ここから本文です

投稿コメント一覧 (3137コメント)

  • >>No. 1331

    >文面からしてプロですか?

    いえいえ、素人の以前からのホルダーです。

  • この4~5日連騰したので警戒している人もいるが、ここはファッション通販支援子会社BBFが伸びてきて稼ぎ頭となり、BBT全体の黒字が定着・増益基調にあったので、昨年6月下旬の突然のBBF関連株式売却の発表があるまでは、現在の株価250円以上程度はしていたのです。

    その稼ぎ頭BBFを売却したために急に大幅赤字に逆戻りすることになり、売却益の配当大幅増などは焼け石に水で、その後200円以下の株価定着に成り下がったのです。
    したがって、自分の感覚では現在の株価260円はBBF売却発表以前の株価に戻っただけのことです。
    その売却の主な理由が、5Gの新データセンター開設やIoT・AIへの資金調達のためだったのです。正直言って今迄DC事業は殆ど儲かっていなかったので、個人的には納得できませんでした。

    そこまでして開設した新DCですから、5G対応で都市型というのは余程メリットがある事なのでしょうね? 超低遅延を要する自動運転利用目的等で本当にトヨタが顧客になってくれると良いですね。

    藤原社長は肩書を見ても分るように、良くも悪しきも超人ですから、今後の動きから目が離せません。

    まずは、27日の開設披露のマスコミ注目度次第ですか?

  • >>No. 347

    >臨床試験(治験):「潰瘍溶解性ウィルスHF10」(第1相:日本)(第2相:米国)

    こんにちは。

    HF10は国内治験の悪性黒色腫(メラノーマ)が第Ⅱ相患者組入れを既に完了していて、Ⅲ相無しで【今年内】の承認申請を準備中ですよね。(5/15決算説明会資料や中期経営計画・四季報等)

    今年中に実際に承認申請の発表が有ったら、お祭り騒ぎになるのじゃないでしょうか。

  • 株価はここまで下がってしまったが、DDSの下半期の業績予想とは全く別の話なので、俺は誰に何を書かれても売らないことに決めている。

    ウイルスマンなんぞは、ブルームバーグ情報によれば社長が100万株の持株を売り逃げし、現在4千株しか保有していないと言っていたのに、蓋を開けたら事実は第三者割当増資絡みで引受先へ貸しているだけではなかったか。それをIRで初めて知ったくせに、今では最初から予想していたようなことを言っている。嘘ばっかり言って何がプロだ。俺は素人だが、お前はプロを自称するのなら、もっと慎重に振舞え!!

    ついでだが、俺はDDSが新役員と従業員のために発行した信託方式のストックオプションの仕組みに感心している。これを無駄にしないためにもDDSはやってくれるものと信じている。

  • >>No. 441

    >大量に買って株価が上昇して384円を上回れば、権利行使すればいいんじゃないですか?
    >ただ、そんなに大量に売買して株価が大きく変動するようにはしないと思います

    そうですね。株価がどの程度動くか、実際のところはやってみないと分からないので、この辺にしておきましょうね。

  • >>No. 437

    >この売りによって株価が384円を下回れば、返却用の株式は、権利行使せずに市場で買えばいい、
    >そうすればそれだけ利益がでますよね?

    何十万株か分かりませんが、返却用の株式を市場で大量に買えばその時は株価も上昇するのではないでしょうか?

  • >>No. 433

    >425円が維持できなければ権利行使しなければよいだけでは?
    >425円を下回れば市場で買えばいいし、そうすればそれだけ利益がでますよね?

    権利行使しないで市場で買うのは、384円と天秤にかける必要が有りますね。

  • >>No. 426

    >たとえば425円で100万株売って、384円で権利行使すれば4100万円の利益ですよ?

    その中から予約権の発行価格1,460万円も差し引く必要が有りますね。

    また、私が書いたのはマイル社が【積極的に】株価を下げるメリットは何もない、ということです。

    貴殿の計算の4,100万円も425円の売値を維持出来ての話ですよね。100万株空売りを続ければ、普通の状態なら425円を維持するのは困難ではないでしょうか?

  • マイルストーン社に空売りで株価を下げるメリットなど何もない。

    社長の貸し株は、恐らくマイル社が売りたい時に直ちに売れるように、タイムラグを無くすためだろう。新株の行使には、そのための事務手続きに相応の時間が必要だろうから。

    私もyumさんと同じく、遅くとも年内に株価の急回復場面が来ると思う。
    その材料は、恐らく下期の業績絡みではないかとみている。

  • >>No. 377

    >いい加減なコメントばかりだよな‼️ww

    それじゃ聞くが、vivo&シナ社は結局何処だったの? 

    分かってたら教えてくれよ。

  • 行使価格が384円で固定されているのだから、どう考えても株価が下落したらマイル社は殆ど儲からない。

    マイル社が大きく儲けるには、仮に一時的であっても株価の上昇が必要である。

    今後大きく値上がりする局面が必ず来ると思う。

  • >>No. 362

    だけど、一昨年は予定通りの着地でしたよねー。

    過去は過去で、大事なのは今年度ですよねー。

  • >>No. 315

    >ひょっとしてマイルが500円以下では行使できないとお考えでしたか?
    >お目出たいですな。では、百万株の貸株も担保に取ったとでもお考えか?(笑)

    バカバカしい。私の投稿の何処をどう読んだら、そんな理解ができるの?
    もう、返信は不要。

  • >>No. 260

    >マイルストーンは384円で新株を取得できる。
    >最初の条件は9月以降、5日連続で株価が500円以上になった時。
    >2回目の条件は5日連続で株価が576円以上になった時。

    yumさん、おはようございます。

    1.募集の概要
    (8)その他 ② には
    「・・・マイルストーン社は、本新株予約権の行使期間内にいつでも自己の判断で行使を行うことができますが、同社と締結した本契約により、次の場合には当社から・・・行使を行わせることができます。」と書いてあります。

    したがって、割当日の9月3日以降マイル社の判断を中心に行使され、DDSの指示による行使は特別の場合ではないでしょうか。

  • 中・長期ホルダーの皆さん、おはようございます。

    マイルストーン社は行使価格が決定する迄だったら株価が下がるほど有利だったが、行使価格が384円固定と決まった現在なら株価が上昇するほど利益が大きくなるのだから、貸し株を使ってどうしようというのでしょうね?

    考えられるのは、通常はマイル社の意思により何時でも384円で行使できるが、例えば5連続取引日の株価終値単純平均が500円を僅かに超えると、本当は行使したくなくてもマイル社はDDSの指示で当該日の出来高の15%を上限に行使させられる可能性が有る。
    そこで、DDSの指示を回避するために500円を僅かに超えないように売りを浴びせて500円未満とし、500円を十分に超えてからマイル社の判断で行使・売却するというような事だろうか?
    あるいは貸株に加えて行使取得株も利用し、急騰したら空売りをして下げ、時間は掛かるかもしれないが往復で儲けるということも有るのだろうか?

    なお、逆に株価が384円+3.41円=387.41円を割った時には、行使をしないで100万株貸し株の空売りで利益を上げようということかな? 

    ただし、このケースではマイル社の利益は少ないので、DDSの株価が継続的に高くなるほどマイル社は儲かると考えるのが順当だろう。

    したがって、マイル社が継続して株価を下げるようなことを積極的にする筈が無いと思う。

  • >>No. 232

    >DDSの業績に反映するのは案外ハードウエアウオレットが早いのかも知れませんね。

    ハイテクさん、こんばんは。
    SBIVC(バーチャル・カレンシーズ)が免許登録を受けていたのになかなか営業開始しなかった理由の二つの内の一つがウオレットの問題だと言ってましたので、最も安全で便利なウオレットの開発は仮想通貨業界のニーズが極めて強いと思います。

    ハードウエアウオレットという細かい個別具体的なツールへの開発資金を第1位にしたのは、CP社との間で生体認証と融合したアイデアが煮詰まって来ている可能性があるのではないかと期待しています。

  • ウイルスマンは、落穂拾い画像貼付の【アイコン(赤いトマト)】にウイルスを仕込んで罠を張っていた事まで俺に特定されて、誤魔化そうと必死だな。

  • 自分の勘では今回の増資には7月9日に提携した、早くからブロックチェーンに取組んでいるカレンシーポート(CP社)との協業も関わっているのだと思う。ハードウエアウオレット(最も安全な財布)という【仮想通貨の個別具体的】な最優先開発はCP社社長のアイデア提供かも知れないし、今後同社への資本拠出も有るのかも知れない。
    つまり、CP社との提携はDDSが仮想通貨やブロックチェーンを1から始めるのではなく、CP社のノウハウを手っ取り早く提供して貰える環境にあるのだと思う。

    いずれにしても、DDSにとって総額2桁億円以上の資金が確実に必要であれば、今回の第三者割当増資は妥当であると思う。通期決算の結果は既存事業への再投資も当然に必要であり、タイミングとしても待っていられない状況なのだろう。

    真実は後ろ向きの資金手当てが目的だと思う人は、自己判断で去れば良い。自分は1枚も手放す気はないが、どちらが良かったかは後になってみなければ分らない。

    ただ、384円固定では安すぎて、マイルストーン社はぼろ儲けする確率が高いとは思っており、それが悔しい。

  • 下期の業績急進展予想に加えて、生体認証技術を活かした仮想通貨のハードウエアウオレット開発およびブロックチェーンへの参入のための増資ということであれば、このニュースを市場がどう捉えるか楽しみである。

    売り煽りが焦っているのも肯ける。もっともっと鳴きまくれ!!

  • 仮想通貨をやっていない人には、以下の解説が分かり易いと思います。

    仮想通貨のウオレットとは?
    h
     ttp://www.ikedahayato.com/20180102/73872403.html

    増資と言っても、前向きの資金調達は好材料だと思いますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ