ここから本文です

投稿コメント一覧 (1017コメント)

  • >>No. 12336

    「終活に遺す」

    前川喜平元文科次官の講演が人気。

    「前川喜平大いに語る」とか「教育と憲法」とか・・・

    前川さん、高崎で講演してくれないかな。
    妹の前で、義弟、中曽根弘文元外相の前で、甥の中曽根康隆衆議院議員の前で。
    そう、義弟の父、中曽根康弘大勲位の前で。

    思うんだが、前原喜平元文科次官の論は極めて明快で正論である。
    教育問題はさる事ながら、憲法問題も、さらには加計学園事件についてもだ。

    然しながら、お身内とは言えほぼ日本の政権中枢に在し、出自、家系も超一流。
    まさに絵に描いたような超エリートの学閥か官僚のトップに上り詰め不本意ながら辞職もあったが「面従腹背」に失うものはなかったのではと。

    その講演では「安倍晋三は大嘘つき」と声高にし拍手喝采を浴びる。

    「訴えるなら訴えてみろ」とも言う(笑)。

    そして自らの立場を「安倍と共に去る」と聴衆の笑いを誘う。

    そして、「絶対に政治家にはなりませんから」とも。

    それはそうと、どうして前川喜平氏の妹が中曽根家に嫁したんだろう?
    まあ、前川製作所つながりなのかもしれない、中曽根弘文氏の妹は鹿島一族に嫁いでいる。
    詳らかではないが、中曽根一族と前川一族はどこかで閨閥が。

    まあ、前川喜平元文科次官のとおりの「アベカケ事件」ならば結末は見えている。

    「読売新聞を読んでください」は安倍首相の迷言なんだが(笑)。
    その昔は読売新聞といえば、正力松太郎、渡辺恒雄と「中曽根新聞」だった。

    出会い系バー通いをリークした読売だが、中曽根一族を貶めたことにならないか?

    それはどうでもいいが、自民党からでもいいから前川喜平・・・
    出馬してこそ本物の「面従腹背」為るではないか。

    ケンタ。

  • >>No. 12333

    「音楽・楽器と認知症予防」

    そうですね、ピアノは叩(弾)けば音が出るからその意味では一番簡単な楽器。
    ギター、弦楽器は押さえただけでは音は基本的には鳴らない。つまり「弾く」という作用が必要。
    それは管楽器も同じで、押さえて吹かなければならないから結構大変。

    やっぱり、一番簡単なのはドラム、打楽器かな。叩くだけでいいから(笑)。

    ま、楽器演奏で一番のポイントは一人で練習するのは大変かも。
    オーケストラでも、ブラバンでも個人練習はある程度できるようになってからじゃないとダメ。なぜなら自己流になっちゃうから。
    基礎練習のロングトーンなんかもグループレッスンでやらないとアンサンブルができなくなっちゃう。

    ご主人、もしかして譜面とにらめっこで格闘してたんじゃないですか?
    ま、譜面がスラスラ読める人でも、ソロ演奏はなかなか大変です。

    今、僕のところへ66歳、ピアノ講師の女性がピアノを習いに来てます。
    その女性、もちろん譜面はスラスラ読めるのですが、全く「音楽」(ジャズ・ポップス・歌謡曲)になってない。
    クラシックの楽譜は事細かに強弱からスラー、タイの記号が書いてあるけどジャズとかは、メロ譜だけ。
    それを、音符通りにしか弾けないから、リズムが全くない(笑)。

    そして僕の歌につられちゃうから譜割りも狂ってくる。

    ギターもそうだけど、基本は伴奏は3和音、4和音しか押さえません。
    ピアノもメロディは右手、精々3本指、僕の仲間のピアニストは2本指でメロディをコロコロ弾きます。

    音楽、楽器演奏は創作ですね。

    フレーズ、リズム、テンポを瞬時に思い出しアンサンブルする。

    その66歳のピアノ講師の女性、僕の歌に合わせオブリガードの特訓中です。

    「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」

    ケンタ。

  • >>No. 12333

    「蓮舫(レンホウ)です」(笑)。

    オリンピック担当相ですか。そうかと思えば議員宿舎で「裸でピンポンダッシュ」ときた日には笑うに笑えない。
    文科大臣は教育勅語を礼賛し、防衛大臣もカジノ議員、法務大臣も超エリートだけに始末が悪い。
    地方創世とかの舛添元妻もかなり悪質、っていうかえげつない、下品、汚らわしい。そんな形容がピッたんこ。
    こんなのが少なくとも後3年つづくんでしょうか?

    マーガレット・ミッチェルじゃあないけど「アベと共に去りぬ」にしたいですね。

    新天皇、新元号、「平成と共に去りぬ」を願うところです。

    ま、来年の統一地方選、参院選は新天皇、新元号で、です。
    その統一地方選がカギですね。都道府県市町村民の投票にかかってますね。
    同級生が突然の訃報。僕も来年2月で70歳、もしかしたら最後の選挙、投票権の行使かも知れないです。

    全ての団塊世代が70歳になる。
    そしてその70歳以上の人口規模は凡そ男女で2000万人から。
    リアルタイムに戦争を知らない世代が1200万人。その多くがなんであれ僕らの祖父母、そして親世代の屍上に平和を享受してきた。

    世界は知っている。戦争がいかに馬鹿げたことか、愚かなことかを。
    しかし、その戦争がないと、資本、経済が成り立たない政治と産業があることも現実だ。
    その現実とどう向き合うか。そうしたたった1%の支配階層とどのように渡り合うか。この日本という国はこれまでその意味では上手く渡り合ってきたのだろう。事実、僕らがこうしていられるわけだから。

    しかしこの先はわからない。

    元文科官僚の寺脇研氏が講演で言っていた「忖度、改竄、捏造」は戦前戦中の「大本営発表」と同質だと。
    これまでの行政ではそのようなことはあり得なかった、というよりあれば政治家ともども即お縄になった。

    このことはこれを放置すればそのデタラメが横行する暗黒社会になる。
    闇雲に外国人労働者を労役させる政策も、実態は韓国の「徴用工問題」だと同質ではないか。

    だいそれた事を言うつもりはないが、子、孫たちのために最後のご奉公と亡き祖父母、両親に感謝と鎮魂をこめて一票を投じたい。

    僕らは、「アベとともに去ろう」。

    けして残してはいけない。

    ケンタ。

  • >>No. 12330

    >体が不自由になった分、ますます寄り添ってあげてください。

    寄り添うのはいいけど、二人して「ふらふら」しちゃったら大変だね(笑)。

    どうなんだろ、この歳になって昨夜もライブで盛り上がっちゃって、ハワイアン「フラ」踊りたいという60代女性グループのリクエストがあって・・・
    「夏の日の思い出」(日野てる子)「南国の夜」(大橋節夫)「ハワイアンウエディングソング」、生演奏で聞けることはないので感激されちゃいました。

    11月はホールライブ2本と温泉施設ライブ、デイサービスでGSライブ、やっぱりお年を召されましても女性の方が元気、ノリノリでロックンロールが大ウケ(笑)。
    まあ、あと10年続くか?っていうか、そしたらまた「ジャッキー吉川とブルコメッツ」の公演の前座の話が来ちゃって。ジャッキーさん82歳(来年)。
    ジャッキーさん、2年前、「これでもう終わり」とか言ってたけど終われない、終わりたくない、終わる時は死ぬときなんじゃあないかな。
    僕もそう、毎日ドラム教室でレッスンして、身体むちゃくちゃ動かして、どうなんだろ若い頃より無理がきいちゃってる感じ。
    180BPMで8分音符を片手で叩く、30分もやってると叩けるようになってくる。若い頃は220とか250とか目指したけど・・・

    そしたら、キックで220PMは軽くできるようになってる。
    音楽って不思議だね、声も歌ってると高いキーも出るようになってくる。

    僕のエンディングテーマソングは「そっとおやすみ」キーは「D」。

    やっぱり、楽器を演奏してる時、歌ってる時って猛スピードで脳神経が動いてるんだろうね。
    演奏、歌い終わった時の心地よさは疲れを知らない・・・

    ケンタ。

  • >>No. 12326

    「ほんとにいいのか、大変だぞ」

    彼女の父親が僕に言った。

    それは僕がしがないミュージシャンでフーテンみたいなもんだったからというわけでもなく、専業農家の義父はそれでも彼女に家督をと考えていた。
    それはそうだ、養蚕から養豚、畑仕事まで、さらには炊事洗濯まで抜かるところは一つもない。4人姉妹の3女。

    義父はそんな彼女に婿でももらって農業を継承させることに夢を見ていたとしても不思議はない。
    で、「ほんとにいいのか、大変だぞ」は、その義父も頑固一徹、農民運動の闘士として戦後を生き抜いた、評判の人物だった。

    高校を卒業する、カミさんは「資生堂」のチャームガールに就職は決まっていた。
    義父義母は大いなる将来の夢を見ていたに違いない、というのも、長女、次女、4女は全くあてにならなかったというより家業には関心がなかった。
    なぜかカミさんだけが、「農業が好きだった」。そんなわけで稲刈りから桑摘みから、義父、僕のとのことを諦めかけていてあわよくば「こいつ」を仕込めばとでも思ってか僕を軽トラに乗せて畑周りをしたけど箸にも棒にもかからないことがすぐにわかった。

    「ほんとにいいのか、大変だぞ」

    とにかくへそを曲げると子供のころころからテコでも動かない。そんな娘だったんだと。
    あれから50年。炊事洗濯、子育ては完璧で、彼女の通ったところにはチリ、ゴミ、ひとつない。台所の洗い物はきちんと整頓され、洗濯物は物の見事にたたまれている。

    リュウマチ、脊椎管狭窄症を患ってもそれは全く変わらない・・・

    母娘仲は長女次女、とくに次女はよくない「ママは嫌い」という。
    長女はのほほんとしているからそのへんのところは感じるところはないが、末娘とは仲がいい。末娘の言うことは普通に聞く。

    脊椎管狭窄症で身動き出来なくなった時も「ママ、病院へ行くからね」の一言で入院。
    僕が何度言っても、近くにいる次女がなんて言っても「大丈夫」といって聞かなかった。
    そして今日は、風邪をひいて、発熱「38度7分」。僕が医者へといっても「大丈夫」といって行こうとはしない。
    末娘が、「明日病院へ行くよ」というと「わかった」だって。

    「ほんとにいいのか、大変だぞ」

    何もかも完璧にできる、でもひょんな事で一度へそを曲げると3ヶ月は元に戻らない。

    僕たちの結婚も大反対だったけど、高校卒業式の日には家を出た。

    ケンタ。

  • >>No. 12324

    >その系列が連綿と今につながっている。難しい構図ですね。

    彼らにもオギャーと生まれて、子どもの頃があった。

    どっかで狂ってきたんだろうね。

    満鉄って今の政権に似てるかも、美しい国つくり(笑)。

    ケンタ。

  • >>No. 12322

    >だまし打ちと嘘つきが居残ったのが今の政治につながっているのではじゃないですかね。

    まあね、加計孝太郎といい、処分中の渡辺常務といい今治市長といい顔に出ちゃってるから可笑しい。
    みんな、言ってることが可笑しい。総理の名前を騙って「勇み足」なんだかよくわかりません。

    まあ、加計さんも必死なんでしょうね、補助金がかかってるし。毎年もことですから。
    この期になると刎頚の友も電話に出てくれなくなっちゃったりして。
    友情もへったくれもなくなりますから、自分のケツに火が付いたら、いい迷惑です。

    「とにかく記録にないんですから、会ってないと思います」

    ゴルフと食事、14回もしていて。悪巧みまでしていて、肩組んじゃって。

    「そういう仕事の話は一切しないんです」

    って、そんなのは友達でも何でもない。総理の一言何とでもなる話なんだから普通話します。

    ま、いずれにしてもこの問題は「安倍政権」が終了してからが大変ですね。

    そら、皆さん、権力がなくなったら冷たいですから、安倍総裁、3年後も・・・

    ケンタ。

  • >>No. 12320

    【ソウル時事】国連安全保障理事会による北朝鮮制裁の維持について、国際社会の結束が乱れ始めている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000038-jij-cn

    「六カ国協議」日本が入れるわけない(笑)。

    つまり「五カ国協議」。で、朝鮮戦争は北朝鮮と中国(中共)vs 韓国とアメリカの戦争。

    日本は蚊帳の外、っていうか戦後の大混乱っていうかアメリカ軍の平坦で「朝鮮特需」。

    まあ、早い話が「プロレス」です。「73年三本勝負」。

    「力道山と大木金太郎 vs ルー・テーズとフレッドブラッシー」

    日本人は蚊帳の外。場外乱闘アリ、噛み付きありで、そんなショーが今「金正恩 vs ドナルド・トランプ」だもの日本なんて相手にしません。
    ま、北朝鮮がらみでは日本社会党は崩壊、金丸自民党もアウト。うまく乗せられちゃって(笑)。
    で、韓国の大統領はこれまでみんな「アメリカ製」。だから、暗殺されたり自殺したり、逮捕されたり西部劇です。

    そんなわけで、満州国軍少尉「高木正雄(日本名)」こと「朴正煕」。軍事クーデターを起こし大統領に。
    ま、日本語はペラペラだったでしょう。当然日本政府、政権とはツーカーでその脈々とした歴史は今に続くです。

    日本、この状況はまだ数百年つづくんじゃあないでしょうか。

    基本、独裁国家を相手にしてるわけですから、日本じゃあ勝負にならない。

    ところであの加計孝太郎って何なんでしょうか。やっぱり平成の天一坊。

    ケンタ。

  • >沖縄の知事が玉城デニー氏。

    「玉城デニー」なのか「デニー玉城」なのかです。

    典型的な沖縄の子、いや「基地の子」ですね。
    彼の父親(アメリカ兵)はどこでどうしてるんでしょうか?

    いました、僕の同級生にも「ジョージ」というやつ。

    背は高くなかったけど、ハーフというよりはアメリカ人顔(笑)。
    埼玉県の方から転校してきた。昭和39年の話ですから戦後19年でしたね。
    そら、テレビから出てくるララミー牧場の「ジェス」みたいな顔立ちですから女の子は一時はキャーキャーでした。

    沖縄の人は肌感覚で分かってるんですね。
    アメリカは「普天間」は返さないことを、辺野古ができても。
    日本政府もそれは承知しているわけです。
    まあ、代々の自民党政権が嘘をつき通していたわけで、東京の空と同じです。
    で、東京の空は世界の民間航空も容認してるんですね。

    先日もエールフランス機が都心上空を300メートル前後の高度で飛んだ。
    高度約2400~7000 メートルだから、ジャンボジェットがスカイツリーより低い高度で都心旋回だからウルサイし、危なくてしょうがない。
    下手したら民間のヘリと衝突なんてえことも無きにしも非ず。

    しかしね、沖縄の基地問題っていうのは戦争に勝った側の都合でしょ。
    その意味では講和条約に基づいてるんだろうから、常に・・・

    「返してください」とお願いするしかない。

    そういう現実を国民に嘘ついて「日米安保」どうたらこうたらですから終わってます。
    ま、岸(日米安保)、佐藤(沖縄返還)、安倍(憲法改正)ですから、出来過ぎ。
    まあ、そこんとこ知ってる人間はみんな死んじゃったし、米公文書館で機密文書公開です。

    ま、玉城デニー沖縄県知事ははじめの一歩「 Rising」です。

    で、玉城デニー知事、首相官邸で首相となんだが、天の声です。

    「早く会って騒ぎを沈めろ」

    まあ、官邸はどっち向いて話しているのかっていうことです。

    で、13日の一審判決で那覇地裁は「県の訴えは裁判の対象にならない」として却下した。
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-687937.html

    司法までこれですから。

    さて、民意をどう受け止めるかです。

    日本政府は「基地返還交渉」すらできない。

    ケンタ。

  • >>No. 12315

    日本は衰退してるんだろ? 「じゃあ、なぜノーベル賞を受賞できるのか」=中国メディア
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20181009/Searchina_20181009069.html

    まあ、今度の内閣見たらわかる(笑)。
    まともに喋れるやつがいない。あの文科大臣の「教育勅語」云々もひどかった。
    日本はもうそういう国じゃあないだということがわからない「特別な人たち」

    日本は衰退なんかしてない。

    いや、「日本国民は」というべきだろうか。
    低賃金で生活苦にも必死に耐えて、真っ正直に生きている。
    もっとも、普通の日本国民は「ブドウ」一粒盗み食いしただけで逮捕されちゃうし。
    https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20181003/0002439.html

    方や数十億円を詐取してもお友達というだけでお咎めなし。
    また、準強姦罪が立証され裁判所の逮捕状許諾にも関わらず逮捕寸前でお友達からストップ。
    はたまた国会で嘘の答弁、公文書改竄しお咎めどころか出世に「適材適所」とお仲間。

    かくの如し、日本国民は衰退してません。

    衰退しているのは「政官」とは言っても頭の方だけ、それも全て世襲、何らかの。
    とにかく政権が「ちびっこギャング」ばっかですから悪知恵だけは働きます。

    で、「衰退」と言われてる原因は政治、政権の「政策不況」です。
    平成の大勲位政権以降国民から搾取するばかりの政策。
    消費税法はじめ、民営化法。労働法、商法の改悪で労組解体、地方の商店街潰し。

    そう、今日の地方都市の衰退も政策です。少子高齢化も、政策。子どもの貧困も政策。
    もちろん労働者の4人に一人が非正規というのも政権、政策が創り出したもの。
    戦後の家計所得は一貫して、多くの家庭が世帯主、「夫」の収入のみだった。
    それがいつの間にか「男女共同参画」とか「女性の活躍」とか言って結婚、出産、育児をしづらくしし挙句が「待機児童問題」「保育士不足問題」を惹起。

    年金問題等についても、これまた政権、政権のインチキ。
    新幹線、高速道、原発、ダムとこれらの原資は年金、郵貯等の財投。
    そこで生まれた収益は民営化の名の下に特定の階層で山分けされ、負債部分だけが国民に。

    日本国有鉄道の負債は毎年4000億円、たばこ税から。

    ケンタ。

  • >>No. 12313

    特別養護老人ホーム汚職事件
    1996年:岡光序治厚生省老人保健福祉部長(後に厚生事務次官)
        埼玉県高齢者福祉課長・茶谷滋(厚生省老人保健部)

    まあ、政治家の秘書が親分につないで親分が高級官僚に繋ぐ・・・
    で、高級官僚が自治体出向の若手官僚につないで一件落着(笑)。

    今で言う、「加計学園スタイル」っていうやつです。

    実質的には政治家のコネがあり地元で顔役なら全額国庫補助金で土地から上物まで仕上がるシステム。

    「社会福祉法人“彩福祉”グループ代表の小山博史を贈収賄の容疑で逮捕」がその典型です。

    で、その小山博史は、

    「昭和55年頃、玉置和郎参議院秘書を経て福祉を目的とした“彩福祉”グループを設立した」とあり、

    「厚生省の岡光は平成元年6月に厚生省の老人保健福祉部長に就任。
    このポストは社会福祉法人を認可する都道府県知事の監督、
    特別養護老人ホームへの補助金許認可を担当するもので、ここに岡光と小山の利害関係が一致した。
    更に岡光は厚生省から埼玉県に出向していた高齢者福祉課長の茶谷滋を小山に紹介し3者一体の汚職が開始された」

    まあ、今でもだいたいこんなもんですね鰯の頭の方は。

    特老には入所者ひとりあたり補助金が、保育園の0歳児が東京都で50万円(月額)ですからそんなもんでしょうか。
    そしたら、超高齢化社会、消費税10%じゃあ足りませんね、まず。

    法人税も所得税も累進課税にしないと、昭和50年代のように。

    まあ、今の政治家、労働したことないしわかりませんね、お金稼ぐの大変だっていうことが。

    群馬県も介護職4人に一人が外国人だそうです、県の指針。

    ケンタ。

  • >>No. 12311

    戦後、復員兵。満州引揚者で縁故のあるものは役所、役場、三公社五現業が引き受けた。
    いわゆる失業対策でした。僕の伯父ももその一人で高崎市役所市民課課長で退職、従兄の息子も市役所へ。
    そら給料は安いです、当時の公務員僕の親父もポッポ屋、でも決まった給金が毎月入る、ボーナスも出る・・・

    つまり公務員職っていうのは失業対策、いつの時代もです。
    今だってそうだ、看護師が不足、介護士が不足、保育士が不足、それらの勤務先は民間だから論理から言って賃金は抑えられる、不足してるのにそこには競争原理はない。
    だから、そうした職業は公務員に準ずるとすればいいんです、その証左に公立病院、幼稚園の看護師、保育士は公務員だから給料待遇は格段の差があると。

    で、介護施設の「公立」って知らないですね。みんな民間(病院)経営、で補助金(介護保険料)ですから天井が決められている。
    なぜ必要なのに行政が「介護施設」を運営しないんでしょうか。大きな政府、小さな政府論かしらないがそれは国民のニーズなのに。

    >敗戦からの脱却ですね。

    我が総理閣下が唱える「戦後レジームからの脱却」こそが「敗戦からの脱却」です。
    つまり、日米安保体制の中での米国追従の「戦後レジーム」、それがこの先の日本の将来を不透明にしている。

    そこで日本列島の周辺事態というんだが、根本は「日本列島」が米国に軍事占領されているからだろう。
    もはや国際情勢からすれば日本が再軍備をして東アジアを侵略するというそんなアナログな時代ではない。
    したがって、自衛隊にしても軍事力としてしては東アジアでは中国に次ぐ軍事力を有する。さらに「核」を除けば軍事装備は中国の上を言っているという。
    そこで中国の脅威論が囂しいが、そんなことを言ったらフィリピン、台湾、ほか諸国いくら華僑経済圏とはいえそれは同じだろう。

    つまり、中国が軍事力を以て周辺国を侵略する事のメリットとそうした時代背景が今あるのかといえばそれはない。
    たとえあったとしても、日本がそれに対処するとしたら東アジア諸国と同盟して中国をたしなめることの方が現実的ではないか、日米安保よりも。

    そしたら沖縄に軍事基地はいらない、そもそも沖縄軍事基地は東西冷戦の遺物でしかない。

    ま、アメリカ政府、いや、問題は軍産複合体だろう。脅威の消滅は彼らの消滅なんだから。

    ケンタ。

  • >>No. 12309

    >まずは必要なのは日米地位協定を見直すこと。それ以外ない。

    関白「豊臣秀吉」と「徳川家康」の地位協定は有無を言わせぬものだった。

    それは沖縄だけじゃあない首都圏に広大な米軍事基地と自由に飛べない横田空域。
    まあ、ディールなんだろうが、沖縄を含めた全ての軍事基地及び空域の返還を求める。

    これだけ情報の発達した社会でも人間は戦争で人殺しを画策する野蛮なものなんだろうか。
    それは中国にしろロシアにしろ未だにスキあらば日本を侵略しようと画策しているんだろうか?

    「地位協定」という鎖で、日本を軍事的に縛り付けることに米国はどれだけのメリットがあるのだろうか。
    メリットがあるとすれば、軍隊という失業対策と軍需という産業政策、それに伴う経済政策。
    もし、日米安保を破棄して米軍はどこへ撤退すればいいんだろうか?
    もはや、米第七艦隊を必要とする大規模な戦争は起こし得ないほど世界はその意味で小さくなっている。

    つまり、安保も地位協定もゲームでしかない、核もそう。数百発、数千発と持ったはいいがその管理にどれほど金が掛かるのか。
    現実的には絶対に使えない「核ミサイル」を保有することの損失のほうが大きい。

    それはおよそ一年前の北朝鮮騒動と今日の米国トランプ大統領の言動を見れば明らか。
    最初からあれはトランプの「ポーカーゲーム」(笑)。
    我が日本国の総理大臣閣下も上手に踊ったつもりだがこうなっては用済みでしかない。

    そもそも北朝鮮のGDPで核開発とその維持が可能なのか?

    そのために日本政府も韓国政府も莫大な防衛予算を要求され、使用することのないミサイル迎撃システムを装備させられた。
    すべてが国民の税金だ。韓国も日本も国民生活は疲弊し「貧困化」が進んだ。

    まあ、「地位協定」見直しなら、米軍はすべて撤退してもらって日本も韓国のように雇用対策として徴兵制を。
    つまり、米軍への駐留費負担総額総額7,612億円、これらすべてが自衛隊に使える。
    また防衛装備予算は総額、およそ2兆円そのほとんどが米国からの戦闘機やらイージス艦の購入費。

    地位協定ってそもそもそこんところじゃあないの?

    米軍の駐留はそもそも、戦後、復興、経済成長で日本の暴走を防ぐためでしかないわけだし。
    それは今となっては米国の安全保障でしかない。

    沖縄の基地も米国の失業対策。

    ケンタ。

  • >>No. 12305

    >小沢さんだってお歳だから。だけど議員が育ってない。かわいそうですね。

    そう言えば、二階も小池も、石破も、岡田も「小沢派」だった。
    みなさん、ちょっと訳知りになってくると親方が目障りになってくる。

    そら、自民党小沢一郎幹事長には時の総理候補竹下後継総裁指名に宮沢喜一、渡辺美智雄、三塚博を品定め。
    いずれも条件は内閣、組閣は竹下派に一任するといったナンチャッテ政治だった。
    あの辺りが今日の始まりだったのではないかと。

    ま、田中角栄の薫陶とかなんだが自力ではなかった。
    そして「清濁併せ持つ」はいいんだが、自分の金ではなかった、そこが親分と違うところ。
    田中角栄の金権体質というが、閨閥もなく、学閥もなく、戦後という混乱の中に20代の若さで才覚一つで莫大な資産を築いた。
    それは並み居る戦後政治家でも真似のすることのできない、石原慎太郎の言葉を借りれば、「天才」ということだろうか。

    そこで多くの党人政治家「天才角栄」の真似をするが官僚上がりでない限り即「塀の中」に落ちる。

    俗に言う「ミニ角栄」。

    オネダリするだけで議員立法で金の卵産むニワトリを作れるわけではないのでタダの口利き。
    未だにそういう金権体質が横行している。

    その意味では「天才角栄」も「人」を育てなかった。
    小沢一郎は「育て損ない」でしたね(笑)。ま、そもそも業わいとしての政治家の器ではなかった竹下、金丸は損得で田中についた。
    で、金集めの手法はまるで違う、職権を利用し、法の網目をくぐってのそれ。

    まあ、「天才角栄」は実業家。実業家の才覚で「ああすればこうなる」。
    新幹線を通せば、高速道路を通せば地価は上がる、それは何も「天才角栄」が鉛筆舐めて買わなくても誰かが買う、つまり「市場原理」。

    新幹線の駅ができれば駅周辺の地価は上がる。高速道路のJTができるというだけで周辺地価は上がる。
    そうした国土計画を設計していたのが田中角栄。次世代を育てるというならそうしたテクニックを伝授しなければならない。
    おそらく東北新幹線、東北道では小沢一郎もかなり集金しただろうけど、所詮が「天才角栄」のアイディア。
    そして今尚その影を深く落とす「電源三法」。柏崎原発も「天才角栄」の事業だった。

    「天才角栄」の長男(享年4歳)。それに小沢一郎を重ねた。

    その意味では小沢一郎は「天才角栄」の水子かもしれない。

    ケンタ。

  • >>No. 12303

    三越伊勢丹、府中・相模原・新潟の3店閉鎖へ 業績悪化
    9/26(水) 14:26配信 朝日デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000045-asahi-bus_all

    安倍政権、3年でデフレ脱却の「道筋つける」、ってなんだよ(笑)。
    6年やってダメなものが、「3年で道筋」って・・・

    6年間何をやってたんだ、よくわからんが日銀の黒田、大変なことになってるって言うじゃないか。サジ投げてるって言うじゃないか。
    「道筋」つくわけねぇだろ、デフレの挙句モノが売れない。モノが売れないのにガソリン高騰、消費税増税で物価だけ上がっちゃって、そら庶民カスカスです。
    まあ、そういう生活に慣れちゃったのか、若い人は「いいんじゃあないの安倍さんで」って、確かにそうだね。だって誰もいないもの。
    石破だってもごもご言ってるだけで、迫力ゼロ、安倍の取り巻き、なんだよ「甘利」、余りだろ。悪さして、仮病で辞めちゃって、ま、みんな忘れてるからいいけど(笑)。

    で、アメリカ行ってトランプのケツ舐めて、「ウィンウィン」の関係って、アメリカ人がそんなわけねぇじゃねぇか、相互利益、ほんと笑えます。
    今までの日米貿易交渉、ひとつも相互利益じゃあない、アメリカの脅迫。日本が譲歩させられるだけ。

    しかしあれだ、「3年で」なんだけど、3年でやめられたら困っちゃうんだけど、「道筋」つけただけで。
    ぶっ壊れた自民党、小泉さんの言ったことが今頃現実のものとなった。
    今頃、「安倍批判」してるけど、安倍にしたのは小泉総理、その人じゃないの。

    しかしね、安倍チルドレンっていうかお友達、気持ちわるいほどヨイショしちゃう、そんなのばっか。
    地元だから言いづらいけど「安部総理は当別な存在」とか言う人とか、ナントカ政宗とか(笑)。

    で、野党もグズグズ。みんな計算ばっかりして損得でしか動かない。

    >カンやノダがあまりにできそこないすぎて・・・

    っていうか、分際じゃあない。よほど怖い目にあったんだろうね宗主国様から。
    そら、日本社会党の田邊誠とか山口鶴男の方が賢かったかもしれない、適当なところで矛を収めるた。
    ま、小沢一郎センセが言ったように「早すぎた」。だってみんな浮き足立っちゃって蓮舫に辻元清美だもの水と油が損得でくっついちゃったんだもの。

    ケンタ。

  • >>No. 12302

    >男は何でひげが濃くなるのか、声が低くなるのか、不思議です。

    ヒゲ濃いいです(笑)。
    ただ、声はあまり低くない。声変わりはしたんだろうけど・・・
    喉仏が突起してない、なんでだろう?
    骨が細い。脂肪がつかない、筋肉もつかない。
    だから20代の頃に作ったスーツ未だに着てるし。

    来年、70歳になる。もうすぐ死ぬのかなぁ、と。
    新聞の訃報欄を毎日見る。やはり80代、90代が多い。
    70代が意外と少なく男女とも60代が多い、死因はやはりガンらしい。

    その訃報欄には喪主に兄弟姉妹とか母親、父親が目立つ。
    男女ともに独身者増えたんだろうか、僕の同級生友人にも独身者が結構いる。
    葬儀のスタイルも家族葬がほとんどだ。
    社会的つながりが希薄になり、近親者も少ない。

    「死」という儀式も様変わりしてゆく平成の終わり・・・

    今のバンドのメンバー。リーダー(Vo)が72歳、そしてもう一人(Vo)71歳、ベース(67歳)、ドラムス(69歳)キーボード(65歳)、そして僕、来年70歳。

    みんな60歳になったとき10代の頃の仲間が集まって再結成した。

    「まさか60になってもバンドやってるなんて想像もしなかったよな」

    異口同音に、そして大笑い。それが5年前。

    「まさか70になってバンドできるとは思わなかった」

    昨日のこと、練習のあとリーダーが酔っ払っちゃってハシゴ癖。
    三軒目のカラオケスナックで・・・

    「もしかしたら俺、80になってもやってるかもな、バンド」

    実はリーダー12年前に食道がんの手術、胃は三分の一、食道は全摘。
    不幸中の幸い、どこにも転移せず言われていた7年を無事通過。

    「バンドやってたことが良かったのかもしれない」

    今度、10月14日(日)に安中市松井田町の「峠の湯」でコンサートをすることに。
    温泉施設です。どこで聞いたのか僕らの活動を耳にし、是非にと。
    お客さん、日曜日ともなると団塊世代「高齢者」でいっぱいなんだとか。

    老老介護じゃあないけど、「老老慰問コンサート」。
    そんなわけで今は週一回のペースで「老老慰問」をやってます。

    >貴乃花みたいな不器用な男って好きだな。

    八百長なし、ガチの相撲しか取らなかった。満身創痍の大横綱。
    それが角界の掟破りだったんですね。
    父親と同じかな、気丈な嫁さんもらっちゃって、宮沢りえにしとけばよかったのに。

    ケンタ。

  • >>No. 12300

    LGBT。

    もし、もしだ僕の娘がある女性を連れてきて「この女性と結婚したい」って言ったら、多分「お前頭大丈夫か」っていうと思う。

    もし息子さんが男性連れてきて「この男性と結婚したい」って言われたらどうします?

    https://www.youtube.com/watch?v=vUDc2-qrCsY

    まあ、↑コレなんだが、この話って「杉田水脈」とかとは何の関係もない。

    杉田水脈が言ってるのは「子どもができないのは、作れないのは生産性がない」って言ってる話。

    つまり、安倍総理は生産性がないって言ってるわけ、ただそれだけ。

    実はっ僕の父母も、生産性がなかった。で僕を養子に迎えた。ただそれだけです。

    つまり、普通に男女、夫婦生活をし家族を形成し、強いて言ったら40年、50年と、その生活していたらいいも悪いもない、それが「人」です、生物です。

    極めて当たり前の論理っていうか「雄シベ雌シベ」の話で雄しべと雄しべで実はなりません。
    当然、飯雌しべと雌しべでも実はなりません、りんごも、梨も、桃も一緒。いや、カエルもカマキリも牛も、馬も豚も一緒。
    ↑で言うところの、文学的とか歴史的とか、そもそもそういう話ではない。

    ま、新潮45の小川栄太郎氏云々より「異性婚」どうしたこうしたというわけのわからない論者、「ゲイ」をカミングアウトしたという鈴木教授っていう人なんだが、全くわけわからない。
    だから、そういう「同性婚」つまり雄しべと雄しべで「実」がなるのか?
    現実、なるはずがない。だからその男同士、女同士の婚姻を法的に認めたところでそれは生産性以前の問題でそれこそ数多、億年と続いた生命の歴史は存在しなくなる。

    鈴木教授が言うようにゲイの同性婚。しかしそこで種の保存は耐える。
    だから、鈴木教授の言う「異性婚」、そら、知り合って恋愛関係になって新婚生活、そんなもん瞬間です。
    ゲイ同士なら、レズ同士なら、それが家庭だとしても当然、赤ちゃんはいない。
    そしたらゲイ、レズ夫婦が養子養女?、それもいいっていう意見もあるかもしれないけどそれって、考えられますか?

    だから、僕の娘が女性を連れてきて「この人女性と結婚したい、これ私の権利だから」って言われても「お前、頭大丈夫」としか言えない。
    ま、世俗的かもしれないけど「孫の顔が見たい」、種の保存否定ですから、「LGBT」。

    ケンタ。

  • >>No. 12298

    今日、改めて痛感した。安倍総理は「特別な存在」なのだ、と。自民党が「安倍頼み」から脱却するのは、なかなか大変かもしれない(山本一太)。
    https://www.youtube.com/watch?v=NDrMwm3eutc

    ま、上州の田舎もんは判官贔屓です。

    信州ほどじゃあないけど土地は痩せてるし養蚕しかできないから仕事は女、そこへ持ってきて「八公二民」で言ったら所得税80%(笑)。江戸時代からヤクザ発祥の地だし、つまり江戸開闢にあたり利根川とか荒川とかはたまた江戸前の埋め立てやら公共工事に人足が必要だった。

    つまり関八州、百姓の次三男とかが出稼ぎです。

    江戸の公共工事が一段落すると無宿者になるもの、渡世人になるもの、気の利いたやつなら大店にご奉公して暖簾分けか、地元に帰り商いをする。

    井伊直政城下、高崎にもそん名残の大店も、まあ、そういう高崎も江戸開闢に時々、箕輪城を移築で公共事業花ざかりだったようだ。

    上州群馬というか高崎はその五萬石騒動、群馬事件やらと反権力闘争は活発だったようだ。

    戦後の55年体制といえば日本社会党は山口鶴男、中曽根康弘、福田赳夫そして小渕光平と棲み分けた。
    その山本一太は世襲、山本富雄の長男、中選挙区の事情から群馬三区からは参議院。
    もちろん福田派、福田赳夫の子飼いで草津温泉の、旅館の主。

    しかしどうしょもないね、「安部総理は特別な存在」って言っちゃったりするところ(笑)。

    ケンタ。

  • >>No. 12297

    >一度嘘ついたらね、ずっと。

    長州政権はそこのところを知ってるんでしょうね(笑)。

    明治から僅か150年。
    僕ごとき下々でも子どもの頃は曽祖父母墓参りをしている・・・
    つまり僕の父母の祖父母のそれだ。

    明治(5年)の始まりの日本の人口はおよそ3480万人。
    そこには現代のような通信技術もなく報道機関もないそんな時代のこと。
    明治新政府は長州を中心に薩摩、土佐、肥前藩の情報統制の下、新国家建設を急いだ。

    ですね、維新元年天皇は満14歳、今風に言えば未成年。

    しかし現実は当時限られた地域によって作られた歴史には諸説紛紛。
    それは今日の「言った言わない」や公文書「偽造・改ざん・捏造」レベルの話ではないだろうことは想像に難くない。

    そう、「150年前の嘘」を百万遍唱えれば真実になる的な日本の近代史かも知れない(笑)。

    ま、「僅か150年」です。時代考証といった想像ではなく確たる「公文書」は遺る。

    なぜ明治以降長州藩出身の内閣総理大臣排出が続くのか?
    もちろん陸海軍の高級官僚、警察官僚、司法官僚・・・
    それは今日にも言えることなのかもしれない「薩長土肥」。

    まあ、田中角栄政権は薩長土肥の誤算だったのかもしれない。
    そういった中での上州政権はとりあえずの「リリーフ政権」だったのだろう(笑)。

    しかしアレです、安倍晋三閣下、小泉純一郎に抜擢されたというか筋書き通り閣僚経験もないまま官房副長官、官房長官、幹事長、そして内閣総理大臣(52歳)なれたのか?
    さらにその政権下、官僚による公文書改ざん、捏造、関係者による「言った言わない」の嘘、挙句「嘘でした」という、本来なら政権崩壊だろうが何故か強気。

    それは慢心とか驕りとか言う以前にこの国にそういうシステムがまかり通る「理由」が・・・

    ケンタ。

本文はここまでです このページの先頭へ