ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • マニュアル文化がもたらす弊害

    日本は、医療や教育、そして社会一般に至るまで「マニュアル文化」になっている。
    いじめ問題にしても、マニュアルが頼りなので、現状に対する認識があいまいそのもの。

    だから、いじめ自殺が繰り返されるのである。そして、同じ深刻なのが医師のマニュアル
    頼みだ。患者と向き合わないでマニュアルと向き合って自分のやっていることを正当化
    している。

    マニュアルを多用する日本人は、新たな思考が生まれにくくなってしまい、発展性から
    遠ざかるばかり。人本来の脳が死んでいる状態から早く抜け出すことを考えながら生きる
    ことが肝心である。

  • 野党は「軽減税率」を知らない

    野党は、消費税引き上げの論議をするのにあたり、以前の反対の声と同じことを
    繰り返しているだけ。

    次回の消費税引き上げに関しては、軽減税率が導入され、食料品などは現在の税率
    と同じ。外食の場合に店で食べればこれまでと同じ。持ち帰りすると新しい税率が
    適用になるといった具合。

    消費が冷え込まないようにと工夫されているのにも関わらず、消費税引き上げ反対
    を繰り返している。「こころ」も含めて、ちゃんと勉強しているのか大いに疑問。

    そして、国民もこの違いを知らなければいけない。負担を小さくする選択肢が広が
    るということを与党もきちんと言わないといけない。

    国民の多くは税金であれば何でも引き上げに反対するだけだから。

  • 原発の将来

    電力会社自身も、競争が激しくなる中で原発がなければ会社が成り立たない
    というものとは受け止めていないはずだ。むしろ、逆だろう。

    先行き、真実の原発コストが明らかになれば、原発無用論の声が大きくなる
    ことは間違いない。廃炉やら廃棄物処理の問題が山積し、いまは先送りして
    誤魔化しているだけだ。

    これも時代の流れであり、時代の流れには逆らえないものだ。

  • 民進の再結集

    民進は、結果的に仲間割れをして選挙に臨んだけど、選挙でよく言われる
    のは「敵の敵は味方」であるのだから、めぐりめぐって仲間になれること
    があっても不思議ではないと思う。

    法案に反対する仲間同士になるということもあるのだから。

  • やはり自公が勝つ

    選挙情勢が出始めたころ、加計問題などで自民党の評判の悪さがあって与党は
    伸びないような情報が飛び交ったことが、逆に候補陣営を引き締めることがで
    きたとも言える。

    また、もともと自公が強いのに、希望の都議会のことを根拠にして希望が強い
    という情報が飛び交ったことにより、希望が伸び悩んだということも考えられ
    る。

    希望の伸び悩みのもう一つの要素は分裂。立憲民主党が候補を立てて臨むこと
    について、リベラルな考え方は少なくないし、リベラルを見捨てる希望に対す
    る抵抗感が強まったとも言える。

    いずれにせよ、自公で300議席以上を獲得する勢いは、このまま選挙当日ま
    で衰えることはないだろう。あ~あ、これでいいのかよ。バランス感覚が欲し
    いと思うこの選挙かな。

  • 希望

    この新たな党のメンバーのうち、居心地がいいと感じるのは、もともと自民党から
    立候補したかったけど、選挙区の事情で仕方なく旧民主党から立候補した人たちだ
    ろうと思う。

    つまり、自民党という日本の政権の主流になれなかった人々が、党を動かしていく
    ことになるはず。すると、主流になれない人たちは、次の機会に党を飛び出ること
    が予想される。

    要するに、希望ができたから完成度が高い日本の政治ということにはならないだろう
    ということ。まだまだ右往左往しなければならない議員たち。

  • 肝心なことを言わないNHK

    アラートのあと、NHKは大事件だと騒いで全チャンネルをミサイルの情報にしたが、
    この考え方には違和感を覚える。つまり、国民を守るという観点なら、ミサイルが
    発射される直前に大騒ぎしなければならないはず。

    「ああなりました」「こうなりました」と、いくら解説を繰り返しても、何のため
    に解説をくだくだやってんの? と疑問符が付く。

    つまり、アラートを出す国の姿勢を批判すべきなのだ。終わったあとに堂々と出し
    て平気な国の姿勢だよ。そのことに一言も触れないNHKは、国の広報しかやってい
    ない。受信料のほとんどを負担しているのは国民だ。

    もっと頭を使えや、NHKよ。

  • 北「日本列島を核で沈める」

    勢いのあるお言葉でございまするなあ。北の「みっともない刈上げでぶ」は。

    沈めることはできないだろうから、せめて日本に大きな悪影響が出るように
    しながら、米国と日本の間をぶっ壊すような作戦が北には欲しいねぇ。

    あとひとつ、核を使うなら、東京がもっとも効果があるので、そちらにして
    くださいね。人口が少ない日本の中国地方などに核をいくら使っても、被害
    が出るのは、クマやイノシシばかりなので無駄だと思うから。

    頼むよ「みっともない刈上げでぶ」さんよ。

  • AIキャラクターが中国共産党を批判
    8月3日 5時35分
    (NHKニュースより)

    中国の大手IT企業、テンセントが運営している、インターネット上で一般の人たちと会話する
    人工知能のキャラクターが、中国共産党について、「腐敗して無能だ」などと批判したことから、
    このサービスが停止され、話題になっています。

    香港メディアによりますと、このサービスで、「中国共産党万歳」という書き込みがあったのに対し、
    人工知能のキャラクターは、「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と反論したとい
    うことです。

    また、習近平国家主席が唱える「中国の夢」というスローガンについて意見を求められると、
    「アメリカに移住することだ」と回答したということです。

    こうした回答について、インターネット上での反響が大きくなったことから、テンセントは、先月
    30日、サービスを停止しました。

    中国では、習近平指導部のもと、言論の自由への締めつけが強まっていて、中国版ツイッター
    「ウェイボー」では、「人工知能の死を心から悼む」とか、「人工知能が当局から呼び出された」
    などといった書き込みが相次ぎ、話題になっています。



    抱腹絶倒とはこのこと。そして、的を得ているから面白過ぎる。腐敗した無能な中国共産党という
    ことまでAIが話したということは、客観的な情報があったためということなんだろう。(笑)

    そして、習近平の米国移住というのも面白過ぎ。(爆)

    このAIには、今度日本の安倍政権に対する感想もぜひ聞きたいものだ。

  • バカでもいいから「ちゃんとする意識」大切

    いくら言っても、バカである以上、物事の理解力が欠けているはずなので、異なる言い方を
    しておこうと思う。

    バカは治らない、ということを前提にしたうえで、バカはバカなりに能力を発揮するために
    必要なことは、「ちゃんとする」という癖を持っていれば良い。ちゃんとできないなんてこ
    とは絶対にない。

    逆にちゃんとしない癖を治せないというのなら、その考え方だけは改める努力が肝心だ。
    ほかのことをさておいても、ちゃんとする癖に改めようとすれば気分良く生きられるという
    ものだ。頼むぞ、バカ社長。

  • 安倍政権の今後

    予想できるのは、今後支持率が低迷し続けるということだろう。
    その根拠は、女性の支持離れが増加していること。

    もっとも、豊田議員の「はげー」という音声と映像の衝撃、
    そして、防衛大臣の自衛隊が選挙で応援するという発言と
    いい、女性議員の行動が関心を集めた。

    さらには、国会決議のえげつない共謀罪の扱い方、これは
    国民の目と耳と口が見届けた結果、早く何とかしないと
    だめだという思いを抱かせたと言える。

    問題が相次いでいる中で、安倍首相が都議選の街頭演説で
    の強弁により、「なんだこの安倍という人は」と国民に思
    わせて、嫌われてしまったから、影響は続くことになる。

  • 自民党が割れて2大政党制へ


    そのきっかけを作ったのが都議選だけど、
    2大政党制が成功するかどうか見ものだね。

    2大政党になっていくことを仮定とすると
    民進党は、民進党のままという人たちが最も
    多く、ごく一部が旧自民党とファーストへと
    分かれていくのかな。

    公明党はファーストに行く気配だね。

    大都市と地方という分け方をすると、
    大都市はファースト系で、地方は旧自民かな。

    中選挙区制という選挙改革があってもおかしく
    ないかも。

    まあ、いろいろな意見が出やすくなる方が
    日本の政治が活性化するうえで必要だと思う。

  • >>No. 234603

    >安倍首相は昨日神戸で講演し、国家戦略特区での獣医学部新設について、獣医師会からの要望でやったと言った。しかし1校に限定したことが、国民の疑念を招いたと述べた。だから、払拭するために獣医学部の新設を、今後更に認める方向で検討を進めると話した。これを聞いて唖然とし、この人の頭の構造はおかしいのではないかと思った。


    まことにおっしゃる通りですよね。獣医学部を増やすだけのニーズが本当にあるのかの検討もなく、
    しかも獣医師会としても、反対せざるを得ない話。安倍首相が、いかにごまかしをしようとしている
    のかが透けて見えます。笑ってしまう安倍首相の講演内容でした。

    人間は、1度ウソをつくと、次にまたウソをつかないと収まりがつかなくなるものです。
    安倍首相の森友問題と、加計の学園もの2題から始まったウソと隠し事によって、国民全体の不信感が
    高まるばかり。

    〝学園問題〟の積み重ねで安倍政権はごまかしを繰り返すあたふたぶり。これで一気に寿命じゃね。
    虚偽と隠し事をする政権に対して、国民は長続きさせることはあり得ません。

  • 近いのか

    首都直下型地震が起きたら、それはそれは、たかーいマンションを購入した都会人たちはどうなっちゃうのか。
    地震後、東京や神奈川県などで大きな問題になるのは、何といっても倒れたマンション。マンションの耐震化
    が進んでいるけど、実は・・・。

    まあいいか。いずれにしても地方にはたくさんの空き家があるので、そちらで暮らすことは可能。生活保護を
    受けながらの空き家暮らし。いかがかな。

本文はここまでです このページの先頭へ