ここから本文です

投稿コメント一覧 (27016コメント)

  • >>No. 39176

    資本主義社会ですから、資本力に物を言わせてというのが現実ですね。

    大事なことは、買収した後です。

    過去に多くの企業買収が有りましたが、多くの成功例とともに多くの失敗例も有ります。

    タカタの場合は巨額の負債を背負ってますので、その債務の棒引きをしてもらえるだけの交渉力、将来のビジョン、様々な物を説明し、実行し、力を活かす、伸ばすと言うことを債権者に納得させないと行けませんし、先々に本当に持てる技術力や経験をうまく活かす使い方、経営の仕方をしませんと飛んだ買い物になる気がします。

    中国企業の買い物も金に物を言わせてだけなら大失敗。きちんと良い部分を活かせるという使い方が出来るなら安い買い物になるでしょうね。

  • >>No. 62776

    時々耳にしていましたが、解体業者の方がガソリンを抜く作業で、大やけどを負う。基本は下に大きな突起が有る上にドカンとおとして下にジャッと流しちゃうんですが、ゴミも土埃も色んな物が混ざるんで、ときには軽油も混ざるから再利用は出来ません。

    手間ですが一台一台タンクを外してホースで吸い取ると純粋にガソリンですから、自分の車に使える。

    解体にだされる車はほぼエンプティー状態だと思ったら、中には半分以上残っているというのが有るようで、この方それが来たらラッキーと喜んでたらしいです。

    ところが作業場なんで、何処で何に当たるかわからない環境、そして何処かでスパークしたり、火の粉が出たり飛んだりというのも有るんでしょうね。

    全身やけどで一命は取り留めたらしいですが、以来残っているガソリンには一切手をださなくなったそうです。

    本当にこれで命を落とした方もいらっしゃるそうですから、たかがガソリン、命と比べるには安すぎると思いますよね。

  • >>No. 62775

    おそらくそんな感じで使える設計だと思います。

    汎用機なので精密な設計ではなくとにかく動いてくれる事を最優先でしょう。

    出力でもパワーバンドでもなく、とにかくどんな状態でも動いてくれる。

    それだから有りがたいとも言えます。

  • >>No. 62774

    メーカーもある程度はそういう使用環境を想定して作っていると思いますが、使う側は作業毎にガソリンは使い切る。だから余計には入れないで作業に当たる。

    そういったことをするだけでも違ってくるはずです。

  • >>No. 62773

    でも、そうするとずっと有料道路のままですし、値上がりして行きます。

    有る一時期の、或はピークの対応を考えて人員配置すると、普段がずっと過剰になります。

  • >>No. 62772

    そういった機器のエアクリーナーは小さな目の網で充分だと思います。スポンジにしているのはフィルターという意味もありますが、吸気ノイズの低減、消音も目的でしょう。

    長年使うといっても、トータルでのランニング時間など知れています。フィルターが目詰まりしたら取っちゃえば良い。

    茶こし程度の網で充分ですよ。

  • >>No. 62771

    多いのはキャブレターの詰まりです。

    農機具などは単純な構造のキャブですが、それでもジェットやポートにガソリンの成分が固まったり、詰まったりするでしょうね。

    まあそこいらを綺麗にしてやれば元通りちゃんと回るようになると思いますよ。

  • >>No. 62770

    照明が付いていたり、90度画像を回転できると使い勝手が良いでしょうね。

    更にはそれがフレキシブルの先端に取り付けて有るともなれば最高です。

    なるほど、是非参考にさせていただきます。

  • >>No. 62764

    その人件費がまた馬鹿にならないのでしょう。

    徳島の11号線だったか、徳島市内から池田に向かう国道なんですが、車線が少なくなる手前で車線ごとに信号が付いて居るのを見たことが有ります。

    中々出来たアイデアですが、地元の方はそれを知っているので、遠くからどっちの車線に入るべきかを見極めて車線変更して入ります。信号で止められているのは県外者がほとんどだったり(笑)・・・。

  • >>No. 62763

    中国ではその割り込んだものが勝ち、馬鹿を見ている並んでいる物が負けです。だから我先にとにかく割り込もうとする。見ていて浅ましい限りです。

    大阪でも右折レーンや登坂レーンを使って先まで行って、そこで差も当たり前のようにサンキューハザードで入って行く車が多い。こういうのを見ていると東京の方がマナーはよろしいです。

    知っていて割り込むのと、知らずに先まで言って気が付いて、入れてください、というのとでは違うんですが外から見ているとその違いが分からない。

    私は大型の排気量の車に乗ることが多いので、努めてこうした横着な、横柄な運転をしないように心がけています。ああいう車に乗るとそういう特権があるかのように無茶してくる人もいますが、完全にはき違えていますね。

    同じ穴の狢と見られたくないので、背筋を伸ばしてしっかりとしたマナーで運転するようにしています。

  • >>No. 62762

    結露しているのもありますよね。

    気密もしっかりできていない純正状態ってのは、少し前だと有り得なかったですが今では量産品質も価格優先で妥協する水準が高くなったんでしょうね。海外製というのも加勢していると思いますが。

  • >>No. 62761

    覗き込み用のカメラとモニターってのは、実際にどうですか?結構重宝しますか?

    私も作ってみようかな。

  • >>No. 62760

    自分の身に降りかかったら本当に大変だけど、人ごとなので冷静に見る事が出来ると言うものなんでしょうね。

    今では耳にしなくなりましたが、レースをサーキットに見に行く観客の何割はクラッシュを期待してきているという話がありました。

    プロレスで場外乱闘がお約束というのも、正統派の試合の流れだけじゃあ飽きちゃうんでしょうかね。

    芸能人の誰が誰と付き合っていようと、あなたには関係のない事、とは思わないのでしょうかね。芸能人の夫婦が離婚しようと、浮気しようと、あなたの生活には一切かかわりがない、と言う事を度外視して「許せない」「腹立たしい」というのはどういう感覚なのかな。

  • >>No. 62757

    >磨くのも厚さに限界があるだろうとあきらめたんですが。
    ・・・中からくすんでいる物もありますね。

    表面からではいくら磨いてつるつるにしても、黒ずんだ色が落とせなかったり、黄ばみが取れなかったりします。

  • >>No. 62757

    磨きはボディーでもお分かりの通り塗装の表面のわずかな部分を削っているだけです。ですからレンズの研磨も樹脂の表面のわずかな部分を削っているに過ぎません。

    しかし、UV保護のコーティングとか迄一緒に削ってしまうので、一度研磨するとその後はすぐに曇るし、研磨を繰り返さないといけなくなる。もう一度UVコートをしても、やはり素人が自宅でやるのと、メーカーが生産工程で施すのとでは性能に差が有るのでしょうね。

    樹脂レンズの黄ばみ、くすみ、嫌ですよね。見栄えが悪い。

    ヘッドライトは車の顔としてとらえた時の「目」ですから、くっきりパッチリがよろしい。

    魚ではないですが、くすんだ眼は生きが良いと思えません。

  • >>No. 62750

    人の不幸とか、或いはどうでもよいことまで、あれこれしつこくまとわりついて質問したりしていますね。

    芸能レポーターというのも立派な仕事であるとは思いますが、他を出し抜くために時としてデリカシーが無さすぎというのもあります。

    人格というか人望を一気に失ってしまうような行為も目につきますね。そうなると芸能レポーターというのははしたない職業、恥知らずの職業と勘違いされてしまいかねません。

    もう少し、自主規制というか、いろんなことを自覚して自粛すると大人のレポーターと思ってもらえますね。

    なんでも世の中に伝える、訴える事だけが、正しい仕事ではない。時としては知らせないことも思いやり。

  • >>No. 62749

    >テールパイプの見えてる部分をコンパウンドで磨いてみました。
    ・・・法規制が見直されるようです。今までは後方に向かって30度以内と言われていましたが、これが大幅に緩くなります。

    最低地上高を維持さえできればサイド管が増えるのではないかと思います。全体の長さが短くなるので消音は難しくなります。

    リアエンジン、ミッドエンジンはフロントエンジンに比べると騒音規制の値が緩く設定されています。あれと同じになるのかな?世の中賑やかになってしまいますね。

    タイヤのはみ出しも1cmだったかな?ある程度までが許容されるようです。どんどん車の形が変わってゆくみたいですね。

  • >>No. 62748

    彼らが(と言っても野良ですが)、雀でもカエルでも、或いは鮒でも自分である程度の食料を確保できて、人間がたまに与える餌がおやつ替わり、それで済む環境が本当なんでしょう。

    あの島には異常ともいえるほどの頭数が居ます。どうしても人間が与える餌に頼らない限り生き延びてゆくことは難しいと感じます。

  • >>No. 62747

    レンズはどう考えてもガラスが一番です。しかしデザインの自由度、傾斜できる角度、重量に、原価、そういった物で樹脂製に駆逐されてしまいました。

    でも、いつまでたってもクリアで、カットが奇麗で、というガラスレンズは旧車ならではの美しさ、長所の一つだと思います。

    私は四角いレンズより丸が好きです。丸もできれば口径の大きなのが好きです。

    ですから4灯より2灯、そしてそれに補助灯が有ればそれがベストですね。

    HIDや今のLEDは明るいですね。暗闇の中にくっきりと浮かび上がらせるあの明るさは凄いです。

    歳とともに暗いところが見えにくくなると、ああいう明るいライトが有難いと感じます。

    今でもH4バルブで走ることもありますが(笑)。

本文はここまでです このページの先頭へ