ここから本文です

投稿コメント一覧 (1257コメント)


  • 情報セキュリティ基本方針|株式会社ASJ
    グループウェア「HotBiz」は、インターネット経由で利用できるクラウド・グループウェアとして、多数の企業の皆様にご利用頂いております。
    「HotBiz」では、インターネット専用であるとともに、大半の機能でスマートフォンなどモバイル対応している強みを活かし、経営活動において必要不可欠である情報共有・業務管理・稟議決済等をいつでも・どこでも・簡単に行うことができます。
    また、昨今より内部統制の強化が求められており、グループウェアを活用することによって内部統制の強化が可能であると考えられていることから、今後も「HotBiz」の需要は高まっていくと考えております
    2017年4月10日 - 株式会社ASJ(以下、「当社」)は、インターネットサーバサービス事業を展開する上で、 情報セキュリティに関する法令 ... セキュリティマネジメントシステムの認証基準である、 JIS Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013)を取得しております。 ISMS. 登録内容. 初回 登録日, 2017年7月3日. 有効期限, 2020年7月2日. 認証登録範囲, ・クラウドサービス( Iaas及びSaaS)の開発及び提供・決済代行サービスの開発及び提供.

  • 会社概要
    沿革
    事業概要 ASJサーバー
    決済代行サービス
    クラウドグループウェア
    アフィリエイトサービス
    検定試験管理システム
    ドメイン取得サービス
    オンラインゲーム、SNS
    グループ会社概要
    ASJサーバーは、当社グループが提供するサービスの中でも基幹となるサービスの一つであり、インターネットを活用することによって事業拡大を目指す中堅・中小企業ならびに個人事業主様を中心に20,000社を超える導入実績を誇るサービスです。
    ASJサーバーは、当社グループの強みの一つであるアプリケーション開発技術を駆使して作成したツールをインターネットサーバーに付加することによって、サービスの価値を高めるとともに、独自性を持ったサービスとなっております。
    主たるサービスの例としましては、モバイル対応Eコマース支援サービス「ショッパー」やオンライン予約・管理システム「eリザーブ」等を提供しており、今後も新たなサービスの提供を行ってまいります。

  • 株式会社インテリジェント ウェイブ
    2017.08.15IR資料
    2017年6月期 決算説明会 動画
    h ttp://www.bridge-salon.jp/movie/4847_170804_J5Yf3p/

    『親会社』大日本印刷株式会社
    h ttp://www.dnp.co.jp/
    『関連会社』株式会社ODNソリューション
    h ttp://www.odns.co.jp/

  • ニュース 2017/08/17
    仮想通貨交換業者登録に係る申請書提出のお知らせ
    h ttps://www.remixpoint.co.jp/corporate/news/2017/3433

  • クラウド時代の医療 ICT の在り方に関する懇談会
    政策統括官付情報政策担当参事官室
    平成27年11月13日
    本人による健康・医療・介護情報の管理・活用の在り方や、モバイル・8 K といった最新の ICT 技術を活用したサービスの在り方等について、ICT 事業者や医療従事者の意見を踏まえ、検討された内容が書かれています。
    1、健康・医療・介護分野における ICT 化の現状と課題
    2、ICT 技術の動向
    3 健康・医療・介護分野における ICT 利活用に関する政策動向など
    h ttp://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000104143.pdf

  • 日経BP読者サービスセンター セミナーより
    『(No.1)クラウド時代のネットワーク最適化』
    企業におけるクラウドの利用が右肩上がりで進んでいます。弊社「主催ITpro」で実施した最新の企業ネットワーク実態調査では、メールやグループウエアなどのアプリケーションをインターネット経由で活用する「SaaS」の利用率が半数を超えたことが明らかになりました。このようなパブリッククラウドの普及によって、企業の中には「いつでも」「どこでも」「誰でも」クラウドを使う環境が生まれつつあります。

    『(No.2)クラウド時代の、、、』
    システムが「クラウドありき」にシフトすると、当然のようにネットワークも変わらざるを得ません。特に、従来と大きく変わりそうなのが、企業とクラウドをつなぐインターネット環境です。インターネットの利用がすべて本社・本店を経由するような企業ネットワークでは、出口のところでボトルネックが生じる恐れがあります。また、クラウド利用の拡大に伴って通信データ(トラフィック)が急増し、企業ネットワークの帯域を圧迫する可能性もあります。クラウドを快適にかつ安全に、そしてコストを抑えて利用するためには、こうした課題を解決して、ネットワークを最適化する必要があります。

    以上一部抜粋より
    本フォーラムでは、高まる企業ネットワークの見直し機運を捉え、サービス選定のポイントだけでなく、コスト削減のノウハウや安全な運用管理、最新の技術動向などをご紹介、、、

  • 【ステップ2】純粋持株会社設立後の体制
    株式会社メガネスーパーの子会社を純粋持株会社の子会社として再編する予定。

  • ステップ1】株式移転による純粋持株会社を設立(本件株式移転の実施)
    平成29年11月1日を期日として株式移転により持株会社を設立することで、
    持株会社の完全子会社となる。

  • ※メガネスーパーは、2014年6月、眼の健康寿命を延ばすための解決策を提供する企業として「アイケアカンパニー宣言」を掲げ、アイケアサービスを通じてお客様に最適なメガネ・コンタクトレンズの提供しつつ、現代人の「見る力」を身体の中からサポートするため2016年12月にオリジナルのアイケアサプリメントとして「EYEラックW(アイラックダブル)」を発売、今回その新商品となる「アイラックW SUPER」はメガネスーパーオリジナルのアイケアサプリメント“EYEラックW”シリーズの「EYEラックW」に含まれるアスタキサンチンは、富士フイルム製「ASTOTS」を原料として使用。アスタキサンチンとコンドロイチンの配合には、日本薬品が所有する特許(特許第5865242号)を活用し製品化した新商品「アイラックW SUPER(アイラック ダブル スーパー)」を新発売し、2017年6月28日(水)からテレビを中心としたマルチメディア小売企業の株式会社QVCジャパン代表〔CEO〕マイク・フィッツハリス)にて先行販売。☆彡

  • 改めて、家の中のストレージを探してみると、意外に沢山あることに気が付きます。PCのハードディスクやSSDを筆頭に、テレビに接続されるUSB HDD、その横のDVDレコーダー(HDD内蔵)、タブレットやスマホ、ビデオカメラ、棚の上にはDVD-RやBD-Rディスク、引き出しの中には沢山のUSBメモリーやSDカードなどなど。その中を占めているのは写真やビデオファイルです。ボタン操作ひとつであっという間に大量のデータを生成するマルチメディア機器。家庭の総ストレージ量を合計すると数TBが当たり前になって
    高精彩・高フレームレート、高輝度レンジなど、さまざまな技術要素が取り入れられた結果なのですが、一旦この仕様が普通のことになると、マルチメディア系のストレージ消費量も一気に増加することが予想される。
    そもそも個々のファイルサイズが100倍になるという前提で考えれば、100倍のストレージ容量に加えて、データ転送帯域も100倍になることも想定する必要がありそう⁉そして、ハードディスクの数が100倍になれば故障発生件数も単純に100倍になり復旧までの のべ時間も100倍になる、、、

  • エンハンラボが進めている各事業領域毎のソリューション化は、IoTパートナーコミュニティが目指すものと非常に親和性があります。今回のIoTパートナーコミュニティ参加に伴い、2017 年 7月 ~ 12月 の期間で「ウェアラブルWG(ワーキンググループ)」を新規に発足させ、ソリューション開発を進めることとなりました。

    なお「b.g.」は今後量産化を進めていきますが、「見え方」「かけ心地」に対する高評価を更に追及し、量産時にはより製品優位性を強化することを目指して現在開発プロジェクトを進行させています。今回のIoTパートナーコミュニティの「ウェアラブルWG」においては、「b.g.」の量産デザインによるPOC( Proof Of Concept :概念実証)も材料の一つに加えていくことを検討していきます。

    「b.g.」に他社との”協創”を加えることで、新たな市場に向けたウェアラブル×IoTビジネスの創出を進め、エンハンラボのウェアラブル事業の強化・拡大を推進していきます。

  • ※ASJサーバー「セキュリティ」
    ▼安心を提供するサーバー維持環境
    •自社運営のデータセンター
    専任の運用スタッフが24時間稼働状態を監視しています。
    •完全無停電電源システム
    無停電電源装置と自家発電機で構成されたこのシステムは、各種の電源トラブルのほかに不可抗力による長時間停電や工事のための計画停電など、停電が長時間におよぶことを想定し設置しています。
    •免震装置
    ASJサーバーで利用しているサーバーラックには地震の際に転倒を防止する免震装置が設置されています。
    •空調設備
    サーバーは暑さに弱いため、サーバールームを常時一定の温度に保つ空調設備を完備しています。
    •入室認証設備
    サーバールームのセキュリティを保つため、入室を認証設備でガードし入室できる管理者を限定しています。🍒☆彡

  • ※メガネスーパー【スマートグラス「b.g.(ビージー)」】の'18年1月量産スタートに向けて、ディスプレイ部のデザイン変更。ウェアラブルEXPOに出展(’18年1月)をメドに展示できるよう開発           h ttp://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1066258.html
    その他、ウフルIoTイノベーションセンターが運営する「IoTパートナーコミュニティ」に参加。「ウェアラブルWG(ワーキンググループ)」を立ち上げ、b.g.の量産デザインによる概念実証(POC:Proof Of Concept)も検討する。
    事業拡大に向け持株会社設立。
    メガネスーパーなど傘下に、今後のメガネ市場拡大を見込み、事業基盤の強化のため、持株会社ビジョナリーホールディングスを11月1日付で設立。※株式移転≒メガネSP1:1ビジョナリーHD
    メガネスーパーが20日発表した'17年4月期決算('16年5月1日〜'17年4月30日)の売上高は178億9,200万円、営業利益は4億2,200万円、経常利益は3億3,600万円、当期純利益は1億1000万円。前年同期比21.4%増を達成。売上高総利益率は前年同期比で2.6ポイント定価の64.8%だが、第3四半期比では0.4ポイントの改善傾向となっている。☆彡

  • ※ASJメールサーバー (送信ドメイン認証(SPF))
    携帯各社の迷惑メール対策
    送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)とは、送信元情報を詐称して大量に配信されている迷惑メール(なりすましメール)対策として、NTTDoCoMo などの携帯キャリアで導入されている技術です。携帯端末側で、なりすましメールを「全て拒否する」と設定した場合に、メールの受信可否が判定されるようになります。
    このような設定を施している携帯端末でも、お客様の正常な送信メールを正しく受信してもらえるように、ドメインに送信ドメイン認証情報(SPFレコード)を設定します。
    他にも、送信ドメイン認証情報がないドメインからのメール受け取りを拒否したり、迷惑メール対策として間違って振り分ける運用ポリシーのサーバに対しても、送信ドメイン認証情報を設定することで正常に送信できます。🍒☆彡
    関連サイト
    NTTDoCoMo:送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)について 外部 h ttp://www.nttdocomo.co.jp/service/communication/imode_mail/notice/sender_id/
    au:送信ドメイン認証SPFレコードについて 外部
    h ttp://www.au.kddi.com/service/email/support/chui/spf_record.html

  • 以下過去のプレスリリースで最下段に有る決算説明会の動画をまだ観てない輩は是非どうぞ、、、
    .2017.07.28メガネスーパー・イオン金沢八景店 (神奈川県横浜市金沢区)を8月1日にオープン!
    .2017.07.27メガネスーパー、「ソーシャルPLUS」によりLINEログインを導入
    .2017.07.12メガネスーパー_アイケア研究所レポート_特別号
    .2017.07.06アイケアカンパニー「メガネスーパー」が本気で作った機能性重視のメガネクリーナー 「ペーパークリーナー」7月7日(金)から新発売
    .2017.07.03メガネスーパー全店舗(334店舗)で 『ビットコイン』による店舗決済サービスを導入
    .2017.06.212017年4月期 決算説明会 h ttps://www.meganesuper.co.jp/2017/06/ms_1704q4/

  • ※ASJクラウドグループウェア「HotBiz-mini」
    オフィスに限らず親しい仲間同士のコミュニケーションにも重宝。
    「HotBiz-mini」は、5つの機能が無料でご利用いただけます。
    *1 100ユーザーを超える場合は、SaaS/ASP版 HotBiz7 外部 をご利用ください。
    •HotBiz-mini はWEBディスクエリアにデータベースとしてデータを蓄積いたします。
    また、初期データ容量としてWEB容量を約1MB使用します。あらかじめご了承ください。
    •HotBiz-mini はお客様のご使用によりデータが増加していきます。必要に応じてWebコントロールパネルでサーバー容量のチェックをしてください。
    通信暗号化(SSL)やタイムカード、報告書機能を標準装備、ツールバーやウイルスチェック機能も追加できる「HotBiz7」をSaaSにてご提供しています。
    SaaS/ASP版 HotBiz7 外部 h ttp://www.hotbiz.ne.jp/
    SaaSの特徴としては、以下のようなものが考えられます。
    ・データをインターネット上に保存することができる
    ・PC、スマートフォン、タブレットなど端末を選ばずにデータにアクセスできる
    ・複数の人間が同一データを共有し、更に編集もできる
    Google Apps やSalesforceなどがSaaS型サービスの代表例として挙げられるでしょう。🍒☆彡

  • ❹※ASJクラウドグループウェア「HotBiz-OP」
    HotBiz-OP で便利になります!
    •社内業務のIT化にともなう、さらなる効率化に。
    •社内と社外(出張、出向、外出、支店支社)とのコミュニケーションの効率向上に。
    •サークルのメンバー同士のコミュニケーションツールに。
    HotBiz-OP 主な機能
    ほんのちょっとの情報の共有で、日常の作業がおどろくほど効率よく処理できることがあります。
    グループウェア HotBiz-OP では、以下の12の機能であなたのタスクをサポートします。
    *1 100ユーザーを超える場合は、SaaS/ASP版 HotBiz7 外部 をご利用ください。h ttp://www.hotbiz.ne.jp/
    •HotBiz はwebディスクエリアにデータベースとしてデータを蓄積いたします。
    •HotBiz は初期データ容量としてweb容量を約1MBを使用します。あらかじめご了承ください。
    •HotBiz はお客様のご使用によりデータ容量が増加していきます。🍒☆彡

  • ❸※ASJサーバー「セキュリティ」
    回線環境、弊社各サービスでは、KDDIのバックボーンに専用回線で接続されています。
    これにより、弊社ASJサーバーサービスのバックボーンは 8Gbps( 国内最大級 / 完全二重化 )と高速で安定した通信を可能にしています。
    ASJサーバー用ネットワークには、信頼性と品質の高いKDDI 外部 のバックボーンに直結した専用回線を利用しています。
    もちろん弊社専有回線となっていますので、共用タイプの回線等では得られない常に安定した回線環境となり、お客様のご利用環境の向上に配慮した仕様となっています。
    •安定した通信状況を確保し、トラフィックの混雑緩和に対応
    •将来の増設に対応しやすく、お客様のアクセス増加にも対応可能
    •デュアルアクセス(二重化)の利用で故障回復時間を驚異的に短縮
    ASJサーバーに適した回線容量を確保していますので、各サービス毎に快適な高速通信が可能となっています。
    今後もASJ の専用回線は、お客様の増加や利用率に伴いまして回線環境をより安定させるため、さらに増強していく予定です。🍒☆彡

  • ※ASJサーバー「セキュリティ」
    ウィルスやワームなどに感染しないASJサーバー世界各地で蔓延しているASJサーバーを標的としたウイルスの1つ、「Worm」( ワーム )。
    しかし、ASJサーバーのASJサーバーなら全く問題ありません。
    これは弊社ASJサーバーは「 UNIX + Apache」をベースとし、弊社独自にセキュリティを施したASJサーバーを使用していることによります。
    これにより、ASJサーバーの「 ワーム 」感染の心配をせず、安心してご利用いただけます。

    また Apache にはApacheの通常のアクセス制御に加えて 「mod_rewrite」「mod_security」などの拡張制御モジュールを導入しており、コンテンツ製作者側でも細かなアクセスコントロール、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)の定義などが可能な制御性の高いサーバー設計。🍒☆彡

  • >>No. 326

    テクニカル上場とうたっていますから、調べるなら「テクニカル上場制度」で検索しましょう。
    細い規約ありますので、先ずは自身で調べる方が誤解がなくて良いでしょう。
    また、時が来れば会社の方から説明があるでしょうが現状何もしなくて証券会社が株式移転日に社名変更すると思いますが
    基本株取引を行っている証券会社で確認して下さい。
    「例」一部抜粋、以下のような事が書いてありますのでご確認を、、、

    ※以下の場合にテクニカル上場が利用できます。
    1.新設合併により非上場会社が新設される場合
    2.非上場会社が上場会社を吸収合併する場合
    3.株式移転、株式交換により上場会社が非上場会社の完全子会社となる場合
    4.非上場会社が会社分割によって上場会社の主要な営業を承継する場合で、上場契約も併せて承継する場合
    1~4の場合に、上場会社が実質的な存続会社であると認められる場合は、当該非上場会社(未公開会社、他市場単独上場会社、店頭登録会社)が流動性に関する上場廃止基準に該当しない限り上場が認められます。

本文はここまでです このページの先頭へ