ここから本文です

投稿コメント一覧 (11コメント)

  • レイシストのトランプが、メリットなくしてアジアの首相なんかを厚遇する訳もなく、毎度のように米国に好都合のとんでもないお土産を持っていった証拠。我々は一番の米国債の買い手となる、どうぞ減税でも景気対策でもどんどんやってくださいと。
    ドル高トレンド回帰には時期尚早だけど、下値リスクは限られてくる。
    短期的には115を再度試してまた叩かれるかどうか。

  • 2016/12/20 17:53

    日足的に終値が118.03以上ならトレンド継続。
    JGBは低下傾向で米国債は2.5-2.6をふらふら。
    やはりダウ日経2万、ドル円120円越えが
    目先のクライマックス。

  • 先週末からのオセアニア通貨のドル高から始まって今日は欧州、カナダもドル高一直線。
    その前にオーバーシュートした円だけもっはら蚊帳の外。
    それも中立でもなくクロス円につられて円高っていう…。
    これをFOMC後の本格調整のシグナルと言いたがるけど、
    11月9日からの17円の上昇は、規則的に2円前後の小幅調整をしながら上昇してきた訳で
    米国債が大きく変動していない中、クロス円につられてドル円が大きく下がるとも考えにくい。
    日足でいうと2~3日陰線のあと高値更新の陽線を繰り返してるし
    いつものパターンに戻るのか
    これを大幅調整の中間地点と読むのかは、明日以降の米国指標のこじ付け材料に因る。

  • 日本株は1年前とぴったりに「行って来い相場」になってる。
    米国債とリンクして1年を共にしたドル円は1年前の水準で121円。
    米国債はオーバーシュート。2.6%だと125円水準だし。
    去年12月の利上げは時期尚早で、株とドルと長期金利は下り坂を彷徨って、
    米国経済はドル安のカンフル剤で1年かけて死角なしに回復。
    円高に慣れすぎてたけど、空前の緩和中に100円っていうのは何だったんだと。
    結局円が強くなる理由はなく単なるドル安だった。
    テクニカルでのワーニングより、
    とりあえずは昨年末の水準にまずは戻ってから
    グラッと調整が入るのではないだろうか。
    本来は8月中旬の円安空騒ぎからゆっくり120円を目指す筈だったのが
    11月9日からの急勾配になったことから、フリーフォールにびくついてしまうけど
    日本株はもう円安に反応せずに、120円に戻るのをじっと待っている。
    金融引き締めでダウが調整始める前に、120円まで上げきれるかどうかってところ。

  • 調整厨のワーニングは、いつ当たるのか。
    110辺りからずっと、そろそろ調整って。
    有ったとしても
    120目前でストーンとういうのしかイメージ出来ない。

  • 減産も決まって指標も好材料で米国債は2.4まで行っても、
    ドル円はラリーってほどの上昇もしない。
    少し上がるとガッツリ利食いするのはいわゆる短期筋なのか。

  • 数日の反落でトレンド反転・調整の大合唱だったのに
    クロス円は軒並み高値を超えてきている。
    この後の指標も後押ししてドル円も114超えるのかどうか。
    でもクロス円が高いってことは他通貨ではドル高収まってるって事でもあり。
    「小幅調整」でガス抜きはしてきたっぽいけど
    チャートが警告する「大幅調整」は何切っ掛けでストーンと行くのだろう。
    利食いしても買い場がなければ、仕込めない悩ましさ。

  • 祝日明けは結構な円高水準で始まるのか。
    その後下旬までは…3パターン
    ①100-104のレンジに収まってダラダラ。
    ②今回も100円止まりと思った瞬間ストーンと落ちる。
    (ポンドは月足的に120円)
    ③102で切り返せば、トレンドが明確に変わるけど
    時間軸的には早いんじゃないか。

  • 雇用統計の数値に関わらず峠越え。
    週足陽線は概ね2本で終わり。
    大体利上げなど12月なのに、それを材料に一本調子で上げ続けるわけもなく
    過剰な後付材料でセンチメントを醸成しても煮詰まったころに反転。
    100円割れそうな水準でちょくちょく介入もどきの買を入れてた筋が
    オーバーシュートしたあたりで利食い。
    結局チャートは正直。

  • 8月下旬のFRB議長の「利上げを示唆」で
    結局空騒ぎだった円安見たく
    センチメントなんて虚構、理由などいつも後付け。
    利上げを無理におりこんでたのは為替だけだったし。
    昨日の午後以降、下へは全く触れずに、上にしか行こうとしない。
    これがダマシなのかトレンドに変わるかは?
    行きすぎたものは戻るけど
    行きすぎた感がないまま偏向するかどうか。

  • 本日は円だけ箱庭に入れられてるようなKY相場だった。
    欧州時間に入ってからのドル安に全く無反応だったのは円だけ。
    クロス円に引きづられて円安に振れた時には、思わず拍子抜け。
    先走って円だけ調整済みではあったけど、あれだけの勢いに飲まれないのは
    とても不気味な裏を感じる。
    何がしかのオペレーションが始まるのは明日から。
    オーバーシュートした感じのないまま
    円安に振れるのは煮え切らないけど
    100円を岩盤で下がらないなら
    円だけ単独な動きをする事になるのか?

本文はここまでです このページの先頭へ