ここから本文です

投稿コメント一覧 (1595コメント)

  • 因みにした窓104があるけど、、
    材料はサイバーテロ対策で世界規模「重要案件」で期待大‼
    さて、どうなる⁉

  • 要するに信用買い残り☞10,586,700で多過ぎ、
    なので信用整理をするってことは株価調整で
    一時的に株価が下がるってことらしい。。。
    因みに、Solasiaの信用買い残りが17421800で
    株価は上がらず、、、、

  • 社長就任のご挨拶
    石原紀彦氏のコメント紹介。
    2017年は主たる事業分野であるセキュリティ事業および
    マーケティング事業への経営資源の集中投下を行いました。
    その一つが、イスラエルのサイバーセキュリティ分野における
    リーディングカンパニーであるサイバージム社との共同事業です。
    また、米AerNos社への投資など、次世代技術への積極的な投資を行いました。
    【中略】
    当社グループは、株主価値の最大化を目指し、そして社会に貢献し、
    技術進化との連動性(ビッグデータ・AI・IoT等とのデータ連携)をさらに高め、
    新サービスの開発展開、業務提携・M&Aに全力で取り組みながら
    企業価値の最大化につとめ、当社の使命を果たせるよう努力してまいります。

  • チャートは迷走⁉
    株価はマイ転終了気配、、、、ぷっ、

  • ISACA CEO Matt Loeb様
    「アライドテレシスとの協業は、ISACAのリーダーやISACAの日本支部にとって、サイバーセキュリティを取り巻く状況や情報の取得とともに、長期・短期の両方で取得可能な学習用ソリューション、資格取得用製品やサービスの販売をより一層促進するものです。」

    アライドテレシスアカデミーは、『CSXトレーニングプラットフォーム』(100コース以上)を1年間の有効期限で学習できるライセンスの販売を、2018年1月18日より開始する予定です。あわせて、準備ができ次第、CSX資格(Fundamental(基礎)とPractitioner(熟練))に合格するためのブートキャンプも開催する予定です。

  • アライドテレシスHD 「2018/1/17」
    ISACAのサイバーセキュリティ対策デジタルフォレンジックトレーニング環境
    『CSXトレーニングプラットフォーム』を販売
    【ISACAについて】
    ISACAは、情報システム、情報セキュリティ、
    ITガバナンス、リスク管理、情報システム監査、
    情報セキュリティ監査等、情報通信技術専門家の国際的団体です。
    Webサイト:h ttps://www.isaca.org/

  • 此の掲示板は見てるだけでも楽しめるから
    良くも悪くも頑張れ、、、

  • 今日レカムに嵌った輩は明日も抜けられないかもね⁉
    「リスキーなSMプレー」レカムみたいな。。。

  • アライドテレシスHD・無線LANソリューション
    スマートフォンやタブレット端末の急速な普及により、
    公衆無線LANの需要は益々高まる
    地域活性化や災害対策にも有効なツールとして注目が高まっており、
    2020年の東京オリンピック開催に向けて、
    今日では、コンビニエンスストア、ファーストフード店、
    飲食店におけるサービスの活用に留まらず、
    公衆における無線LANの設備環境は、学校、公民館、図書館、
    避難所、駅、バス停、観光地、ホテル・旅館など、広範囲に、
    公共設備としての役割も大きく担う社会インフラへと発展。

  • こんな安い株価でS高とS安を演出する訳は何⁉
    結局仕掛けた大口の大儲けでendか、
    低位株の深追いはリスキー、、、

  • はい、底値で買えなかった輩は頑張って売り煽りましょう。

  • 此処から下で売る「損する」人か
    更に下の安値で買う「儲かる」人になるのか⁉
    今が絶好の買い場到来だ。。。

  • ICT教育ニュース
    h ttps://ict-enews.net/
    2018年1月12日 - リード エグジビション ジャパンは、第9回 教育ITソリューションEXPO(EDIX2018)の
    「 出展検討のための特別説明会」を2月5日にベルサール東京日本橋で開催する。
    EDIX は、約800社が出展を予定している、日本最大級の教育ITイベント。第9回の今年は
    5 月16日~18日の3日間の日程で開催される。
    第9回 教育ITソリューションEXPO (EDIX)
    h ttp://www.edix-expo.jp/

  • 底打ち反転上げから数日で行って恋
    つまり、しばらくはよこよこって感じなら
    売り買い無しの放置で、
    現状残念ながら株価は見る価値なし‼

  • 「2017年」即出情報より
    Google、ESNet、バークレー研究所が共同企画・運営した今回のPlugFestには、アライドテレシスや第一線で活躍するネットワークベンダーが集まり、Faucetコントローラー(オープンソースのSoftware-Defined Networkコントローラー)との連携デモンストレーションと、OpenConfig(SDNの原則に基づいたベンダーニュートラルな連携モデル)の試験を行いました。参加ベンダーはFaucetコントローラーと自社のOpenFlow対応スイッチ製品を用い一連の試験を実施しました。

    今回の試験の重要な要素はOpenConfigでした。従来のコマンドライン・インタフェースによるスイッチへの設定に代わりに、GoogleがオープンソースとしてリリースしたマネージメントフレームワークおよびOpenConfigを用いて設定を行うことを目的に行われました。その試験でアライドテレシスは、PlugFest運営側の予想を上回る優秀な結果を残し、OpenConfigにおいても業界をリードしていることを示しました。

  • ※協業ー2
    我が国におけるセキュリティー対策の先駆者であり、セキュリティー監視、診断、対応など、中央官庁をはじめ数多くのユーザーに最先端のセキュリティーサービスを提供している株式会社ラック。同社ではアライドテレシスと協業し、全国の地方公共団体、企業に対して、データセンターを核にした、新たなセキュリティーサービス「Secure Net(R)サービス」を提供している。“導入しやすい価格で、中央官庁などに行っているのと同じサービスクオリティーを保つ”というコンセプトのもと、従来から提供している「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス」と同クオリティーの監視サービスを提供する。データセンターの共同利用という形態をとることで、導入しやすい価格帯を実現したセキュリティーサービスだ。株式会社ラック 執行役員 萩原 利彦氏に、現在のセキュリティー状況やこれから求められる対策、アライドテレシスとの協業などについてお話しを伺った。

  • ※既出情報 「セキュリティ サービスの協業」
    セキュリティー大手のラックがアライドテレシスと協業
    データセンターを核にしたセキュリティーサービスを提供
    セキュリティーソリューション/システムインテグレーションサービス、
    情報システム関連商品の販売およびサービスを展開。

    ・マイナンバー制度のスタートにより、さらに増加する脅威
    h ttps://www.allied-telesis.co.jp/library/case/lac/index.html#01
    ・低コストながらも高品質な監視を提供する「Secure Net(R)サービス」
    h ttps://www.allied-telesis.co.jp/library/case/lac/index.html#02
    ・さらなるシナジー効果を生み出すアライドテレシスとの協業
    h ttps://www.allied-telesis.co.jp/library/case/lac/index.html#03

  • アライドテレシスが考える自治体ネットワークの要件

    要件1:セキュリティ対策
    自治体情報システム強靭性向上モデルの実現
    ネットワークの分離
    通信の無害化
    二要素認証
    外部記憶媒体の利用制限

    運用上のセキュリティ対策
    テレワークの導入
    人事異動に伴う資産管理
    要件2:安定した無線LAN
    公衆無線LANの整備
    防災無線LANの整備
    要件3:止まらないネットワーク
    ネットワーク冗長
    電源対策
    ループ障害対策
    要件4:ネットワーク運用管理
    ネットワークの一元管理

  • 慌てなくともいいのに、
    張り付くのも時間の問題か⁉
    まだまだ此れから先が楽しみ。。

  • ビジュアライゼーション
    Vista Manager EXの機能
    AWCによる無線管理機能やAMFなどのネットワーク管理を可視化します。
    無線LANの自律制御(AWC)
    ■無線LANアクセスポイントの電波出力・チャンネルを自動制御
    ■環境に合わせた快適な無線LANエリアを自律的に維持
    無線LAN統計管理の視覚化
    ■電波状態などの統計や履歴を長期蓄積し、利用状況の推移を視覚的に表示
    ■指定した時間での設定適用やファームウェアのバージョンアップが可能
    自律型無線LANソリューション等の新機能により、無線・有線の管理性を向上!

本文はここまでです このページの先頭へ