ここから本文です

投稿コメント一覧 (8376コメント)

  • ナチスの 日本天皇制公務員政府は、・・・

     ナチスは意味不明、日本は天皇制であり公務員である職員が内閣と政府を構成する。

     ナチスより悪いシナ政府や南・北朝鮮政府などの悪辣な政府と違い日本政府は気高い高貴な国民が支持する政府である。

     病気になりたい人はどうかしている。

  • テレ朝は連日ファーウェイ問題を特集している

     【日本からファーウェイに80社7000億円近くも輸出しているのが影響を受ける】
     【米国は以前から通信会社を使ってサイバー攻撃や通信傍受をしている】
     これらは全く検証されていないしシナが事ある毎に【証拠を示せ】と繰返しシナの主張を伝えながらテレ朝は自分達のコメントはサラッと事実の如く云う。

     世界の覇権国はスペインからオランダ→英国→米国と移り更に今シナに変わりつつあるとテレ朝は主張する。
     世界の覇権国にオランダを入れるのは異論もあろう。
     
     世界の覇権国は欧米国だが、始めてアジアからシナが入る否日本も朝貢国だったと云う。
     冗談じゃ無い、朝鮮やヴェトナムは朝貢国だったが日本は秀吉以来日清戦争・満州事変など朝貢したことは無い。

     それに戦闘機さへロシア製のイミテーションしか作れないシナが5Gを作ったから世界の覇権国になったとのテレ朝の報道ぶりには呆れる。

     【シナが風邪を引けば世界が風邪を引く経済状態】とは云い過ぎだろう。

     AI時代では自由や民主主義より独裁政冶の方が優れているとの言に至っては露骨にシナの奴隷であることを鮮明にするテレ朝である。

  • テレ朝のモーニングショーは【自由や民主主義の国より共産党独裁国家の方が発展】と

     玉川などは【人民解放軍が農村部から都市部を攻撃して共産党国家を樹立した】と云う。
     【シナはアフリカから先進欧米日を攻略している】 
     【何しろシナには中間層だけで3億人がいるのだからシナが米国を追い越すのも近い】と手放しの喜び様である。

     アジア各国はシナの傘下に入りつつあるが小国日本は米国の傘下で良いのか?と疑問を呈する。

     呆れたシナの下請けであるテレ朝である。

  • 【日本はファーウエイに部品を大量に輸出している】とテレ朝モーニングショー

     羽鳥慎一は【だからファーウェイが世界から締め出されると日本が受ける影響は大】
     と強調する。

     だが実際にはファーウェイがどれだけシェアーを落としても日本の部品メーカーの出荷数量は減らない。

     米国のアップルや韓国のサムスンの他北欧のノキアやエリクソンも全ての電子機器メーカーは日本製の部品を使用している。
     つまり電子機器の部品は日本メーカーの独断場なのである。

     だから世界各国の電子機器メーカーのシェアーが変化しても日本製の部品は使用されるのである。
     ファーウェイが倒産しても日本製の部品の販売量には殆ど変化はしない。

     それを親中派のテレ朝は【日本製の部品が使用されているファーウェイが世界から締め出されると日本が受ける影響は大】とシナを援護しているのだ。
     これぞフェーク ニュースの典型である。

     世界で電子機器部品を製造出来る生産技術力を有するメーカーは日本以外には無い。
     組立だけを行なう電子機器メーカーの生産技術力は知れている。

  • 民意を勝手に作り上げるな!

     沖縄地方の首長選挙で辺野古基地反対の知事が選ばれたから沖縄の民意は辺野古基地反対だと朝鮮新聞日本語版(通称:朝日新聞)など左翼陣営が勝手に解釈しているがそうでは無いだろう。

     その証拠に新に住民投票で辺野古基地工事に賛否を問うことに左翼陣営は決めた。
     更にはその住民投票を実施しない自治体もある。
     また宜野湾市などの市長は辺野古基地に反対していない。

     日本国民の民意は普天間基地を辺野古基地への移転が唯一の解決策と認識している。
     もう答えが出ていることを速やかに実施するに限る。

     世界一危険な普天間基地を放置する左翼陣営からは何の代案も何時まで経っても出ていない。

  • 朝鮮新聞日本語版(通称:朝日新聞)那覇総局長の著名記事

     さすがチョウニチ新聞なるもの那覇総局長がいるが、どの程度偉いのか平平記者なのか部外者には分らぬが今日の朝刊一面トップ記事として紙面を飾っている。
     その割に文章は頗る拙い、結論として工事を止めて対話のテーブルについて打開策を見付けてこそ民主主義とのことだ。

     だが考えて見るが良い、工事がここまで遅れた主原因は工事を中断して対話のテーブルについた結果なのだ。
     聞く耳を持たぬ左翼陣営こそ打開策の提示が求められている。

     工事の反対デモ陣営に多くの朝鮮人が工事妨害しているのも問題を複雑にしている。
     なるほど朝鮮新聞日本語版の出番なのか・・・

  • 沖縄の米軍基地負担は差別か?

     日本の6%しか無い沖縄に70%の米軍基地がある。 それは面積比である。
     沖縄地方の人はその原因が沖縄はアジアにも朝鮮半島にもほど近く、適当に離れている地理的条件にあると頭では理解していても日本政府には沖縄差別と云う。

     それでは面積比では無く危険比が高いのはとなれば圧倒的に横須賀港である。
     何しろ原子力空母と原子力潜水艦の母港だから放射能汚染や敵ミサイルの標的も最も危険である。
     その原因は横須賀港は軍港としては急激に深くなる天然の良港であることと近隣に横浜・東京の大都市があり将兵の慰安の面でも理想的である。
     だが神奈川県民や東京都民は日本の安全保障のためと割り切り、首都圏への差別と僻んだりしない。

     沖縄差別との主張の裏には、基地負担の対価つまり経済的にもっと交付金などを寄越せとの意識があるとは否めない。
     だから何時まで経っても政府と沖縄県は平行線を辿る。

     沖縄よ、もういい加減にせよ! と云いたくなる。

  • 基礎研究の罠

     基礎研究と云えば恰好が良いが、目に見える成果は滅多に出ないので怠けていても基礎研究だから仕方が無いとの評価が得られる。

     しかし研究職に向いていない学者は研究より、大学内の組織を自分の権力強化に熱心に取り組む者がどうしても出て来る。

     学部長なり学長はこのような人物が占めて基礎研究は停滞し派手なパフォーマンスでテレビに出演する輩が幅を利かすことになる。

     南朝鮮の場合には昔から両班と称される実務を疎いことを誇りにする一種の支配階級が存在することも学内の派閥主義を助長している。

  • 駄々っ子の沖縄

     沖縄知事選挙の結果を沖縄地方の民意とすれば日本国家の民意は普天間基地を辺野古に移転することにある。

     普天間基地を何処に移転するか代案を出せと云われたら、その云い方は沖縄に対する差別だとの感情論に付き合うのは御免である。

     沖縄には特別な交付税と折々に沖縄の経済的自立のためのインフラ整備のために膨大な日本国民の血税を投入してきた。
     これは一重に沖縄の位置する地理的条件から基地を集中したきた基地負担の対価として日本国民が許容したことによる。

     沖縄の住民はこれを逆に人質の如く駄々っ子のように基地反対を唱えれば資金が入ってくるとの習性を身に着けたようだ。

  • ノーベル賞受賞者は日本からいなくなる?

     例のテレ朝である。 テレビ朝鮮日本語放送である。 例の玉川ドアホが【そもそも総研】と称して鈴鹿医療大学長とかの得体の知れない輩に日本の研究力が衰えているとの繰返し云わせている。

     ①日本では研究する時間より雑務をこなす時間が多く研究が疎かになっている。
     ⇒だがその原因は何か、その対策も何ら述べられていない。

     ②研究費が少なく韓国は日本の1.5倍も多いとのことである。
     ⇒だがその韓国ではノーベル賞を受賞するどころかイグ・ノーベル賞も受賞の気配も無いのは如何であろうか・・・

     研究は金・金・カネ・・・カネの問題では無かろう。
     金の足りなさを嘆く前に知恵の足りなさを嘆くのが先であろう。

     テレ朝は朝鮮が日本を追い越すことを夢見ているが、京大卒だけが自慢の玉川には農学部卒の通リ大根畑を耕すことを勧めるべきではないか?

  • 南朝鮮では店員への客の暴力事件が頻発

     テレ朝の玉川は「その前段に何があったのか、双方の意見を聴いてみないと分らない」と云う。

     理屈としてはそうだが、一般的に店員が客に暴言や暴力を振るうことは有り得ない。
     南朝鮮では有り得ないことがあり得ると云えばそれまでであるが・・・
     だがテレビで見る限り客の一方的な暴力・暴言である。

     玉川という人物は京大卒が唯一の自慢だが、故郷の南朝鮮に戻って大根畑でも耕すのが似合っている。

  • <KTX脱線>寒さによる線路異常が原因? 専門家ら「納得できない」

     納得出来ない?
     そりゃそうだろう、KTXはヨーロッパから輸入したものだし、冬の寒さでレールに異常が生じだとの推測が出てきている。

     大体チョンが新幹線なんて馬鹿バカしい。

  • 韓国文化財庁がでたらめに復元した「高宗の道」
    南朝鮮紙の記事より

     1896年2月11日、朝鮮王朝第26代国王の高宗が景福宮を出てロシア公使館に逃げ入った。

     大体、どこの国に国王が王宮を逃げ出し外国の公使館に庇護を求めるだろうか?
     過去の歴史をたとればたどる程恥部しかない朝鮮半島である。
     だから歴史を捏造して日本にユスリ・タカリを仕掛ける。

     ”病気になりたい人” や ”REK” などの母国なれば・・・

  • 朝鮮TBSのサンデーモーニングは自民党政府を非難轟々である

     だが報道各社の世論調査によれば国民の内閣支持率は上り調子である。
     反日・反政府の朝鮮TBSが反自民の報道をすればするほど国民は自民党政権を信頼し支持する。

     大体、朝鮮半島やシナの味方をする朝鮮TBSが、国民に信頼されないのはその主張が祖国を裏切るからである。
     ここに出て来る ”病気になりたい人”や ”REK” なる者は朝鮮TBSの同志なのだろう。

  • >>No. 37616

    日本天皇制公務員政府を非難してどうする

     日本は世界がうらやむ天皇制である。
     シナや朝鮮半島が逆立ちしても、民度の低い蛮族なれば無理な制度である。
     だから程度の低いローソクデモや人民を虐殺弾圧する天安門事件が現在でも頻発している。

     世界の普通の政府職員は公務員であるが、共産党独政権は党の支配下で党員が指導する悪辣な制度もある。

  • 【改正水道法】を【水道民営化法が成立】と一面トップ記事に朝鮮新聞日本語版が報道

     どうかしている。 
     水道事業を丸がかえから民間会社を共同して事業が出来ることにもする水道法の改正する法案である。

     民間会社の効率的な業務遂行能力を利用することは望ましいことであろう。
     で無ければ現状通リ丸がかえにしておけば良いのである。

     選択肢が増えることに反対するのは意図あってのことであろう。

     野党は審議不十分とのことだが、先国会からの継続審議となれば何でも審議不十分なのが野党の反対理由であることが分る。

     やってられない、野党と朝鮮新聞を朝鮮に追放しよう!

  • 【改正水道法】の中身とは

     恰も水道運営を民間に移行するかのようなテレ朝、朝鮮TBSや野党の国会質問のオンパレードであった。

     しかしその中身は水道事業の運営を自治体と民間会社が共同で行うことも認めるのである。
     つまり従来通リ自治体が水道事業を丸ごと行うのも、その一部を民間と共同で行うのも妨げ無いとの法改正である。

     選択肢を広げるのに何の反対があるのだろうか!

     何の情報も有しない国民に恰も水道事業を民営化するが如く報道して民営化に注意すべき点が強制的に実行されるが如く報道して民営化のイメージを悪くする悪質なフェークニュースを流していたのだ。

     国会議員も野党、特に立憲民主党や社民党の福島みずほ等は辞任すべきだ。

     テレ朝、朝鮮TBSや野党を朝鮮に追放しよう!

  • >>No. 37568

    >日本政府としては、予定通り年明けに対韓制裁措置の発表と発動を開始するべきです。

     制裁措置の中身が楽しみ・・・もちろん南朝鮮学卒者の日本への就職禁止も入るべきでしょう。

     スワップ協定の無期限停止を含め一挙に国交断絶が良いかも・・・。

  • シナのブラック ユーモア 【理由なき拘束は人権侵害だ】

     ファーウェイのCFOがカナダで拘束されたことに関してシナの報道官は偉そうに胸を張って記者会見で云った言葉である。

     オイオイ、日常茶飯事の如く理由なき拘束どころか、何の発表も無く逮捕・処刑をしているシナが人権侵害どころか人権弾圧・人権無視をしているのを棚に上げて良く云うよ。

     日頃シナが、輸入制限、非関税障壁を設けているが米国に自由貿易を制限していると非難しているのと同じ構図である。

     シナの論理は自分の殺人や強盗をするのは別にして、他人がコソ泥をすると犯罪だ!と大口で喚き散らすのが習性のようだ。

  • テレ朝に依れば新大久保の韓国通リではハットグなる食べ物のゴミが散乱している

     テレ朝はモラルの問題と結論としているが、そうじゃ無かろう。
     テレ朝は第三の韓流ブームだと調子が良い。

     問題は朝鮮人が蛮族であることなのだ。
     ポイ捨てをする朝鮮人に注意すると逆切れするとのこと。
     今新大久保はスラム街となっている。
     このために日本人住民はこの街から逃げだしている。

     解決策は日本から朝鮮人を半島に追い出すことしか無い。

本文はここまでです このページの先頭へ