ここから本文です

投稿コメント一覧 (55コメント)

  •  家族や親類を北朝鮮に残して日本に来たものにとって「祖国に送金しろ」という命令には逆らえない。身内を人質に取られているようなものだからだ。パチンコ業者の中には、かつて一人で数十億円も寄付した者までいた。昔は、1億円以上寄付したものには全員勲章が与えられ、名前が北朝鮮関係の雑誌に出た。祖国に貢献した人々として、パチンコ業者の名がズラーッと雑誌のページに並んでいたのである。

     北朝鮮系のパチンコ店に対しては、国税の取り立ても甘かった。かつて国税局が北朝鮮系のパチンコ店に査察で入ったとき、朝鮮総連がその国税局に、デモ隊を組織して批判のシュプレヒコールをあげたことがあった。この一件で、国税局はすっかり怖じ気付いてしまったからだ。そして、北朝鮮系の店舗の税金問題は、必ず朝鮮総連系の在日朝鮮人商工連合会に相談するという約束まで交わしてしまったのことである。

     北朝鮮の組織としては

    「北朝鮮系のパチンコ店は、我々のおかげでいくらでも金がごまかせるようになったじゃないか。そのごまかした金を我々に送ればいいだろう」

    という論法で、パチンコ業者に催促していると聞いた。
    このような背景もあり戦後ながらくパチンコ業界は脱税業種No1といわれており、その脱税された資金が北朝鮮に送られている、という構造がありました。この金額は年間数百億円と言われており、おそらくはその資金の一部が核兵器の開発に使われたと目されています。これは日本としては由々しき事態ですが、だからと言って在日朝鮮人のパチンコ店の経営者は人質を取られていた状態で他の選択肢もなかったので、彼らだけを責めても解決になりません。

    このように在日1世の時代はパチンコと北朝鮮の関係は朝鮮総連を介した間接的なものでしたが、これが在日2世の時代になると変わって来ます。本国への関わりをほとんど持たない北朝鮮系の在日2世の多くは1世とは異なり、民族としては朝鮮に、社会としては日本に帰属意識を持つようになりました。その結果、徐々に本国への寄付金は減少し始めます。こうなると朝鮮総連は1980年代後半から自らパチンコ店経営に乗り出します。

    これを仕切ったのが当時総連中央財政局第二副部長だった韓光煕(ハン・グァンヒ)でその辺の事情は著書で詳細に記しています。

    まずは人材育成から入ったようで、朝鮮大学校の優秀な学生をひっぱって来て在日朝鮮人のパチンコ店経営者などの専門家を招いたセミナーで座学を行い、現地研修で実務を覚えさせて優秀な店長を次々と育てていったそうです。

  •  現在、大塚家具の取締役は8名。社内取締役4人と社外取締役4人。社内取締役のうち、久美子社長など3人は外部からきた。生え抜きは1人のみだ。

    大塚家具はグローバル企業ではない。上場会社とはいえ、中小企業の町の家具屋さんだ。欧米の大企業のガバナンス体制だけを移植して、正常に機能すると考えたのだろうか。絵に描いた餅で終わるのは、素人でもわかる。久美子社長は組織図だけは、社外取締役中心の体制にしたが、まったく機能しなかった。かえって、凋落に拍車をかける結果を招いた。

     久美子社長は、経営理論を理路整然と説くコンサルタントだが、切った張ったの修羅場に立ち向かう経営者ではなかった。土俵際に追い詰められた久美子社長に残された選択肢は二つ。経営を父親に戻すか、大手家具に身売りするかだ。

  • うひゃひゃひゃひゃ

  • 別にこんな会社潰れたところで
    大した影響なんかないやん。
    お家騒動から見事な転落ぷり
    内心楽しんでるだけやん。

  • 秘密裏に進められている人民解放軍の近代化を阻止することを第一の目的としたトランプ政権のドル安政策。
    アベノミクスの本質は経済政策というより「ドル買い円安」によってNYダウを買い上げるための金融政策の色合いが濃い。
    だから、トランプ政権は、パラダイムの転換をいまだに理解できないアベノミクス真理教の教祖・安倍晋三の排除に動かざるを得なくなった。

  • おまえはもう用済みじゃ!

    YOU ARE FIRED

  • 踊る阿呆に見る阿呆

  • ええじゃないか
    ええじゃないか

  • ハハハハハ…
    ついに始まったな
    大崩落が…

  • もう一度
    原始時代に戻ろうか?

    人類はまた数千年かけて
    やり直しなさい
    (^○^)

  • 国際NGOのオックスファムは、2018年1月22日に発表した2018年版の格差に関する報告書で、17年に生み出された富の82%を、世界人口の1%にあたる富裕層が独占していることを明らかにした。その一方で、人口の半分を占める貧しい人々、37億人が手にした富の割合は1%未満だった。

    また、富裕層の数が増え続け、その資産も2010年以降は平均13%ずつ増えているのに対し、一般的な労働者の賃金は平均2%しか増加していないなど、格差の拡大も指摘した。

  • No.3382

    (^_^)

    2016/12/08 23:51

    グローバル資本主義によって、世界はフラット化し、資本・商品・情報・人間が国境を越えて高速移動するようになった。グローバル化に適応できない人たち、高速移動できるような社会的機動性を持っていない人たちは下層に脱落した。製造業の工場労働者が典型的ですけれど、特定の業種に特化した技術や知識で生計を立て、生まれ故郷の地域社会で暮してきた人は、グローバル化した世界では、それだけの理由で下層に振り分けられる。両親や祖父母の代までだったら「まっとうな生き方」をしてきたのに、まさに「まっとうな生き方』をしてきたという当の理由で下層に格付けされることになった。不条理な話です。ですから、彼らが「アンチ・グローバル化」に振れるのは当然なんです。

  • 雀は死ぬまで飛びはねるくせが抜けないように、人が幼い時に身につけた習慣は、年をとっても直らない。

    死ぬまで踊らされ続ける哀れな存在w

  • No.3663

    2016/09/23 23:20

    爺婆ばかりのこの国に
    今更なにを期待するわけ?
    奇妙なガラパゴス民族は
    他の国の貴重な「サンプル」
    になっとるんよ

  • No.1630

    (^-^)

    2016/09/13 12:51

    株式投資で学んだ事

    やっぱカップヌードルが最高に美味い

  • No.2699

    (^○^)

    2016/09/09 19:35

    もう一度
    原始時代に戻ろうか?

    人類はまた数千年かけて
    やり直しなさい。

  • No.1173

    @

    2016/08/31 12:14

     いまやGPIFや日銀は、安倍政権の内閣支持率を高めるためのオモチャにされている。株価が下がれば、これらの巨大機関が大きな買いをいれるのだ。しかし、国民の税金で株を永久に買い続けるわけにはいかない。そして何よりも株式市場というのは、民間の投資家たちが知恵を絞って売買することにより適正な値段がつくのだ。これからの国民のニーズを的確に把握し、新しいサービスを提供できる見込みの会社には高い株価がつき、資金を集めやすくなる。一方で、ダメな経営者の会社は株価が低迷し、最後には市場から締め出される。こうしたマーケットメカニズムにより、株式市場は経済成長のエンジンになっているのだ。GPIFと日銀がこうした成長エンジンをじわじわと破壊していくだろう。日本は資本主義をやめて、公務員が計画経済をする国になるのだろうか。共産革命である。

  • No.900

    教訓

    2016/08/21 12:59

    【地政学名言集】

    1. 隣接する国は互いに敵対する。

    2. 敵の敵は戦術的な味方である。

    3. 敵対していても平和な関係を作ることはできる。

    4. 国際関係は損得で考える。善悪は持ちこまない。

    5. 目的は自国の生存と発展だけ。手段は選ばない。油断しない。

    6. 徹底的に人が悪い考えに立つ。友好を真に受けない。道義は擬装である。

    7. 外国を利用することを常に考える。逆に自国が他国に利用されているのではないか疑う。

    8. その際に2国間だけでなく,多国間的に考える。

    9. 優れた陸軍大国が同時に海軍大国を兼ねることはできない。その逆も然り。

    10. 科学技術の発達を考慮する。



    「国家に真の友人はいない」
     -キッシンジャー

    「隣国を援助する国は滅びる」
     -マキャべリ

    「我が国以外は全て仮想敵国である」
     -チャーチル

本文はここまでです このページの先頭へ