ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • >>No. 9282

    日本以外の、現在徴兵…出兵のある他国では… 有りがちかも知れない。
    日本で徴兵されて「万歳」とするのが当然であって、嘆き悲しむ母親等は、冷たい扱いをされたと聞いたことがあります。物心ついたとき、それ以前からの教えというのは怖いものです…。
    有名な画伯「山下清」さんのドラマがありました。思い出して、あのドラマが悲しいドラマに考えらさせられるお話と思いました。
    > 徴兵検査 
    >
    >  日本の徴兵制は、「20歳になった男子は、全て兵隊検査を受ける」ところから始まった。
    >
    >  20歳の青年が集められ、素っ裸にされ、体重、身長、体の機能、視力、聴力、虫歯、内臓疾患の有無。そして、口頭試問で、知的障碍の有無まで調べられた。最後には、ふんどしもはずして、梅毒、淋病など性病の検査と痔の検査が行われた。
    >
    >  結果は、甲、乙、丙、丁に分けられ、丁は「不合格」。甲から順に徴兵された。
    >
    >  障碍を持つものは、当然「丁種不合格」。国民としてお国のために役に立たない者。非国民のレッテルが貼られた。敗色が濃く戦死者が多くなると、一部丁種も徴兵された。
    >
    >  「甲種合格」だと、赤飯を炊いて祝ったような話もあるが、多くの人は喜ばなかった。
    >
    >  徴兵検査の前日、醤油をがぶ飲みして高熱になったり、内臓欠陥を誘発させた話などもある。

本文はここまでです このページの先頭へ