ここから本文です

投稿コメント一覧 (318コメント)

  • >>No. 1066

    ドル円の他社との差が15pipsに拡大
    112.7台から、ちーっとも動かん!

    これって大暴落するの?

  • 落ちるタイミングがぴったり

  • ドル円が落ち始めたら
    いつも見ているチャートは売り買いともに10pips高い

    大統領選でトランプが勝利した時は、他社より1円差
    酷いけどローソクの形がお気に入りで使ってしまう。。

  • 手掛かりはメイ首相に対する与党保守党内の反発。来年3月のEU離脱から20年末までの「移行期間」を数カ月程度延長する可能性に言及したことに、離脱強行派から批判が殺到。サンデータイムズによると、不信任決議案の採決に必要な48票のうち46票がすでに提出済みで、市場では「早ければきょうにも採決が行われるのではないか」(証券)との観測が浮上している。


    今日も重要指標がなく発言ばかり
    カーニー君より政治の方が気になる。。


    湯治宿の温泉は効能が美肌なんだけど
    温泉に柑橘類や薬草などを入れたお湯が肌に優しく
    家のお風呂でも・・入浴剤+アロエはいい感じ
    薬草を煎じて入れたらタオルが草木染めされました(๑°⌓°๑)

  • NY時間もドル円に動きがない
    (・´ω`・)困ッタナァ…

  • イタリア政府はこの日、欧州委員会に対してEU財政規律に反する2019年予算案を修正しない考えを示した。同時に、今後数年間は財政赤字を拡大させない方針を表明した。

    ドイツ連銀が月次報告の中で、ドイツの第3四半期成長が失速した可能性を警告した


    アメ株はまちまちで、ドル円は株には反応なし
    今日は大型株の決算発表が
    またスッキリしないサウジ記者殺人事件について、トルコが捜査報告をするのかな?
    そして、イタリアの予算案
    前例のない差し戻しがあるかも…???

    中間選挙まで様子見相場が続くのかも…。

  • 19日に一部英メディアが「メイ英首相は欧州連合(EU)離脱=Brexit交渉の合意に向けて重要な要求を取り下げる」と報じた。記事によると、メイ首相は争点のアイルランド国境問題で無期限の「バックストップ」を受け入れる模様。
    「バックストップ」とは、合意なき離脱となった場合でも、英領北アイルランドをEU関税同盟にとどめて、EU加盟国アイルランドとの間に「厳格な国境(ハードボーダー)」が出現しないようにする「防御策」の事だ。
     ただ、無期限の「バックストップ」については、国境管理をEUが主導する期間が長引く事などを意味するため、英国内の強行離脱派からの拒絶反応も強いとされる。たとえメイ首相がEUと合意しても、時限的な「バックストップ」を求める声が根強い英国内の承認が得られるかどうかは不透明と言わざるを得ない状況のようだ。


    国民投票を求める声は遅いよね!
    でも、こんな離脱交渉を英国民は望んでいたとは思えない

  • 中国株は、習近平・中国国家主席が週末に民間セクターへの揺るぎない支援を表明するなか、上海市場が4%以上上昇、深セン市場が5%以上上昇する大幅高となっている。


    重要指標がなく中国株が上昇で、ただ円売りしているだけの状況って
    口を開けて入って来る餌を食べているような… つまらん!

    米国とメキシコは国境問題が再びクローズアップされてますが
    これだけでは材料にならないね~

  • [イスタンブール 21日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は21日、サウジアラビア政府に批判的だった同国人記者ジャマル・カショギ氏の死亡について、23日の公正発展党(AKP)の会合で声明を発表すると明らかにした。

    サウジ当局は20日、この件に関して18人を拘束したと明らかにした。

  • ただ皮をむくだけじゃない! 「ピーラー」がものスゴい進化を遂げていた
    https://kakakumag.com/houseware/?id=12893

    キッチングッズは便利な商品が増えたね

  • 中間選挙が近付いて
    選挙のための言動が激しくなりそうです

    どんな1年で終えるか… ??
    為替は国々の事情で難しくなってます
    油断大敵、がんばりましょー(๑˃̵ᴗ˂̵)و

  • サウジの記者死亡確認、各国から批判相次ぐ 米大統領も同調
    https://jp.reuters.com/article/saudi-khashoggi-idJPKCN1MV0XW?feedType=RSS&feedName=worldNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+reuters/JPWorldNews+(News+/+JP+/+World+News)


    批判もやさしいね!
    オイルマネーの恩恵は捨てられない蜜の味だな

  • ムニューシン長官が説明した検討の可能性がある方法の一つは、為替操作を広範に定義した1988年の通商法の活用。2015年制定の法律に基づく特定の判断基準で正当化されなくても為替操作国としての認定が可能になるとしている。またもう一つの方法は、ある国が競争的な通貨切り下げを行っているか否かを判断する上での基準の変更だと、長官は語った。


    意図的な基準変更か?

  • 日立製作所は、ロンドンとウェールズを結ぶ高速鉄道の権益70%の売却先を模索している。英紙サンデー・タイムズが情報源を示さずに報じた。

    ゴールドマン・サックス・グループをアドバイザーに起用し、売却額は約6億ポンド(約880億円)になる可能性があるとしている。


    雨漏りから始まって、評判が悪すぎる!
    架線切断も理解できんし、考えられんトラブルで逃げるのね。。

  • 堅調な労働市場動向もあり、全体の約7割を占める個人消費が+3.8%と堅調。
    第1四半期に比べて輸出が大きく拡大し、輸入が減少したことも全体を支えました。

    今回の第3四半期GDPですが、予想は前期比年率+3.2%と前期から1.0%ポイントの鈍化見込みです。

    前期は+3.8となっていた個人消費については、少し鈍化する見込み。9月の小売売上高が前月比マイナスになるなど、このところ数字がいまいち伸びておらず、前期の高い数字は厳しそう。
     ただ、ここにきての小売売上高の鈍化はハリケーンの影響が大きいとみられ、特殊要因としての色合いが強いです。その為、ある程度までの鈍化は市場は許容するとみられます。


    対中貿易の影響も多少はあると思われます
    GDPに強い期待がなく、今週は株価と金利に注目します

  • 来週の相場を指標でみると
    ○(欧)ユーロ圏マークイット10月製造業PMI■24日(水)午後5時発表予定
    ・予想は53.0
    10月については、貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱が欧州諸国の企業活動に影響を及ぼすことから、9月実績をやや下回る可能性がある。 9月は53.2

    ○(米)9月新築住宅販売件数■24日(水)午後11時発表予定
    ・予想は、63.0万戸
    参考となる8月実績は62.9万戸、前月比+3.5%。市場予想に近い数字だったが、7月の販売件数は下方修正された。9月については、住宅ローン金利の上昇や貸出基準の厳格化などの影響で8月実績に近い数字にとどまる可能性がある。

    ○(米)7-9月期国内総生産速報値■26日(金)午後9時30分発表予定
    ・予想は、前期比年率+3.3%
    参考となる4-6月期確報値は前期比年率+4.2%で改定値と変わらず。アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPNow」は、10月17日までに公表された経済指標を基に前期比年率+3.9%と推計している。政府支出の伸びがやや鈍化していることから、7-9月期の成長率は4-6月期の実績値をやや下回る可能性が高い。


    前期比を下回った予想ばかり…
    これで企業決算が悪いと乗れないじゃん!
    ECB理事会は金融政策の正常化に向けて進むとみられますが
    イタリアが邪魔だね~


    週足ローソクで考えの近い人がいました。。
    トンカチを気にしていたのは先週だから少し違いますが…

    今週はローソクの長さをみてました

  • 9月米中古住宅販売件数は年率換算で515万件と予想の530万件を下回った。また、ボスティック米アトランタ連銀総裁は「貿易政策の見通しは引き続きリスク」と述べたほか、カプラン米ダラス連銀総裁は「FRBがあと2、3回利上げすれば金利は中立水準に達する」などと語った。


    住宅関連が時々弱さを感じるようになったのは
    もう天井だから… (・_・?)

    インフレを高めて利上げしたら住宅は買えんわ💦

  • モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)が「イタリア来年度予算を巡る対立を緩和したい」との見解を示すと、一時4年8カ月ぶりの水準まで上昇していたイタリアの長期金利が急速に低下し、ユーロの買い戻しにつながった。「イタリア政府は2019年の財政赤字目標をGDP比2.4%から2.1%に変更することを検討している」との一部報道も好感され、一時1.1535ドルまで上値を伸ばした。

    英・欧州連合(EU)離脱交渉を巡り、「メイ英首相は最大の懸案となっているアイルランド国境問題で主要な要求の1つを取り下げる用意がある」と伝わると、全般ポンド買いが入った。もっとも、この提案が実現したとして「EUなどは歓迎する見通しだが、政権内では反発が起きる恐れがある」ことから、ポンド買いは長続きしなかった。


    ダウは乱高下で何をしたいんだか…
    アメ株は来週の決算発表前の調整もあったかな?

  • 来週24日のカナダ中銀金融政策会合で、0.25%の利上げが見込まれているカナダ。

    利上げに大きな影響を与える物価統計、9月の消費者物価指数が21時半に発表される。予想は前年比+2.7%と前月の+2.8%から鈍化見込みも、前月比ベースでは、マイナスとなった前回から+0.1%の上昇見込み。


    イタリア、英国、サウジの材料は継続中

    楽しそうな材料はカナダですが…
    予想通りなら良いかな???

本文はここまでです このページの先頭へ