ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • 「かほるちゃん 売却できないから現状の姿だと思うけど」
    「そうだよね 社員も頑張っていると思うので 売るにはこんな方法もあるとか 何かいい案があれ ば会社に教えてやれば 早く売れるるんじゃないかな~て思うけど これも株主の務めかなと
     思うけど、、、」

  • 「かほるちゃん 再活って何?」
    「ここで 会社の業態を見つめ直すのも有りかと思うが」
    「そうね 昔のままのやり方がいつまでも通用するわけないもんね」
    「うん 昨日と同じ事をやっていては進歩がないもんね」

  • 「かほるちゃんよ ここも中国相手に何か仕事が開拓できないもんかね~」
    「・・・・・」
    「そのうち何とかなるでしょう?」

  • 「かほるちゃんよ EVO FUNDに貸し付けた当社普通株式は 全株返却されったってよ~」
    「そうなんだ これで少しは正常になるんじゃないかな」
    「そうなると良いね」

  • 「heiさん 今年の収穫は何だったの?」
    「う~ん かほるちゃんを幸せにできなんじゃった事と 節税の意味と コメではNo166位か  なー  まずはかほるちゃんにお詫びと 御礼の一言位入れないとね」
    「まあ~義理堅いお方だ事、、、」
    「それはそうよ 清く 正しく 美しく これがheiのやり方さ~ なんちゃって」
    「それって競馬のタカラズカ?」
    「ノー No  sennse- sennse~ よ」

  • 「ところで嫁はんのかほるちゃん 今日は何故にこんなに騰がったの?腰がぬけそうだったよ」
    「お婆さん今日はサゲポよさん達が今まで稼ぎすぎたから 節税対策であげてみたのよ」
    「へー そんな事もするんだねー 驚木 桃の木 山椒の木だね」
    「それはそうでしょう 大事な金弦逃がさない為にもね ところでここだけの話 出稼ぎのお父さん
     様子はどうなの」
    「まー今のところ メールがでないから なんとか持ち越すんじゃないのかな」
    「そうなんだ かほるも先行き全然わかりませんものね ねーせんせー せんせー それは
     先生、、、の腕を信じるしかないもんねー」

  • 「かほるちゃん ここの人たちってすごく節税の仕方がうまいと思わない?」
    「どうしてなの?」
    「だって毎日株価さげて損失作りに励んでいるんだもの」
    「そうでもないでしょう 一部の者は儲かる仕組みでしょ?heiさんはそんな心配はないじゃん」
    「どうして!」
    「だって年初から節税しているんだもの」
    「ぎゃー 本当だ せんせー せんせー 何とかして~」

  • 「かほるちゃん 思うに16倍の件 反論したくてもう少したったら その学校名出すって
     アミだの結果が出たよ」
    「え~ それってまずいんじゃないの? 学校の名誉と信用ガタ落ちになっちゃうよ
     誰が考えたってそう思うでしょう!」
    「それが違うんだよね~ 出したくて報告したくて我慢できないんだよね しばらく様子見していよ うっ と 、、、せんせー せんせー」

  • 「かほるちゃん 自分が頭が良いと思い込んでいるお方って 変人と思わない?」
    「そうよ だから恥ずかしいなんてこと 微塵も感じないから でしゃばるのよ」
    「あ~あ ジャパンの未来もおわりかな~」
    「せんせー せんせー それは先生ー」

  • 「かほるちゃん 年末のタコの値段は今いくらかなー?」
    「そうね年末年始に向けて 騰がっているんじゃない」
    「そう言えばタコって自分の足を食べるような話聞いたことあるけど この会社どう?
     何かタコのように自分の足を食いつぶしているようにしか見えないんだけど、、、」
    「そうね 2000万株キャッチボールすれば 1円食えば2000万円腹に入るもんね
     出稼ぎのお父さんの足は大丈夫か聞いてみたら!」
    「そうだよなあ せんせー せんせー それは先生~」

  • 「He~i そこでしゃがみ込んで何描いているの?」
    「あ!かほるちゃん ♪♪津軽平野に雪ふるころはよ~ お父ひとりで出稼ぎ支度 春にゃ
     必ずお父は帰る みやげいっぱいぶらさげてよー♪ って歌いながら 身すぼれたお父さんなのか
     アミだくじやっているんだよー」
    「ばかね せんせー せんせー それは先生よ・・・・」

  • 「かほるちゃん 今夜はクリスマスツリー綺麗だね 明日はサンタさんプレゼントくれるかな」
    「どうかしら きっとさげぽよ運んで来るんじゃない」
    「さげぽよか~ ポケットに残った100円で2つ買えるかな~?」
    「この年末から先はどうなるでしょうね・・・暖かいお茶でも買ったら」
    「だって お茶だって120円しているよ 買える、、、なんとかして~先生ー。」

  • 「かほるちゃんごめん 今年も餅代が無いよ どうしよう」
    「当たり前じゃん 私より陰りのアル美しいお方に 貢いだ結果でしょ?」
    「だってこの会社の凄いところなんて事例が 時々広報担当部長より発表されると
      少しは応援してやりたい気にもなるじゃん」
    「ばかね だから金持ちの暇人の下げポヨや わけのわからんしゃがみ込みに
      やられるんじゃないの 世の中ってアタイよりそんなに綺麗じゃないのよ」
    「だって先出 後出しの渡世でどうやれば餅代が出るかなんて 誰も教えてくれないよ」
    「そうよ貴方と同じで 会社もいつまでも進歩がないの、、、わかっているの?」
    「・・・う~ん かほるちゃんを幸せにしたいなー センセ~。」

本文はここまでです このページの先頭へ