ここから本文です

投稿コメント一覧 (28コメント)

  • >>No. 2022

    >マカロンはどうも好きになれないな。いかにもおフランスのリーダーだが。

    マカロンは、苦しんで居る若者、酪農家との対話より、大企業を重視して、EU残留、選挙に臨んでいる。
    苦しんでいる人達は、EUに加盟しているために、国際競争力が低下し、隣国から、安い製品が、
    フランスに入り込み、太刀打ちできず、廃業、就職難。

    これを解決するには、極めて簡単。独自の通貨、フランの復活。ユーロより15%位安く設定する。
    出来れば、固定相場制か、ユーロとのペッグ制。これによって、輸入が抑制され、輸出が伸びる。
    ただし、物価は上昇するが、汗を流し働けばよい。そこに新たな仕事が生まれ、失業問題が解決する。
    こんなこと、百姓のオレが云うのだから、常識じゃないの?

  • 日立の経営に疑問を感じる。
    日立工機、国際電気を売却、インフラに傾注は、理解出来ないないこともないが、
    これから20年度の社会を、シミュレーションしての結果か?

    それは別として、なぜ、売却した企業を、業界トップに、育てられなかったのか?
    そこに、日立の弱点、死角がある。
    こんな目先の経営をしていたら、みんな切り売りすることになる。50年後、人材なし、
    インフラ斜陽になったら、残るものは何か?

  • 法人税35%から15%、所得税39%から35%
    トランプ自身は、我田引水の大幅な減税になるが、一般国民は4%。
    国全体では、大幅な税収減、これをどう埋めるかは、具体策なし。

    これでは、100%議会は通過しません。トランプ相場は、これでお仕舞です。

  • 5/7、フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ
    一回目の投票で、マクロンがトップ当選したため、安堵で世界の株価は上昇した。

    フランスは、農業国。ユーロ圏内では、強すぎる通貨で競争力低下、デフレ、失業、不況から逃れられない。
    若者の失業率は、なんと驚くなかれ、25%。大学出ても、就職ができない。、若者の人生は、何のために
    生まれてきたのか?真っ暗闇。これが現状のフランス。

    マクロンが勝てば、EU残留、不況の解決策なし、国民の苦しみは黙殺。フランス国はギリシャ並みへ。
    ルペンが勝てば、EU脱退、フランス国は甦るが、EU崩壊へ。

    決選投票では、フランス国民が賢明であれば、ルペンを選ぶとみるが、はたして?

  • 昨年の4/28の株価、145円なり。
    業績は、相変わらずの、低収益。赤字体質からの脱皮不可能。
    持ち株は売りが賢明。

  • >>No. 549

    >300~400車両が並んでいた
    >的が並んでいてこんな好機を逃すのはもったいないと感じた日本国民は多い

    なぜ、おまえは、戦争が好きなのか?戦争=人殺しだよ。

  • アメリカの空母、これまで、攻撃されたこと一度もないから、案外もろいよ。
    死角は、いっぱいあるだろう。

  • >>No. 279

    野党は、与党の案に反対するために、存在するのだ。
    賛成してたら、与党だろう。お前あほか?

  • >思うに、売りやる人って割に合わないのによーやるわ。
    > 尊敬するわ。

    よくゆうね。しかし、売りが出来ない人は、ド素人と思うよ。
    買い方は、売り方の、カモという見方もあるよ。

  • NYダウは、トランプの法人税15%へ引きさげ案で、上げてるが、議会通過は、
    不可であろう。なぜなら

    議会共和党は、穏健派から保守強硬派まで複数に分断しており、中でも特に30人以上の勢力を
    有する下院保守強硬派の「フリーダム・コーカス(自由議員連盟)」と妥協しない限り、
    大統領が下院で法案を通すことは不可能に近い。

    彼らは財政規律を重視しているため、減税やインフラ投資を法案化するにせよ、同程度の財源の確保や
    歳出の削減と抱き合わせでもしない限り、実現は困難であり、実現する場合の規模も限られよう。

    よって、NYダウ高騰は、一過性に終わるとみる。

  • コラム:ユーロの宿命的矛盾、仏選挙後に噴出か=唐鎌大輔氏

    フランス、イタリアもユーロ圏、離脱か?

  • 5/7、フランス大統領選、マクロンとルペンの決選投票へ
    一回目の投票で、マクロンがトップ当選したため、安堵で世界の株価は上昇した。

    フランスは、農業国。ユーロ圏内では、強すぎる通貨で競争力低下、デフレ、失業、不況から逃れられない。
    若者の失業率は、なんと驚くなかれ、25%。大学出ても、就職ができない。、若者の人生は、何のために
    生まれてきたのか?真っ暗闇。これが現状のフランス。

    マクロンが勝てば、EU残留、不況の解決策なし、国民の苦しみは黙殺。フランス国はギリシャ並みへ。
    ルペンが勝てば、EU脱退、フランス国は甦るが、EU崩壊へ。

    決選投票では、フランス国民が賢明であれば、ルペンを選ぶとみるが、はたして?

  • 日経平均株価は、18224円から、8営業日で、1000円も上げた。
    地政学リスクが、全く解消したわけではない。このリスクを抱えて、いったい誰が、
    市場に参入してくるのか? この株価急騰は、一過性に終わるとみるのが、妥当ではないか?

  • 福田だよ。三田の持ち株、3000万株位、欲しい人いないとも限らないが、
    売る気はないのか?

  • フランスは、大統領はルペン氏になるだろう。
    ルペン氏は積極攻勢、マクロン氏沈黙-仏大統領選初回投票から2日目

    マクロンでは、フランスは、欧州の最貧国になる。この危機から脱出は出来ない。
    即ち、フランスにとって、強すぎるユーロでは、デフレで多くの国民が、苦しむ。

    よって、円高が再びやって来る。日経平均株価、NYダウも、暴落することが予想できる。

  • 今村雅弘復興相
     佐賀県のイメージダウンで、県民から、捨てられるよ。
     せっかくの、佐賀特産品に、傷をつけたようなもの。

  • 小型核爆弾は、一升瓶の大きさ、威力は、広島原爆をしのぐらしい。
    北は、いくつ持っているのだろうか?  200発?わからない。

  • フランスはマクロンが勝てば、経済はギリシャ並みになる。
    若者の失業率は25%。大学院卒でも、職にありつけない現状。
    マクロンは、EUに張り付いて、どうこれを解決するのか?方法は全くない。

    原因は、フランスにとって、不当に高いユーロだ。安い製品が国内に入り、
    片や、フランス製品は割高。これでは、デフレ、失業、賃金低下を招く。
    マクロンは、経済知識ゼロ、最終の選挙では、負けます。

  • 大興電子は、これからの社会を、急速に変化させるであろうIoT、
    この成長性で、買われている。

  • 電気自動車は、モーターコアのような、鉄板の時代は過ぎ、今は、次世代の、
    マグネシュウム電池の、実用化が期待されてる時代となっている。
    鉄板だけでは、高収益は、全く望めないと、市場は見ているのでは?株価は割高。

本文はここまでです このページの先頭へ