ここから本文です

投稿コメント一覧 (296コメント)

  • カナダドルの上げが目立った。この日発表になったカナダの消費者物価指数(CPI)の強さは驚きだったようだ。カナダ中銀は貿易摩擦の悪影響には言及しているものの、追加利上げに関しては否定していない。市場も年内に80%以上の確率で利上げがあると見込んでいるが、CPIはその期待を十分に裏付ける内容ではあった。

    ─────────
    23日から開催される米経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」では、低インフレや鈍い賃金上昇、さえない生産性上昇の根本原因について突っ込んで討議される予定だ。


    お盆になると相場の動きが悪くなるのですが
    今年はトルコのおかげで楽しめました。。
    ドイツ銀行はトルコ急落でガッチリ稼いだようで
    悪魔ふぁんどだったのね|)゚0゚(| ホェー!!

  • ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係者の話として、米中の通商問題担当者が、11月末にブエノスアイレスで開催されるG20サミットの際の米中首脳会談に向けて、こう着状態を終わらせるためのロードマップを描いていると伝えている。来週は次官級の米中通商協議が再開するが、問題解決に向けて進展が見られるのではとの期待感が高まった格好。

    週末ということでポジション調整が主体だったが、来週の米中通商協議に向けて中国当局が人民元高を誘導してくるのではとの思惑もドル売りを誘っていた面もあったようだ。ニューヨーク・タイムズ紙が、米財務省が今後の米中通商協議で人民元を上昇させるよう中国に圧力をかけようとしていると報じたこともドルを圧迫している。


    トルコの格下げは当たりまえ過ぎでした
    薄商いでの下落でしたが、来週は投資家さんたちが戻って来るかな?

  • トルコ情勢より貿易戦争を深刻視-アジア新興国資産への投資家
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-17/PDLB5I6JTSE801

    トルコリラの急落で隠れていたリスクが表に出た感じ?

    夏休みは金曜日なのに調整もなく、動きが悪い。。

  • 今夜はトルコの格付けに注目かも…?
    ですが、今後の参考になるような指標は気になるぅー


    前回6月消費者物価指数は前年比+2.5%となり、2012年2月以来の高い伸びを記録。その前に追加利上げに踏み切ったカナダ中銀の判断を正当化する結果となった。
     新興国情勢や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方などに不透明感は残るものの、足元で25%前後にとどまる9月利上げの織り込み度合い(市場は10月利上げを有力視している模様)を高められれば、カナダドル/円も上昇する事になりそうだ。

  • イタリアのジェノバで高速道路の高架橋が崩落した事故に関して同国のサルビーニ副首相兼内相は、欧州連合(EU)の歳出規制がなければインフラをより良好に保つことができたと示唆した。一方で欧州委員会は、事故と歳出制限と無関係との認識を示している。


    イタリア人らしい。。

  • トランプ氏はツイッターへの投稿で、ブランソン氏を「偉大な愛国的人質」だとし、「無実の人を解放させるために米国が何かを支払うことはない。トルコを骨抜きにする」と強調した。


    身代金より怖いᔪ(°ᐤ°)
    ─────────
    ジュースの葉っぱをやめて長芋にしました
    フルーツの味を邪魔しません

  • アメ株が伸びても為替は遅いね
    今日の日経に期待です(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

  • トランプ大統領は16日、投資家はドルに資金を注ぎ込んでいるとツイッターに投稿。こうした展開は通貨の下落ではなく、上昇を後押しする傾向がある。同大統領はこれまで再三にわたり、ドルの下落につながるようなコメントを発してきた。

    クドロー氏は「大統領がこの日指摘したように、ドルは王様、ドルは強い、安定しており、信認の証だ」と発言。「マネーが米国に流入している。それは素晴らしいことだ」と語った。


    発言が変化してきてますね
    投資家に向けての発言で、新興国はしんどいね

  • FRBはパウエルFRB議長が今月24日にジャクソンホール会合でスピーチを行うと発表した。テーマは「変化する経済における金融政策」。


    アメ株は米中期待とウォルマートの好決算でリスクを感じない
    為替はトルコへの追加制裁とか・・微妙な反応。。

    先週のユロ円は月曜日に利確し、身に覚えのない豪円は放置

  • 中国商務省「中国商務次官が貿易交渉で8月末に訪米する」と伝わったことで、米中関係の回復期待で豪ドル買いに振れている。


    同じ時間に発表された豪雇用は最悪でしたが
    中国からの発言で噴き上げました。。

  • チャイさん、凄い
    反発しましただー(๑•̀ㅂ•́)و✧

  • 米格付け会社S&Pは17日、トルコのソブリン格付け見直しの結果を発表する予定だ。


    もし米国人牧師が解放されたとしても、鉄鋼の関税はかえないそうです
    トルコは大統領が一番経済に悪影響だから、どーにもならない!

  • 相場が弱気になってますね

  • 肉がぷりぷりとした「中国産エビ」を見れば無条件に注意しなければならない。

    特にその中でも大きさが大きくてぼっちゃりしたエビは最も人気が高く、価格も高い。

    ところが、エビが無条件高いと良いのではない。 むしろ過度においしそうに体重がふっくらとしているエビを見たら警戒しなければならない必要がある。

    最近、オンラインコミュニティでは、エビの重量を育てるため、ゼリー接着剤「ゼラチン」を入れた中国産のエビと関連された情報が共有され、恐怖心が高まっている。


    ゼラチン入りなら、ぷるぷるしてコラーゲンが摂れそうー
    ザリガニだって食べる人はいるのよ
    セミはエビに近い味だとか… (・_・?)

  • サンダーズ報道官
     トルコに対して、米国人牧師開放なら関税は安全保障上の理由から難しいとしても、それ以外の制裁は解除する可能性に言及した。

    カタール首長がトルコに150億ドルの直接投資を確約
     トルコのアナドル通信によると、カタールのシャイフ・タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長がトルコに対して150億ドルの直接投資を確約したと伝えている。首長はトルコのエルドアン大統領とアンカラで会談した。


    トルコとアメリカの協議は物別れで、いつまで続くねん💢

    ドイツ紙が「エルドアンが辞任して間違った政策を正さないと
    経済の立て直しは難しんちゃうか~?」 って報じてました。。
    えらい迷惑な国やで~!

  • ツアブリュック・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)副総裁

    「足もとのスイスフラン高は為替市場が依然として脆弱であることを示している」
    「不安定な状況がスイスフラン買いという安全策に導いている」
    「現在の状況はマイナス金利や為替介入の必要性を証明している」


    ここの中銀は似たタイプの人たち
    異論がないから為替介入に注意ですね。。

  • トルコ当局が投機的なリラ相場の動きを封じこめようと手を打ってきたことが奏功している。

    来週はほぼ1週間トルコが犠牲祭の祝日となる。投機筋にとってはトルコリラの売り持ちにコストがかかるため、手仕舞いを急ぐ動きになっているもよう。


    売りの手仕舞いは買いだから…
    祝日を狙ったように仕掛けるのが悪魔ふぁんど

  • インドネシア中銀、主要政策金利を 25bp引き上げ5.50%に(予想:据え置き)


    新興国通貨安で介入してたから('д'|l!)ぁ゙…

  • きょうは人民元が軟化している。1ドル=6.90台から6.93台の一歩手前までドル高・人民元安が進行。中国当局がゲームライセンスの承認を凍結したとの一部報道をうけてテンセント株が大幅安となっており、中国株の下げを主導している。


    今日はトルコより中国の影響で日経も落ちたようですね
    為替はドル高です~♪

    トランプ政権になってから為替がつまらん💦
    保護主義でアメリカに睨まれた国が潰されていくようで…

  • 今日も薄商い💦
    マレーシアのリンギット急落が気になっても情報がない


    世間は夏休みでも・・我が家は夏休みが何時なの?
    毎年疑問に思いつつ、聞く気もない。。

    お盆は野菜がない💦
    で、ジュース用の野菜が・・雑草かな?
    「つるむらさき」が食用なら、「ムラサキツユクサ」は?
    「ひゆな」は雑草にありそうよ

本文はここまでです このページの先頭へ