ここから本文です

投稿コメント一覧 (506コメント)

  • 早く一部に行きたい!!

    マザーズ指数は年初から△11.0%であり、指数を構成する1位~3位(この3銘柄で指数シェア18.7%)の状況は以下の通りでどれもひどい状況です。

    1位.ミクシィ・・・・・・△43.1%
    2位.サイバーダイン・・・△33.6%
    3位.そーせい・・・・・・△37.3%
    ?位.GameWith・・・・△17.3%
    (年初1/4終値からの下落率)

    ところで、全上場銘柄数が4000近くもある中でここは6/30で上場して1年であり、IPOに関心のある投資家以外はほとんどの投資家はここを知らない。
    ちなみに、1~2か月前に2016年・2017年のIPO銘柄を調べた中で私もここを知った次第です。

    ですから、ここがどんなに成長性があり収益力に優れていても、ここに対する投資家はほぼ新興市場に特化したごく一部の投資家層に限られているため、現状は企業内容以外の市場要因に株価が大きく左右されてしまっている可能性が高いと思っている。

  • 今週は、何でこんな安値で売ってくるのだろうと不思議でした。

    しかし、よく見ると任天堂・ソフトバンク・ミクシィ・そーせい・サイバーダインそしてメルカリまで安く、マザーズ指数は今年の最安値近辺となっており、信用買い組が追証回避の売りを迫られた結果なのかもしれませんね。

    もし、信用の整理が進んでいれば今後、上値が軽くなることになるが今週の信用残に注目したい。

  • 「じげん」は一部市場への変更申請を3/20に行い、6/20に承認された。

    ここも、3月~4月に申請したとみられるから、ここ1か月以内に承認されるだろう。

    そして、7/11の決算は99%上方修正、こうなると一挙に上場来高値となっても不思議はない!

  • >>No. 788

    同感。
    ストップ安でも成売りを迫られる、追い詰められた経験者でなければ解らないだろう。

    ところで、今週もウィズはいくらか売り、機関の空売りも20万株はあった。
    それを引き受けたのは主に個人、2000円を何度か割ってその度に回復、2000円近辺が底と思わせ買わせた上で今日の終値は26週平均を下回らせた。ウィズの一連の売りを個人がどれだけ引き受けたのか、たぶん信用買い残は4/27の直近ピークを越えている可能性が高い。
    (個人等の手口を機関は詳細に把握・分析しているはずであり、その結果として空売りを仕掛けたとも想像できる)

    また機関は個人の余力についても詳細に分析、ソフトバンク・ミクシィ・サイバーダイン・そーせい等個人好みの銘柄及びマザーズ指数はどれも年初来安値近辺、新興市場を中心に投資を行っている個人にはほとんど余力はないと見ているだろう。

    以上、ホルダーの方には非常に不愉快な投稿をして申し訳ありませんでしたが、こういう可能性があるということであり、強気なみなさんに「備えあれば憂いなし」と申し上げたい。

  • 今日はたくさん買わせていただきました。
    しかし、有難いことではあるけれど、なんでこんな安値で売ってくれるのか理解できない。

    ここから、200円下がるリスクさえ覚悟しておけば、800円上がり高値にチャレンジするビッグリターンを得るチャンスがある。

    さ~勝負だ!!!

  • 昨日は高くて買いづらかったけど、今日はおかげさまで買えました。

    売ってくれてありがとう!!

  • 昨日、1400円台で売った奴、これから後悔の日々が待ってます!!

  • 今日の売りは何か変な売りでしたね!

    あんなに力んで売らなくてもいいのに、何か企みがありそう、匂うね、怪しい!!

  • >>No. 504

    mouさん、お宅は余裕あるいはポジティブシンキングですね。
    私は昨日の超絶好材料でこの結果ですから、半年の籠城戦に備え兵糧米を厚くしていこうと思っています。

  • 大幅増額修正の可能性が高いのに、株価は安すぎる。

    こんな水準で売ると後悔するぞ!!

  • 今の状況は、3月中旬~4月初旬の1900円~2200円のレンジ相場の時より状況が悪い。

    上値にこんな大きなシコリを残してしまった場合、セリクラを迎えてあく抜けするか、日柄調整するしかない。例年1Q決算では高値トライできるような材料は出ないだろうから、2Qが発表される11月までの長期戦を覚悟しておいたほうがいい。
    もちろん、それまでに高値トライ出来ればいいのだが・・・

  • 四季報では「サイト訪問者数は横這い、営業増益だが単価改善一服で伸びは鈍化」としている。

    決算説明資料では確かに「月間平均PV数は横這い推移」とあり、「サイト訪問者数は横這い」なのは分かる。
    しかし、「単価改善一服」と受け取れる表現はなく、単価指標は以下の通りであり、
    2017/1Q=117、2Q=115、3Q=119、4Q=159
    2018/1Q=220、2Q=192、3Q=201(1Qは特需により単価上昇)
    数字上でも上昇一服とはなっていない。

    また、決算短信では「付加価値の高いタイアップ広告の需要が高い」としており、その結果が上記の単価推移であり
    今後も広告枠が限られていることもあり、単価は「一服」どころか広告効果を反映して、上昇傾向はしばらく続くと見ている。

    その理由は、他社サイトの訪問者が不特定多数であるのに対して、このサイトはゲーム各社の業績を大きく左右する「ヘビーユーザーの集まり」に近い存在であり、目指す大物ターゲットに直接訴求できるのだから、広告の費用対効果は驚くほどの差があると推測できるからだ。

    ところで、このところミクシィ株が長期低落傾向にあるが、その理由はモンストのピークアウトにある。
    言うまでもなく、モンストはスマホゲーム市場のトップに君臨する巨大な存在であり、そのモンストユーザーの大移動が今正に進行しつつあり、モンストユーザーを獲得できるか否かは、ゲーム各社の今後の命運を大きく左右する最重要課題であろう。

    以上のことから、当社の活用がゲーム各社の有力な手段としてますます存在感が高まり、業績急拡大は当面の間、続くものと推察する。

  • 信用買い組が諦めて決済している気もする。

    もしそうなら、それはいい兆候!!

  • 急騰の前は時々だましが入るが、これはそれなのかも⁈

  • >>下落トレンドをつくっているのは、短期高掴みの個人信用買いの方々であると考える。

    信用買残の推移は
    5/1~5/11・・・△165,700
    5/14~5/18・・・△179,600
    5/21~5/25・・・△238,000
    5/28~6/1・・・・+50,900
    6/4~6/8・・・・+216,000
    となっており、全体的には株価上昇局面で減少(売り)、下落局面で増加(買い)しております。

    従って、一部には投げ売りよる株価への影響もあるかもしれませんが、全体としては株価の上昇局面で信用買残は大幅に減少(売り)し、下落局面では増加(買い)しており、個人はトレンドとは逆の動きをしています。
    (今週も買残は200千株程度増加しているのではと推測します)

    トレンドを作っているのは明らかに「ウィズ」でしょう。
    5/28・・・出来高772千株・・・売却株数84千株(シェア10.9%)
    5/29・・・出来高754千株・・・売却株数224千株(シェア29.7%)
    5/30・・・出来高605千株・・・売却株数140千株(シェア23.1%)
    5/31・・・出来高354千株・・・売却株数56千株(シェア15.8%)
    6/1・・・出来高390千株・・・売却株数84千株(シェア21.5%)
    6/4・・・出来高776千株・・・売却株数112千株(シェア14.4%)
    6/5・・・出来高671千株・・・売却株数84千株(シェア12.5%)

    事の良し悪しは別として、私は意図的なものを感じます。

  • 以前、「ここには個人投資家を攪乱する本当に変な奴がいる」と言いましたが、それはウィズだったのかなと思っています。

    株価は大変な状況になっていますが、AMIの業況は絶好調そのものであり、やがて落ち着けば業績を反映したものになっていきます。

    しかしながら、ここからまだまだ大波乱があるものと覚悟しており、それを想定した上で、ピンチをチャンスに変えていきたいと日々データ収集に励んでいますが、機関も虎視眈々とここを狙っているものと想像しています。

  • >>No. 235

    同感。

    ここを動かすのは、個人(持株シェア10.1%)ではなく、外人(同21.5%)・金融機関等(同17.5%)でしょう。

    3/22に18,433千株を価格979円で引受けていながら、ここの成長性に懸念が出ている訳でもないのに、この価格を

    大きく下回っている現状を容認しないと思う。

    そもそも979円で引受けたのは、今期・来期の業績・M&Aの見通し等を聴取、ここの将来を確信したからだろう。

    勝負はこれから!!

  • Xデーが近い感じですね!!

  • 3/20に市場変更申請したけど、承認には3ヵ月程度と勝手に思い込んでいます。

    発行済株式数は1億株超と新興市場では大き目で、ややハンデですが1部に行けば気にならない規模。

    これまで以上に投資家層が厚くなり、成長性も評価され、株価にはプラスに作用する。

    それまでは、我慢!!!

  • ここ1か月程度で東証1部に市場変更されるような気がするのだが・・・

    今は我慢の時!!

本文はここまでです このページの先頭へ