ここから本文です

投稿コメント一覧 (893コメント)

  • こんばんは

    フェイスブック 立ち上げました。

    明日から そちらへ書き込みます。

  • こんばんは

    出社まで あと2日

    新しいカバンと文房具を購入し・・・
    床屋さんへ行ってきました。

    今日は 個人用のガラケイをアイフォンへ機種変更
    結構な時間がかかりました。

    何でも最初が重要なので・・・
    忘れ物がないように・・・
    仕事が出来そうなオーラを出さないとね。

    スタンスとしては 教えて頂く という感じで・・・
    謙虚に 腰を低く 笑顔で・・・
    支店の同僚の名前を必死に覚える
    そんなところですね。

    初日は 会社の空気を読み取る
    2日目から実務を覚える

    緊張してきた・・・

    いやいや 
    こんな事で緊張していてはいけません。

    カーリングの女子のように・・・
    楽しみながら 結果を出す
    遊んでいたら 結果は出せねぇだろ!
    とも思いますが・・・

    3月11日以降は フェイスブックでも立ち上げて
    そっちに書き込みます。

  • おはようございます。

    有給もあと5日で全て消化
    快適な有給消化期間でした 感謝 感謝です。

    3月10日までは前職に所属
    3月11日から新しい会社へ所属です。
    空白期間なし ということです。

    雇用保険に加入しておりますから
    まだ半年くらい遊んでいても良いのですが・・・
    半年も遊んでいると働くのが面倒になってしまうのが怖いです。
    また タイミング良く希望に近い会社と巡り合う可能性も低くなります。

    所属している期間に 条件のそろった企業からの内定を頂いておく
    そして 日程を調整し退職日を決める。
    そういう流れがベストかと思います。

    私の場合は 注文住宅事業部がなくなってしまったので・・・
    住宅メーカーへの転職を考えたわけです。
    自己都合というよりも会社都合での転職です。
    どんな仕事でもいいじゃないか!
    という人もおりますが・・・
    私は こだわったわけです。

    お金を稼ぐ と言うことも重要ですが・・・
    その仕事で自分の能力を最大限に発揮できる。
    発揮できれば結果も良く 仕事も楽しくなる。
    「やりがい」とか充実感を得られるわけです。

    自分のやりたい仕事をやる。
    そんな仕事に就ける事に感謝しなければなりません。
    採用してくださった企業へ感謝です。

    住宅は 建築地がなければ家を建てられない。
    当たり前のことです。
    前職では 不動産会社ですから営業職が土地探しをしておりました。
    住宅の受注を頂くには 土地を提案しなければならないのです。

    その作業を私の奥さんがやってくれるとの事なので
    転職と同時に不動産屋さんを立ち上げる作業をやってきました。
    昨日 事務所を設置してくれる会社の営業さんと打合せをし
    プレハブなので工場で製造し 完成品をクレーンで設置とのこと
    何やかんやで 4月初旬になるようです。

    これが設置できないと 県知事へ不動産業の免許申請ができません。
    私自身も新しい会社で 1から覚えることがありますので
    時期的には丁度良いと思っております。

    うちの奥さんが土地を探してくれるので効率がよろしいです。

    これは 妄想を書いているのではなく・・・
    こんな生き方もあるんだな。
    と参考にして頂ければと思い 詳細を書いております。

    人生をより良いものにしていくには・・・
    実践です。
    行動することで何かが変わります。

  • こんばんは

    退職関係の書類の記入と貸与品の返却に行ってきました。
    なんやかんやで1時間
    これですべての作業が完了いたしました。
    6年間ですが 本当に良くして頂き感謝しかありません。
    退職金はありませんが 株を3000株ほど頂きました。
    3月下旬には 現金化が可能のようです。
    ありがたい会社です。

    新しい所属先は 3月11日出社
    上場企業のハウスメーカーです。
    主任スタートですが 来年の今頃には課長職でいられるよう
    必死こいて結果を出したいと思います。

    昇進することが目的ではなく・・・
    組織の中での価値とは・・・
    年収と役職です。

    重要な人材の年収は高く 役職も高い
    そういう評価になっているからです。

    反対に不要な人材は いつまでも一般職
    そして最低賃金
    組織の中では このような評価基準になっております。

    では 重要な人材とはどんな人材なのでしょうか?
    それは 利益貢献の大きい人材です。
    これも当然です。
    利益を運んでくる人材は大切にされます。

    私の場合は 営業職が天職
    住宅の受注棟数という明確な数字で評価されます。
    売れる営業職は管理職となり同じ質の営業職を育てる。
    営業職は 短期間で昇進可能とも言えます。

    好きな注文の住宅営業が1年ぶりに出来るので・・・
    非常に楽しみです。

    営業職のどこが楽しいのか?
    住宅は 一生に一度の大きな買い物です。
    中には 2軒3軒お建てになられる人もおりますが・・・

    どこに新築をお建てになられるのか・・・
    建築地を一生懸命に探してあげるわけです。
    土地案内という作業ですが・・・
    ここで条件の良い物件を紹介できると建物も受注に至ります。
    なぜなら 土地だけ探してもらい建物は別の会社
    法律的には問題ありませんが・・・
    日本人は そういう不義理なことはしません。
    お客様と気持ちを1つにして土地を探すわけですが
    「いい土地がないよねぇ~」
    とか言いながら 
    土地の良し悪しの勉強会のような感じで楽しいです。
    土地が決まると 建物の打合せです。
    ご家族のご要望をしっかり聞き取り・・・
    こちらかたのご提案をし・・・
    これもお客様と気持ちを1つにしてプランを作り上げていきます。
    家族の夢を形にするお仕事です。

    定年65才・・・
    あと9年も好きな仕事ができ
    ホンマ 運がいいです。

  • おはようございます。

    「ジョイフル本田の事務所」
    先週 ジョイフル本田で輸入住宅の事務所を決めてきましたが
    自宅が 第一種低層住居専用地域というエリアで・・・
    丸太小屋は 木造なので道路から3m以上離さないと建築不可

    そういえば 宅建の試験であったな・・・
    火災の恐れがあるので ログハウスは街中では建築不可
    日本は 法治国家ですから いろいろと法の縛りがございます。

    で 有給休暇も残り少なくなってきましたので・・・
    「三協フロンティアのプレハブ住宅」
    この会社は プレハブ事務所では業界NO1
    とのことで・・・
    そこの事務所を購入することにしました。

    私の転職を機に うちの奥さんが不動産屋をやりたい。
    ということで 事務所探しを必死にやっておりました。

    初期投資費用を抑える
    これ重要です。

    成功する確率は たった4%(笑)
    でも 4%もある!
    そんな発想からの会社設立です。

    テナントは 毎月の賃貸料が発生します。
    それであれば 自宅の敷地内に事務所を設置

    どうせ造るなら カッコ良くないと・・・
    閑静な住宅街なもので・・・
    ボロボロの事務所では 景観を損ねます。
    ご近所さまは 会社経営者さんの住宅が建ち並び
    ちょっと高級な住宅地なもので・・・
    景観は大事
    何でこんな場所に新築をしたのだろう
    と、ちょっと後悔
    うちの奥さんが選んだ建築地ですが・・・

    うちの奥さんには 自由に生きてほしいし
    好きなことをやってほしいので・・・

    それはね
    私と結婚をして不幸になった。
    と言われたくないので・・・

    この奥さんをサポートするのが「生きがい」でもあります。
    能力がある人なので 主婦をやらせておくのはもったいない。
    とも思っております。

    ログハウスは コミコミ64万円
    プレハブ事務所は 45万円
    節約できました。
    展示品かつ生産中止品
    新品モデルでエアコン(霧ヶ峰)付
    運が良かったです。

    つや消しのブラックで・・・
    高級感のあるプレハブです。
    これに ウッドデッキを付け、更に高級感を出します。
    不動産屋なので 高級感は重要かも・・・
    潤沢な資金はありませんが・・・
    あるように見せる(笑)

    クレーンで吊って置くだけなので 早いです。
    次が事務機器の購入です。

    やることたくさん あり過ぎです。

  • おはようございます。

    今日は 最終の最終出社日

    退職の手続きで本社へ行ってまいります。
    上場企業ということで・・・
    法的に いろいろ提出する書類があります。
    しっかりした会社です。

    流れとしては・・・
    1月下旬に 退職届を提出
    2月上旬に 受理され有給消化
    そして 本日 正式に書類を作成
    3月上旬に正式に退職
    こんな感じです。

    有給消化の期間は 次への準備がいろいろできました。
    何よりも 気持ちの切り替えができました。

    本当に最後まで 良くして頂き感謝 感謝です。

    50才で採用され・・・
    6年間勤務いたしました。
    現在 56才です。

    自営からの転職で・・・
    周囲から反対されましたが・・・
    いろんな経験をさせて頂き ホンマ 感謝 感謝です。

    定年まであと3年ちょっとでしたが・・・
    所属していた事業部が消滅し 分社化・・・
    それまで注文住宅を受注・施工をしてきましたが
    効率化という面で、完成品の住宅販売へ変更
    建売の販売です。

    柔道をやってきた選手がレスリングをやってください。
    というのと同じです。
    サッカーをやってきた選手にラグビーをやってもらう。
    そういう事です。

    定年まで あと3年ちょっとだから・・・
    ガマンしても良かったのですが・・・
    3年もある。
    って考えると、惰性で時間を過ごすのはもったいない。

    そう結論づけての退職です。
    そこは 人それぞれ 

    私は それまでやってきた注文住宅の受注を続けたい。
    条件の良い建築地を紹介し 好きなプランで住宅を建てて頂く

    会社の経営方針が変わったわけですから
    自分がやりたい事をやるには 辞めるしかないわけです。

    事業部がやろうとしてきた事
    やってきた事は 間違ってはいないと思っております。

    だって お客様が建築地を選び 好きなプランの家を建てる。
    当たり前の事じゃないですか
    3000万円とか4000万円を投入するわけですからね
    実際に注文住宅は建売の3倍の着工棟数です。

    仕事は 自分がやりたい事をするのではなく
    会社がやってもらいたい事をする。
    自分がやりたい事をしたければ 自分で会社を創りなさい。
    そういうことなんです。

    とは言っても・・・
    簡単には会社なんて創れない
    だから 理不尽なことがあってもガマンする
    そういう事のようです。

  • こんにちは

    昨日 三重県にある地中海村へ行ってきました。
    アンダルシア地方の街並みを再現し そこにある建物が宿泊施設になっており
    「いいな」と感心してしまいました。

    地中海村は「宿泊施設」ですが・・・
    都市に近い山林を造成し 建物だけではなく街並みも整備して
    おしゃれな分譲地・・・
    うちの奥さんの仲介の不動産会社が成功したら 
    そんな方向の開発業者へと展開ができたらいいですね。

    と 夢は膨らみます。
    夢ですから 勝手に脳が妄想しているだけのことですが・・・
    考えることから 未来は始まります。

    こうしたい
    こうなればいいな

    それは 人によってさまざまです。
    しあわせの形は 違いますからね。

    人生は 自己満足

    自分がそれで良ければ良いのです。
    たとえ ホームレスになっても・・・
    縛られない その自由が好きなんだ!
    ということであれば それで良いと私は思っています。

    私は ホームレスは嫌ですが(笑)
    かと言って 大富豪も目標ではありません。

    何か1つだけ
    「それ いいよね」
    と思われるような事を形にできれば
    と思っております。

    アンダルシアの街並みは・・・
    陸前高田市の丘の上にでも造ることができたら・・・
    いいかもね。

    サラリーマンは 自分のやりたい事をするのではなく
    会社がやってほしい事をする。
    もしも 自分のやりたい事をやりたいのであれば
    自営しろよ。
    そういうことです。
    おっしゃるとおりでございます。

    かと言って 現実は自営が成功する保証はございません。

    普通は 我慢しながらサラリーマンを続けるわけです。
    理不尽なことが起きても ぐっと我慢・・・

    だから 考えたわけです。
    私自身は サラリーマンを続けながら・・・

    同時に夢を描いて
    焦らずに・・・ 
    地道に形にしていく過程が楽しかったりするわけです。

    夢なんて大きくなくても良いのです。
    実力もないのに大きな目標設定は 苦しむだけです。
    これならできそうだな・・・
    そんな目標設定で良いと思っております。

    そして 1つの目標が達成できたら
    次の目標設定
    それは 前の目標より少しだけ大きな目標

    そんなことを考え 生きています。

  • こんばんは

    もう少し具体的に不動産業について書いてみます。

    まず、不動産会社を経営するための初期投資費用を書いてみます。

    ① 宅建士の資格取得
    これは 結構難しい試験です。合格率15%前後です。
    年に1度しかなく 失敗すると1年後です。
    確実に合格をするには 学校へ通うべきです。25万円前後です。
    これが最初の投資です。
    通学費用・費やす時間を時給計算しますと全部で100万円

    ② 事務所の設置
    これは ピンからキリです。
    仲介だけやっていくのであれば 場所や事務所の外観よりも
    取扱っている情報量・情報の質・周知方法が重要となります。
    テナントでも単独事務所であっても 200万円は最低予算です。

    ③ 事務機器の設置
    県知事への登録事項で 事務所と事務機器と応接セットはセットです。
    これも 看板とか含めますと 200万円は最低予算です。

    ④ 協会への保証金
    協会への加入が義務付けられています。
    加入しなければ 1000万円の供託金が必要になります。
    協会へ加入し保証金と様々な手続き費用の合計が 150万円前後です。

    この4つが初期投資費用です。 550万円前後です。
    これに 毎月の固定経費が発生します。
    従業員を雇用すれば 人件費がかかります。

    年間で計算しますと・・・
    人件費 300万円 
    テナント賃料 120万円(月10万円) 
    光熱通信費 120万円
    ガソリン代 60万円
    広告費 300万円 
    雑費 100万円   

    年間経費合計
    1000万円 初期投資費用と合計しますと 1550万円
    つまり 1500万円は自己資金として必要ということになります。

    そして これを1年で回収するには・・・
    単純計算で 1ヶ月当たり 
    120万円の仲介手数料が目標値となります。

    それは 月間4000万円の物件を扱えば達成できてしまいます。
    都内では マンション1件分の仲介
    地方では 土地1000万円を4件仲介すると達成できます。

    不動産業の仲介の収支は こんな感じ。
    PCとコピー機と電話があれば 1人で十分にできてしまう数字です。

    ネットに好条件の物件を掲載すると 問合せがあります。
    物件をご案内して 良ければ「ご契約」です。
    簡単です。

    不動産の仲介業を具体的に書いてみました。

  • こんばんは

    不動産会社について書いてみます。
    世の中にはいろんな会社が存在します。
    小さな会社を含めますと 現在 450万社前後が存在しているようです。
    大手企業が分割とか言って子会社を設立する場合もあります。
    この場合 親会社に資金力がありますし 
    同じように経営をしていくことで失敗する確率は低いですよね。
    また フランチャイズというのも ロイアリティの代わりに
    経営指導・マニュアルなどが存在するので 
    コンビニなどは このケースで手堅く経営がなされておりますよね。

    廃業・倒産のリスクが高いのが個人で開業するパターンです。
    ラーメン屋さんとか喫茶店とかパン屋さんとか・・・
    夢とか気持ちだけが先行した出店は 最初からやらない方が良いかも知れません。
    そもそも店舗・駐車場を必要とする事業は 高額な初期投資が伴います。
    失敗をいたしますと借金だけが残るパターンです。

    不動産業は 免許制度により県知事の許可がなければ業務を行えません。
    誰でも自由にできる事業ではない。ということです。
    弁護士とかお医者さんと同じです。
    国家資格が必要となります。
    設計事務所も建築士の資格が必要ですよね。
    そして 国家資格を持っていると「先生」と呼ばれたりします。

    不動産業は「宅建士」という資格が必要となります。
    不動産屋さんは 最初は「仲介業」から入っていきます。
    土地・建物の紹介をすることで「仲介手数料」が頂けます。
    簡単な仕事です。
    紹介をするだけですからね。
    力仕事ではなく ボケなければ100才になっても仕事はできます。

    そして その仲介手数料は国家に守られております。
    値引も値下げもしなくて良いのです。
    「3%+6万円」
    法律で決められています。

    たとえば マンションを4000万円で売りたい人がいる
    これをまとめると 売主から126万円 買主から126万円
    合計 252万円が仲介手数料です。
    こんなに頂いてもいいの?
    国が決めた手数料率ですから 合法なのです。

    一般的な会社の粗利は 30%と言われておりますが
    同じ利益を出すには 900万円前後の売上高が必要です。
    年商1億円の事業ということですが コンビニがそんな金額です
    24時間年中無休 すごい労働時間です。

    不動産業は 効率が良いのです。
    取らぬ狸ですが・・・

  • こんにちは

    昨日 ジョイフル本田へ初めて行ってきました。
    噂には聞いておりましたが ホームセンターを極めていますね。
    おもしろかったです。

    北欧から直輸入のログハウスがありまして・・・
    工事費込みで 64万円
    これ高いのか安いのか・・・・
    という事ですが・・・
    運搬費・施工費だけでも 40万円はかかるので安いです。

    でも「商談中」の札が貼ってありましたので係員に聞きました。
    「いつから商談中なんですか?」
    「申し込み証拠金とか入れてあるんですか?」
    「そもそも 申込書とか頂いているんですか?」
    1週間ほど前に来られて 口約束とのことでした。

    なるほど・・・

    「そうすると いつまで検討するのか期間は決めてありますか?」
    「買うか買わないかを検討するのに1週間も必要ですか?」
    「期間を決めていないということは 半年とか検討してもいいの?」
    「その間に 購入したい人を断るの?
    「それで 結局 購入しませんってことになるとチャンスロスですよね」
    「この価格で売れたのに 半年後は さらに値下げとなりますよね」

    「おっしゃるとおりです。」
    と言って商談中のお客様へ連絡を取ってくれました。

    これ クレーマーに近いもんがありますよね(笑)
    でも 仕事に使用する事務所探しですから 
    これも仕事と考えれば当然です。

    そのログハウスですが 本日 ジョイフルから連絡が入り
    私が購入できることになりました。

    テナント事務所であれば 賃貸料月額10万円であっても年間120万円です。
    購入してしまえば 家賃はかからず 初期投資だけ・・・
    64万円であれば 全然OKです。

    日程がうまく調整できれば 2月中に事務所完成
    早いです。

    事務所なので 事務機器や備品を購入しなければなりません。
    それと エアコンとか設置が必要なので電気工事ですね。
    4月1日 開業予定なので 全然 間に合います。

    転職・就職のほかに独立という選択肢もあるわけです。
    リクナビは 正社員・アルバイトですが・・・
    同じリクルートで「アントレ」というのがありまして・・・
    これが 独立希望者が見るサイトです。

    脱サラってやつですね。

    私は そうゆうの頼ることなく 自力で立ち上げます。
    うちの奥さんの会社ですが・・・

    9年後の準備ですが・・・
    9年後 65歳になります。

  • おはようございます。

    ヒマなので いろいろ書き込みます。
    とは言っても 毎日 あれこれやっておりますが・・・

    昨日は 近所のお寺さんの護摩炊きに参加してきました。
    神社仏閣マニアです。
    これは 50才からの趣味です。

    会社設立に向けて・・・
    まずは 事務所を造らなければなりません。
    テナントも考えたのですが・・・
    自宅の敷地内に事務所をたてる方向で 今日は ジョイフル本田へ行ってきます。

    ネットを検索していたら・・
    北海道に建物のパーツを製造している会社を見つけまして
    床の完成品・壁の完成品・屋根の完成品を販売しているのです。
    大工さんでなくても それを図面どおり、くっつければ完成
    プラモデルと同じです。
    自分で造るって、おもしろそうですよね。

    北海道から配達して頂くのは 大変なので
    その商品を取り扱っているお店を検索したら
    ジョイフル本田でした。

    価格は50万円くらいなんです。
    テナントを借りるより 全然お得です。

    ちゃっちゃと事務所を造り
    事務機器を設置
    そしたら 県知事へ免許申請
    そんな流れです。

    簡単です。

    1年後に駅の近くに事務所を移転し
    社員募集

    自宅の事務所に来る人はいませんからね
    でも、最初から社員募集をしても力不足
    まずは 1年間 いろいろ勉強をして頂き
    業務の流れや書類関係を熟知してからです。

    言っておきますが 私がやるのではなく
    うちの奥さんが趣味で・・・
    やりたいと思う事をやる。
    我が家のルールです。

    考えているだけ
    言うだけ
    それは 誰にでもできますよね。
    そして そこで終わってしまったら 単なる評論家
    学者じゃないのだから理論はいらない

    やってみる事で何かが変わる
    たとえ 上手くいかなくても その過程で成長できます。

    今 オリンピックが開催されておりますが
    1位になる事よりも・・・
    その過程が重要だと思っております。
    メダルを取れなくても良いのです。
    金メダルを取るために努力をした事が尊いのです。
    金メダルを取ってしまったら そこでゴールとなります。
    取れないから 更に努力を積み重ねる。
    それが大切な事であって そうやっている状態は苦しいけれど
    充実した人生になるはずです。

    と 説教じみたことを書いてしまいました。

  • 有給消化

    これをすべて消化すると退職日となります。
    1ヶ月以上ありまして・・・

    既に就職先は決まっております。
    今よりも大きな会社へ応募しました。

    50才の転職も無謀でしたが・・・
    今は、56才・・・
    更に無謀な転職・・・

    でも 3000人規模の上場企業へ転職が決まりました。
    属性は 重要です。
    住宅メーカーです。

    やりたい仕事をやる。

    50才を過ぎて・・・
    新しい仕事を覚えるなんて非効率
    それは、20代30代の人がやること
    これまで身に付けてきた得意とする仕事で結果を出す。
    そういうことでよろしいかと思います。

    同時に うちの奥様は「宅建士」なので・・・
    不動産屋の開業を準備しており・・・
    結構 いろいろと忙しく動いております。

    ちなみに うちの奥様は 50才
    モチベーション高いです。

    日本人の平均寿命 男80才 女86才
    これは 1940年前後に生まれた人たちです。
    私は 1960年代に生まれておりますので・・・
    100才まで生きても不思議ではありません。

    データーでは 現在の20代の日本人は 107才が平均寿命

    実際に、80才でジョギングをやっているじぃさん
    近所にいます。
    テレビでも 80才で元気じゃないですか

    そう考えると・・・
    まだ 50年は生き続ける

    60才とか65才で定年というのは どうなの?
    ってマジメに考えたわけです。

    国家の財政は赤字・・・
    社会保障費が大きい→医療とか年金も社会保障費
    ここを削減することで 財政は健全化するわけで・・・

    実際に年金受給額は段階的に減っております。
    厚生年金で15万円くらい?
    国民年金は6万円くらい?

    おいおい!
    これでどうやって生きていくの?

    だから 不動産屋さんの開業ということになりました。
    定年はありませんから ボケるまでお仕事ができます。

    賢いですよね。

    しかし、この開業が実に面倒くさい作業で・・・
    まずは 事務所を造る
    そして 事務機器を設置する
    それを写真に取り 県知事へ申請する
    現地を確認して 営業保証金を支払い 免許交付

    未来を快適に暮らすための準備です。
    お金を集める仕組みを作っておく
    みんなと同じ事をやって安心していると・・・
    大変な事になってしまいます。

  • 面接

    書類選考を通過したら・・・
    次は「面接」ですが、ここを通過すれば採用となるわけですよね。
    会社によっては 二次面接・三次面接とかあるようですが・・・

    私の場合は 完璧な準備をいたします。
    自分という商品を売り込む商談と考え、ミスのないように準備するわけです。

    必ず行うのが・・・
    面接会場の場所の確認
    事前に行ってみます。
    自宅から何分かかるのか・・・
    遅刻はアウトですからね。

    会社を事前に調べます。
    ホームページとかで・・・

    なぜ その会社で働きたいと思ったのか
    なぜ その会社でなければいけないのか
    動機の部分です。

    そして 自分自身がその会社でやりたい事
    目標値を数値化したり・・・
    短期目標・中期目標くらいは明確に考えておくべきです。

    最後に自分自身の実績
    裏付けとなる資料を持参
    過去にこれだけやりました。
    という証拠

    なぜなら 中途採用は「即戦力」として考えます。
    ですから こいつは即戦力になる。
    と思って頂けるようなプレゼンをすることです。

    これらを偉そうに言ってはいけません。
    常に謙虚に頑張りますオーラを出し続けるわけです。

    あとはお茶目な部分を出して
    こいつおもしろそうなヤツだな。
    と安心させて・・・
    きっちり礼儀作法を心掛け帰ってくる。

    能力が多少劣っていても コイツと一緒に働きたい
    と面接担当者が思ってくれれば 上司に推薦してくれます。

    これが 私の面接のパターンですが・・・
    書類審査ではじかれるケースは多いけれど
    面接まで進むと高い確率で内定を頂いております。

    世の中には いろんな人がおります。
    自分と合わない人の方が多いかと思います。
    しかし 人に好かれるというのは 人に合わせることだと思います。
    面接の時間は 長くても1時間程度
    この1時間に集中しまくるわけです。

    そして 入社をしたら・・・
    自分に与えられた業務を必死こいて頑張るだけです。







  • 続きです

    どれも同じような機能がついている洗濯機・・・
    形も同じよう・・・
    その中で売れている洗濯機は 店舗側が売れるように操作しています。
    店舗だけでなくメーカーもいろいろ工夫しているわけです。

    私は ハローワークには行ったことがありません。
    ネットからの応募です。
    理由は ハローワークの募集は 企業側の負担はありません
    無料で社員募集ができるのです。
    つまり、規模が小さい会社・・・
    社員募集に経費をかけられない会社
    そこで思うわけです。
    そんな会社は低賃金で福利厚生も質が低い

    ネットのリクナビは、大手ばかりです。
    掲載料が高い・・・
    優秀な人材を募集するために資金を投入している
    また 応募方法が容易で回答が早い
    まずは 書類審査を通過しなければなりません。
    書類で審査されるのであれば 良い事だけを記載すれば良いわけです。

    洗濯機であれば「こんな機能が付いています!」
    「衣類を殺菌する機能」「乾燥で衣類が縮まない」「音が静か」
    スゲ~な、この洗濯機!
    しかし、たぶん良い事ばかりであるわけがないのです。
    めちゃくちゃ重かったり・・・
    操作が複雑だったり・・・
    そういうことは 小さく表示してありますよね。

    私の履歴書・経歴書は スペースが限られております。
    人生の全てを書くのあれば 1冊の本になります。
    限られたスペースには 良い事ばかり記載するのです。

    リクナビですから 企業側の採用担当者は朝からパソコンをチェック
    1日何百人(そんな来ないか・・・)
    この人 いいな。という程度で面接へと駒を進めてくれるのでしょう。
    「この人いいな」というのは、良い事ばかり記載したから「いいな」
    となるのです。

    洗濯機であれば・・・
    ネットで機能や形や価格をチェックした程度
    「いいな」と思って実際に購入する場合
    誰でも慎重になりますよね。
    高価なものは 実際に現物を見たいですよね。
    量販店へ行き 現物を見に行く・・・
    自動車であれば絶対に見に行きますよね。
    高価だからです。
    騙されたくないからです。

    面接も同じです。
    企業側は この応募内容が本当なのかどうか・・・
    本人と会ってみる。
    これが面接だと思います。

    つづく・・・

  • おはようございます

    今日は転職活動について書いてみます。
    まずは、6年前の転職活動・・・
    それまでの私は小さな会社を経営しておりました。
    25才の時に立ち上げた会社でした。
    東日本大震災が発生し・・・
    被災者に対し自分ができる事ってなんだろう?
    そんな事が転職と言うか・・・転業のきっかけでした。

    理由はそれだけではなく・・・
    自分で経営している会社という世界では常に自分が1番
    でも、その1番は世の中でどれくらいの能力があるのだろう?
    サラリーマンという世界で試してみたい
    というのもありました。

    データーでは 納税者の87%がサラリーマン
    13%が自営業者

    87%のサラリーマン社会で働くと・・・・
    私はどんな位置なのか・・・
    これ おもしろいですよね。

    転職・転業をすることで人生は大きく変わります。
    私の場合 経営不振で転業でなく 
    特に義理父には叱責されました。
    「何を考えているんだ!」
    「50のおっさんを採用する会社なんかあるわけない!」
    しかし、家族は賛成してくれました。
    震災後、半年経って、陸前高田市へ行ってみたんですね。
    その光景を家族は実際に見ているので・・・

    街づくり・快適な住宅の建設
    こんな事に携われる仕事・会社・・・

    自分自身がやろうとしている事
    転職先の業界は絞られていました。

    日本には 450万社とか存在しています。
    1人でやってる会社・・・
    何万人も従業員がいる会社・・・

    そんな中、会社の格付けは 上場しているかしていないか
    東京証券取引所の一部には、2200社くらい存在しています。
    450万社の中で2200社
    もちろん公務員は別格ですが・・・
    民間企業の頂点に存在するのが 東証一部の企業

    まずは そんな会社が私を採用してくれるのかどうか?
    しかも 不動産・住宅・建設関係となると更に狭き門となります。
    そこからへ入り込めるかどうか・・・
    そこからがスタートでした。

    就職・転職と申しますのは・・・
    自分という商品を売り込む作業だと考えました。

    家電の量販店で 洗濯機を購入する場合
    どんな売り込み方をされると 購入を決めるのだろうか?
    それと同じだと思ったわけです。
    洗濯機でなくてもいいですが(笑)

    続く・・・

  • こんばんは

    私の退職の流れを書いてみます。
    昨年の4月に「注文住宅事業部」が廃止となりまして・・・
    「建売」の販売事業部へ変わりました。
    ちょっと大きな上場企業なので 当然に「建売」の分譲事業部は存在しています。
    同じ物を売るのに、第一事業部とか第二事業部とかありますが・・・
    それですね。

    私の業務は 営業職の育成と支店の数字管理です。
    簡単に言えば 優秀な営業マンを育て 優秀な数字を達成する。
    私は 営業という職業を天職だと思っており・・・
    注文住宅が完成品の住宅に変更しても影響はありませんが・・・

    おもしろくない。
    やりがいがない。

    理由は お客様の要望に近い建築地を探し
    お客様の要望に近い住宅を建てる。
    お客様のために 全力で頑張る。
    これ やりがいがありますよね。

    でも、これまで会社には良くして頂いて
    感謝 感謝という感じで働いてきましたので・・・
    迷うわけです。

    60才定年なので あと3年ちょっと勤務すれば問題なく定年退職
    やりたい事とやってる事が違っていても 我慢かな。
    とか思うわけですが

    3年ちょっとがもったいない。
    そう思ったわけです。

    退職をするには 会社への影響を最小限に抑える
    つまり 支店にいる営業マンを1人前に育てることで
    私がいなくなっても数字は下がらない。

    そう考え 自分の持っているすべてを教え続けまして
    これが 半年かかりまして・・・
    昨年の12月に何とか仕上がりました。

    ボーナスを頂いた直後に「退職」というのは・・・
    ちょっとね・・・
    で、年が明けた先月下旬に「退職届」を提出しました。

    上場企業の退職というのは 法律に準じた事務処理をしてくれます。
    「有給」というのがありまして・・・
    それが 40日も残っており・・・
    気づかなかったです。
    これを全て消化した日が退職日ということになり・・・
    1月に退職届を提出し 退職日が3月です(笑)

    有給であっても 社員ですから
    ちょくちょく会社へ行って 適当な時間に帰ってくる。
    そんな日々を過ごしております。

    で、退職日の前日に 貸与された諸々のモノを返却して完了
    そんな感じです。

    では 次は 転職活動について書いてみます。

  • >>No. 1780

    proさん こんばんは

    退職をされる場合
    会社の規則より 労働基準法が優先されます。
    法律では「2週間前」に書面で通知をすれば良く
    であれば「1ヶ月前」でよろしいのではないでしょうか?

    過酷な労働条件で働かせている会社が多いからでしょう。
    辞める時は 従業員の方が優位な立場になっているようです。

    「退職願」は 退職を考えています。
    という意味の書面です。
    上司とあれこれ面談し労働条件の改善ができれば継続勤務します。
    というもの・・・
    「退職届」は 退職の意志が固まってり
    大きな会社であれば 1ヶ月以上前に提出がなされていれば受理をするでしょう。

    proさんの場合
    2月20日前後の日付で「退職届」を作成し上司に提出します。
    内容は 一身上の都合により・・・
    退職日は 平成30年3月31日
    所属部課と氏名を記入し、○○会社 代表取締役社長 ○○殿
    こんな感じでOKです。

    へたな理由を書きますと突っ込まれます。

    円満退職というのは 難しいですね。
    表面上は 頑張れ とか言ってくれますが・・・
    言ってみれば「裏切者」ですからね(笑)
    これは 管理職以上の人が思う感情ですが・・・

    ですから 迷惑を最小限に抑えるような行動・働き方が必要になります。
    中途半端な状態で、あれもこれも仕事を残して去っていく・・・
    これマズイです。

    でも、迷惑がかからない退職なんてありませんから
    割り切るしかありません。

    28才ですから 自分がやりたい事をやってみるのも悪いことではありません。
    頑張ってください。

  • 久しぶりに掲示板を覗いてみたら・・・

    ここのトピックが まだ残っており・・・
    ウォ!って感じです。

    ここを立ち上げたのが 2012年
    マイナーなカテゴリーなので・・・
    日記がわりに書き込んでいました(笑)

    2012年の4月に今の会社へ所属しまして・・・
    不動産会社です。
    上場企業です。
    当時の年齢は 50才でした(笑)
    良く採用になりましたよね。
    強運です。

    6年経って・・・
    今の役職は 課長です。
    あと3年ちょっとで定年退職ですが・・・

    転職をすることにしました。
    って 何を考えているんだよ!

    20代・30代は 努力を惜しまず・・・
    忍耐強く いろんな事を吸収しなければなりませんが

    50代はね。
    自分がやりたい事をやる。
    好きか嫌いかで判断し 好きなことをやればいい。
    そう思っております。

    それは この年齢になって・・・
    不得意な事をやるよりも・・・
    得意な事をやった方が 楽しい人生になりますよね。

    甘いっすか(笑)

    不動産会社の注文住宅事業部でやってきたわけですが・・・
    注文住宅事業部が昨年の4月に廃止となって・・・
    完成品の住宅を販売することになり・・・
    「建売住宅」です。

    これが ちっとも楽しくない(笑)

    会社の都合で建てた住宅であって・・・
    お客様の要望とは違うわけです。
    それを あ~でもない こ~でもない
    と購入するように必死にご提案をするわけです。

    車で言えば・・・
    ハイブリットの車がほしいのに・・・
    燃費も良く 税金も安い とか言って軽自動車を購入させる。
    その時は いいな と思って購入しても・・・
    やっぱり 狭いよね 馬力ないよね
    と あとから不満が出る。

    安ければ どんな家でもいい。
    という人が「建売住宅」を購入したりします。

    注文住宅をやっていると・・・
    建物は どうでもいい
    というのが どうもねぇ

    建築地にこだわり・・・
    間取りや設備や外観にこだわる。
    3000万円とか支払うのだから こだわって当然ですよね。

    なので・・・
    「退職届」を出してしまいました。

    定年まで 3年ちょっとですから
    このまま 波風立てずに・・・
    という考え方もありますが・・・

    3年という時間が もったいない!
    3年あれば いろんな事ができる!

    という事で・・・
    自分がやりたい!
    と思うことをやるいことにしました。

  • あら・・・・

    大丈夫です。

    ここは 書きたいことを書く場所なので・・・

    お気遣い ありがとうございます。

    ダイエット 頑張ってください。

  • こんばんは

    いろいろな事が起きます。
    ビックリです。

    もう1ヶ月

    必死こいてやるか!

    誰のためとか そういう事ではなく

本文はここまでです このページの先頭へ