ここから本文です

投稿コメント一覧 (277コメント)

  • 新しい仕事に就いて約3週間が経ちましたが、
    生活面での色々な変化でバタバタしていて
    なかなか自分の時間を作ることができないでいます(^^;
    一応CDは買ってるんですが、じっくり聞く暇がない。
    今回は比較的簡易な更新になりますm(__)m

    1/30の「今週のイチオシ曲」はAlicia Keysの
    約4年ぶり6thアルバム「Here」から
    「Blended Family (What You Do For Love)」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=HbGm5f5PR2o

    今作のアリシアはまず一切の装飾を剥ぎ取った
    モノクロ&ノーメイクのビジュアルが目を引きます。
    アルバム前半はHIPHOP色が強く、比較的ダークで
    シリアスな内容を扱っている印象です。
    後半はR&B色が強く、いつものアリシアって感じ。

    このへんもいい
    「Holy War」
    https://www.youtube.com/watch?v=3NwLTltmkoo
    「Work On It」
    https://www.youtube.com/watch?v=utxLQBuIefc

    http://www.sonymusic.co.jp/artist/ALICIAKEYS/

  • 今年一発目の更新です。といってもまだ去年分ですが。
    今月からまた新しい仕事に就くことになり、
    しばらくまた不定期更新が続くかもしれませんが
    適当にお付き合いいただければ幸いです(^^

    1/10の「今週のイチオシ曲」はLady Gagaの4thアルバム
    「Joanne」から「Perfect Illusion」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=Xn599R0ZBwg

    Lady Gagaについては有名過ぎるので説明は省きます。
    ちなみに「The Fame」の再発版である「The Monster」と
    Tony Bennettとのコラボアルバム「Cheek to Cheek」は
    カウントせず4thアルバムとしています。
    「Artpop」から数えて約3年ぶりのアルバムです。

    今作のアルバムタイトルはLady Gagaの本名
    Stefani Joanne Angelina Germanottaから取られていて、
    ポップスターとしてのペルソナではなく一人の女性として
    パーソナルな側面を曝け出したような作品です。

    '80年代ポップへのオマージュという基本スタイルは
    大きく変わりませんが、今作はいつもよりも生々しく
    シリアスなガガの歌声が非常に印象的です。
    ダンス色は抑え目で、全体的には暗い印象の作品ですが
    サウンドプロダクションに一切の隙がなく
    アルバム全体通して素晴らしい出来と思います(^^
    年間ベストアルバム候補にしてもいいなあー

    このへんもいい
    「Joanne」
    https://www.youtube.com/watch?v=SC8L0QDRqZ4
    「Million Reasons」
    https://www.youtube.com/watch?v=en2D_5TzXCA
    「Diamond Heart」
    https://www.youtube.com/watch?v=ZuXIExPNRbU
    「Angel Down」
    https://www.youtube.com/watch?v=PehnftZHU6E

    http://www.universal-music.co.jp/lady-gaga/

  • 12/19の「今週のイチオシ曲」はBruno Marsの3rdアルバム
    「24K Magic」から「Versace on The Floor」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=d2UZlwTDGbY

    USの男性シンガーBruno Marsの約4年ぶり3rdアルバムです。
    デビュー時から常にグラミー賞の常連で
    日本でもかなり有名なので説明の必要はないかな?

    オリジナルアルバムとしては4年ぶりですが、
    Mark Ronsonの「Uptown Funk」にボーカルとして参加し
    この楽曲で第58回グラミー賞の「最優秀レコード賞」を
    獲得したのは記憶に新しいところです。
    https://www.youtube.com/watch?v=OPf0YbXqDm0

    今作は前述の「Uptown Funk」の影響なのか
    アルバム前半はファンク色が強く、ブラックミュージック寄りの
    ファンキーでダーティな曲が目立っています。
    後半は'80年代っぽいソウル・バラードが多い感じ。

    全9曲・30分ちょいと言うコンパクトな作りですが
    各楽曲の完成度は非常に高く、時間をかけて作りこんでる
    濃密なアルバムといった印象です(^^
    ただしポップ色があまりないため一般受けは微妙かも?

    こちらは先行シングル曲
    「24K Magic」
    https://www.youtube.com/watch?v=UqyT8IEBkvY

    このへんもいい
    「That's What I Like」
    https://www.youtube.com/watch?v=mPIm_ZZ0yVw
    「Finesse」
    https://www.youtube.com/watch?v=MRSaiAREnwI

    http://wmg.jp/brunomars/

  • また消されてる(^^; 一部リンク削って再投稿

    約1ヶ月ぶりの更新です。仕事はいよいよ大詰めで忙しいけど、
    来年からの仕事もほぼ決まり一安心といった感じです(^^

    12/12の「今週のイチオシ曲」はDNCEの1stアルバム
    「DNCE」から「Cake By The Ocean」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=vWaRiD5ym74

    USの新人ポップバンドDNCEのデビューアルバムです。
    元Jonas BrothersのJoe Jonasを中心に結成された
    4人組バンドで、バンド名は「DANCE」の綴りを
    間違って書いたことに由来しているんだとか(笑)

    この「Cake By The Ocean」は去年発売されたシングル曲で、
    夏ごろに日本でもパーティーアンセムとしてヒットしたので
    聴いたことがある人もいるかもしれません。
    もうすっかり冬なのに今頃 って感じもしますけど(^^;

    音楽性はとにかくポップでキャッチーなファンクポップ。
    難しいことはなーんにも考えずに聴けますが、
    演奏技術もかなりしっかりしていて聴き応えも充分です(^^

    こちらは2nd・3rdシングル曲
    「Toothbrush」
    https://www.youtube.com/watch?v=UrUJyKsLQeU
    「Body Moves」
    https://www.youtube.com/watch?v=NOBVEq_Bi5k

  • 勤めている薬局が年内で閉局する事になり、
    現在非常にバタバタしてます(^^;
    不定期更新で申し訳ないm(__)m

    11/14の「今週のイチオシ曲」はGreen Dayの12thアルバム
    「Revolution Radio」から「Revolution Radio」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=LHPKOy3dtqQ

    USの3ピースパンクポップバンドGreen Dayの
    約4年ぶり12thアルバムです。
    2014年にロックの殿堂入りも果たした超有名バンドなので
    今さら説明の必要はないかと思われます。

    2012年にわずか4ヶ月の間に「ウノ!」「ドス!」「トレ!」の
    3部作アルバムを立て続けに発表してから4年、
    ガレージポップ的な作品だった3部作と比べると
    今作は音の厚みが増しつつもシンプルでノリのいい
    いかにもGreen Dayらしいアルバムに仕上がっています(^^

    まあ過去作と比べて特に変わった事をやってるわけでもなく
    いつものGreen Day通常運転って感じではありますが、
    この人たちは毎回ツボどころを的確に突いていて
    今作も安心して聴ける非常に安定度の高い作品です(^^

    こちらは1stシングル曲
    「Bang Bang」
    https://www.youtube.com/watch?v=wvu2-xQUNQI

    このへんもいい
    「Still Breathing」
    https://www.youtube.com/watch?v=SUzsih7QJSY
    「Outlaws」
    https://www.youtube.com/watch?v=iyy-xff1Ii4

    http://wmg.jp/artist/greenday/

  • 10/31の「今週のイチオシ曲」はBon Iverの3rdアルバム
    「22, A Million」から「29 #Strafford APTS」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=nEEk7yAj6sE

    USのフォークロックバンドBon Iver(ボン・イヴェール)の
    約5年ぶり3rdアルバムです。
    まるで個人名のようなバンド名ですが、
    Justin Vernonを中心に結成された10人編成のバンドです。
    2012年の第54回グラミー賞では最優秀新人賞と
    ベスト・オルタナティブ・アルバムを受賞しています。

    ジャンル的にはフォークと電子音楽を融合させた
    フォークトロニカになると思います。
    一聴すると生音のようですが随所に電子処理が施されていて、
    ノイジーで無機質な音とオーガニックで暖かみのある音が
    溶け合って独特の雰囲気を醸し出しています。

    前作「Bon Iver」はグラミー受賞作品ということで
    俺もチェックしたんですが、その時はあまり
    ピンと来ずに購入は見送りました(^^;
    今作は過去の作品に比べるとデジタル成分が
    多めという評判で、そのへんが俺の琴線に触れたのか
    今作は気に入って購入しました(^^

    ちなみに今作はアルバムタイトルと各曲名の頭に
    全て何かしらの数字が配されています。
    (あるいは数字のほうが正式な曲名なのか?)
    何か意味があるらしいということですが、
    詳しくはよくわかりません(^^;

    このへんもいい
    「8 (circle)」
    https://www.youtube.com/watch?v=pPsBFPX_yU4
    「33 "GOD"」
    https://www.youtube.com/watch?v=qVStQs6b01Q

    http://hostess.co.jp/boniver/

  • 10/24の「今週のイチオシ曲」はNorah Jonesの6thアルバム
    「Day Breaks」から「Carry On」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=DqA25Ug71Mc

    USの女性シンガーソングライターNorah Jonesの
    約4年ぶり6thアルバムです。
    ジャズシンガー・ピアニストでもある彼女は
    デビューから常にグラミー賞の常連であり
    非常に有名なので今更説明の必要はないかもしれません。

    ジャズをベースとしつつもカントリーやポップスなどの
    要素を取り入れ、非常に明快でわかりやすい
    普遍的ポップの境地に達している人だと思います。
    近年はちょっとカントリー寄りの作品が目立ちましたが
    今作はまたぐっとジャズのほうに戻ってきて、
    1stアルバムのスタイルに近いという評判です。

    前作から今作の間に二児の母になっていたということで
    今作のNorah Jonesが手がけた曲は全て
    自宅のキッチンで作曲したんだとか。
    そのせいか少し優しげで落ち着いた曲が多い印象です。

    Norah Jonesって毎回特に変わったことをやるわけでも
    ないけど不思議と飽きが来ないんですよねー
    今作も落ち着ける良いアルバムでした(^^

    このへんもいい
    「Tragedy」
    https://www.youtube.com/watch?v=17_YAKEqjkI
    「Don't Be Denied」
    https://www.youtube.com/watch?v=Pz-onWdbyHQ
    ※ニール・ヤングのカバー曲

    http://norahjones.jp/

  • 先週も忙しくて更新をお休みしてました(^^;
    なんか仕事関係とかで色々あって、しばらく
    不定期更新になるかもしれませんm(__)m

    10/12の「今週のイチオシ曲」はCar Seat Headrestのアルバム
    「Teens of Denial」から「Fill In The Blank」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=s_a1hPwXiWw

    US・シアトルのインディーロックバンド
    Car Seat Headrestのアルバムです。
    最初は中心人物のWill Toledoがたった一人で
    自宅の車の中でレコーディングしていたとのことで
    こんなバンド名になったようです。

    その初期の完全自主制作のアルバムだけでも
    既に10枚以上が発表されているらしく
    今作が何枚目になるのか正確にはわかりませんが、
    バンド形態でレコーディングされたアルバムは
    今回が初めてということです。

    ローファイで勢いがあり、どこかしら退廃的で
    USインディーロック好きは思わずニヤリとしてしまう
    非常にイイ感じのバンドです(^^
    曲によっては初期Beckを髣髴とさせるものもあり
    俺みたいな'90年代オルタナ好きの人は結構
    気に入るバンドなんじゃないかも思います(^^

    このへんもいい
    「Vincent」
    https://www.youtube.com/watch?v=bEsItsZphwQ
    「The Ballad Of The Costa Concordia」
    ※試聴は探せませんでした

    http://carseatheadrest.com/

  • 9/26の「今週のイチオシ曲」はFitz and The Tantrumsの
    3rdアルバム「Fitz and The Tantrums」から「Run It」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=n-n6dAsBgw4

    USのブルーアイドソウルバンドFitz and The Tantrumsの
    約3年ぶり3rdアルバムです。
    Michael Fitzpatrickを中心にLAで結成された6人組バンドで、
    黒人女性ボーカルNoelle ScaggsとFitzの
    ツインボーカルのような体裁のバンドです。

    上でブルーアイドソウルと書きましたが、正確には
    '80年代以前を意識したジャズ・ソウル寄りの
    インディーポップといった感じのスタイルです。

    今作はアルバム前半にちょっとデジタル色を加えた
    デジタルファンクのような曲が目立っています。
    新しい試みなんだろうけど、個人的にはちょっと微妙(^^;
    全体的にはなかなか悪くないアルバムだけど、
    1st・2ndと比べると少しパッとしない感じは否めません。

    ちなみにこのバンドのアルバムは今に至るまで
    日本版が発売されていません(^^;
    いいバンドだと思うんだけどなぁー

    こちらは1stシングル曲
    「HandClap」
    https://www.youtube.com/watch?v=Y2V6yjjPbX0

    このへんもいい
    「Roll Up」
    https://www.youtube.com/watch?v=czyZcagQo84

    http://www.fitzandthetantrums.com/

  • 先週はちょっと忙しくて更新を休みました(^^;

    9/19の今週のイチオシ曲はIzzy Bizuの1stアルバム
    「A Moment of Madness」から「White Tiger」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=e2IpYd6Pu3s

    UKの新人女性シンガーソングライター
    Izzy Bizuのデビューアルバムです。
    本名イゾベル・ビアードショウ、イギリスと
    エチオピアのハーフで現在22歳。
    BBC Sound of 2016の候補にも選出された
    注目のシンガーソングライターです。

    ソウル、ファンク、ジャズなどの要素が混じった
    オーガニックポップといった感じのスタイルで、
    ちょっとCorinne Bailey Raeを彷彿とさせます。
    Corinne Bailey Raeみたいなネオソウルと言うよりは
    Izzy Bizuはよりポップミュージックに接近した感じ。

    やや荒削りで、ちょっと同じような曲調の曲が
    多い感じは否めませんがデビューアルバムにしては
    なかなかの出来と思います(^^

    このへんもいい
    「Skinny」
    https://www.youtube.com/watch?v=UM1_8PJVBto

    http://www.sonymusic.co.jp/artist/izzybizu/

  • また消されてるな(^^; 公式へのリンク削って再投稿

    9/5の「今週のイチオシ曲」はFifth Harmonyの2ndアルバム
    「7/27」から「Work from Home」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=5GL9JoH4Sws

    USのガールズグループFifth Harmonyの
    約1年半ぶり2ndアルバムです。
    アメリカ版「Xファクター」の第2シーズンから
    デビューした5人組ガールズグループで、
    デビューアルバム「Reflection」からのシングル曲
    「Worth It」がスマッシュヒットしたのは
    記憶に新しいところです。
    https://www.youtube.com/watch?v=YBHQbu5rbdQ

    正直なところ、音楽的には特筆するところはない
    普通にコーラスワークの上手いアイドルグループとしか
    言いようはないところではありますが、
    スターゲイトを始めとしてプロデューサー陣が
    非常にいい仕事をしていて、なかなか聴かせる
    アルバムに仕上がっていると思います(^^

    「平均年齢19歳」とデビュー時には謳われた
    非常に若くフレッシュな彼女たちですが、
    外見がとてもそうは見えないと話題になってもいました(笑)
    まあ日本のアイドルグループは逆に
    子供みたいなのが多いしね・・・(^^;

    このへんもいい
    「The Life」
    https://www.youtube.com/watch?v=Cn8ICehdZRY
    「Squeeze」
    https://www.youtube.com/watch?v=OyeSu4Qgnw0

  • 8/29の「今週のイチオシ曲」はThe Avalanchesの2ndアルバム
    「Wildflower」から「Frankie Sinatra」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=SjfspM5sDIA

    オーストラリアのエレクトロユニットThe Avalanchesの
    約16年ぶり2ndアルバムです。
    バンドではなく、DJ集団といったユニットです。
    この人たちの音楽スタイルはちょっと特異で、
    様々な楽曲からのサンプリングを幾重にも重ねて
    一つの曲を作り上げるといったスタイルです。
    (※オリジナル曲も少しはあります)

    この「Frankie Sinatra」もサビのメロディは
    '40年代のカリプソ・アーティスト、Wilmoth Houdiniの
    「Bobby Sox Idol」のサンプリングで、
    ラッパーとして Danny BrownとMF Doomをフィーチャー、
    映画「The Sound of Music」の「My Favorite Things」なども
    サンプリングして使われているそうです。

    全体的にはダンスミュージック寄りのサイケポップ
    といった印象ですが、曲によってエレクトロニカだったり
    アブストラクトHIPHOPのようだったりと
    様々な貌を見せるアルバムです(^^

    ちなみにMercury Revのジョナサン・ドナヒューが
    数曲に参加したりしています。

    このへんもいい
    「Subways」
    https://www.youtube.com/watch?v=bPIMfOIuEe4
    「Colours」
    https://www.youtube.com/watch?v=zLRPDovCpmM

    http://www.theavalanches.com/

  • 8/22の「今週のイチオシ曲」はMagic!の2ndアルバム
    「Primary Colors」から「Lay You Down Easy ft. Sean Paul」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=6r3NbxSSJLc

    カナダ出身のレゲエポップバンドMagic!の
    約2年ぶり2ndアルバムです。
    2013年にデビューシングル「Rude」
    (邦題:ルード それでも僕は結婚する)が
    https://www.youtube.com/watch?v=PIh2xe4jnpk
    全米・全英でNo.1を獲得し、日本でも大ヒットしたので
    この曲は知っている人も多いかもしれません。

    アーバンポップ寄りのレゲエといった感じの音楽性で
    レゲエにありがちな泥臭い感じがほとんどなく
    非常に爽やかで聴きやすい、まさに今のような
    夏にはぴったりの音楽ですね(^^

    アルバムタイトルは直訳すると「基本色」。
    デビュー後いきなりの大ブレイクを果たした彼らが
    「初心を忘れない」という想いが込められているとか。

    しかし困ったことに今作は1stアルバムと比べて
    特筆するほどのこれといった変化がなく、
    完全に1stアルバムの延長のような作品です(^^;
    まあそれなりに出来がいいから問題はないんですが、
    次以降はどうなるのかなー

    このへんもいい
    「Red Dress」
    https://www.youtube.com/watch?v=FaX64o71vGQ

    http://www.sonymusic.co.jp/artist/magic/

  • 8/15の「今週のイチオシ曲」はKandace Springsの1stアルバム
    「Soul Eyes」から「Place To Hide」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=-Xlaql9o9Us

    USのシンガーソングライター・ピアニストの
    Kandace Springsのデビューアルバムです。
    現在27歳のBlue Noteレーベル期待の新人で
    故プリンスが彼女の歌声を「A voice that could melt snow」
    (雪をも解かす(ほどの温かい)歌声)と称賛したとか。

    基本スタイルはジャズですが、カントリーやポップスや
    ネオソウル的な要素を取り入れた、バラエティに富んだ
    楽曲がずらっと並んだアルバムに仕上がっています。

    アルバム収録曲11曲(日本版は14曲)のうち
    オリジナル曲は半分くらいしかなく、大半はカバー曲です。
    (まあジャズのアーティストにはよくある傾向です)

    多少荒削りな部分があることも否めませんが、
    美しい声と独特の雰囲気は将来を期待させるに
    充分なポテンシャルを秘めていると思います。
    これからの活躍にも期待ですね(^^

    このへんもいい
    「Novocaine Heart」
    https://www.youtube.com/watch?v=Ol7D0-icyEM
    「Talk To Me」
    https://www.youtube.com/watch?v=5IKJaK170-o

    http://www.universal-music.co.jp/kandace-springs/

  • 皆様土曜は定例オフ会お疲れ様でしたm(__)m
    いつものメンバーでいつもの場所で、といった様相でしたが
    いつもながら非常に充実した時間を過ごせました(^^
    次回オフは少なくとも年内に と思っています。
    またよろしくお願いしますm(__)m

    覚えてるだけ曲リスト
    James Bay / Hold Back The River
    Mark Ronson / Uptown Funk feat. Bruno Mars
    Mika / Talk About You
    Phillip Phillips / Gone, Gone, Gone
    Stereophonics / C'est La Vie
    Hardwell / Follow Me feat. Jason Derulo
    Sam Smith / I'm Not The Only One
    Coldplay / Adventure Of A Lifetime
    Belle and Sebastian / The Party Line
    Belle and Sebastian / Another Sunny Day
    Imagine Dragons / I Bet My Life
    Gabrielle Aplin / Sweet Nothing
    Culture Club / Karma Chameleon
    Spandau Ballet / True
    Billy Joel / Just The Way You Are
    KORN / Word Up!
    Tears For Fears / Head Over Heels

    Trueのビデオクリップバージョン、あれはいけませんねー
    目が合ったらどうしても笑ってしまう(笑)

  • 8/1の「今週のイチオシ曲」はTom Odellの2ndアルバム
    「Wrong Crowd」から「Magnetised」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=4fgzu9Fo66Y

    UKのシンガーソングライターTom Odellの
    約3年ぶり2ndアルバムです。
    最も特徴的なのはその声で、荒々しさと哀愁と
    甘さを併せ持った独特のしわがれ声です。

    デビューアルバム「Long Way Down」は比較的
    オーソドックスなピアノロックアルバムで、
    電子的処理をほとんど行わずライブ録音かのような
    素朴で手作り感のあるアルバムでした。

    今作は電子的アレンジやストリングスの導入などで厚みが増し、
    ダンスミュージックやR&Bなどの影響も見て取れ
    よりスケールの大きい音楽を目指した印象です。

    人によって好みが分かれる所と思いますが、
    俺はこの人の声と音楽スタイルはすごく気に入ってて
    今作も非常にいいアルバムでした(^^
    前作とどっちが と言われるとちょっと迷うけど(笑)

    このへんもいい
    「Somehow」
    https://www.youtube.com/watch?v=5m_ZUQTW13I
    「Silhouette」
    https://www.youtube.com/watch?v=A7PPm9EpmFo
    「Wrong Crowd」
    https://www.youtube.com/watch?v=uvosjKUKCLo

    http://www.sonymusic.co.jp/artist/tomodell/

  • 7/25の「今週のイチオシ曲」はRadioheadの9thアルバム
    「A Moon Shaped Pool」から「Burn The Witch」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=yI2oS2hoL0k

    UKのロックバンドRadioheadの約5年ぶり9thアルバムです。
    '90年代にOasisなどと並んでブリットポップの筆頭バンドの
    一つとして活躍した有名なバンドですが、
    次第にエレクトロニカやポストロック方面にスタイルを
    シフトして行き、独自の音楽性を獲得しています。

    今作はストリングスやピアノの音が目立ち
    非常に静かで幻想的な曲が目立ちます。
    音作りに非常に力を入れて作られていて、
    Radioheadにしか出来ない独特の音楽世界を展開しています(^^
    印象的には4thアルバム「Kid A」に近い手触り。

    正直なところ既存のロックとはあまりにかけ離れていて
    良さが理解できない人にはさっぱりわかんない音楽に
    なってしまっているとは思います(^^;
    個人的には良アルバムですが、マニア向け(笑)

    このへんもいい
    「Daydreaming」
    https://www.youtube.com/watch?v=TTAU7lLDZYU
    「True Love Waits」
    https://www.youtube.com/watch?v=z2hZ9CTLICs
    (※アルバム収録曲とは別バージョン)
    「Present Tense」
    https://www.youtube.com/watch?v=SivtNsJ-Mc8

    http://hostess.co.jp/artists/radiohead/

  • 梅雨も明けて本格的に暑くなってきましたねー
    そんな中定例オフ会を開催したいと思います(^^
    日時は8/6(土)。 場所や時間はいつも通りでー
    参加希望者はこの掲示板に書くか、俺まで連絡してくださいm(__)m

  • 7/18の「今週のイチオシ曲」はRed Hot Chili Peppersの
    11thアルバム「The Getaway」から「Dark Necessities」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=Q0oIoR9mLwc

    USのロックバンドRed Hot Chili Peppers(以下レッチリ)の
    約5年ぶり11thアルバムです。
    前作「I'm with You」より新ギタリスト
    ジョシュ・クリングホッファーを迎えた新生レッチリ、
    同じメンバー構成では2枚目のアルバムとなります。

    また今作ではいつものリック・ルービンに代わり
    デンジャー・マウスをプロデューサーに迎えています。
    個人的にはこの人選は意外でした(^^;
    デンジャー・マウスはどちらかと言うとモダンで
    エレクトロニックな作風を得意としていて、
    典型的マッチョなファンクロックのレッチリとは
    どうなんだろう? と(^^;

    実際のところ、今作はキーボードやホーンの音も入った
    モダンポップのような曲調が目立ちます。
    前作からその傾向はあったので、正当進化と言えるかも?
    ガツンとパンチの効いた曲こそありませんが、
    聴きこむうちにじわじわ良くなってくる曲も多く
    なかなか面白いアルバムに仕上がっていると思います(^^

    しかし「小さくまとまった」と言われたら
    否定できないのも確かです(^^;
    ジョシュ・クリングホッファーも前作よりはバンドに
    アジャストしてる感じだけど、ジョン・フルシアンテの
    飛びぬけた存在感と比較するとやっぱりねぇ(^^;
    旧来のレッチリファンには残念なアルバムかもしれません

    このへんもいい
    「The Hunter」
    https://www.youtube.com/watch?v=dJJbKTyQFn8
    「The Longest Wave」
    https://www.youtube.com/watch?v=kLX9M0_YvoI

    http://wmg.jp/artist/rhcp/

  • 7/11の「今週のイチオシ曲」はGarbageの6thアルバム
    「Strange Little Birds」から「Empty」です。
    https://www.youtube.com/watch?v=hSa_hbutFt0

    USのオルタナティヴ・ロックバンドGarbageの
    約4年ぶり6thアルバムです。
    ボーカルの「悪女」シャーリー・マンソンと
    有名プロデューサーでもあるブッチ・ヴィグを中心に
    結成された4人組バンドで、デビューからもう
    20年になる大御所と言ってもいいバンドです。

    前作「Not Your Kind of People」は重厚な
    ロックアルバムでしたが、今作はエレクトロニカの
    要素が入った暗くドロドロしたポストパンク、
    曲によってはインダストリアル・メタルのような作風です。

    シリアスで尖っていて毒もたっぷりだけど
    楽曲は非常にポップ。 というのがGarbageの
    特徴であり魅力だと思ってますが、
    今作はただ暗いだけの曲も多くアルバムとしては
    微妙な出来かなー(^^;
    それでもさすがに音作りは見事で、
    俺は好きですけどね(笑)

    このへんもいい
    「Magnetized」
    https://www.youtube.com/watch?v=ShffY-5SYJ8
    「Even Though Our Love Is Doomed」
    https://www.youtube.com/watch?v=1lpcdAR9ij0

    https://www.garbage.com/

本文はここまでです このページの先頭へ