ここから本文です

投稿コメント一覧 (122コメント)

  • >>No. 23474

    >こいつ、ハンパなく顔がイイな・・・。

    最近、電車の中に貼ってある広告(何のだったか忘れた)を見て、
    ワタシも「誰これ誰っ?!」って思ってました。
    顔がイイとは思わなかった
    (なんと失礼な言いぐさ、いや、顔も悪くはもちろんないけど)
    のですけれど、
    エロくさ・・・じゃなかった、セクシーさが半端ではなく。
    絶世のハンサムか、といったら、そんなこともなく、
    顔だけなら、他にいくらでも、もっといい男がいそうだけど、
    あれだけ色気のある印象を受けることは珍しい。

    が、名前を調べて動画を見たら、
    うーん、そんなんでもなかった・・・

    オバサンはじゅりー世代なので、
    色気ハードル設定が高すぎるのでしょうな。

    ぺんしるさんの好きな百恵さんも色気のある人でしたよね。

  • >>No. 23478

    お久しぶりです。

    出ましたか。
    去年は確かワタシのレポートがシーズン一発目だった気がしますが、
    今年は出しません。出させません。

    そういえば、大移動を招いた
    引っ越していった下の階の住人のお部屋、
    掃除の人が入るときにドアが開けてあって、
    ドアだけ見えたのですが
    (部屋の前まで行けば中も見えただろうけど、
    さすがにそこまではせず)
    ドアの内側が真っ黒に汚れていて、
    そこだけみても、ぎゃあああ、となりました。
    住んでたのは、いつもきれいにお化粧している若いおかーさんと、
    感じのいいおとーさんと、小さい男の子ふたりで、
    すごく普通に見えていたのに・・・

    はっぴーさん、異次元になりがちなお部屋に負けず、
    頑張って戦ってください。
    (仮に私に子供がいたら、エロ本はどれだけ貯めても構わないから、
    キノコを生やしたり、⑤を繁殖させたりするのは勘弁してくれ、
    と思うことでしょう。)

    単発問題で済みますように~(-人-)

  • >>No. 23450

    > なんでもいいからハマってみたい。(ようなそうでもないような・・・)

    おうまさんは?
    かぶくわは?
    結構ハマっているもの多そうですけれど。

    > でも、いっぱいのお褒めの言葉の中にグッドルッキングがなひ・・・。
    > プリティもキュートもセクすぃ~もなひ・・・。

    心優しいワタクシは、
    「他のすべての褒め言葉の信憑性を地の底に落とすようなことは書けないよ」
    なんて、直接言ったりはしませんから安心してください。

    > >雪国は美人が多そうな気がしますけど。
    > ひとが少なひ・・・。

    し、鹿とかイノシシは・・・?

  • >>No. 23449

    お久しぶりです。

    はっぴーさんは、予告通り年度末に向けてさらにじわじわと多忙の最中でしょうか。

    あのねあのね、東京のオイスターバーでランチの時間、
    カキフライ食べ放題やってるお店があるのです。
    年度末が終わって、開放感に満ち溢れたところで、
    来年の役員のくじを引かないように、
    ご一緒しませんか?(どう繋がるのかあまり考えこまないでください)

    http://www.ostrea.jp/pdf/akasaka_lunch_2014.pdf

    とってもお得、な気がします。

    > 合間に多ボーーーっ…も挟んでいる。

    いいな、それ。ワタシもです。
    ふと気づくと時計だけが進んでいる・・・

    > このお宅(っていうかお城)が自宅であるという事は、
    > やっぱり相当のお覚悟がいるのだろうなとか、並々ならぬご苦労もおありなのだろうなとか、
    > 色々考えてしまいました。

    天皇皇后両陛下のご多忙ぶりって、超一流企業の敏腕社長並だよね。
    お二人が動かれることで生み出される有形無形の富もまた、
    超一流企業の社長並と思われますが、
    その殆どが日本という国に還元され、
    ほんの一部しか自分のものにできないのも、
    やはり超一流企業の雇われ社長と同じなのかもしれません。
    恐ろしく大変なお仕事だといつも思っております。

    > さてさて。今年はじろうが受験生になりまする。

    うっほ~。
    どなしゃーんさんが亡くなったとき、
    電話の向こうで、おかーしゃんおかーしゃんとグズって泣いていた二歳児(?)が!!
    はっぴーさん、二人も立派に育ててすごいよね。
    シンプルに尊敬します。

    > 月日のたつのは早いもんです。

    おなかが空くのも早いわけだ。
    最近、夜フロスをかけるときいつも、
    前回のフロッシングを数時間前にやったような気がします。

    どこにいっちゃってるんだろうワタシの時間。
    多ボーーーっ、が怪しい。

  • >>No. 23447

    ぎゃー、長文書いてお茶取りに行ってたら、消えた!
    さあ戻ろう、としたところで、何にも触ってないのに、
    タイムアウトしたらしく、ぱっ、と・・・
    酷いじゃないか、この掲示板。
    ------------
    はっぴーさん、無事にお戻りになってるの良いのですが。
    ご実家のお手伝い疲れで、インフルエンザなどにかかってませんように。

    ぺんしるさん、冬はちゃんと帰省させてもらえたようでよかったですね。
    お盆休みは確かすごく遅くなっちゃってたよね?
    「雪アリ」がデフォルトになった模様、
    着々と環境に順応しているご様子、頼もしい。
    先週、関東圏に来てたのね~。

    ワタシも数か月楽しみにしていたコンサートで、
    先週の木曜にお上りしてきました。

    前回毛刈りの椅子にしぶしぶ座ってから
    まだそんなに経っていなかったけれど、
    床屋にも出かけ、顔を白く塗り、
    ワタシ的には比較的きれいな格好で出かけたところ、
    休憩後後半始まる前に、
    何と美智子様がいらっしゃり、
    二階右袖の客席にご着席されました。わぉぉぉ。
    毛刈りに行っておいて良かった。
    (関係ないといえば全然関係ないんだけれど、気分的に)

    音響の良いホールで素晴らしい音楽に全身浸かる極楽具合は、
    寒い日の露天風呂に似ている・・・

    暫くは思い出を反芻してニヤニヤしながら過ごせそうです。
    行けてよかった。

    遅くなりましたが、
    年賀状、はっぴーさんのは相変わらず芸術的で、
    じっくり楽しませていただきました。
    ホントにうまいよね~~。

    ぺんしるさん、遂に・・・遂に・・・
    去年もできませなんだか・・・(T T)
    でもさ、ぺんしるさんにはあんまり同情心が湧かないんだよねー。
    ぺんしるさんは、
    「これじゃあ嫁のなり手がなかろう」
    と明らかに思ってしまうような男性では決してないもの。
    不潔でもなく、ケチでもなく、安定したお仕事で順調に出世してるし、
    ユーモアのセンスも抜群だし、人と普通に付き合えるタイプだし、
    粘り強いし(この掲示板がそれを証明している)、
    デブでもハゲでもない!
    なので、本人が妥協さえすれば相手はいくらでも見つかるはずだ、
    と思います。2016年の年賀状に期待。
    雪国は美人が多そうな気がしますけど。

    それではまた消える前に投稿ボタンを押す。

  • 皆様
    明けましておめでとうございます。

    ぺんしるさんもはっぴーさんも、
    帰省先でご両親とお正月を祝っていらっしゃるころでしょうか。
    ワタシは大晦日の晩は実家に宿泊し(忘れ物をして、夜の十時ころ自分の家に一時帰宅。間に太平洋がないっていいわ)、
    元旦の本日は早めに自宅に戻ってきました。

    お正月、実家では和生菓子を必ず買うのですが、
    今年のは、それほどハッキリはしない形のもので
    (大雑把な凸凹や色で形を作ってあり、基本のお饅頭型を結構保っている)
    四つ入り、

    たぬ「あ、これ松だ、で、これが竹、梅・・・これは・・・ペリカン?」
    母たぬ「・・・鶴でしょ」

    ちょっと考えてみれば、ペリカンのはずはないけど、
    見た目だけに囚われて、新年早々の判断間違い。
    ペリカンの飛来する草原で長く暮らしすぎたかも。

    出遅れたせいで、皆様がぎょっとされたらしき超ミニサイズの書き込み欄は、
    ワタシが目にする前に改善されたようで、
    この投稿は文のすべてが見えています。
    (ブーイングが殺到したに違いない)
    これなら、確認ボタンもいりません。

    はっぴー家に久々に出現した時期外れの虫(ペヤングニュース的表現)、
    我が家のと同様、放浪中の一匹ゴだといいですね・・・

    2015年は、ペヤングニュース的表現な虫に遭遇しない年でありますように。
    今年もよろしくお願いいたしまする。

  • >>No. 23438

    報道は「虫」になっているものが多いですが、
    混入していた虫がミツバチだったら、
    こんな騒ぎにはならなかったんだろうなぁ。
    「ゴの字」とハッキリ書けばいいのに。
    ↑自分でもはっきり書いてないくせに

    どんなに健康に被害が出なくても、
    ⑤入りの焼きそばよりは、
    多少健康被害があっても、
    使い古して酸化した油で揚げた唐揚げのほうがいい、
    という人のほうが多いでしょうからねえ。
    ------------

    たぬき動向予報が事実と違う方向に流れ始めたので、
    出てまいりました、ご無沙汰しております。
    予定通り、9月末日に日本に到着しましたが、
    余り無事ではありませんでした。

    前日から発熱しているところに、
    あっちは二年ぶりの大雪と寒波で
    日活ロマンポルノくらい飛行機スケジュールが乱れてしまい、
    しかも向かい風が強くて、飛行そのものも普段より時間がかかる、
    というトリプルパンチでヨロヨロでした。
    体調悪いときの長時間移動は苦行だ。

    で、12月最初の一週間は熱と疲れでグズグズ、
    5日に義理の伯父が亡くなり、
    両親が岐阜に向かったので、家守などして週末を過ごし、
    二週目は月曜は晩御飯作って両親の帰宅を待ち、
    その他は仕事ばっかりしてました・・・

    社長が来年も来たいかどうか意向を聞いてくれたので、
    「来ないで済むなら来ずに済ませたい」と返事したところ、
    来年は行かずに済むことになりました。
    通訳に付いたおっさんに嫌気がさして、
    稼ぎにはなっても、もう相手したくなかったのでホッ。

    歳をとるに従い、どんどん短気になっているため、
    「本質的にアタマの悪い人」に対応することに
    すごくストレスを感じ、
    「もうこの人と仕事したくない・・・」
    になってしまう悪い癖。
    だいたいどこでも、よくできた上司や、面倒見のいい先輩、というのは、
    大変に辛抱強く広い心で、ダメな人(私自身も含め)も突き放さず、
    上手くやっていかれるのを見ているので、
    心の底からそういう「管理職向きな人」を尊敬します。
    ワタシ無理。
    はっぴーさんもぺんしるさんも、
    こういう方向はとても得意そうです。
    それって仕事をする上でも、普段の人間関係でも強みですね!

    ぺんしるさん、だいぶん寒そうなので、
    暖かくしてお過ごしください。
    防寒着のいいのを揃えると、冬は格段に凌ぎやすくなりますよ~。
    (マイナス30度圏で十数年過ごした人間よりアドバイス)

    はっぴーさん、年末に向けてお忙しいでしょうが、
    疲れをため込まないようにお気を付けください。

    ではまた落ち着いたら!

  • No.23426

    Re: 解散

    2014/11/17 02:47

    >>No. 23425

    >馬、やっほー♪

    馬、おめっとー♪
    年末の何とか記念に向けて資金ができたね。

    あべさん頑張ってるよな~。
    民主党政権のときは何もかもが、
    「ああもう、だ~~~っっ!」とわめきたい感じでしたが、
    今のところワタシはあべさんのやってきたことは、
    全面的に支持してます。
    譲ってはいけないところでは譲らないけど、
    さじ加減とか妥協具合とか難しいところの調整もいい感じだと思う。
    小泉氏以来の首相の器、も感じる。

    このまましばらく政権維持できれば、
    ワタシの目からは日本にかくあってほしい、という方向に
    引っ張っていってくれそうに思います。

    自民党は消費税法案を通した政党だけど、
    状況を見て、やめないまでも、少なくとも引き上げは延期したほうが良い、
    とか、柔軟に対応するのはすごくいいと思う。
    ノーベル賞もらった経済学者が、いまここで引き上げるのは愚の骨頂、
    と言い切っていたし、景気がよくなれば消費税上げなくても税収は上がるんだし。
    他で税収が確保できたから、消費税は上げなくていい、のほうが、一般の人にとっては望ましいと思う。
    カナダはずっと7%の消費税だったけど、五年くらいまえ(?)から5%に下げました。
    国全体が景気よくなってきたから。
    オンタリオは消費税7%(カナダ共通)に州税8%のときが長くて、
    足して15%かかってたけど、やはりどこかの時点で州税7%にかわり、
    今の平原州に移って来てからは、消費税7%に州税6%で、よっしゃー、と思っていたら、
    消費税が5%に、州税も5%に下がったので、今は足して10%です。
    15%との5%の差は大きい。
    リッチなアルバータ州はずーっと州税なしだし。(消費税のみ)

    日本の経済が上手く回って、10%への引き上げがどんどん延期され、
    もう引き上げなくても大丈夫、ってなって、
    更に8%に上げたのも少し戻して6%にしようか、ってなれば、いいのにね。

    富の独占の実態を知れば知るほど、そもそも消費税そのものに反対です。
    ワタシはコミュニストでは全くないけど、
    現在の富の所在分布割合は明らかに誰もが納得できる(能力の差による当然受けてしかるべき報酬)限度を超えてる。
    アメリカでは上位0.1%の持つ富が、下位90%の人全員が持つ富を足し合わせた分を超えたそうだけど、それって資本主義だからそれでいい、っていう問題ではなく、
    0.1%に含まれる一人一人が人間としてどうなのか、ってとこまで来てると思う。

    日本は、コンビニエンスストアの店員さんも、ファミリーレストランの店員さんも、
    お弁当屋さんのキッチンで働く人も、みんなすっごく優秀だよ。
    サービスいいし、一生懸命だし、まじめに働いてる。
    あんなにマジメに忙しく働いてる人たちが時給800円で、
    毎日8時間週に五日働いても、貧乏だ、と思わずに暮らしていけないなんて、
    どうかしてる。
    上位何パーセントだかに入っている人たちが、
    今ほどごうつくばりにならずに、もう少しこういう人たちに富が分配される(つまり金持ちが税金払う)ようになったら、
    世の中はもっと楽しいところになるはずなのに。
    多分お金持ちの人にとってさえも。

  • No.23418

    Re: 銃撃

    2014/11/10 05:54

    >>No. 23407

    >入国時に正しく申告されて、迅速に対応されれば

    日本の場合、迅速に対応はあまり問題なさそうだけど、
    入国時の申告は個人の良識・良心に頼るだけなので、
    存外ザルではないかと・・・

    例えばワタシがここからギニアに数週間行って、カナダに戻って、
    数日後にギニアに行ったのとは全く別口で手配したチケットでカナダから日本に飛んだら、
    飛行機会社から入ってくる情報では、私自身が正直に申告しなければ、
    きっとギニアに数週間いたという情報を、日本は把握できないと思う。

    性善説にすがらずにうまいこと対策できるといいよね。

  • >>No. 23408

    >クリスマスと恵方巻とハロウィンには一生はまらない気がする・・・。
     節分とかにもっと盛り上がればいいのに。

    クリスマスにもハロウィンにも節分にも一生はまらない気がするけど、
    七面鳥とパンプキンパイと恵方巻きと炒り豆にならはまってもいい気がする。

    >じゃあ、節分はラムちゃんのコスプレで決まりだな。(誰が?)

    どこに突っ込むべきなのか分からなくなるほど、
    突っ込みどころが多い発言のような・・・

  • >>No. 23403

    >カメムシの捕獲はスーパーのビニール袋を使うよ。

    それは良さそう、ワタシは箒とちりとりで、あまり刺激せずに払い出してます。
    でも、ペンシルさんにはこれでも箒に匂いが付くのが気になるのかもね。
    (ワタシは箒がくさくなったと気づいたことはないですが・・・)

    >網戸に卵産んでる可能性があるから

    うあー、見たくない!自宅のに産んでませんように。

  • >>No. 23400

    >毎日階段で上り下りをっ!

    これは、おお、グッドアイディア!と思ったので、
    実行しました。二回ほど。
    (もっとやれ>自分)

    例のモントリオールの友達が来ることになる前に、
    「本もピアノもないところで、テレビも見ないで何してるの?」
    と、訊かれたので、
    「究極の暇つぶしとしては、部屋と一階を徒歩で往復、とか」
    と答えたら、
    「そ、それは確かに究極の暇つぶしだね、
    たぬちゃん丈が短いから、ごろんごろん行きそうだよ、
    頭打って転がっていても非常階段(外ではなく建物の真ん中にあって、ステアウエル階段井戸、と呼ばれます、本当にそんな感じの構造)じゃ誰も見つけてくれなくて危ないんじゃない?」
    「カナダの国立公園のトレイルみたいに、一日一回くらいは担当者が巡回して、
    落ちてるたぬきを拾ってくれたりはしないのかねえ?」

    ちなみにこのコンドミニアムには、
    ちゃんとトレーニングジムやジャグジー施設なども付いています。

    トレーニングジムで自転車こぐより、
    非常階段の登り降りのほうが性に合ってる・・・すたすた、ぜーぜー、すたすた、はーはー。
    人目がないと、休み放題だからな。

    ぺんしるさん、いいエクササイズ場所に気づかせてくれて有り難う。

  • >>No. 23400

    ぺんしる記:10月13日

    >こちら、すでに朝夕は暖房がほしいくらいですが、日中は冷房がまだ必要です。
    寝るときに長袖長ズボンにするか、半袖短パンにするか、冷房つけるか、扇風機回すか、網戸にするか、悩みます。

    たぬ記: 11月9日

    九月の終わりから朝晩は氷点下でしたが、
    今日は体感温度マイナス20℃、実気温マイナス15℃です。
    悩むことなく・・・家にこもっています・・・

    今、四年前にモントリオールに引っ越した友達が、
    ここに泊まっています。
    が、微妙に「遊びに来た」と言えない状況。
    ワタシが平原州に出張で長くいる、ということで、
    「モントリオールに遊びにおいでよ」
    「そっちこそ、高級コンドに泊まりにくれば」
    のやりとりは当然あったのですが、
    お互い「時間もないしお金もない」、で、
    また今度ね~、日本に来たら連絡してよね、
    と、ありがちな成り行きに終始していました。

    が、この町に住んでいる彼女の一番の友達(ワタシも知っている人)が、
    白血病にかかってしまい、急遽、
    お見舞いに行きたいから泊めてもらえないか、と連絡が。

    四年ぶりに会えるのは嬉しいけど、
    (連絡自体は日常的にメールやりとりのある相手)
    そういう理由じゃなければもっとよかったのにね、
    でもそういう理由がないと、
    いつかあえるから今でなくても、って思っちゃうから、
    腰が重いよね、と話しました。

    今すぐどうこう、という病状ではありませんが
    (抗がん剤治療を終えて、仕事もしてる)
    いい病気ではないのでみんな心配だろうと思う。
    20キロ痩せられたそうで・・・。
    昨日到着した彼女を送って、
    ワタシもご挨拶がてらちょっと一緒にお話ししてきたのですが、
    見た目にも着ている服が、がさっとしてました。

    今日は、彼女は彼のお見舞い兼、家族ぐるみのお付き合いだから彼の奥さんや彼らと共通のお友達夫婦などと一緒に過ごしているので、
    ワタシも自宅でいつも通りの週末(寒いから出かけない)を過ごしています。

    日本人でも彼女は中身は半分カナダ人、
    泊まりに来ると言っても、
    朝から勝手に冷蔵庫空けて自分で買ってきたもの(昨日一緒に買い出しに行った)や、あるものを遠慮無く使って、
    自分で朝ゴハン作って食べてくれるので、楽ちんです。
    それどころか、ワタシがボサボサ頭でのそのそ起きてきた頃には、
    コーヒーは入ってるし、
    「ベーコンエッグ作ってあげようか?」
    ↑ニワトリより早起きの彼女はすでに朝食終了、
    おやつも食べて、洗い物まで終わってる
    明らかに「客」ではない・・・(よい意味で!)

    今回はお見舞いが主眼なので、彼と時間を使いたいだろうし、
    基本的に一つのキッチン付きホテルを二人で別々に使ってるような感覚で、
    ワタシも仕事が忙しく、おもてなしというほどのこともせずに、
    場所だけ提供してます。
    話をする時間は十分あるので、会えてよかった。
    カナダに着いた頃、電話くれて数時間にわたる長話したときには、
    二人ともこんな展開になるとは思っても見なかったけど・・・

    そうそう、ウィークリーマンションがどんな感じなのか知らないのですが、
    ここ一ヶ月プラン(長期割引済み)で滞在費45万くらいかかるところだから、
    「高級」といって構わないんじゃないかな?
    ワタシは1ベッドルームが空いていなくて、
    2ベッドルームを1ベッドルームの値段で貸してもらっているので
    (しかも、1ベッドルームに空きが出ても移らなくてもいいという破格の待遇)、
    実際に払っているのは35万くらい。
    はじめは一週間後くらいに部屋が空いたら移ることになっていたのですが、
    物件のマネージャーに「どうやって引っ越せばいいのかな」と聞いたら、
    権限のある彼女(予約業務の人にはできない)の判断で、
    「大丈夫、ワタシに任せて、空いてる部屋でうまくジャグルして、
    あなたが移らなくてもいいようにしてあげるから、そのかわり、
    二部屋目のベッドルームは使わないでね(掃除の関係)」
    「勿論使いません、必要ないから」
    今回、友達が来ることになったので、事情を話して
    「差額はきちんと払いますから、二部屋目使ってもいいかしら」と頼んだら、
    「差額の心配なんてしなくていいわよ~、二部屋目使ってもらって、スペアキーは後でお部屋に届けます。お友達のお友達、よくなるといいわね」

    ここは何かにつけて人的なサービスがとても感じよく
    (経営会社が、というのもあるかもしれないけど、彼女が有能な気がする。
    いったことをすぐに確実にやってくれるとか、メールの返事がすぐ来るとか、
    そういうのは担当者個人の資質に寄るところが大きい)、
    いいところです。

    11月末に日本に戻ることが決まりました。

  • No.23413

    Re: 銃撃

    2014/11/10 03:45

    >>No. 23405

    みなさま、ご配慮いただき有り難うございます。

    丁度休暇でオタワに遊びに行っていた・・・人もいたかもしれませんが、
    幸いワタクシはこき使われている最中で、流れ弾を逃れました。

    が、ついにカナダも空港で靴を脱がせるようになってしまい、
    (アメリカはセキュリティーのX線に靴も通さねばならなかったけれど、
    今まで、カナダはそこまでしてませんでした)
    日本に戻るときには、スリッパを持って行こうと思います。

    こちらは「土足」の概念がないか、あっても非常に緩やかなので、
    例えば職場で椅子に上って上のものをとるとき、誰も靴を脱がないし、
    カナダ人はワタシの知る限り、家の中で靴を履いている人は皆無なのですけれど、
    (想像以上にどこの家でもどの文化の人も脱いでいる。
    ヨーロッパではかなり違うと聞いています=寝るとき以外は靴を脱がない)
    それでも、例えば、出がけに靴はもう履いた状態で、
    「あ、手袋忘れちゃった」と
    中に取りに戻る場合、気軽に靴は履いたまま入っていきます。

    靴の検査のために、土足エリアと靴下エリアがわざわざ区別されるわけもなく、
    靴履いて歩いている人もいるところを靴下で歩くわけで、
    (つまり普通にエアポートの床を靴下で歩くのと何ら変わらない)
    ワタシはこれがとても嫌なのです。
    その後、靴の中にまで汚れを持ち込む気がする・・・

    アメリカではいつも、
    「しまった、忘れてた、スリッパ持ってくるのも忘れた」
    を、繰り返してますが、
    今回は次に飛行機に乗るのは忘れるほど時が経つ前で、
    今部屋の中で履いているスリッパを家を出る直前まで履いていることになるから、
    多分忘れずに手荷物に入れられることでしょう。

    ホント、テロってものすごい経済損失を世界に与え続けていると思います。
    ああでも、雇用も創出してるのかもね。
    警備の人とか、検査機械の開発とか・・・

  • 皆様、再びお久しぶりです。

    九月末から仕事でカナダにいます。
    とりあえず11月のはじめまで、になっていますが、
    出発時からクリスマス前まで居られる準備してきて、
    ということだったので、延長の可能性大。
    三ヶ月滞在の準備他で、九月は慌ただしく過ぎました。

    現在、会社が用意してくれた長期滞在型高級コンドミニアムでふんぞり返っております。
    街の一番美しい景色を眺められる方向に向いた
    24階からの眺めがすんばらしいです。
    昨日は友達と通訳相手のお客人と州内の国立公園に行ってきました。
    秋のカナダの平原を満喫し、その後お気に入りの中華料理屋さんで食事、
    と、申し分ない休日を過ごし、今日は洗濯だけしてお疲れ休みです。
    三連休だから明日も休みなんだ~。嬉しいな。

    ペンシルさん、無事に帰省できてよかったですね、
    ご家族との共同作業も楽しめた(?)ようですし、
    牛肉当選もおめでとうございます。
    はっぴーさん、だんみつさんは賢そうなヒトだよね。
    ああいう感じの色っぽさはなかなかよろしいと思います。

    皆様それぞれご多忙でしょうが、
    健康には気をつけてお過ごしください。

  • >>No. 23369

    >>母がすっかり耳が遠くなって、

    >うちも。

    うちは父が。

  • >>No. 23367

    >トトロはサツキの妹のメイがわがまますぎてキライでキライで、もぉ~!
    ちびまるこも久しぶりに見てみれば、自己中で不愉快すぎて精神衛生上耐えられない・・・
    のび太もクズ人間すぎて、見放さない周辺に対しても怒りが・・・

    歳をとるに従い他人に対する許容度って下がるかもね。
    ワタクシはジコチュー120%全開なので、
    まるこちゃんは、まだまだ周りに気を配り気を遣っているように見えまする。

    >サザエさんは最近おかしい。
    サザエのお色気シーンをちょくちょく挟んでくる・・・、なんの狙いだ?

    最近、色っぽいのとエロいのは違う、という文を、
    ナルホド、と思って読んだのですが
    しばらく考えたすえ、
    エロい、でもいいんだけど、と結論を出しました。
    本年の抱負「色っぽくなりたい」が既に数年目。
    サザエさんを見るといいのかもしれない。

    >コバエがホイホイ的なヤツはおびき寄せ用のエサがすっぱ臭いから置きたくないんだよね・・・。

    あ、そうなんだ。知らなかった。
    時々実家にコバエがいるので、使ってみようかな、と思ったことがあるのですが、
    ならやめておこう。

    >クワカブには影響がなく、小さい虫が一発でいなくなる良い方法はないものか。

    そういえば、以前返信しなかったけど、新天地でもクワカブ拾いしてるんですね。
    古いのは持って行ったの?引っ越し便に入れて?それとも手で運んだ?
    数か月前に母が何かを埋めるのに畑に穴を掘ったら、
    カブトムシの幼虫が沢山掘り返されてしまったそうで、
    「また埋けといたけど、大丈夫かしら」と心配していました。

    クワカブに影響なく、が難しいよね、
    一時退避させておいて、バルサンを必要なインターバル(孵化サイクルに合わせて)で定期的に炊いてみてはいかがでしょうか?
    今なら夜間なら外に置いておいても、凍死はしないのでは。
    昼は外では煮え死んじゃいそうだけど。

    >ピーク時は、建物の1階、2階、3階、4階、5階の各階段踊り場に1匹ずつ寝転がっていたな。

    ワタシのところ今もそんな感じ。
    転がっている虫の種類は推移して、今はカナブンがブーム。
    早朝、濃い緑のドアに大型の蛾が張り付いていると目立ちまくるのですが、
    大抵、実家に行って戻ってくる時間までには鳥が始末してくれて、
    屋外廊下部分に羽だけが散らばっていたりします。

    >妖精も多分負けていません。
    >もう片付ける気も起きません。
    >とは言え、このままぢゃあなぁ・・・

    数年でまた引越しが決まっているなら、
    ワタシは絶対に片付けない。
    (引っ越しの梱包時に、「開けない箱」を作ると思う。
    思い出があるからとっているけど、普段使うわけではないものってありますよね)

    >今月は取れない。明日からヘビーだ・・・。

    あらら。今までははお盆と年末年始は死守できていたみたいだけど、
    偉くなると、それさえも危ういのでしょうか。
    死ぬ前に「あんなに一生懸命働くんじゃなかった」と思う人は一定数いるみたいなので、
    (カナダだからかな?)
    来月は是非ともしっかりお休みください。
    今は今しかない!

    >それにしても自分の歳がすぐに思い出せなくなりましたなぁ。

    数が多くなると、どうしても記憶にも誤差がね・・・

  • >>No. 23366

    はっぴーさん
    あの距離を日帰り出張は相当大変だったでしょう。
    お疲れ様でした。

    いろいろ忙しくて行けない、よく分かります。
    そうでなくても家族がいるというのは忙しいことなのに、
    学校の役員やっていると、次から次へと、という感じでしょうね。

    >病気してると、悪い所って一か所じゃ済まないんだなぁ(;_;)

    うん。ワタシたちの年齢でも一か所具合悪くなると、結構連鎖的にあちこちこない?
    はっぴーさんまで体調崩さないように、夏を乗り切ってください。

    >住みつかれないことをお祈りしております。

    翌日にはコンバットがそこかしこに配備されました。
    入ってきても、繁殖させてなるものか!

    侵入阻止剤を検討して、これがいい、と思ったものが、
    このあたりの店には置いてなくて、
    ネットで買うか?と考えているときに、
    一時的な大移動である可能性に気付いたので、
    侵入阻止剤は買わずに終わりました。800円浮いた。

  • No.23370

    Re: 朝ドラ

    2014/08/17 17:30

    >>No. 23365

    実際の歌をただの一度も聞いたことがなくても、

    ---------------------------------
    >寄り添って今があって
    せめて「よりそーって、今があーって、」と歌ってほしい・・・
    よりそおてーいー、まがああて、って何だ。と・・・

    >こんなにも愛おしい
    も、こんなーにーもーいと、ぉしー、って何だ。と・・・

    基本的に「が」とか「げ」とか鼻濁音になるべきところを、
    全部「がっ」「げっ」となってるのと、
    息継ぎの場所(手をつなげば温かいこときらいに、なればひとりに・・・とか)が変なのが歌詞の意味をより分からなくしてる原因だと分かりました。
    ---------------------------------

    この一連の説明はPCの前で声出して笑っちゃいました。
    知らないのによく分かる。くっくっくっ。

    最近、鼻濁音使えない人多いよね?
    昔は松任谷由実さんが鼻濁音使えなくて音が汚い、ってよく言われてたけど、
    つまり当時は歌手(プロの歌い手)はちゃんと発音できる人が殆どだったのでありましょう。

    ワタシたちが若いころも、昔の歌手は上手だった、(藤山一郎など?)
    と言われ、
    今、ワタシは、昔のアイドルは歌が上手だった、(キャンディーズ時代くらいまで?)
    と言いたい。

    ま、昔も下手な人はいたし、今も上手な人はいるんだけども。
    時代と共に求められているものがどんどん変わってきているのがよく分かります。

  • オオカミおばさんではありません。
    今度はホンモノ。
    よく育ったでっかいチャバ。
    が、その話はあまりにも長くなるので、また今度。
    とりあえず、侵入⑤確定で、問題再発はしばらくなさそうです。
    一時期、外の廊下で異常に目撃頻度が多かった謎が解けました。
    階下で⑤を飼って増殖に励んでいた家庭が引っ越したらしい。
    で、灼熱地獄水分補給なし空き家と化したそのユニットから
    難ゴキが移動を開始、という顛末のようです。
    (あくまでも推測ですが・・・)

    蝶バエはその後すぐに塩素粛清を行ったのが効いたのか、
    もともと単発だったのか、
    一匹見ただけで終わりました。(ほっ)

    ご無沙汰しております。
    一年たっても、目の前の締め切りに追われ、
    いまだ引っ越し後の生活が整いきっていません。
    10日あるはずだった夏休みは、直前に入った大物量の仕事で、
    一日残らずつぶれました。
    まあウチの会社は本気で休みたければ、
    仕事を放置してでもいつでも休ませてくれるのでいいけど。
    (夏休みもとりたければとってもよかった。)
    山を越したら休めばいいや、と思っていたら、次のがドカッと来て、
    お休みお預けが続いています。

    ぺんしるさんの歌詞聞き取り、
    (その曲は知らないけど)
    「あるある」でした。
    英語の歌詞は、まさにいつもそんな感じです。
    正解を検索すると、
    80%はなーんだそうか、と思うけど、
    残りの20%は10%は自分責で、
    「ダメだ、こりゃ絶対にワタシには聞き取れないわ」で、
    10%が歌い手責で
    「これはワタシじゃなくても聞き取れないのでは?」
    という感じです。

    歌ではないのですが、
    留守電の英語メッセージ中、電話番号がでてきて、
    その番号の前半を10回くらい聞き直して、
    それが日本の0120に相当する
    1-800(ワンエイトハンドレッド)だ、と気づいたのですが、
    気づいた後に何度聞き直しても、「ワイドレッド」にしか聞こえませんでした。ううう。

    カナダにいるときは、しょっちゅう店員さんのいうこと(袋いる?とか、ポイントためてる?とか)などを聞き返していたのですが
    (五回に二回くらいは聞き返していたように思う)
    「英語だから聞き取れないんだ」と思い込んでいたので、気にも留めていませんでした。
    が、日本に戻ってきて、
    まったく不自由していない日本語で(カナダ生活が長くなっても別段日本語能力が衰えたとは思わない)、
    なんと、銀行などからかかってきた電話やレジやカウンターのお姉さんのいうことが聞き取れず、
    分かり切っている日本語としてはものすごい頻度で聞き返さねばならず、
    (知らない人からの一本の電話で聞き返さずに済んだことが殆どないほど)
    びっくりでした。
    (内容が理解できないので聞き返すのではなく、純粋に音と単語の聞き取りの問題。
    英語だと、全部聞き取れていても、それがどういう意味なのか分からなくて聞き返すこともよくあります。)

    思った以上に、そもそもの聞き取り能力が低かったことがわかりました。
    そりゃ、英語では苦労するはずだ!

    つい先日、自分が「アラフォー」ではなく「アラフィフ」だ、と気づきました。
    半年、自分のことをアラフォーだと思って過ごしてました。
    うっかりしすぎ>>自分
    人生の大先輩に近づきつつあるので、聞き取れなくてもいいのかも。
    しかし、この上、耳が遠くなることがありませんように・・・

    ぺんしるさんは帰省されるのかな?
    はっぴーさんも北上されるのかもしれませんね。
    道中お気をつけて~
    暑さ負けしないよう美味しいものをお召し上がりください。

本文はここまでです このページの先頭へ