ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • 日本の自動車業界も、もう終わりなのか?
    トヨタも車種を半減、2020年までに実施を発表。

    日産はルールを破っても開き直り、謝罪なし。

    スズキはEVの開発めど立たず、販売網崩しの一般販売店いじめ。
    あとは、早く高値の間におさらばしないと大変かも?

  • スズキ自販の社長及び役員は何を考えているのだ!
    メーカーのおやじの指示なのか?
    何も、販売店の意見を聞かない。
    営業担当に伝言しても、直接携帯電話しても、取りあってくれない。
    提案であったり、助言であっても、聞こうとしない。
    これが、長年に渡って取引している副代理店に対する対応か?
    何か、ここ、2~3年位で変化している!
    これが、今のスズキ(株)がトヨタとの提携と関係が有るのか、
    販売店をコケにするのも、いい加減にして下さい。
    頑張りましょう、共に。

  • おれは中小企業のオヤジだ!とは真赤な○○です。
    おれは大企業の殿様だ。がオヤジの○音です。
    そうじゃ、なかったら、社員や販売店の意見ぐらい聞くでしょう。

    だから、早くトヨタのようになりたい。
    そのためには、7割の業販はやめて、3割の直販一本でやりたい。
    そのためには、直販店を増やし業販店を減らす、
    業販店のおやじを、いじめれば(条件を絞る)、勝手に辞めていくだろう。
    財布のひもは、オヤジ(殿様)が握っているからだ。
    これが作戦だぁ、。
    あとは株価さえ下がらなければ、だれも文句は言うまい。
    これも、作戦だぁ。

  • 国交相の計測方法の基準が、間違いを引き寄せた最大の理由だ!!
    追い風が多い日に計測すれば、測定値は上がる。(それでも正値)
    向かい風が多い日に測定すれば、測定値は下がる。(それでも正値)
    こんな、いい加減な基準が基準と言えますか!!
    そうであれば、同じ条件でないと基準とは言えない!
    室内で同じ基準で同じ条件で計測を実施すると標準値が出る。(国が決めた基準でないから偽装値)
    これが、将来を考えた本当の基準である。
    外壁を作る? これぞ無駄であり進歩がない!
    この費用を室内測定器に投資して、国交相に無償で渡す法が、まだましだ!

  • テストコースに外壁を建てる? それこそ、無駄である!
    じゃぁ、天井?雨、風、湿気はと考えると本当の数値はそれぞれ環境によると思います。それならば、同じ環境の室内テストが一番に望まれる事と思います。実際に車は移動します。同じ環境でずっと移動することは不可能です。あくまで参考数値です。10%~30%は違って当たり前です。それならば比較対象するならば、同じ環境の室内が1番良いとおもいます。

  • 2016/05/18 18:35

    会見は逆に好印象だった!! 確かに国の定めた方法だけでは無かったが、技術の進歩を見た素晴らしい会見だった!!各メーカーもスズキに追従すれば良い。国の測定方法が最早、古いと言った印象だった。

  • 行儀悪い売り方やめた、「白物家電の二の舞い」懸念=スズキ会長 ???ロイター5月10日16:40発表された。
    しかしながらスズキ新古車専門店は店舗を増やし今期3月登録車両が山のように出品されている。***またまた、お得意の二枚舌か、不信を覚える。

  • インド工場で働くの貧富の差が激しいので、いつ、南アフリカの某会社のような暴動がおきてしまう可能性は否定出来ない状態で有ると思います。だから、いつまでも安心ではない。

  • 今回も、やらせ的な総会であった様に見えた。小型車の事は何も答えていなかったと思う。アリーナ店が激減した事、日本で何故小型車が売れないのか、一番の根源であろうと思いますが、大丈夫なのか、ますます心配な会社である。

本文はここまでです このページの先頭へ