ここから本文です

投稿コメント一覧 (740コメント)

  • 要警戒

    未確認情報

    北京発

    本日午後、北朝鮮国内にて、異変 との噂、流れる

  • 主流メディアが伝えない「沖縄の実態」

    BPOが審議対象とした番組(ニュース女子)が、ここに反証する
    在日左翼、極左暴力団体が、沖縄で何をしているのか
    「ヘイトスピーチ対策法」とは何か、この番組でスッキリわかる

    報道バラエティ番組「ニュース女子」東京MXテレビ
    https://www.youtube.com/watch?v=SHa3L_MgsNc

  • >>No. 3514

    >日本も愚策は避けるが、目的のために犠牲を払うべきところでは払う、という精神が必要

    その目的が「公益」であれば、ということでしょうが
    それなら「供儀」の上代習俗に連なるかもw

    乃木将軍は「民衆」から熱く同情された、民衆と同じ「凡夫」だからでしょうか
    乃木の人格を察する上で有名な上奏(明治天皇御前、復命文)

    >旅順ノ攻城ニハ半歳ノ長日月ヲ要シ多大ノ犧牲ヲ供シ、奉天附近ノ會戰ニハ退路遮斷ノ任務ヲ全ウスルニ至ラズ、マタ騎兵大集團ノ我左側背ニ行動スルニ當タリ之ヲ撃碎スルノ好機ヲ獲ザリシカバ、臣終生ノ遺憾ニシテ恐懼措ク能ハザル所ナリ<

    「軍人」としては、悔恨というより、まるで辞世の言上、これが明治39年(1906年)

    乃木の誕生年は、1849年
    児玉源太郎   1852年
    大山巌     1842年

    教育勅語の公布 1890年(明治23年)
    つまり
    明治の軍人たちは教育勅語なんて復唱してないw
    それでこの人格ですw

    教育勅語の内容は凡庸な徳目で、普通の家庭の「しつけの延長」程度のもの
    それに「勅語」の形式をとらせようなんて、およそ軍人の発想ではない

    官僚それも文官の発想ではないかしらんwww

  • 明治この方、日本人は「満州建国」以上の偉業を成し得ていない
    満州国の成立は、奇跡だ
    それはアジアに限らず、世界史上の奇跡だ

    いつか、アジアの諸国民が、満州国の成立を深く学べば
    必ず、その世界史観は大きく転換すると思う

    しかし日本人として、結果から考察すれば、
    日本人はアングロ・サクソンのように、異民族に対して
    割り切った付き合いができなかった(奴隷の扱いができなかった)わけで
    それではやはり「メイド・イン・ジャパン国家」の存続はムリだった

    軍人に限らず、明治エリートたちは、乃木将軍と同じ「愚直さ」を
    どこかに持ち合わせていたのだろう、愚直であり「お人よし」であり

    ドイツの国歌は戦前と同じだ、その歌詞の邦訳を見ると愕然とする
    とてもじゃないが、日本人には、こんな国歌は唄えない
    もし日本の国歌が、こんな内容であれば、大満州國は今も存続していたのかも
    https://www.youtube.com/watch?v=p2t_Ks0x0G8

  • 三月十日は陸軍記念日、「愚直もパワー」であることを思うてみる日。

    満州、ロシア軍占拠の奉天城

    斥候兵が司令部に報告
    「シナ人たちが、城内からロシア兵の身の回り品を持ち出しています」
    「ん?!ロシアは城から撤退したのか?」
    「先の巡回では、城内に敵兵は確認されません」

    ついに突入を決断、決死隊は「大阪歩兵第三十七連隊第二大隊」
    ほどなく、奉天城に日の丸が揚がる、
    満州軍総司令官大山巌元帥、 奉天会戦の勝利と終結を宣言
    日本兵、戦死一万六千五百五十三名、戦傷五万三千四百七十五名
    時に明治三十八年、1905年 3月10日、これより陸軍記念日

    なぜ、最強のロシア陸軍がそうも易々と奉天城を退いたのか?
    ロシア軍総帥クロパトキン大将曰く
    「乃木希典第三軍が迫ってくるのを怖れた」と
    「日本兵は倒れても倒れても、更になお、屍を踏み越えて突入してくる」と
    「旅順陥落までの二百三高地の激戦、その想像を絶する光景は脳裏から離れず」と

    乃木の愚直さは、敵には恐怖だったろう
    ただロシア人にとって「愚直であること」は直ちに「バカ」とみなすわけでなく
    ある限度をこえて「愚直であり続けること」は、むしろ「尊敬」に近い感情を生起させるのか、
    とは、ロシア民話も伝えるところだ

    「愚直」な人間が一人もいない組織を想像してみるといい、「ゾっ」とする
    それこそ恐怖だ
    https://www.youtube.com/watch?v=UethLpP5Dno

  • >>No. 7361

    [抑止力]3本柱:Ⅰ拒否的抑止 Ⅱ懲罰的抑止 Ⅲ報償的抑止

    Ⅰ拒否的抑止=①迎撃装備 ②策源地攻撃 ③被害削減

    ①迎撃装備(BMD)の基本的課題

    ・守備範囲が狭い・飽和攻撃の対応には限度がある、の2点。
    この度の北朝鮮の「4発同時発射」は上手にできましたね、正確には「同時着弾」が必要デスネ♪
    「同時に、だんちゃーく」は、ハード面よりもヒューマンスキルが肝、
    装備の「メンテ」と「オペ」のスキル。重厚なシステムを、毎度、正確で、精密に、操作する技。
    これで世界一のスキルを有しているのが日本の陸上自衛隊、見事なものです。
    中国は日米のBMDで戦略的不利に、核の均衡が崩され、キャッチアップするのも至難であるため


    ②策源地攻撃(発射施設を含む)の基本的課題

    基本的課題は、重層的だが、その解決は「一瞬に」というのが特徴。
    日本の場合、仮想敵国が核保有国であるため、策源地攻撃能力を抑止力とするためには
    報復核の能力を有していることが前提となる。ここを米国に完全依存していること(核の傘)

    憲法上の制約から、策源地攻撃は「発射施設」のピンポイントに限定されること。
    ピンポイントに特定できる「能力の証明」が政府に求められるため、これまでは難儀だったが
    現内閣でほぼ解消された。米軍との集団的行動が「ピンポイント化」には必要だったから

    宇宙空間にも自衛隊専用通信衛星が稼働し始めた(本年一月)
    Xバンドレーダーは、国内数十か所で既に稼働中だったが、日本列島からは
    シナ大陸の「ピンポイント化」は、地勢上の限界があった

    在韓米軍が韓半島に設置してくれればと期待していたところだった
    ようやくThaadが韓国に搬入されたとの報道があった
    Thaadを構成するXバンドレーダーは「切り替え」1つで発射地点特定が上手なんだとか

    これで、シナ首領の痰壺にも、北のキムチチゲにも命中させることができるようになった
    大義であった

    但し、、予算が付けば、のハナシ、これが本当の課題

  • [抑止力]を学ぶ(日本の現状)

    抑止力は3つの柱からなる。Ⅰ拒否的抑止 Ⅱ懲罰的抑止 Ⅲ報償的抑止

    3つの柱について
    Ⅰの「拒否的抑止」は、以下の3分野からなる

    Ⅰ拒否的抑止=①迎撃装備 ②策源地攻撃 ③被害削減

    ①迎撃装備で代表的なのがMD(ミサイルディフェンス)⇒米国製導入
    ②策源地攻撃は敵地の攻撃装備を叩くこと。「専守防衛」方針から現在装備はなく米軍に完全依存。
    ③被害削減は主に「社会インフラ」と「軍事施設」の被弾防御体制。防御体制の現状は、ほぼゼロ。

    Ⅱ懲罰的抑止=懲罰とは、敵からの核攻撃に対する報復として、核攻撃すること。米国に完全依存。

    Ⅲ報償的抑止=例:核兵器開発を放棄したら原発を造ってあげる。戦後日本が好む抑止力(朝日新聞推奨)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    以上のように、抑止力を構造的に理解すると、現在の日本の抑止力は「ゼロに等しい」
    抑止力がないのだから、北朝鮮の行動は当たり前、異常なのは朝鮮ではなく日本なのです。

    戦後ニホン、まもなく滅びます♪

  • >>No. 3508

    通貨統合はあくまでも財政統合の前段階、同棲は結婚の前段階と云うに同じ。
    財政統合は国家統合に他ならない、
    EUは「結婚するつもり」だったが、今や運命の別れ道に来たw

    別れて他人となるか、結婚して一家となるか

    私のような「EU懐疑派」は当初から「結婚なんかできるか、同棲なんてダメだ」と思っていたが
    EU参加国は「今はまだ結婚しなくても、このまま同棲を続けたい」と言ってるし・・

    ひょっとしたら、Fintechは同棲関係の延命に利用されるかも・・
    未来は誰もわからないが、今、起きていることなら観察できる
    今は、銀行業務をバラバラに分解中(図上演習)
    万が一、EUが崩壊したり、戦争で混乱したときに、生活者レベルでのリスクヘッジでもFintechが

    日本は野心を抱かない国柄だから、仕方ないが
    国家プロジェクトでやっちゃえよ、「やっちゃえ、日本」w

    日本は孤高の文明か

  • 移民の歌

    不法移民とは、受け入れ国の法的手続きをしない者
    法的手続きは国家経営の原則
    日本での始まりは律令体制から(庚午年籍)

    しかし、日本人にとって「移民」という概念は曖昧だ
    emigrant(出国移民者)、immigrant(入国移民)と区別する言葉もなく
    ただ「移民」という

    米国は移民国家とはいうが、原住民に受入れた覚えはなかった
    原住民には「国家の概念」がなかった
    思うに、不法移民でも米国に居つきたいと思う民族には「国家の概念」が希薄なのでは
    シナ人やコリアンを見ててそう思う

    白人だけの移民意識とはどんなものか?
    たとえば日本でも馴染みの「移民の歌」
    なんでも
    北欧ヴァイキングがブリテン島の純朴なキリスト教徒を襲撃した歌なんだとか
    drive our ships to new land.
    To fight the hordes, and sing and cry.
    We are your over Lords.
    For peace and trust can win the day, despite of all your losing.
    https://www.youtube.com/watch?v=hC-T0rC6m7I

  • >>No. 3506

    >環太平洋でそんなことが出来ますかね。

    すでに最低限の準備は完了w
    通貨統合の一歩手前ですがね、昨年、仮想通貨を「通貨」と認める法案は可決された

    これは歴史的転換点かもしれなくて、中央銀行の聖域が民間銀行によって崩される事態

    今年の秋からは、ある都銀でサービスが開始されますよ
    (この都銀、平然と日銀に逆らうことで有名)
    だってTPPは始まるものと、誰もが思って折込み済みだったもの、この都銀に限らず
    まさかのトランプ登場ですよ

    ユーロ誕生のときと環境で大きく異なるのは
    ・基軸通貨が参加していることと、
    ・Fin-Tech(finace × Technology)

    Fin-Tech企業は、日本でも既に100社以上、米国では1500社以上とも
    識者に言わせると、勝負は「高等数学のセンス」なんだとかw

    蛇足ながら、世界的に有名なIT企業の元CEOによれば
    AIなどの「高等数学応用」の分野は、日本人はイケてるんだとか
    この方、ほとんど日本のことを評価しなかったのに・・

    日本銀行券が必要なのは、冠婚葬祭だけ、、なーんて世が!?

  • >>No. 7309

    不法移民は「不法」であることが問題なのに、何を米国に要求するのか?
    反トランプを声高に叫ぶ彼らは、不法でも米国で暮らすうちに「どうにかなる」と信じている
    彼らが抱く「アメリカ幻想」を捨てさせるには、まだ時間がかかりそうだ

    日本で「アメリカン・デモクラシー幻想」を抱きがちなのは、主にリベラル派だ
    とくに団塊の世代以上でリベラルを自認する高齢者層に目立つ

    米国で非合法移民が急増したのは80年代に入ってからで、それまでは、世界は社会主義vs自由主義で対立
    とくにソ連崩壊までの間は、非合法での移民は命がけ、よって自由主義陣営も、それを歓迎しがちだった
    実際、ソ連崩壊後、非合法移民が一夜にして「合法化」されたことがあった、その数180万人とか
    2000年代、ついに黒人の大統領が誕生して、「アメリカン・デモクラシー幻想」はピークに達した

    自由、平等、人権、ケネディ、キング牧師、いちご白書、ジーンズ、ドラッグ、フリーセックス、デモ暮らし
    新左翼も米国留学して帰国したら、反日アメデモオヤジの一丁あがりw

    黒人参政権なら、19世紀の合衆国憲法ではすでに認められていたが、実際は差別も認められていた
    60年代から、公民権運動が盛り上がってきたが、黒人の実質的社会参加は、実際は80年代に入ってからだ
    トランプ政権は、アメリカンデモクラシー幻想を「これ以上膨張させない」と言っているに過ぎない

    幻想はショービジネスを通じても世界に拡散された、この歌はその代表曲「The House I Live In」
    ♪What is America to meと問いかけ、♪All races and religions  That's America to me で涙する

    この作品が1945年!
    これをショービズ界のボスだったシナトラがやるのだから説得力は抜群
    では皆さん、楽しんで騙されてください
    https://www.youtube.com/watch?v=xtC04KgHqX0

  • 緊急事態か?

    24日、尖閣周辺海域で、中国海軍が遭難した漁民を捜索中とのこと
    海警(コーストガード)ではなく、海軍(フリゲート艦)が尖閣周辺で行動中
    遭難漁民20名のうち、1名救助とのこと( China Military news、中共公式サイト)

    「1名だけ救助」との報道に注目、
    救助された漁民の証言ということで、
    中国海軍は遭難者捜索の名目で尖閣諸島に上陸してくることが予想されるからだ

    海警には海保
    海軍には海自

    北の核を巡って、現在は米中協調対処
    もし、中国海軍の尖閣上陸に、自衛隊が何も行動できなければ
    先の日米会談での「トランプ・コミットメント」は効力がないことを証明する

    シナは、北朝鮮の核を最大限利用して、尖閣上陸を謀るのか?

    今回はちょっとヤバイぞ

  • >>No. 7304

    【ロシア革命から100年】

    ※暗転とは:演劇で、幕をおろさず、舞台を暗くして、その間に場面をかえること。ダーク チェンジ。

    ホワイトハウス主席戦略官スティーブ・バノンは「米国国家を解体したい」と公言して憚らない
    よりによって「レーニン」を尊敬すると公然と言ってのける、スゴイのが登場したもんだ

    このオヤジ、いったい何を言っているのか、少しづつ見えてきた
    要は
    トランプ政権誕生以前の「米国の国柄」のままに、この国が存続することは拒否する
    このまま進めば、2000年以降に生まれた米国の子供たちは地獄で生きるに等しい
    私(バノン)が育った環境(中間層)は、今や消えてない
    グローバルに流れるマネーは「米国の国柄」を利用して、一点に集中している
    このシステムは、安く粗悪な労働力を波状的にこの国に引き寄せている

    この歴史の存続を断ち切る、そのためには最高権力者(大統領)の交代だけではダメだ
    政策を変えても、システムが同じなら、米国は変わらない
    (戦略の変換ではなく、オペレーションシステムを変えろ、という意味)

    トランプ大統領に、これが実行可能とは考えていないようだ
    バノン氏がトランプに期待しているのは「暗転」だ
    ロシア革命の2月(3月)から、二度目の革命(11月)に到る間にあった「暗転」これだろうと思う

    ちょっと「北一輝」を思わせるが、そんな素朴さはない
    かといって、石原莞爾ほど上等でもないが、その分、処世には長けていそうだ

    Darkness is good

  • >>No. 3502

    関税を撤廃すると市場は1つになる、各国各産業の競争力が最大化され
    結果的には、参加各国の消費生活水準は向上する(短期的には)

    ここまではバラ色だが、その後、参加各国で問題になるのは「為替レート」
    負け組産業からは必ず不満が自国の政府にぶつけられる

    ほんで最終的には「ほなら統一通貨でいこうや」となる(EU化)
    ココが大大問題なんや

    EUが通貨統合するのとは根本的に違うんや、TPPには基軸通貨の「米ドル」が参加するんやで
    ユーロは基軸通貨米ドルに対抗する目的があったが、TPPは「米ドル」が支配するんや!

    ほんなら、TPP参加国の各「中央銀行」は、いらんやないか
    各国が独自の「金融政策」も、とれんやないか!

    しかもや、「米ドル」を発行するFRBは、日本銀行と違うて、完全な民間銀行の集まりやで
    日銀の発行株の50%は日本政府保有だが、米国連邦政府は準備銀行の株なんかもってへん
    ただFRBの仕切り役の任命権を議会が持ってるだけや(なーんの役にも立たへん)

    そうなったら、とてつもないパワーを「在米の民間銀行」が持つ事態になる
    ここに到れば、米国民も日本国民もあれへん、自国政府のコントロールが効かない「民間銀行団」に
    好きなように振り回される

    何のために「政府」が存在するのか、国民は生活実感として政府不要論に奔る
    そのタイミングで誰かが言い寄る「all together now」、、アホか、イヤじゃボケ

    繰り返すが連邦銀行は100%民間銀行や、
    その発行株の50%以上をワイがもってるなら、文句はないがの

  • >>No. 7307

    「在日コリアンは禍である、占領統治責任者のマッカーサー閣下は
     全ての在日コリアンの帰国に、尽力していただきたい」
                       内閣総理大臣 吉田茂

    マッカーサーに届けられた吉田総理の書簡
    しかし、このタイミングで朝鮮戦争が始まり、うやむやになる

    1952年昭和27年、日本が主権を回復して以来
    コリアンがかくも大量に、日本に居つくことに対して
    日本政府は、この是非を一度も国民に問うたことがない

    「国民投票を求める」国民運動を!

  • >>No. 7305

    >丁度、日本における朝鮮人みたいなものか?

    まったく違う、まるっきり異なるw

    そんなこと言ってたら、ユダヤ人が激怒する
    既に一部のユダヤ人団体は、コリアンの反日活動に怒り始めている

    ナチスに虐殺されたユダヤ人と、
    捏造の日本軍に虐殺されたコリアンという構図で
    反日宣伝を世界各地で行っていることに対して

    数あるユダヤ人団体が全て意思統一されているわけではない
    ユダヤ陰謀論が滑稽なのは、ユダヤを1つの統一意思と見做していること

    中には、シナのカネでコリアンと行動するのもいようが
    主流派は、バカじゃない、いや、めっちゃ賢い
    いや、めちゃめちゃ賢い

  • 今年は「ロシア革命」から100年目だそうで
    ご諸兄の感慨やいかに

    1917年のロシア革命のことを、英国では「ユダヤ人革命」とも称すると
    昔、ある識者から聞かされたことがあったが、日本ではまず人口に膾炙しない
    だからプーチンがメディアを前に、これを公言したのには驚いた
    https://www.youtube.com/watch?v=7bSAB5OPkwQ

    プーチン曰く
    「最初のソ連政府メンバーの80~85%はユダヤ人だった」

    トランプ政権の主席戦略官スティーブ・バノン氏は
    「国家を解体したレーニンを尊敬する」と選挙中から公言している

    ユダヤ人の安定した定義は、ユダヤ教徒(モーセの信仰に帰依している民族に属する者)で
    これといった「特定の人種」ではない。

    但し、ユダヤ人の定義が安定しない要因の一つに、欧州では中世から「ユダヤ教からキリスト教に改宗した」割合もかなりの規模らしいのに、改宗者自身は「ユダヤ民族の自覚」は維持しているというのだから、ややこしいw

    この「ややこしさ」を示す具体例の一つに「ナチスによるユダヤ人迫害」がある。
    ナチスに虐げられた「ユダヤ人たち」は、そもそもロシア方面からドイツ方面へ移動してきた
    ナチスの前に、ロシアでの虐殺が移動の発端だったとも言われている

    こうして東から西へユダヤ人は移動し、ドイツ領内に移り住んで
    そこでも「ユダヤ教からキリスト教に改宗した者」も“かなりの規模”存在したらしいのだが、
    学術的に耐えられる「統計数値」がないらしいのだww

    あるのかもしれないし、本当に、検定不可能なのかもしれないし、
    やるとバチがあたるから、やらないのかもしれないし、やると処罰されるからかもしれないし、

    なんだか、わからない
    https://www.youtube.com/watch?v=ioNDxQjumfc

  • 「主権」という言葉の意味を確実に理解していないと、以下に報道されたバノン氏の発言は理解できない。
    戦後教育が強調する「国民主権」なんて、およそ社会主義革命を夢見た「戦後の出来心」に過ぎない

    主権の意味を理解していないから、国民主権なんて「過激な言葉」を口にできたのだ
    「憲法を学ぶ」このスレッドでも、繰り返されるキーワードの1つが「主権」

    朝日新聞:23日にワシントン近郊であった「保守政治活動会議(CPAC)」に、首席補佐官のラインス・プリーバス氏と登壇。バノン氏はトランプ政権誕生1カ月の功績として「近代米国史上、最も重要な行動の一つは、TPPからの即時撤退だ。それは我々の主権を取り戻すことだ」と主張した。

    もしTPPが実現していれば、たとえ中国経済圏を包囲したところで、
    TPP参加国に従来の国家主権が毀損していれば、中国にとっては脅威どころか、版図拡大のチャンス到来だった
    それへの対抗策は「EU化」するしかない。

    ちょっと前まで、「ボーダーレス社会」という言葉が流行った
    これが「グローバル」に代わったところだった

    「人も情報もマネーもグローバルに移動する」と云われているが、
    よく見ろ!
    それらは自然現象ではないのだ、意図的に「移動させて」利益を発生させている
    その利益はどこに還元されるのか?
    それらの利益は、どの国の国庫にも収まらないように、逃げ回っているのだ

    最後は全て私のポッケに入れば文句はないが

  • 映画『沈黙』と日本国憲法

    なぜ、日本人は今日に到るまで憲法を変えてこなかったのか?

    なぜ、近代憲法は自然科学のように理解されないのか、

    日本人にとって、理解することと、信じることは、異次元なのか

    護憲派も改憲派も、日本人は憲法の為に死ねるか?

    日本人は「デモクラシー」を信じているか、憲法を、9条を、信じているか

    日本人が「信じる」とは、生きることではなく、死ねることではないのか

    スクリーンを眺めながら、脳裏に浮かんだ「日本国憲法」

    原作:遠藤周作 監督:マーチン。スコセッシ
    https://www.youtube.com/watch?v=0cUtOR-DL1A

  • >>No. 3499

    フリン辞任表明の当日に、辞表が公開されとるやんけ!

    どないなっとんねん

    間者が白亜館におる、ちゅうことか
    ん?しーあいえーか、ほなら避けられない喧嘩やなw

    後任のケロやんも、プロの政治家や官僚がキライみたいや
    まぁ、一回演説観ただけの感想やけど

    たのむでぇー、ほんま、しっかり戦後秩序を壊してや

本文はここまでです このページの先頭へ