ここから本文です

投稿コメント一覧 (72コメント)

  • 反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い

     大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。

     警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。

     逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月~12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い。

    2014/04/15 16:51 【共同通信】

  • 【在日特権】大阪朝鮮学園が社会保険料2億円超滞納 日本私立学校振興・共済事業団、強制徴収せず



    大阪朝鮮学園、社会保険料2億円超滞納 私学事業団は強制徴収せず

    大阪府内の朝鮮学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が
    平成24年度以降、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が
    義務づけられている社会保険料の掛け金を滞納していることが9日、関係者への
    取材で分かった。

    教職員給与・賞与からの天引き分と法人負担分を合わせた 未納額は2億円超に上るという。事業団は強制徴収などに踏み切らないまま、 教員らに健康保険や年金の給付を続けており、批判の声が高まりそうだ。

    大阪朝鮮学園の社会保険料の掛け金は、私立学校教職員共済法に基づき、 教職員の給与・賞与の約22%を教職員と折半で負担。学園が給与・賞与を 支払った翌月末までに、事業団に一括して支払う義務を負うことになっている。

    一方、複数の関係者によると、大阪朝鮮学園では数年前から掛け金をたびたび 滞納。24年度以降は滞納額が急激に膨らみ、現在は2億円を超えているという。

    事業団によると、加入する全国の学校法人からの保険料の徴収率は99・9%以上で、
    1年を超える長期滞納は極めてまれ。事業団は「個別の納付状況は答えられない」と
    した上で、滞納を理由にした教員らへの給付差し止めは「教職員個人に不利益を被ら
    せることはできない」として、一切していないと説明している。

    事業団が長期滞納した法人に対し、資産の差し押さえなどで強制徴収できるとの 規定はあるが、「政治案件で手を出せない」(関係者)とみられる。滞納理由や今後の 納付計画について、産経新聞は大阪朝鮮学園に質問状を出したが、期限までに回答はなかった

  • テキサス親父が国連欧州本部に乗り込んで思ったこと



    悪いのは活動家たち


    それには、慰安婦は強制ではなく、「高給取りの売春婦」だった

    との記述があり、俺も実際に確認しているんだ。米国陸軍が1944年

    にビルマのミートキーナで、朝鮮人慰安婦の捕虜

    20名に対して行なった「尋問調書」のことだ。


    当時、慰安婦たちは「街へ自由に買い物に行ったり、兵士たちと娯

    楽を楽しんだり、快適な生活を楽しんでいた」とも書いてあるんだ。

    もっと驚くのは、慰安婦たちは、時間に限りがあるために十分に兵

    士へのサービスができなかったと嘆いてるんだぜ。



    性奴隷がそんなことを考えるか? 性奴隷が大金をもらえるのか? 

    性奴隷がショッピングを楽しんだり、ダイヤモンドを買ったり、キャ

    ンプへ行ったりできるか? 感情を抜いて論理を組み立てろといいた

    い。


    問題を起こすことを目的にいっているわけではない。米軍慰安婦碑に

    も、日本軍慰安婦碑に書いてあることをそのままコピーして年月日と

    国名と人数を変えるだけでいい。それでフェアであって、一貫性があ

    るということになるだろう。

    実際にはそのようなことは、起きないと思うがな。わかってもらいた

    いのは、俺は、「自分は元慰安婦だった」というお婆さんたちに対し

    て軽蔑しているわけではなく慰安婦像などをアメリカの各地に建てよ

    うとする活動家たちを軽蔑しているだけなんだ。

    彼らは、3つのカテゴリーに分けられる。1つ目のグループは、常識

    では測れない感情の入り混じった、カルト的な連中。2つ目のグルー

    プは、とにかく日本が嫌いで嫉妬が強い人たち。日本の戦後の成功に

    嫉妬し、自分たちと比較してコンプレックスをもっている。

    彼らは、ランキングや数字が大好きで、自分たちの位置をつねに知り

    たがり、人を見下すのが大好きなのさ。

    3つ目のグループは、朴政権だろう。日本に向けた憎悪は、朴大統領

    が拡散させているが、それはお父さんがやった悪事を隠すためではな

    いのか。

    彼は満州国軍に属していた。1965年の日韓基本条約で補償は済んだが、

    国民にはお金は分配されなかった。朴大統領はそのことを隠そうとし

    ている。選挙民に対するパフォーマンスで、反日は病気のようなものだ。

  • 在日ネパール人が靖国参拝


    「日本の心学び、母国に伝える」




    都内在住のネパール人20人が23日、「日本の心を学びたい」と千代田区

    の靖国神社を参拝した。参加者は戦没者の霊に手を合わせた後、

    遺品などが展示されている敷地内の遊就館を見学。平和への思いを強くして

    いた。

    ネパールは親日国として知られ、日本文化への関心が高い。今回の参拝は、
    都内にネパール料理店5店舗を展開する日本フードキャスト(豊島区)が企画。

    ネパール人従業員と家族らが参加した。

    日本在住が10年になるディネス・ギャワリさん(34)は「靖国神社は日本に

    とって、不戦の象徴ともいえる場所。他の国が参拝を批判すべきではない」と話

    し、

    ナビナ・カルキさん(23)は「日本の歴史をもっと勉強したい。母国に発信して、
    ネパールの人にも知ってほしい」と意欲的だった。

  • 戦争には「功と罪」があります。私は全ての戦争が善だとも悪だとも
    思いません。実際、強者による一方的な暴力にさらされている弱者が反
    撃するのは当然の権利であり、そこに死者が発生することはやむを得ま
    せん。

    過激な暴力を防ぐには「お題目」では通じないことは現実の社会を見れ
    ば明らかです。また、強者に蹂躙されている弱者を助け、解放すること
    も必要な戦争の一つでしょう。

    「日本は侵略国家」というのは、日本を憎悪する人たちによる「都合の
    よい断片」でしかありません。歴史上には「日本は解放国家」という断
    片も確かに存在するのですから。

    日本のマスゴミの中には「中国から見た断片」や「韓国から見た断片」
    しか使わない人たちがいます。でも、世界史における「日本の歴史を知
    る断片」は「たった2枚」のはずではありませんよね。

    そこには当然、「台湾から見た断片」があり「インドから見た断片」が
    あり、その他のアジア諸国から見た断片があり、アフリカから見た断片、
    ヨーロッパから見た断片、南北アメリカから見た断片あり、それらも有
    効に使うべきでしょう。そんな「当たり前な発想」が日本のマスゴミに
    ないのは不自然であり不思議なことですね。

    まあ、それだけ「日本のマスゴミ=中国韓国の代弁者」と言うことなん
    でしょう。

  • おまけに、東京は大阪と並んで「外国人生活保護の受給比率が高い」ので、仮に10%が外国人だとすると「10億円」。最高裁で「外国人の生活保護は違法」と判断されているわけですから、十分、「住民監査請求」の対象になります。これは足立区の住民の方はやってみて欲しいですね。少なくとも、「外国人の生活保護申請は許されない」という警鐘にはなります。http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/chosa_tokei/nenpou/2012.files/24fukushi06.pdf


    そもそも、「生活保護法」とは「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度」なんです。これは「自立を助長する制度」なんです。ずっとそのままもらい続ける制度ではないんです。 もちろん、老後のための年金制度ではありません。


    年金に関して言うと、「在日韓国朝鮮人の方は、年金の掛け金を払わなかった」んです。「掛け金」は日本においても払えたし、韓国においても払えたにもかかわらず、金を惜しんで払わなかったのが在日韓国朝鮮人の方の実態なんです。本来、無年金になったのは、完全な自己責任です。それが今「悪知恵」を働かせて、「日本の生活保護を悪用」しているんです。

  • 韓国での兵役を恐れる在日韓国人たち 




    1994年以降に生まれた在日男子には条件付兵役義務も


    2014-10-25


    このままではウリタチの子どもが




    韓国軍に召集されるニダよ~!




    1994年以降生まれの在日男子には




    韓国での兵役が待ってるよ~!



    でも事実は、「特別永住資格者」が減って、「日本に帰化し
    た韓国系日本国籍者」が増えているだけです。実際には、現在、
    日本国内には、日本に帰化した韓国朝鮮系日本国籍者も含める
    と在日韓国朝鮮人は118万人もいます。 

    在日韓国人にとっては、「韓国籍か日本国籍かどっちが有利
    か?」だけが問題なんでしょう。 そこには「民族のプライド」
    などは微塵も存在していません。

    「在日韓国朝鮮人の代表選手」である女性のツィッターが取り
    上げられています。この人物、在特会や保守速報を「名誉毀損」
    で提訴しているそうですが・・・ご自身の発言も相当なものと
    思いますが・・・。

    李×恵 @rinda0818 11:39 - 2014年10月23日
    多くの在日が韓国語をろくに話せないのに、在日が徴兵されたら
    韓国の軍隊は語学教育だけで何年かを費やすことになる。
    命がけの現場で、意思の疎通ができない同僚がいたら怖くない?


    李×恵 @rinda0818 15:09 - 2014年10月24日
    マジレスすると、たとえ君たちのような糞みたいな差別者であっても
    戦争が起こって兵隊になり、命を落とすことがないような社会を作りたい。

      
    韓国軍に殺されそこなった在日1世の末裔たちが
    韓国軍に参加とは・・・ドラマじゃ!

    さらに韓国系の民団も、土曜日、日曜日に「民族学級」を実施
    しています。 ここでは「韓国語学習と反日教育」を併せてやっ
    ています。 

    毎年、韓国での「母国研修」もおこなっています。みんな韓国
    語が話せるんです。 「在日韓国人は韓国語が話せない」ので
    はなく、「韓国人であることがばれるのが怖くて、 日本人相
    手では使わない」ということです。 これは通名を使って日本
    人に成りすましている在日特有の生活術です。  
       
    韓国人って「差別大好き民族」ですから、在日の行く末が心配
    されますね!

  • 特定秘密保護法の報道・・・




    TBS“反対のうねり各所で抗議活動”
    報告【民団所属のTBS社員】李民和
    「稀代の悪法が成立してしまいました…。何か、世の中が暗くなってしまったような気がします。」

    TBSの李民和は、2006年の民団新聞「座談会 若い世代は民団にこう期待する」という記事に登場した韓国人だ。

    一方で、
    恐ろしいな。在日本韓国青年同盟(韓青同)の委員長がTBSの報道部に入社か。
    在日本韓国青年同盟は、有田ヨシフと共闘しているレイシストしばき隊だとも言われている。

    在日本韓国青年同盟は何十年も前に朝鮮総連に乗っ取られて、
    民団の皮をかぶった北朝鮮の工作機関みたいなもの。
    http://www.hoshusokuhou.com/archives/28558281.html

    ホームページに行って、書いていることを読めば北朝鮮系組織であることは一目瞭然。

    全国組織、在日本韓国青年同盟中央本部は、活動内容見れば明白な反日団体。その元委員長、李民和は一昨年TBS報道部に採用されています。そして在日コリアン特区、在日コリアン自治区を目指すとし、南朝鮮系日本人(帰化した在日)を組織化、民主公明に献金等もしているといわれています。

    この人が北朝鮮系に属するTBSレポーター李民和 ↓

  • 特定秘密保護法の報道・・・




    TBS“反対のうねり各所で抗議活動”
    報告【民団所属のTBS社員】李民和
    「稀代の悪法が成立してしまいました…。何か、世の中が暗くなってしまったような気がします。」

    TBSの李民和は、2006年の民団新聞「座談会 若い世代は民団にこう期待する」という記事に登場した韓国人だ。

    一方で、
    恐ろしいな。在日本韓国青年同盟(韓青同)の委員長がTBSの報道部に入社か。
    在日本韓国青年同盟は、有田ヨシフと共闘しているレイシストしばき隊だとも言われている。

    在日本韓国青年同盟は何十年も前に朝鮮総連に乗っ取られて、
    民団の皮をかぶった北朝鮮の工作機関みたいなもの。
    http://www.hoshusokuhou.com/archives/28558281.html

    ホームページに行って、書いていることを読めば北朝鮮系組織であることは一目瞭然。

    全国組織、在日本韓国青年同盟中央本部は、活動内容見れば明白な反日団体。その元委員長、李民和は一昨年TBS報道部に採用されています。そして在日コリアン特区、在日コリアン自治区を目指すとし、南朝鮮系日本人(帰化した在日)を組織化、民主公明に献金等もしているといわれています。

    この人が北朝鮮系に属するTBSレポーター李民和 ↓

  • 最初にタブーを破ったのは、韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』だった。同誌は99年、韓国軍がベトナム戦当時に起こした虐殺事件について記事を掲載したのだ(5月6日号)。この記事を書いたのは、韓国人歴史研究者のク・スジョン。彼女はベトナム戦争の韓国軍の残虐行為が記されたベトナム側の資科を入手し、韓国の市民団体の一行とともにベトナム現地で検証を始めたのだ。

    ある地域で、猛虎部隊(韓国軍部隊)等による1か月間の作戦で1200名もの住民が虐殺されたという66年当時のベトナム側の報告を紹介しながら、同時に生存者たちの証言に基づき虐殺の様子を具体的に描いている。例えば、生存者の証言からは韓国軍による民間人虐殺の方法にいくつか共通した類型があったようだと、同記事には記されている。

    以下、その部分を略して引用すると「大部分が女性や老人、子供たちである住民を一か所に集め、機関銃を乱射。子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったりして火に放り込む。女性を強姦してから殺害。妊産婦の腹を、胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。トンネルに追い詰めた村人を毒ガスで殺す等々」だ。

    日本の戦争責任を追及してきた韓国の人々にとって、自国軍も虐殺をしていたのだという告発は、苦いものであったに違いない。
    タブーであった虐殺事件についてのこれらの報道に対し、韓国国内では激しい反撃が起きた。同年6月27日には、ベトナム戦に従軍した退役軍人ら2000人余りがハンギョレ新聞社に乱入しコンピュータなどを破壊した。彼らは、国のために闘った戦友を冒涜されたと激しく抗議したのだ。

    ベトナム戦争当時、韓国軍総司令官だった蔡命新は、先の『ニューズウィーク』でのインタビューで「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」と明言している。アメリカ軍によるソンミ事件などの虐殺行為がベトナム戦争当時から国際的に批判を受け議論の的となったのとは対照的に、韓国軍による虐殺行為については、こと韓国国内では長く沈黙が保たれてきた。


    南ヴェトナムにおける韓国軍
    猛虎師団 ↓

  • 第154回国会 衆議院財務金融委員会(2002〔平成14〕年5月17日)において、近畿産業信用組合に関連して青木のことについても議論がなされた。

    五十嵐委員
    「もともと、今言われた金融機関の会長さんは、前科十犯なんじゃないですか。そういう方が雪だるま式に膨れ上がっていく金融機関の会長職を務める、事実上支配できるというのは、私は大変問題だと思いますよ。その人と癒着関係にある人がいろいろ動いて、何にもありませんでした、一点の曇りもありませんなんという話は、世間では通用しないです。」(以下略)

    国の最高意思決定機関である国会(第154回国会 財務金融委員会)で、「今言われた金融機関の会長さんは、前科十犯なんじゃないですか。」と指摘される人物を、なぜ、8,670億円という巨額の公的資金、すなわち国民の税金が投入された金融機関のトップである会長職に就任させたのか、という非難は大変多い。

    青木が代表理事会長を務める近畿産業信用組合は経営破綻した三つの信用組合の事業を引き継いでいるが、この破綻処理には総額8,670億円の公的資金が投入されている。その後、同信用組合は、金融当局から法令違反、ずさん融資、見せかけ増資、そして不明朗融資等の複数の指摘を受けた(財務省近畿財務局公表内容等より)。なお、当局からの指摘事項の多くは青木が深く関与していたとみられ、信組の私物化との批判が強まっている。

    これが、MK(タクシー)会長の青木定雄 ↓

  • おまえは、国賊だああーーー!!





         なぜならば、非道残虐行為をあばいたからだああーーー!!





     私の母は昭和20年日本の敗戦により朝鮮半島から引き揚げてきました。引き揚げ船の中でもらった金平糖がおいしかったと今でも話をします。

     朝鮮から引き揚げる際に「日本人を殺しに来る」といううわさが立ち、荷物を一部残して引き上げ船に乗ったという話も聞きます。何か母は大事なものをおいてきたようなことを言っていました。

     実際に朝鮮人は日本人を殺したのでしょうか。
     「和夫一家殺害事件」
     http://ipusamu.at.webry.info/200701/article_19.html

     米軍の上陸が9月半ばですから、無政府状態が1ヶ月続いています。この間おそらくこのような事件があちこちであったのではないかと思います。「日本人を殺しに来る」といううわさは朝鮮人の非道残虐行為を指して情報が流れていた可能性があります。

    または北朝鮮のほうではソ連軍も同様に略奪、婦女暴行を繰り返していたそうですから、それも含まれていたかもしれません。

     この事件を暴いた金完燮さんは韓国では国賊とされています。まったくの事実無根の話をでっちあげ、終戦時、朝鮮人は日本人に残虐行為を働いていないというのであれば国賊といわれても仕方がありませんが、どうでしょうか。確信があったからこそ国賊といわれても真実を述べたように見えますが・・・
    勇気の人金完燮さん 、親日派として獄にも入れられた ↓

  • 1894年~1895年の日清戦争を知っていますか??





        では、その結果結ばれた下関条約第二条を、ご存知ですか??





            それに歓喜の涙を流した国の方々を、ご存知ですか??





    明より王朝交代に伴う国号変更の要請をうけた李成桂は、重臣達と共に国号変更を計画し、洪武帝が「国号はどう改めるのか、すみやかに知らせよ」といってきたので、高麗のほうでは「朝鮮」(貢ぎ物の少ない国、朝の静けさの国)と「和寧」(平和の国)の二つの候補を準備して洪武帝に選んでもらった。


    「和寧」は北元の本拠地カラコルムの別名であったので、洪武帝は、むかし前漢の武帝にほろぼされた王国の名前である「朝鮮」を選んだ、そして李成桂を権知朝鮮国事に封じたことにより朝鮮を国号とした。和寧と言うのは李成桂の出身地の名であり、現在では国号の本命ではなかったとの意見が多い。壬午事変後に作成された国旗には「大清国属高麗国旗」と明記された。


    というわけで、韓国の人は、朝鮮という言い方をことのほか、嫌がります。朝鮮というのは、中国から押し着せられた国号であると。


    日清戦争後、下関条約が結ばれました。その第2条で、朝鮮の清国よりの独立が明記されました。それを聞いた李氏朝鮮は、歓喜の涙を流し、即座に国号を大韓帝国と変更いたしました。そして、民族の恥辱の象徴であった、迎恩門を叩き壊し、そこに西洋風の独立門を建立しました。
    今まで、中国の使者に対し、迎恩門で朝鮮国王が、3回ひざまづき、9回頭を地にこすりつけいたのを、やらなくてもよくなったからです。

    これが、下関条約の原本です。
    国立公文書館資料センターに保管されています。 ↓

  • 事実に基づかない





    安易な贖(しょく)罪意識は


    百害あって一利なし



    自民党の野中広務幹事長の「かつてわが国が36年間植民地支配をした時代に、朝鮮半島から(強制)連行してきた人たちが、今70万人といわれる在日を構成している」という発言を本紙で読み、事実に対するここまでの無知はないと驚きを超えて怒りすら覚えた。明確な事実誤認が三つある。

    第一は、昭和14年から開始された朝鮮人内地移送計画により渡日した者とその子孫は現在の在日の中にほとんどいないという点だ。終戦時の在日人口は約200万人であり、そのうち移送計画による労働者は32万人に過ぎない。

    占領軍の命令によって日本政府は引き揚げ船を準備し、運賃無料、持ち帰り荷物制限230キロまでという条件で帰国させた。昭和21年末までに約140万人が朝鮮に帰っていき、自分の意志で残留を希望した約60万人が日本にとどまった。

    引き揚げにあたっては移送計画により渡日した労働者が優先とされている。結果として、32万人の「連行者」はほとんどこのとき帰国している。このことは在日一世の渡日時期調査によっても裏付けられている。

    第二は、そもそも上記の朝鮮人内地移送計画の実態が「強制連行」などというものではなかったという点だ。計画期間中、在日人口は120万人増加する。各種統計を総合すると、このうち出稼ぎ渡航者とその家族が63万人で過半数となる。
    戦時中、労働者不足が激しかった内地に向かい朝鮮人は自分の意志で大量に渡航していたのだ。

    第三は、戦前から継続して日本に在留しつづけている在日韓国・朝鮮人(子孫含む)でいまだに外国籍を維持したままの者は70万人ではなく約52万である。日本政府は彼らに「特別永住」という他の外国人にはない特別に優遇した法的地位を与えている。社会保障制度も日本人と同じ扱いがされ、その地位は子孫代々まで保障されている。この52万人以外の在日韓国・朝鮮人はいわゆる戦後入国者だ。

    外国人地方参政権付与は基本的事実関係すら知らない与党幹部によって推進されている。事実に基づかない安易な贖(しょく)罪意識は百害あって一利なしだ。参政権が欲しければ帰化手続きにより日本国籍をとればよい。すでに23万人以上の韓国・朝鮮人がそれを選択している

    産経新聞  平成12年9月26日 西岡力氏の寄稿より

  • 『「人さらい」同然の連行、「使い捨て」さながらの酷使、それに堪えかねて逃亡する朝鮮人……
    しかし、そうした「強制連行」論は、あまりにも戦時動員や労務事情と違っている』

    戦争末期に深刻化してきた内地の労働者不足を補うための朝鮮人労働者内地移入では一部に行過ぎがあったようで、強制連行を主張する韓国人の証言を読んでいると、農作業中などに無理矢理トラックに乗せられて日本内地へ送り出された、というのがあるが、それらを実行したのは内地人ではなく朝鮮人なのである。

    「朝鮮新話」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社より

    もつともひどいのは労務の徴用である。戦争が次第に苛烈になるにしたがつて、朝鮮にも志願兵制度しかれる一方、労務徴用者の割り当てが相当厳しくなつて来た。

    納得の上で応募させてゐたのでは、その予定数に仲々達しない。そこで郡とか面(村)とかの労務係が深夜や早暁、突如男手のある家の寝込みを襲ひ、或ひは田畑で働いてゐる最中に、トラックを廻して何げなくそれに乗せ、かくてそれらで集団を編成して、北海道や九州の炭鉱へ送り込み、その責を果たすといふ乱暴なことをした。

    (著者の鎌田澤(沢)一郎は、戦前の朝鮮に16年間滞在し、京城郊外に民族経済文化研究所を設立した朝鮮研究家で、6ヶ年にわたる宇垣総督の政策顧問を勤めて、農村振興運動の推進に大いに貢献し、朝鮮の民生向上に大きく貢献した人物で、戦後その経験を買われて、セマウル運動(新しい村運動、実質的には宇垣政策を発展させたもの)の指導のために何度も韓国に招かれている。)

    「朝鮮人強制連行」という言葉を造語し世に広めたのは、朴慶植著「朝鮮人強制連行の記録」という本であるといわれているが、この中で強制連行があった証拠として、上記の鎌田沢一郎著「朝鮮新話」が引用されているが、朝鮮人が暴走して実行したという部分はなんと無視されているのだ。

    歴史教科書の一部には強制連行の実態として『田畑で働いていた朝鮮人を有無を言わせずトラックに乗せ日本内地の炭鉱などに送り込んだ』等と書いているが、総督府の方針を曲解暴走して人さらい同然の行動を起こしたのは朝鮮人自身であったことを明記すべきだ。

    北朝鮮への帰国事業の失敗を日本の責任にした朝鮮総連幹部朴慶植の文書。
    そっくり鎌田澤の文章をパクリ、肝心な部分を意図的に削除した。 ↓

  • 14日、第47回衆院選が投開票され、自民、公明の与党が圧勝、

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄
    せている。

    >日本で苦しんでいる韓国人を帰して

    在日韓国人を指しての言葉ならお門違いと言うべきでしょう。
    差別で苦しんでいるなどは嘘で皆さん楽しくやっているので
    しょう。だから誰も帰りたくないので「韓国人は出て行け!」
    などの言葉に対してヘイトスピーチなどと騒ぎたて、日本に居
    座ろうとしたのは明らかです。

    別に私は全ての在日の人が出て行けば良いとは言ったことはない。
    ただ少なくとも日本を批判ばかりしてる在日の人は、祖国に帰ら
    れたらいかがでしょうーと主張したことはあります。

    在日の一部の富裕層は日本の格差社会を象徴するようになってい
    ます。巨万の富を持つ在日富裕層がこれ以上の力を持てば、違った
    意味で在日を追放するような声が出て来るかも知れません。

    既に在日のサラ金の御曹司やパチンコ経営者の親族の会社などはシ
    ンガポールや香港などの外国に移し日本に税金を払おうとしません。
    散々日本社会であくどい金儲けをしておきながら、日本国家には税
    金を払わない。

    そんな在日富裕層は日本から出て行って欲しい。これがヘイトスピ
    ーチなどと言うならばそんなものは全く気にする必要もありません。

     在日富裕層は日本の社会から出て行け!

    私は来年このスローガンを掲げたデモを主催して果敢に戦うつもり
    です。

    <余聞>
    在日朝鮮人の全資産没収!
    国税庁がタックスヘイブンに財産を持つ「日本人」のリストを大量
    入手!
    大半がパチンコや消費者金融、風俗関係者か!
    世界中で悪質な脱税を取り締まる流れに!
    孫正義や柳井正、秋元康、西村博之ら著名人も対象の可能性あり!

  • どうして嫌いな日本まで来て・・・





        自国内とか、香港やマカオに行けばと思うのですが・・・





    NEWSIS/朝鮮日報日本語版


    脱北者の女性たちを、日本で自分たちが運営するマッサージ店(を装った売春業者)で雇用し、売春をさせていたとして起訴された被告人が、実刑判決を免れた。

     ソウル中央地裁刑事14部(イ・ヨンナム裁判長)は、売買春処罰法に定める売買春あっせん罪で起訴された女性(53)に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決を言い渡した、と19日発表した。

     被告は2008年11月から10年9月まで、東京・上野周辺でマッサージ店2カ所を運営し、脱北者の女性たちに売春をさせていたとして起訴された。

     被告はブローカーを通じ、脱北者の女性たちを日本に入国させた後、売春婦として雇用し、マッサージ店の客たちから1時間当たり6000-1万円を受け取っていたことが分かった。

     検察の調べで、被告は自分が雇った脱北者の女性たちから、売春で得た金の50%を受け取り、1日に1000円を食費の名目で出させていたことが分かった。

    キム・ナンヨン記者

    下は、日本で摘発された韓国人売春婦たち ↓

  • どうして嫌いな日本まで来て・・・





        自国内とか、香港やマカオに行けばと思うのですが・・・





    NEWSIS/朝鮮日報日本語版


    脱北者の女性たちを、日本で自分たちが運営するマッサージ店(を装った売春業者)で雇用し、売春をさせていたとして起訴された被告人が、実刑判決を免れた。

     ソウル中央地裁刑事14部(イ・ヨンナム裁判長)は、売買春処罰法に定める売買春あっせん罪で起訴された女性(53)に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決を言い渡した、と19日発表した。

     被告は2008年11月から10年9月まで、東京・上野周辺でマッサージ店2カ所を運営し、脱北者の女性たちに売春をさせていたとして起訴された。

     被告はブローカーを通じ、脱北者の女性たちを日本に入国させた後、売春婦として雇用し、マッサージ店の客たちから1時間当たり6000-1万円を受け取っていたことが分かった。

     検察の調べで、被告は自分が雇った脱北者の女性たちから、売春で得た金の50%を受け取り、1日に1000円を食費の名目で出させていたことが分かった。

    キム・ナンヨン記者

    下は、日本で摘発された韓国人売春婦たち ↓

  • 京セラ稲盛名誉会長の奥さんの





           お父さんなのです!!





    禹長春の父親、禹範善は一八九五年、
    乙未事変(閔妃暗掌件)の折、訓練隊第二隊長として
    指揮下の将兵たちを率いて、日本軍守備隊と合同で
    宮殿に侵入、閲妃の刺殺を幇助した。

    そのために
    逮捕令が下り一時身を隠す。翌年政局が一変すると
    身辺の危険を感じ、日本人の保護を受けながら
    日本へ亡命した。東京に居住し日本の女性、
    酒井ナカと結婚。再起を夢見るも、一九〇三年十二月、
    本国より送り込まれた閔泳翊の家僕、高永根によって
    呉市で暗殺された。

    禹長春は東京帝国大学の付属校を抜群の
    成績で卒業し、白菜の改良や種なし西瓜の開発で
    すばらしい業績を上げた人である。須永元はこの
    禹長春の生涯に多大な影響を与えた。

    禹博士は、一九二四年二十六歳のとき、渡辺小春
    (二十二歳)と結婚するが、小春の両親や兄たちが
    こぞって反対した。

    両家の保護者であった須永元に
    小春との婚約を報告すると、彼は非常に喜び
    「生まれてくる子供の将来のために、この際君たちは
    須永家の夫婦養子となり、将来にわたって家族全員が
    須永姓を名乗ってはどうか」と提案した。

    両博士は
    この提案を受け入れた。こうして彼の正式な日本名は
    「須永長春」となつた。須永元は禹範善を尊敬し、
    終生変わらず禹家の保護者となるほどの篤志家であった。

    長女朝子は後に京セラ会長稲盛和夫氏と結婚する。
    稲盛氏は自叙伝の中で次のように述べている。
    「一九五八年十二月、松風工業を退社した。その翌日、
    同じ特磁課にいた須永朝子と結婚した。朝子の父親・
    須永長春(本名禹長春)は東京大学農業実科を出た
    植物育種が専門の農学博士で、京都のタキイ種苗の
    農場長などもしていた。

    戦後、実父の故国、韓国へ
    渡って疲弊していた農業を立て直し、“韓国近代
    農業の父”と呼ばれた。私は一度しか会っていない。
    研究者同士、大いに話が弾んでいたことを覚えている。」

    禹博士は一九三六年五月四日、東大より農学博士の
    学位を授与された。しかし彼は日本社会の差別に遭い、
    博士になつても高等官技師になれなかった。

    この時、長男禹長春はわずか五歳で、翌年弟が
    生まれ、生活はますます苦しくなつた。それでも
    禹博士は依然として、「禹」という実父の姓を
    名乗って就職した。父の日本名北野一平から取った
    「北野」や母の「酒井」でもなく終生「禹」姓を通した。

    禹博士は農学者として比較的に誉れた
    環境にありながら、五十二歳のとき、突如永住の
    決意をもって言葉もわからない父の国へ渡った。

    政情不安時代に、日本に妻と六人の子供を残して
    渡韓するのであるから、凡人にできることではない。
    禹博士の学者としての実直さと人間本来の正義感が
    そうさせたのであろう。

    渡韓後の禹博士は多くの困難を乗り越え、晩年には
    輝かしい業績を残して、「韓国近代農業の父」とまで
    呼ばれるに至った。

    一九五九年八月七日、韓国政府は、
    病床の雲呑に大韓民国文化褒賞を授与した。この褒賞は
    国家が感謝を込めて愛国者に送るもので、国民にとつて
    最高の名誉であった。

    一九五八年八月十日、博士は妻の
    小春に看誉れながら本国で息を引き取る。
    享年六十二才であった。

    父禹範善は韓国の近代史の中で、まだ相応の評価を
    受けていない。しかし、長男・禹長春は歴史教科書に
    残るほどの農学者として国民に広く知れわたつている。

    この人が秀才中の秀才、朝鮮農業の父といわれる禹長春氏 ↓

  • おまえは、国賊だああーーー!!





         なぜならば、非道残虐行為をあばいたからだああーーー!!





     私の母は昭和20年日本の敗戦により朝鮮半島から引き揚げてきました。引き揚げ船の中でもらった金平糖がおいしかったと今でも話をします。

     朝鮮から引き揚げる際に「日本人を殺しに来る」といううわさが立ち、荷物を一部残して引き上げ船に乗ったという話も聞きます。何か母は大事なものをおいてきたようなことを言っていました。

     実際に朝鮮人は日本人を殺したのでしょうか。
     「和夫一家殺害事件」
     http://ipusamu.at.webry.info/200701/article_19.html

     米軍の上陸が9月半ばですから、無政府状態が1ヶ月続いています。この間おそらくこのような事件があちこちであったのではないかと思います。「日本人を殺しに来る」といううわさは朝鮮人の非道残虐行為を指して情報が流れていた可能性があります。

    または北朝鮮のほうではソ連軍も同様に略奪、婦女暴行を繰り返していたそうですから、それも含まれていたかもしれません。

     この事件を暴いた金完燮さんは韓国では国賊とされています。まったくの事実無根の話をでっちあげ、終戦時、朝鮮人は日本人に残虐行為を働いていないというのであれば国賊といわれても仕方がありませんが、どうでしょうか。確信があったからこそ国賊といわれても真実を述べたように見えますが・・・
    勇気の人金完燮さん 、親日派として獄にも入れられた ↓

本文はここまでです このページの先頭へ