ここから本文です

投稿コメント一覧 (25940コメント)

  • >>No. 165961

    > > プルトニウムとか言うからわかりにくいけど、使用済み燃料=高レベル放射性廃棄物の放置問題ですね。

    > 分かりにくく無い。そしてプルトニウムは「使用済み燃料」でも「放射性廃棄物」でも無い。
    > ウランを使用する炉の使用済み燃料には未だ使えるウランや生成されたプルトニウムが含まれており
    > それを分離処理した残りが高レベル放射性廃棄物。

    高レベル廃棄物<<プルトニウム<<使用済み燃料

    集合的なイメージではこんなんかな。いずれにしても使用済み燃料=ウランからすべてがスタートする。だからウランと言えばだれでもわかると思う。

    > プルトニウムは比較的容易に核兵器に転用出来る為、

    日本のそれは下記の(原発支持者だが)わかりやすい説明から言えば、誤解だとか。
    http://agora-web.jp/archives/2022652.html

  • >>No. 165958

    > それではお天気任せの再エネ発電を蓄電しようとすると電気料金がはかなり値上がりする


    原発に加えて再生エネもやっているうちは電気代が上がるのは事実。
    しかし再生エネは基本的には稼働後は燃料はいらない。
    原発はいつまでもウラン、MOXが必要。
    それは素人の予想に過ぎない。

    > 日本の製造業は再び海外に逃げる
    > 失業者がふえる、電気料金は上がる
    > 地獄ですね

    電気代が高いのは仕方ない。原発などは上限が見えないくらいだ。
    しかしその理由で製造業が海外へ逃げるかどうかは、それは素人の予想に過ぎない。

  • >>No. 165957

    > 再エネの風力や太陽光は天候により使い物にならない時間が多い。
    > それを補う為に原発か火力発電が欠かせない

    これは正しくない。
    原発はなくても火力でやっていけてた。

    > 単純に同出力の発電所を比較した場合
    > CO2の排出量は火力発電が圧倒的に多い
    > 反原発でもこれくらいの事は理解できるよね

    しかし原発停止してCO2は原発常時稼働のリーマンショック以前時代より減ったことも事実。
    それは、省エネも石油からガスへのシフトも原因である。

  • >>No. 165955



    > > しかし異常気象の被害を最も受ける日本
    >
    > なにそれ?気持ち悪い。そんな訳無いだろ。

    日本しか知らないオカルト原発盲信狂徒だからなあ。(藁100回笑)

  • >>No. 165949

    > ”使用済み燃料=高レベル放射性廃棄物” 
    >
    > ⇔ 再稼働派の くそったれどもに
    >
    > もっとわかりやすく 言うなら ”原発の糞!”(笑)

    そしてこの問題を追及すると問題になっているのは日本の放射線を管理取り締まるところの法令基準ということになる。

    そしてそれがあるために避難指示も出るし、五重の壁は絶対に破れてはいけない、ということになり、原発の事故の問題は何かとなればそれは放射能ということになる。なぜなら日本の法令がそうなっているから、と。

  • >>No. 165927

    > 以前、ここで紹介したRE100は日本でも着々と加入が増えているようです。
    > 経済界に忖度しまくる政治家、原発にしがみつく大企業。
    > だが、世界も日本のプルトニウム過剰保存に目が向き始めた。
    > まあ当然の結果だ!
    > 原発の負に関わる問題を、すべて無責任に放置したのだからね。

    プルトニウムとか言うからわかりにくいけど、使用済み燃料=高レベル放射性廃棄物の放置問題ですね。

  • 2018/07/20 08:01

    >>No. 165938

    > yas***** は
    >
    > コ汚い 河内の おっちゃんか? 
    >
    > それとも
    >
    > 西成の 立ちんぼか?(笑)

    そいつは、信じる信じない、で結論付けるオカルト思想者だよ。
    だから無視箱に入れてるけど。(藁笑)
    ま、妄想教条もちのコバンザメだね。

  • >>No. 165923

    > きょうは再生エネにとって良いニュースで締めくくれたな。
    > 第四世代原子炉や再処理システムや高レベル廃棄物保管などの良いニュースはないものなかのう。
    > 原発信者いちゃもん屋からはそういう良いニュースがいっさい出てこない脳だろう、
    > いや、来ないのだろうな。
    > ZZZ
    > 〆

    ヤフートピというのは元がヤフー掲載ニュースであって、スタートからずっとヤフーが話題を提供している。
    つまり再稼働に関連するニュースや事象について話題にする掲示板だ。
    再稼働VS再生エネ、も再稼働の今後を占う話題だろうね。
    再稼働自体は政府の規制路線にのって、したとかしない、とかの、いわば話としてはくだらないものだ。
    再稼働の将来がいまの再稼働にとって問題だし、それは原発の将来のことだ。

    ところがいままでも、またいまでも横から見ていてもいちゃもん屋レスラーからは原発の将来のポジティブな話題が全く提供されないな。コバンザメのように原発批判投稿にへばりついてイチャモンレスしているだけだ。

    そこで、
    原発可能性を追求する話題として中国とビルゲイツを挙げよう。
    “”米IT大手マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が、中国と連携して最新の第4世代原子炉「進行波炉」の開発を進めている。“” 2018.6.5

    以前から何回も言っているように、日本の国内原発維持してゆくには第四世代の原子炉を完成が必要だ。また日本が原発輸出するためにも第四世代だ。なぜならいまさら昔アメリカが開発した軽水炉など安全性の経費がかかりすぎて海外には売れないだろう。中国やロシアの第四世代に負けるだけだ。かと言って日本はアメリカ特許にしがみついているからフランス原発は売れない。

  • >>No. 165932

    数年前までは企業が再生エネ100%と掲げても、からくりがあったりしてなんだかよくわからんということもあった。
    それがいまはかなりクリアな定義で再生エネ100%となったようだ。

    以前も投稿しているが、再生エネの投資はコスパだけではないところがある。
    地球環境の将来についての投資ということだろう。

  • >>No. 4455

    > 御嶽海だから潔く下がったが あれが白鵬だったら 「マッタ!」 と右手を上げて審判を睨みつけ「同体じゃないのか?」「こんな審判の元じゃ相撲取れないよ」と明日から休場でしょうね・・・・(笑(^^

    そうでした。
    御嶽海の去り際が実にさっぱりしていて、え?それでいいの?という視聴者の思惑を一刀両断するような、見ていて気持ちいいくらいだった。
    やっぱりそのへんが、勝てばいいんだ、という白鵬とは違う。

  • >>No. 165921

    きょうは再生エネにとって良いニュースで締めくくれたな。
    第四世代原子炉や再処理システムや高レベル廃棄物保管などの良いニュースはないものなかのう。
    原発信者いちゃもん屋からはそういう良いニュースがいっさい出てこない脳だろう、
    いや、来ないのだろうな。
    ZZZ

  • >>No. 165919

    > 富士通など10社、電力全て再生エネに
    > 【イブニングスクープ】 2018/7/19 18:00
    > 日本経済新聞 電子版
    >
    > ""再生エネの利用は欧米に比べ遅れている。大口需要家である企業の利用が広がると、発電や送電事業の投資環境改善など再生エネの普及に弾みがつく可能性がある。""
    >
    >
    > 富士通よおまえもか。
    > でも目標は2050だから。

    ””企業の電力消費量のすべてをすぐに再生エネに切り替えるのは難しい。ただ大口需要家である企業が利用を本格化すれば、再生エネの発電や送電を巡る事業採算性は上向く。事業者の投資拡大やコスト低減が普及を後押しすることになる。””


    要するに大企業が再生エネに向かうと、
    いずれは経団連としても政府方針の再生エネ主力化の促進を催促するようになるだろう。

  • 富士通など10社、電力全て再生エネに
    【イブニングスクープ】 2018/7/19 18:00
    日本経済新聞 電子版

    ""再生エネの利用は欧米に比べ遅れている。大口需要家である企業の利用が広がると、発電や送電事業の投資環境改善など再生エネの普及に弾みがつく可能性がある。""


    富士通よおまえもか。
    でも目標は2050だから。

  • >>No. 165915

    > >
    > > > ””日本は福島原発事故以後、2年近くにわたってすべての原発を稼働停止させたが、節電などの効果により炭素排出量は増加しなかった、という調査結果を米国エネルギー省が発表した。””
    > >
    > > 出典は下記
    > > https://wired.jp/2016/09/14/japans-lurch-away/
    >
    > 注意点は下記
    > ””石油使用量は増加しているが、予想されたほどではない。石炭の使用量の増加は8パーセント、液化天然ガスは9パーセントだ。これらによって、原発事故前に始まっていた「石油使用量の拡大」は減速された””
    >
    >
    > Co2排出係数の問題があり、石油を制限して、ガスに変えているということ。
    > この発表のあとにはさらに石油は制限してガスに代わっている。
    > そういうことがCo2排出に効果的だったわけだ。

    CO2排出係数例
    石油0.83
    ガス0.64

  • >>No. 165914

    >
    > > ””日本は福島原発事故以後、2年近くにわたってすべての原発を稼働停止させたが、節電などの効果により炭素排出量は増加しなかった、という調査結果を米国エネルギー省が発表した。””
    >
    > 出典は下記
    > https://wired.jp/2016/09/14/japans-lurch-away/

    注意点は下記
    ””石油使用量は増加しているが、予想されたほどではない。石炭の使用量の増加は8パーセント、液化天然ガスは9パーセントだ。これらによって、原発事故前に始まっていた「石油使用量の拡大」は減速された””


    Co2排出係数の問題があり、石油を制限して、ガスに変えているということ。
    この発表のあとにはさらに石油は制限してガスに代わっている。
    そういうことがCo2排出に効果的だったわけだ。

  • >>No. 165913


    > ””日本は福島原発事故以後、2年近くにわたってすべての原発を稼働停止させたが、節電などの効果により炭素排出量は増加しなかった、という調査結果を米国エネルギー省が発表した。””

    出典は下記
    https://wired.jp/2016/09/14/japans-lurch-away/

  • >>No. 165881

    > SEPさん ここはフェァに行こうよ
    > CO2が増えなかったのは日本全体の省エネが進んだからで
    > 発電そのものによるCO2は増えてるよね
    > 原発稼働していたらもっと減少してるよ

    さらに分かり易く言うと、省エネが進んだからその大元の発電そのものもCO2が減ったということ。
    だから発電そのものによるCO2も減っていると言うことに他ならない。
    他国は日本をどう見ているか。

    ””日本は福島原発事故以後、2年近くにわたってすべての原発を稼働停止させたが、節電などの効果により炭素排出量は増加しなかった、という調査結果を米国エネルギー省が発表した。””

  • >>No. 165905

    合計も再度出しておこうか。
    足しても分解しても減っている。

  • >>No. 165881

    > SEPさん ここはフェァに行こうよ
    > CO2が増えなかったのは日本全体の省エネが進んだからで
    > 発電そのものによるCO2は増えてるよね

    部門別Co2排出推移を再度ださそうか。
    もちろん合計しても減っている。
    合計=発電、だ。
    それを部門別に分けても当然減っている。
    つまり大元は発電なんだから。

  • >>No. 165898

    > >あ、前に部門別CO2排出推移グラフだしたからね。
    > >すべての部門でCO2排出減ってるよ。
    > ★評価尺度 方法を変えてみるべきですね。
    >  経済界では よく
    >  前年同期比とか 5年、10年前との比較で
    >  改善率を表したりするが
    > ・そもそも 人間が生きてゆくうえで 不可欠なエネルギー量は
    >  それほど多くは要らない。
    > ・特に先進国では 際限のない 強欲のために
    >  無駄にエネルギーを浪費している。
    > ・最悪は アメリカ人だろうね。(笑)
    >  アメリカの建物はろくに断熱に配慮されていない。
    >  エネルギーコストが安いから 浪費しまくりだ!
    >  車はでかすぎるし HVでもない。
    >  さらに 寒冷な東部地域の郊外の一戸建ても
    >  断熱や 効率の悪い
    >  セントラルエアコンだったりする
    > ★まあ あの 悪たれトランプを選ぶ連中だから
    >  ろくなものじゃない!

    建築家の知り合いがいるけど、いまの建物は電気に頼りすぎて逆に無駄なことしてるとか。
    科学的合理性はいいのですが、科学的なものを寄せ集めればいいわけでもない。
    過ぎたるは及ばざるがごとし、で最後は人の判断が科学的合理的かどうか。

本文はここまでです このページの先頭へ