ここから本文です

投稿コメント一覧 (604コメント)

  • こんにちは。

    南西の風が強く吹いてプラタナスの落ち葉が風に舞っています。

    月日の過ぎるのは速い!
    もうすぐ半年間有効の信用取引の期限になってしまいます。
    もう株の取り引きも飽きてしまったから、どうでもいいことなのだが、
    今保有している株が騰がったら「繋ぎ売り」もしたいし、費用が掛かる訳でもないから、この辺で一回売買をして口座維持をしておかなければなりません。

    値動きのある銘柄を777で100株(笑)買って、ほんの30分くらいで788で売れたけど、こんなに動く株は板が薄くて1000株なんて買うことができない。
    「株の世界なんてこんなものなんだな」・・・と納得。
    手数料を引くと、632円の赤字・・・・・

                  道草

  • おはようございます。

    この冬一番の冷え込みになりました。
    今日はビン缶の日、ひと月の経つのは速い! ついこの間やったと思っていたのに、天気予報では雨だったけど幸いに曇り、当番の人達もホッとしたことでしょう。
    来年の一月早々に私の組が当番、お正月休み明けだから量も多いだろう。
    あと三年もすると組長の順番が廻ってきます。
    一人暮らしの人も多いし、高齢者が殆どの自治会何時までつづけられるのだろうか?。
    私は若い頃はよそ者だったし非協力的な人間だったから、廻りからはあまり良く見られていなかったのか? とくに同性は私を避けて?警戒?していたように思えるが、ちょっとこちらから声を掛けると、必要以上に反応が大きいのに気が付きました。人間って面白い。

    今日はMSQだけど何事もなく終わりそうな雰囲気ですね。
    でも一寸先は闇、くれぐれも注意して新しい年を迎えたいものです。

                 道草

  • >>No. 12161

    おはようございます。

    この季節の恒例行事の小学校の「持久走大会」を見ていました。
    早い子、遅い子、中に一人だけ極端に遅い子が一人、最後までは見ていなかったけど、恐らく最後は一人だけでグラウンドを廻らなければならないのだろうけど、一生懸命に走っている姿を見ていたら、何だか涙がこぼれそうになってしまった。
    これも年寄りの証しなのでしょう。

    私の所にも日に何本もの電話やFAXが入ってきます。
    今の世の中は仕事や用事がある人は個人の携帯に掛けるのが当たり前になってしまったから、知らない電話には出ないけど、代引きの配達人からの電話もあるしで、考えてしまいます。
    中には非通知設定で何度も掛けてくるので、電話機をスピーカーにして聞いてみたら、なんと保険会社とのこと?
    非通知などという失礼なことをよくやれるものです(笑)

    あり♪さん、靴はコマセだったのかな? 古い靴なんて売れるのでしょうかね?
    情けにホダされたあり♪さん、見事に術中に嵌まったのか?
    「きずな」は「絆」、「ホダす」も「絆す」同じ字を書いても意味は違って、「結びつき」も時が経つと「しがらみ」になってしまうのかな(笑)

    男と違って女は幾つになっても、それなりに歳相応のお洒落は楽しめるんじゃないの? 男のお洒落は女に見せる為で、女のお洒落は同性に見せる為なんて聞いたことがあったけど・・・

                  道草

  • おはようございます。

    今朝は風が強くて寒い朝になりました。
    明日はこの冬一番の寒さになって九州でも雪が積もるとか? 寒いと言っても我が地方は、北はアルプスや富士山に遮られて寒気は流れ込み難いのか、
    ほんとうに暮らし易い土地でありがたい。

    明け方に面白い夢を見ました。
    NHKの森田美由紀アナウンサーが出てきました(笑) 現在より若い頃のようで、光るように美しい顔立ち、話がしたくて近寄って少しだけお話をしてもらいました。
    不思議なのは数年前ならそんな場面では、「あらぬ妄想」も頭をもたげるのに、今回はそんな気持ちも起こらずに、ただただ話をするだけで幸福感に浸れたが、夢の世界は現実の世界の隠れた欲求の顕れともいうから、・・・
    これが本当なら、例えボケが始まっても「恥ずかしいような言葉は発しないだろうなぁ~」と安心しました(笑)

    「綺麗に枯れたい」は誰もが願うこと? この歳になってやっと会得か?
    毎年同業者との旅行に行っていた、私ともう一人の最年長者が去年の今頃に亡くなってしまった。
    「どっちが先に逝くかな?」なんて冗談を言い合っていたのが現実になってしまったのだが・・・世の中は分からない。
    体長不良で去年の旅行は息子に行ってもらったし、「私とていつ来られなくなるかもしれない」旨はいつも言ってあるから、近場での飲み会には必ず出席するようにしている。
    そんな中で一番の元気印の二つ年下の人がスッカリ元気をなくしてしまった。
    前立腺の病で医者からお酒も食事も制限されているとのこと。
    レーシック、インプラント、腰椎の手術と全て東京まで出向いての治療をするくらいに身体を大切にしていたのに、来年の旅行は中止かも・・・・・

    身近で色々なことが起こると、あと何年生きられるか分からないけど、残された寿命は静に送りたいと切に思う。

                 道草

  • >>No. 12152

    おはようございます。

    今朝も快晴の空、ちょっと冷え込んで気温は10度、こんなのは寒い地方の方々にとっては寒いうちには入らないのだろうな?

    あり♪さん、設置型の石油ストーブはこちらでは見たことがありません。
    山梨に行った時に幼稚園などにはあったような? 静岡も山間部でない限り気温が0度を下回ることなんてないから、普通の家庭では夏は片付けられるファンヒーターかエアコンで過ごしてしまうのでしょう。

    首にタオルを巻いていたら、女房がネックウォーマーを出してくれたので使ってみたら何と不思議、首が温まるだけではなくて身体全体の寒さも和らいで・・・人間の身体の構造って面白い。
    私もロシア人に似ている? ホッカイロなんて余っていても使う気がしません(笑)、何事も慣れなのか、私は一年中下着は半袖、その上に冬は長袖のシャツを一枚とベストだけ、腕がちょっと寒かったのにネックウォーマーのお陰でそれさへもなくなりました。

    Tulipさん 家の中を片づけられるように他人が来てくれる? 一石二鳥みたいなものですね。でも他人がくると神経を使うのでしょうね?
    私は神経を使い過ぎる性格だから、他所の家に泊まるのはイヤという変わり者、娘や息子が来ても気を遣ってしまう(笑)
    そんなことが以心伝心なのか、私のトイレには誰も入りません。
    寒い冬でも一年中窓を開けてあるからかな?
    今年の夏に娘が女友達を連れて泊りに来た時に、その子が私のトイレを使ったり歯磨きをしていて、娘がちょっと困ったようでしたが、私は一向に構わないしかえって安心したような気持ちになりました。

                   道草

  • >>No. 12150

    おはようございます。

    冬そのもののような、鉛色の雲が広がっています。

    あり♪さん、北海道育ちって寒さに強いんじゃなかったんだ?
    我が家は40年近く前に建てた家なので、一番居ることの多いリビングにはクーラーしかないから、ファンヒーターを点けているのだけど、灯油の補充が面倒。 「まだ半分ある」 「もう半分しかない」・・・
    勿論私の考え方は後者の方(笑) 自分は殆どリビングには居ないのに、この季節は灯油の補充が日課になってしまいます。

    人間の身体は衰えるばかりだと思っていたら、二年程前には夜寝る時に足が冷えて、靴下を穿いたり足温器を入れたりしなければ寝られなかったのに、今では全く火の気のない部屋で、掛布団一枚だけでも時によっては暑くて汗をかく始末、これを良い方に取ればいいのか?

    歳と共に恰好より実益をとるようになって、私が女房に「女」を感じなくなったのはヒールのない靴を履き始めた頃、もう十年以上も過ぎてしまいました。
    今年の春に行った同業者との旅行でも、革靴を履いていたのは私だけ、後の人は皆さんスニーカー、まるで老人会の旅行のようになってしまいました。

    寒さが増して小鳥たちも体力を蓄えなければと、朝早くから群がって餌を食べている姿が可愛らしい(笑)

                  道草

  • おはようございます。

    今日もいいお天気、気温は二十度くらいまで上がる小春日和とか?

    昨夜は同業者の緊急?の会合で飲み会に行きました。
    新しい国家資格が出来るとかで、その試験の検定委員についての話。
    国家資格の検定委員なんていうけど、ようするにこれから全国規模で行われる実技と学科の試験の試験官の役目なのだが、今は誰一人いないのを誰がどんな基準で選ぶのか? 全くもって不可解なお話(笑)
    ただこの時点で申し込めば、無試験でその資格が与えられる。

    全国47都道府県にある各県支部から3~4人が選ばれる。
    何事も密室の中で行われ、そして決定されてしまいます。
    そこで私が所属する支部でその3~4人を賄うことに決めてしまったのだが、それもその筈、この飲み会には理事長も在籍しているのだから・・・
    世の中なんて早い者勝ちの世界、でももうこの歳グチも文句も言うまい。
    勿論私がやりたければなれるのだが、もう面倒なことはイヤだ。

    昨夜は気持ちよく飲めました。
    勿論グレープフルーツサワーは出来上がったものを注文しました。
    欲望があってそれが満たされている人はそれなりに、満たされていない人もそれなりに、欲望のない?人は何事もなく、ただ和気藹藹の飲み会(笑)

                道草

  • >>No. 12141

    おはようございます。

    そうです! 短い老い先に暇なんてありはしません(笑)

    毎朝五時半に起床、女房より早く寝て、早く起きるがモットー。
    ノラの餌は毎日2~3回点検しているので空になることはない。
    二年前くらいはノラ、飼い猫、合わせて5~6匹くらきていたのに、最近はノラはゼロ、飼い猫がたまに二匹だけしかこなくなった。

    これからはメジロ、ヒヨドリがやってくるのでミカンをあげるのが日課に。
    昨日ちょっと片付けていたら、ビーフ&野菜の古い缶詰が出てきたので捨てようとしたが、開けてみたら何も痛んではいないので、カラスにあげることにして、今朝は食パンを四つに切ってビーフを載せて上げたら喜んで?食べていました。

    以前、カラスに餌を上げていたら、通りかかった人が「カラスは狡賢いから嫌いだ」なんて言っていたけど、心の中では「人間程じゃないよ」と・・・

    いずれ、こんなことも出来ななくなる時が来るのだろうな。

                 道草

  • >>No. 12134

    こんにちは!

    お昼前には雨も止んで、暖かになってきました。
    今日はお休みでもテレビは詰まらないので、性懲りもなくまたまた倉庫の片付けで時間を潰しています。
    無趣味の私にとって片付けの仕事がなくなったらと思うと恐ろしい(笑)

    >世捨て人をみたいなこと言ったり、木枯し紋次郎(チト古いか)ぶったり、冷たい人間装ってんじゃないよ(笑)

    皆さんにはそう見えるのでしょうね? 自分自身はまったくそんなことは意識はしていないのだけど、生き方そのものがそうなんだから仕方がない。
    私は子供の頃から変わった人間だったと思います。
    小学生の頃に母親に「自分より勉強のできる子と遊びなさい」と言われて「誰もがそんなことを言ったら遊ぶ人がいなくなるじゃない」とか、中学生の頃に芸能人の顔のことを言っていたら、姉から「自分の顔を見てから言いなさい」って言われてから他人のことは言わなくしました。
    ある時ヤクザの親分と話をしていたら、親分が「オレの為に命を捨ててくれる子分が2~3人いたら、この組ももっと大きくなるんだが」と、それを聞いて「何言ってんだい、その逆だろ!」とは言えなかったけど(笑)

    まぁ、苦労というか余りにも色々と普通の人が経験出来ないことをやりすぎてしまったから、こんな性格になったのかもね?
    無宗教なのに、生老病死が四苦ではないと悟り? この世は一切皆苦とも悟り?
    そのことを上辺ののものではなく本心から理解できれば、この世のことは全て幻なんて心境に少しは近づけるのかも・・・
    あり♪さん、ひつだけ的を得ていることは、「人に甘えられない」これはその通りですね! 自分を甘やかすのがすごく怖い(笑)

    世を捨てる覚悟もしたし、恐喝罪で逮捕されることも覚悟はしたけど、世の中なんて自分の思ったようにはならないものです。
    以前同じ組に住んでいたヤクザが、傷害罪で鳥取刑務所に服役した人がいたけど、何故か私には好意的なので、色々と話をしてヤクザの組を辞めさせたことも。
    傷害罪だけでわりと短い服役だったけど、本当はもっと違うのかも知れない。

                   道草

  • おはようございます。

    最近ちょっと変わったことが立て続けに起こっている。

    先週、車で30分くらいのお客さんから集金に来てと連絡があって、「振り込んでくれればいいのに」と何時も思うのだが、なにせ田舎の大工さん、すべてが現金の世界。
    何時もは女房が行くのだが、土曜日も午後になってしまって「面倒だから明日にしよう」と言うので、「片道はオレが運転するから行こう」と言って出掛けて、先方で「私ももう歳を取ったから、これが最後かもしれないから」なんて言って帰ってきましたが、その夜だか日曜の朝だか? 行く道の国道一号バイパスで崩落事故があって半日通行止め、行っておいて良かった。

    月曜日、「ごめんください!ごめんください」と女性の声。
    見知らぬ中年の女性、聞いてみれば少し離れた町内の人で、以前床材を買いにきたので、余っていた床材を上げた人、「静岡に買い物に行ったので、デパートで崎陽軒のシューマイを買ってきたから」と届けてくれたのでした。
    私はシューマイも餃子も好きじゃないのだけど、このシューマイは美味しかった(笑)

    日曜日の午後に固定電話が鳴ったが知らない番号、出なかったら今度は携帯から掛かってきて、「もしや宅急便?」と思って出たら、なんと三十年くらい前に私の所で働いていた人、「こちらに来る用事があって寄ってみたけど閉まっていたので、今度電話をして行きたい」とのこと、昨日宅急便で柿を沢山送ってきてくれました。

    不思議なことはまだまだある。
    これも何かの「虫の知らせ」なのだろうか?

                  道草

  • おはようございます。

    一段と寒い朝、日中も気温は上らないようです。

    人間幾つになっても新しいことに出会えるものですね。
    先週火曜日に一日中孫娘のお守りをしましたが、女房が出がけに「折り紙と折り紙の本」をおいていってくれたので、早速それを始めたけれど私にとっては何も楽しくはないが、小学二年生の子は一生懸命になっている。
    私にとっては「修行の場」と思って相手をしていたら、なんのこともなくなってしまいました。
    そのうちに「鶴」を折ってと頼まれて折りだしたら分からない。
    鶴を折ったのは母親が死んだ時以来、名前が「千鶴子」だったから、千羽鶴を折って棺に入れたのが最後。
    でもまだボケてはいなかった(笑)やっているうちに思い出しました。

    最近というか、去年から始めた「断捨離」も今思えば修行の場なのか?
    「面倒だから後にしよう」なんて考えたら先に進まないから、遮二無二やるしかない。
    この経験もまた良い方に働いたようで、今は面倒などという気持ちは起こらなくなりました。
    自営業者は幾つになっても終わりがない、それが負担になっていたけれど、これも考え方次第、私のように何事にも熱中できない人間にはボケない限り続けられる一生の仕事なのだから・・・あり難いことです。
    例え一銭にならなくても他人に頼りにされることは嬉しいことだと思えるし、これもまた楽しいことです。

     つながれしいかでことなるもの事の身を捨ててこそ生くる世もあり

                    道草

  • こんにちは。

    冷たい冷たい雨が降り続いています。
    先日仕事で伊東に行ったのですが、その費用を支払いに来てくれました。
    往復の時間が五時間、作業の時間が六時間、合計十一時間。
    外注の職人さんに頼めば、四万円は下らないと思いますが、私が行ったことだし送り迎えもしてくれたことだしで、私の日当二万と材料費で二万五千円を請求しました(笑)

    先方はもっと高いと思っていたのでしょう?
    請求書も領収書もいらないと、そう請求書を打ち出すと自動的に消費税も乗ってしまうし、彼はきっと私の内緒のお金にすると思ったらしい。
    今の私にはお金の使い道なんてないし、帰ってきた女房に渡したら「これが鍋釜に消えるのね」と言ってしまいこみましたが、なんとなく機嫌がいい(笑)
    同業者の中にはこんな方法や請求書と領収書を二通書いて、浮いたお金を彼女の生活費に使って、「三十年くらいでマンションが一軒買えた」なんて言うツワモノもいるけど、私には絶対無理。
    その間奥さんをダマシ続けたり、私だったらとっくにバレちゃうし、飽き性だから・・・よく女房と五十年も(笑)
    人それぞれの生き甲斐があるから頑張れるものなのですね?

    そういう私も不倫はバレたことはあるけど、お金を誤魔化したことなんてないことだけは女房も信じてくれている・・・
    考えてみたら私の取り柄なんて知れたものでした。

                  道草

  • こんにちは。

    この冬一番の寒い日になりました。
    明日からはもっと酷い寒波が襲来するとか、北陸でも雪になるのでしょうか?

    何処かで個人情報が洩れているのか? それとも無差別に送っているのか?
    郵便で「国境なき医師団」からの郵便物が送られてきました。
    私はかれこれ二十年以上も前に、日経新聞に載っていたある慈善団体に五年間も寄付を続けていたのですが、だんだんにその内情を知って、寄付金の内、実際に現地に送られるのは二割にも満たない、あとは国内の人件費や家賃に流用されているのを知って愕然として辞めました。

    今回の「国境なき医師団」はテレビなどでも報道されている団体なので知ってはいますが、・・・もう私は何にも係りたくなくなってしまいました。
    「南スーダン緊急援助」だそうですが、いつまで経っても為政者の権力闘争が続き、またその双方に自分の思惑で武器を売る国がある。
    そんな国に生まれた人達は気の毒に思いますが、もし私がそんな国に生まれていたら、「死んだほうが楽」と思ってしまいます。

                   道草

  • >>No. 12123

    こんにちは。

    tulipさん、お天気もそれなりで良かったですね。
    写真を見ると、皆さん楽しそう!
    だけど私には無理(笑) 鉄板焼きの煙がモウモウ。
    こういうのを見たり聞いたりしていると、自分の変人さや我儘さをツクズクと感じてしまいます。
    家以外での飲み食いでは何もしたくなくて、先日の同業者の飲み会の時にグレープフルーツサワーを頼んだら、グレープが別にでてきたのでもう面倒になってしまって、横に座った人が「そんなこと言わないで」と搾ってくれるありさま。

    寝る時間を束縛されたくないし、一人で寝たい。
    私達夫婦はかれこれ二十年以上も別室で寝ています。
    自分が我慢をするのもイヤだけど、他の人に迷惑を掛けるのはもっとイヤ。
    寝る時は永平寺の修行僧のように、右を下にして横を向いて寝る。
    部屋は真っ暗、かと言ってドレープカーテンを閉めるのはイヤ。
    こんな変人だから、一泊以上の外泊なんて無理!無理!

    昨日のお昼、女房はお茶仲間と「河岸の市」の海鮮丼を食べに行き、私はスーパーのお稲荷さんと干ぴょうの海苔巻き、普通の家庭では考えられないよね?
    だけど私は海鮮丼は嫌い、お稲荷さんと干ぴょうの海苔巻きのほうがズット美味しいと思っているのだから(笑)
    全てのことがこんな調子の、おかしな夫婦です。

                  道草

  • >>No. 12121

    こんにちは

    >たとえ世間的には「不倫」になるのでしょうが、なんの当てもない恋でも 愛する人が心にいれば、それだけで自分の人生はモノクロからカラーの世 界に

    たしか少し前にあり♪さん、今でも「想う人」がいるって言っていましたよね? それってスゴイって思いますよ!
    私なんか二十年近く前の「時雨の記」以来、そんな感情を持ったことがなかったから、 そんな苦しさから逃げ出して以来、心から人を好きになるような純情な気持ちは失せてしまいました。
    ただちょっとした仕草や交わす言葉に、ホンノリとするだけ、ただそれだけ、これも恋心なのか?(笑)

    月曜日は振り替え休日でお昼から夜まで孫娘のお相手、昨日は風邪気味だとかで学校を休んだから、朝から夜までお相手。
    私は変わった人間で、子供が好きなんてことがなかったので、女房もそれを知っていて、パートを休んだり職場に連れて行ってなるべく私に面倒を見させないようにしていましたが、最近は孫娘が私と一緒に居たがるようになってしまって・・・
    ちょっと傍を離れて用事をしていると、寝るのをやめたりするので一日中仕事なんて出来ない。
    元来私は「自分」というものを出さない性格ですから、傍からみたら「好々爺」の仲間なのでしょうね(笑)

                 道草

  • おはようございます。

    もうすっかり冬になったような寒い朝です。
    二十年ほど前だったか? 「時雨の記」なる映画が流行ったような。
    まるで自分が映画の主人公になったような、まだその頃はそんな錯覚を覚えたバカな自分だったなんて(笑)

    月曜日の夕方に、知り合いの奥さんが雨の中「ユズ」を届けてくれた。
    アレレ!いつもより少しお化粧が濃い・・・色々と想像をめぐらす。
    「食い気も色気も無くなった」なんて言っても、心の奥にはまだまだ計り知れない何かがあるのかな?
    たったそれだけのことで、気持ちがホンワリと明るくなりました(笑)
    やっぱりこの世には「男と女」がいないと詰まらないのかな?

                   道草

  • おはようございます。

    明け方に強い雨が降りだしたと思ったら、今は晴れていいお天気。
    富山はどうなんだろう?

    歳と共にだんだんに欲がなくなってくると、それに比例して見えてくるものもあります。
    私達が生まれ育った時代は決して「いい時代」なんて言えなかったけど、苦しいなりに何か将来に対する希望があったと思う。
    これからの世の中は一体どうなることやら?

    人口が減少することって、会社で言えば従業員が減少すること?
    私の会社も最盛期には女子事務員二人に男子従業員が七人もいましたが、今では考えられない毎月の給料。
    それが時代と共に一人減り二人減りしてみんな居なくなった(笑)
    辞めさせたんじゃなくて、独立が多かった。

    小さくても経営者は何時でも先のことを考えていなければなりません。
    もうダメだと思ったら会社を辞める覚悟も必要。
    テルミクラブの破綻が手にとるように分かります。
    あんな筈じゃなかっただろうに、辞め時を先延ばししたために倒産ばかりか詐欺罪にまでなってしまった。

    これからの日本で生きてゆく人達は大変だ。
    人口が減少すれば消費は減るし、少子高齢化で生産性も下がるから税収は減ってしまうだろうし、一千数百兆円の国債の返還はどうするのだろう?いずれデフォルトするしか方法なんてないのだろう?
    原発の廃炉だって作業の目途さへ立っていないし、廃炉から出る高レベル廃棄物の処分方法なんかに至っては考えたくもない。

    やはり個人もそうだが国レベルでも何かが劣化してきたようだ。
    シャープ、東芝、タカタ、日産、スバル、神戸鋼のような不祥事なんて昔はなかったように思える。
    その場の難しい問題さへ先送りしてやり過ごしてしまえば、後のことは自分は知らない・・・「米百俵」の世界ではなくて「あとは野となれ山となれ」の世界か(笑)

                  道草

  • >>No. 12112

    おはようございます。

    >歯車を作っている時間はそれに没頭していてそれが至福の時間だったので は?
     我が家の電化製品も故障のおりはお願いします(笑)

    那菜さん、それがねぇ~さにあらず。
    たった一つの歯車を作るのに、色々な材料で10個くらいも作って、半日以上も掛けて作った物の山が合わず、一瞬にして歯が欠けたり、「あぁ、これは俺には無理だ!」と何度思ったか? ネットで中古を探したのもそんな時。
    直すには直せたけど、自分の限界を知ってしまったから失った気力の方が大きいように感じてしまいました。
    私はアナログ人間ですから、メカや半田付けの世界、最近の目に見えない製品にはお手上げですよ。

    最近とみに歳を感じちゃって、あり♪さんのように株の値動きを見ているのも面倒になってしまいました。
    人と付き合うのも面倒、「年寄りの引篭もり」です(笑)
    それでも誰かが訪ねてくれば、相手が楽しくなれるように気配りばかり。
    でもそれがいつの間にか、自然の行動になってしまう自主性のなさ。
    色気も食い気もなくなったら人間お終いなんて言うけど・・・・・

    Tulipさん 週末のお天気悪そうですね!
    お天気が悪いなら悪いなりに楽しみ?ましょう。
    後で「あの時は酷かったなぁ~」なんて懐かしい思い出になったり?

                   道草

  • >>No. 12107

    おはようございます。

    >わたしゃ したくても無い袖は振れないけんどぉ。。。

    私も同じ(笑)一生涯の死亡保険になっているから何歳で死んでも二千万円の保険金は支給されるけど、80才までに不慮の事故で死ねばその三倍の保険金が出る。
    出来ることなら、そうしてあげたいとも思っています。

    先日、月末締めの納品書と請求書を直したプリンターで打ち出してみました。
    それは、それは恐ろしい瞬間! ダメだったらまた何とかしなければ。
    案ずることもなく順調にプリントができました。
    ネットで中古品を調べたら、78000円で売っていたけど、それだって同じ年数が経っているのだから何時壊れるか分からない。
    買えば78000円が出ていくのに、直しても一銭も入ってこない?
    苦労をした割には何だか張り合いのない作業でした。

                 道草

  • おはようございます。

    先週に請け負った仕事の最終日、昨日は伊東の別荘地に行ってきました。
    伊豆半島地域に住んでいる人は、さぞかし大変な生活なのでしょう?
    沼津から修善寺、冷川有料道路を通って大室山の横から135号線。
    行は祭日とあって比較的に空いていて二時間、帰りはどこもかしこも他県ナンバーの車で大混雑で裏道を通っても三時間かかりました。

    別荘地も高級な所は管理も行き届いているようですが、バブル期に販売された別荘地は見るも無残な状況です。
    行った別荘は山の斜面に建てられていて、一階にあたる玄関は外階段を上がった二階部分、二階は外階段を上った三階。
    なにしろ平な部分が全くない、場所も悪く海も見えないし辺りは草ボウボウの状態、綺麗な景色も見えない、今ではこんな別荘を買う人なんていないのだろう?
    私だったら、只でもこんな別荘は欲しくはありません。
    遠くの山の上の方にも多くの別荘が見えるけど、・・・
    伊豆には、まさに「兵共が夢の跡」があちこちに見られます。

                   道草

本文はここまでです このページの先頭へ