ここから本文です

投稿コメント一覧 (3115コメント)

  • >>No. 651

    こんにちは。

    深夜に青ポチを大量打している者がいましたよ。今でも一人で大量打する方法が有るようですね。下らない事をする奴がどこの板にもいるものです。

  • 食道再生上皮シートは昨年2月に厚労省の【先駆け審査指定制度】対象品目指定を受けている。

    今回有報における最終段階の販売承認取得時期は「2019年中」を予定しており、期初計画も「2019年中」の予定だったので、結論が出る時期としては【来年中】という事で大して変らないと考えて良いのではないかと思う。

  • 現預金が不足ならば、社長への立替金(SO行使時の源泉徴収税の立替分)1.7億円を返済して貰えば良いのでは?

    また、下方修正の可能性については前々期が似たような状況で、4Qに一気に挽回して予定通りの結末だった。昨年度はその逆で下方修正であった。今年度が本当にどうなるかは、我々社外の人間には蓋を開けてみるまでは分からない。

    要は、DDS社を信じるかどうかの問題である。信じる者は残り、信じられない者は去れば良い。

    ただし、その判断は自分の置かれた状況をしっかりと踏まえて、自分自身の考えで冷静に決断すべきである。

  • >1Q決算も下期って書いてあるんだけど

    確かに、四季報だけではなかったですね。

    まあ、1Q時と重ねて書いてあるということは、商談は進んでいてもDDSの売上に計上できるまでにはそれだけの時間が掛かる、と理解しておきましょう!!

  • ウタさん、こんにちは。

    トマトだけではなく、あまり頻繁には投稿していなかった?マー坊名も利用停止になったようですね。ということは、両者の関係も調べたのかな?

    ただ、仰るようにホルダーの常連さんの内にも見えなくなった人が複数いますね。
    管理サイドでは、真の攻撃者と防衛のために反撃する者の区別が出来ないのでしょうね。

    ヤフーもネット営業には熱心に取り組んでいますが、このような掲示板や問い合わせ窓口等のクレーム対応からは逃げており、一切の管理をオラクル社任せにしているようなので、本当のユーザーの声が届かなくなっているのではないかと危惧しています。

    ところで、DDSは2Qの売上も伸びませんでしたが、今回は四季報ではなく自社の言葉で下期偏重と明言しましたので、私は前々期と同じく信じて待つことにします。

  • トマトは掲示板荒らしが過ぎて抹消になったのか。

    それにしても、落穂拾い投稿に仕込んでいたのが丸見えなのに「ステルスマン」とはあきれて物が言えんな・・・。

    業績は下期偏重ということなので2Q決算は大して期待していないが、少なくとも下期の大拡大を予想させる程度の数字はほしいな。

    なお、社長が持株を大量に手放したという話があり、本当かどうかは知らんが仮にその話が事実なら2Q実績は反って悪くないと思うよ。内部事情に最も通じている社長の立場で極端に妙な事は出来ないからね。

  • >機関のみが早耳で知り得る情報とは → IPO
    >NNLがナスダックへの上場目指してることは言うまでもない。
    >上場すれば50~100ドルの値が付く?
    >DDSの保有株は210万株
    >これが実現すれば、、、どうなるか、、、

    ハイテクさん、こんばんは。

    ごろつきのような荒らし連中に対して、最近は皆さんが知恵を絞って対応され、かなり効果が出て来ているように見えますね。

    私は、現在別の用件に時間を取られて、なかなか投稿する機会が無い状態です。

    貴殿の上記投稿は、非常に高い確率で社長が思い描いている青写真だと思います。
    NNL社の上場が近々実現し、もし50ドルの値が付けば保有株を半分弱売却しただけでも繰越マイナス利益剰余金が一掃でき、併せて今期から業績が予定通り黒字化できれば配当や自社株買・消却の道が急激に開けます。

    私もDDSが最も速く過去から脱皮して優良企業になれるのは、間違いなくこの道だろうと思います。

  • 落穂拾いの画像貼付投稿のトマトアイコンに仕込んであったことは、良く分かっているんだよな。

  • >言い返せなくなるとパソコンにウィルスが仕込まれているとか幼稚園児並の言い訳だもの(^ω^)
                  
          ↑
    はい、これが証拠ね

  • >ウィルス脳は痛いですね。

    ウイルス婆もね!!

  • ウタさん、こんにちは。

    あちらを拝見しました。自治体での採用が進んでいるようですね。

    DDSもそろそろ、マガタマプラットホームの大型民需のニュースが欲しいですね。

  • 応援、ありがとうございます。

    指摘された相手によって対応を変えております。

  • おはようございます。

    既にご存知の方も多いかと思いますが、最近PCやスマホを使用中に「グーグルからの通知」が突然割り込んで来ます。

    内容は毎週の抽選で10名限定に選ばれたので、3問の質問に答えればiPad等の中から好きな物を貰えるが、制限時間内に答えないと次の人に回すという趣旨の文書です。

    一応グーグルのマークも付いていますが、事前の宣伝等も無く怪しげなので無視して閉じた後ネットで調べてみたら、案の定偽物で、最近頻発しているとのことです。

    ご存じない方は、危険ですので騙されないようにご注意ください!!

    (お早うも間違いではないようですが、ご指摘に従い訂正しておきます。)

  • >ウイルス感染を確認してから  ネット遮断した所で 効果無くないですか? vo_ov

    素人で恐縮ですが、私が罠にかかってウイルスを呼び込んでしまった当事者で、異常も発見・目撃しましたので、少し意見を言わせて下さい。

    まず、ウイルスの「侵入」と「感染」は段階が異なるのではないかと思います。
    私の場合は侵入はされましたが、ワクチンが駆除してくれたので感染はしなかったと理解しています。現実にセキュリティ会社からのメッセージでは、私が事後的にすることは「特に無し」でした。その後はセキュリティの状態を頻繁に確認するようになりましたが、本件による問題は一切ありません。

    私が電源ボタンで強引に電源を切ったのは、ウイルス元とウイルスとの連絡や情報流出を断とうとしたが、キーボードが一切効かなくなってC+A+Dの強制終了も不可だったためで、以前に「とにかく電源を断て」という注意を見た記憶が有ったからです。本当はウタさんが言われるように電源アダプターを引き抜くのが一番確実だったかもしれません。

    後で思うにワードの画面上で動的な異常が確認できていましたので、既にワクチンによる攻撃が始まっていたのだと思います。

  • ウタさん、こんばんは。

    解説ありがとうございます。最初からウィルスの種類を書いておけば良かったですね。

    skyさんのブログも拝見させていただきます。

  • tat氏へ

    何か俺に返信貰ったらしいけど、こっちは1日中当掲示板に張り付いている訳ではないので、帰宅して開いてみたらサッサと消してるんでは訳が分からんぞ!!

    相手の事も配慮して行動するのが普通の大人だろ。君はガキのままか? やはり、トマトグループの一員か?

  • >んなもので再攪乱するのであれば・・・あなたの前のウ○エルス騒ぎ本気で訴えますよ⁉

    どうぞ、どうぞ、遠慮する必要は無いですよ。俺は事実の一部を書いただけだから。

    君はPCマニアらしいが、IT音痴と呼ばれる俺が、「画像プロフィールに仕込まれていた」と断定して書いているのを不思議に思うことはないのかい? 素人だと勘違いに間違いないないのかい? 事実であることを一番良く分かっているのは仕込んだ犯人だよ。

    そういえば、ウイルス名は別に伏せておく必要もないので書いておくけど、報告では
    IPS警告名 Attack:Memory Heap Spray  ということだったよ。

    ところで、誰が何処にどういう訴えを起こすの?

  • ウタさん、こんにちは。

    改正個人情報保護法の件は第28条の、自分についての登録情報を自分で開示請求して確認できるという意味ですかね?

    また、当り前のことですがウィキペディアでも「犯罪について帰責され刑罰の対象となる者は、犯罪者(犯人)と呼ぶ。」と定義されていますから、正式にはウタさんの意見が正しいですよね。

  • >🍅はウタ殿の事は暴力団構成員だと言ってますよ!仮装ゴッコでもされてたんですか?

    これは警察署がトマトの決闘「告発」を受理してくれないので、「受理票」に窮してウタさんを「暴力団構成員が決闘を申し出た」として警察署に「虚偽の告発」した可能性が出てきましたか? 警察は一般市民だと捜査しなくても、暴力団絡みだと別件追及目的で捜査することが多いとしばしば聞きますからね。ただ、警察も申告をそのまま信じるようなアホでは無いでしょうが、万が一何か照会でも有ったら逆に突っ込んで確認すべきでしょうね。もし、トマトがウタさんを暴力団構成員と虚偽申告で告発していたら、これは重大な犯罪ですよね。「名誉棄損罪」で刑事告訴もできますね。

  • >他の発言の信憑性も疑わしく  そのまま信用したらいけない人物だと  感じます。

    全くその通りです。

本文はここまでです このページの先頭へ