必要な最低限度の
    稼ぎを中小企業法務で稼ぐということになり、
    基本的に人権派弁護士の事務所はかなり質素だ。


    基本的に、『人権派弁護士』は儲からない・・・
    大きい裁判で一発当てない限り名も売れない。
    だから、高木健一弁護士のように
    わざわざインドネシアにまで行って
    「日本政府から賠償金が貰えますよぉ~」
    と叫んで廻って、自ら事件を大きくするのだ!

    こいつがその高木健一弁護士 ↓

  • 特にジュネーブは国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が本部を置くことから同地に事務所を持つ人権関係の非政府組織(NGO)も多く、委員との情報交換やロビー活動が日常的に行われている。


     対日審査に先だって14、15の両日、地元記者が「NGOによる委員洗脳の場」と揶揄(やゆ)する「NGOブリーフィング」が実施された。 15日には日本の16団体の代表が慰安婦問題をはじめ特定秘密保護法、死刑制度、朝鮮学校の高校無償化除外などに関し、イデオロギー色の濃い説明を委員たちに英語で伝えた。


     ブリーフィングの主催者は、今回の審査のために結成された日本弁護士連合会などの団体からなる「ジャパン・NGO・ネットワーク」。会場に入るには事前登録が必要だ。 会場には慰安婦問題解決や死刑制度廃止、ヘイトスピーチ(憎悪表現)禁止の法整備などを求め日本から来たNGO関係者ら約70人が陣取っていた。ほとんどが左派・リベラル勢力だ。


     つい先日、東京にある「朝鮮大学校」の学生と称する「日本に寄生する朝鮮人」たちが、スイスでの反日宣伝の成果を自慢している記事を読みました。「ああ、やっぱり在日朝鮮人は反日工作員だな」と改めて実感した次第です。

    在日は悪質ですね。「反日のためにスイスに行くお金があるのなら、北朝鮮の飢えた子供たちを救えばよいのに」という考えは連中には一切ないようです。こういう連中を日本でのさばらしておいてもよいのでしょうか? (詳細はこちら。参加者氏名と顔写真あり。各自保存してください) http://chodaesinbo.com/archives/19057 ) 

    ちなみに、スイスで朝鮮大学生から陳情を受けた人たちは、実は、朝鮮大学生が「北朝鮮アウシュビッツ強制収容所国家の看守」ということをご存知だったのでしょうか? 次回はぜひあらかじめお知らせしておくべきですね!


    国連・自由権規約委員会日本政府報告書審査(15〜16日、スイス・ジュネーブ)に参加する在日朝鮮青年学生代表団が13日夜、ジュネーブに到着した ↓

  • そして、自国のハルビン駅に韓国で抗日活動の英雄とされる安重

    根(アン・ジュングン)の記念館を作ったように、中国は韓国を

    引き入れて日米韓の同盟に「楔を打ち込もうとしている」と指摘。



    「(韓国は)日本をバッシングすることで一時的に歴史的な痛み

    を癒やすことができるかもしれない。しかし、それは自国を北京

    の搾取に晒すことにつながる」と警告している。

    ◆印研究者「朴政権は袋小路に向かっている」

     デリー大学の東アジア研究家、サンディップ・ミシュラ助教授も、

    オピニオンサイト『ユーラシア・レビュー』で、朴槿恵(パク・クネ)

    政権の外交政策に疑問を投げかけている。

    同助教授は、朴政権は一見巧みに軍事的パートーナーのアメリカと経

    済的パートーナーの中国とのバランスを取った「二面外交」を展開し

    ているように見えるが、「結果的には前政権と同じ道を同じゴールに

    向かって歩んでいる」としている。そのゴールとは、北朝鮮問題を始

    めとする韓国の外交課題が何一つ進展しない「袋小路」だという。



    また、朴大統領が再三にわたる安倍首相からの2者会談の要請を断っ

    ていることについて、「そのジェスチャーは韓国内の大衆の支持を得

    るのには有効かも知れない。



    しかし、外交面では戦略的な態度だとは言えない」と批判。『ビジネ

    ス・スペクテイター』のリー記者も同様に、「大衆迎合主義は韓国の

    戦略的利益に資することはない」と述べている。

  • 韓国紙が酷評


    「惨事を3日で忘れる阿呆共和国」


    崩落事故の社会背景







    2014年11月8日





     韓国のソウル南方郊外の城南(ソンナム)市で10月17日、
    野外コンサート中に地下駐車場の換気口のふたが崩落し乗って
    いた観客ら16人が死亡した事故は、韓国社会に大きな衝撃を
    与えた。

     4月には南西部・珍島(チンド)沖で旅客船「セウォル号」
    が沈没し、修学旅行中の高校生を含む294人が死亡、10人
    が行方不明となる大惨事が起き、相次ぐ人災とも言える事故に、
    韓国社会はショックを隠せない様子だ。

    いずれも「人災」
    「韓国は大惨事共和国だ」
    「いや違う、大事故が発生しても3日で忘れる阿呆共和国だ」
    「韓国では国民の誰もが年に1度か2度は遺書を書いておか
    なければならない」

     朝鮮日報(10月20日、電子版)は、インターネットの掲
    示板やソーシャルネットワーク(SNS)に寄せられた自嘲や
    皮肉まじりの市民の反応を掲載。

    その上で、今回の事故やセウォル号の沈没事故以外に、5月に
    起きたバスターミナル火災(死者8人)や療養施設火災(死者
    21人)など韓国内で起きた大事故を挙げ、「これまで発生し
    た事故は、いずれも安全に対する意識の低さに起因する『人災』
    だったことが分かっている」と断じた。

     
     「後進国型の悲劇」

    中央日報(18日、電子版)の社説は、「韓国の公演・スポー
    ツ界は資金不足と劣悪な事情のため管理が徹底されていないこ
    とが多い。主催者側もより多くの観客誘致ばかりを考え、先進
    国のようにイベント会場の至る所をあらかじめ点検して事前に
    危険を防ごうという姿勢が足りない」と指摘した。

    ある日本人の指摘
    東日本大震災のとき、日本沈没などと大騒ぎして他国の不幸を
    大喜びしているような国民だからいつまでたってもダメなのさ!

  • 日本人は施し受けるのは恥として割腹したり戦争で夫を亡くした母子には
    適用されずに極貧生活を堪え忍んでいた

    不逞鮮人は敗戦で困窮している日本に続々と密航してきた
    不逞鮮人共は暴動や脅迫で生活保護を要求し
    日本人が身を粉にして働いた血税で生活保護を与えていた

    ピーク時で鮮人の受給率24% 同時期の日本人は2.2%
    こういった歴史の事実をすべての日本人に特に若年層に知ってもらいたい


    国会会議録検索システム
    http://kokkai.ndl.go.jp/
    帝国議会会議録検索システム-戦後会議録(昭和22年3月まで)
    http://teikokugikai-i.ndl.go.jp/


    検索日付 昭和22-50年
    検索ワード「生活保護 朝鮮 強要 脅迫 共産 韓国」等
    これらをいろいろ組み合わせて検索してみてください

    24 - 衆 - 社会労働委員会 - 12号
    昭和31年03月05日

    ○安田(巖)政府委員
    それから朝鮮人の方の保護の問題でございますが、
    これは現在朝鮮人で保護を受けておりますのが十三万七千二百一人でございます。

    現在朝鮮人の登録人員が五十七万千百六十八人でございますので、
    二四%に当っております。

    御参考までに日本人の保護率はどうかと申しますと、
    大体千人で二十二人でございますから、ちょうど十倍の率になっております。

    この一カ月間における保護費が大体二億一千万円でございますから、
    保護費の月額のうちで五、六% を占めておるということになるわけであります。

    これは外国ではどうかというお話でございますが、
    日本におきましても出入国管理令によりますと、生活の困窮者であるとか、
    あるいは犯罪を犯したというような者は送還できることになっておるのでありますから、
    大体外国ではそういう場合には送還するということになっております。

    【関連】
    【国会動画】在日韓国朝鮮人の生保率は、日本人に比べ「桁が違う」。生活保護率:日本人17人/1000人 …在日韓国・朝鮮人142世帯/1000世帯

  • ハーグ密使事件以降の大日本帝国国内では、「朝鮮を自国領土に組み込み朝鮮人を皇民とせしは皇国民の質の劣化である」という見地により、反対の意見も相当根強かったのです。しかも、併合時に必要となる莫大な資金の負担についても政財界より併合反対の強い意見があったのです。なにせ、当時朝鮮は、膨大な対外債務をかかえており、それを日本の血税で肩代わりをするというのは、政財界・一般国民の激越な反発を招いていたのであります。

    反対に、軍部出身者を中心に、日韓併合賛成派もあり、「我が国上下輿論沸然として鼎(かなえ)の湧くが如く、或いは新聞に、演説に併呑を論じ、合邦を説くこと盛んなり」という記事にされるなど、国論は併合賛成・反対に二分されていたのが、真実、当時の日本の状況でした。

    ところが、大変な事態が起きたのであります。韓日合邦反対の急先鋒であった、また朝鮮統監でもあった伊藤博文が、ハルピンで安重根に暗殺されたのであります。情勢は、一気に併合へと傾いたのであります。

    伊藤博文の暗殺を受け、韓国側からの提案である一進会の上奏声明等を経て韓国併合の話が持ち上がりました。この時会員100万人といわれる韓国最大政党である「一進会」は強力な併合推進派でありました。

    下は伊藤博文を迎えるために一進会がソウルの中心部、南大門に
    立てた豪壮な奉迎門 ↓

  • 日本軍に協力して儲けた金で
     紡績王にまで登りつめた徐甲號こと
     通名・坂本栄一の存在を、
     サヨク達はどう説明するのだろう?
    (以下略)

    --------------------------------------------------------------------------------

    さて、この【西日本最大の紡績王】
    徐甲虎の経営する坂本紡績では、
    再三の労働基準法破りの
    過酷な労働を従業員に強いていたそうでして・・・

    ★『阪本紡績事件』
     

    ★大阪労働基準局に出向
     ― 紡績女子労働者の深夜業と直面―
     ― 坂本紡績労組結成の経過 ―
     月刊「権利闘争」 2007年 7・8月合併号より
     


    因みに、
    当時人気歌手だった「小畑実」は、
    徐甲虎の娘婿なのだそうだ。

    こいつがいわくつきの徐甲虎 ↓

  • 人道って何?




    「在日コリアンの生活保護支給額推計270万円(1世帯あたり)。これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる」



    在日コリアンの生活保護受給率は14%。10人に1人以上が生活保護を受給し、外国人生活保護支給総額から推計すると世帯あたり最低270万円が支給されている。これは無税だから、税金が天引きされる日本人の平均年収換算だと380万円になる。在日コリアンへの逆差別じゃないですか?


    在日コリアンに対する生活保護支給額は1世帯最低270万円(推計)。年収にすると380万円程度。日本人の世帯年収350万円以下約39%、400万円以下、45%。日本人の半数弱の世帯が生活保護受給者である在日コリアンより下の手取りで生活している。お花畑左翼のいう人道って何?

  • 【平壌1月13日発朝鮮中央通信】
    平壌で行われた学生少年の2014年迎春公演の
    舞台には、在日朝鮮学生少年芸術団の生徒らが
    出演する音楽と舞踊「元帥に従って最後まで」
    も上がった。

    多くの学生少年が一糸乱れず披露する美しい踊りの
    律動と歌を通じて、異国の空の下でも愛国の代、
    民族の代を揺るぎなく継いでいき、 いささかの
    心配もなくたくましく育つ彼らの明るい未来を
    うかがえる。
    公演の初めに響くナレーションが、
    観客の心の琴線に触れた。

     冷たい異国の地で/
     寝ても覚めても夢にも偲んでいた/
     祖国はわれわれにとって何だったのか/
     学びの窓際に響いていた/
     朝鮮学校のべルの音だったのか/
     親しいわが言葉と文字/
     わが踊り、わが歌だったのか/
     正月の雪も祝福の花吹雪になって降る/
     わが祖国の懐に抱かれて/
     われわれはささやいてみる/
     あ、祖国 祖国とは何か!

    民族文化の花園で朝鮮民族になった誇りと自負心に
    溢れて、堂々と胸を張って朝鮮語と文字、歴史と文化
    を学んでいく総聯(朝鮮総聯)の新世代にとって
    祖国はすなわち、金正恩元帥である。

    それゆえ、
    一生涯異国の子どもたちを温かく抱いてくれた
    金日成大元帥と金正日大元帥の愛まで合わせて
    総聯の将来を祝福してくれる金正恩元帥に
    最後まで従っていく固い誓いが
    彼らの歌と踊りにありのままこもっているのである。

    同胞生徒らは、公演の舞台で代を継いで太陽運に
    恵まれる社会主義祖国が世界で一番だと
    心の中の真情を吐露した。

    観客は、異国の地でも朝鮮の国花オオヤマレンゲ
    のようにきれいに美しく、強靭に咲く
    総聯のつぼみに惜しみない拍手喝采を送った。

    おい、何か文句あっか?? えっ!!

本文はここまでです このページの先頭へ