ここから本文です

投稿コメント一覧 (4047コメント)

  • >>No. 5844

    ミハルくんも心機一転?
    やっぱり髪をバッサリと・・・「プリズンブレイク」風味(-_-;)こんなに刈り込まんでも

    ※「プリズンブレイク」
    刑務所を舞台に脱獄ものの米ドラマ(わたしもシーズン1の1話目しか見てないが)

  • >>No. 5797

    >ファンミでも、ジェイソンはどんなヘアスタイルが良いと思いますか?との質問に、
    「彼はハンサムだからどんなヘアスタイルでも似合う!!」と即答・断言するパパですからね😄

    コリーコーチの元を卒業し、気持ちもスッキリ切り替えたかったのか?
    トレードマークのボニーテールも卒業? 
    すっぱりと髪を切って

    以前は、田舎のあんちゃん風味だったジェイソンくんの容貌が・・・都会の・・・


    ・・・ホームレス風味になってるΣ(゚Д゚) !!!

  • >>No. 5830

    リッポン君の活動が、日本の記事でも紹介されて嬉しい(*^-^*)

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180615-49054698-techinq

    リッポン君の彼氏まで、日本の記事でも紹介されてる・・・(^^;)

    https://www.excite.co.jp/News/world_ent/20180614/Techinsight_20180614_514602.html

    去年アシュリーが見事に鍛え上げられた美しい裸体を披露してくれた ESPN Magazine の Body Issue
    10周年という節目の今年、アダムくんがそのモデルに選ばれました
    すっぽんぽんのりっぽんぽん🍑( *´艸`) 楽しみ過ぎる

  • >>No. 5837

    フィギュアスケート以外のことには、あまり関心なさそうで
    リンクで練習したり演技している時以外には、ぼ~としてそうな子ですねㇸ(^^;)へ

  • >>No. 5834

    筋肉質のお兄さんおめでとー\(´∀`*)ノウフフ

    舞さんには、娘さんの大学入学や羽生さん凱旋ショーてんこ盛りと舞いさんには嬉しい(?)出費続きで
    その分、充分に思い残しなく楽しめてもいるようでなによりです。
    でも、後から後悔したくないからの出費は重なる時には重なるもののようで
    町田くんの演技も生で観るチャンスは今年が最後となりそうですよ。
    舞さんには、既にお聞き及びかとも思いますが、
    町田君がプロフィギュアスケーターの方も引退することを発表し、
    10月のジャパンオープンとその後のカーニバル・オン・アイスが最後の舞台となるそうです。

    http://tatsuki-machida.com/news/index.html#20180615_coi

    ジャパンオープンに羽生さんが出場するのかどうか?
    リッポンくん来て欲しいけど・・・?
    もし羽生さんが出場となれば、チケット争奪戦はより厳しいものになると思われ
    7月のプリンスアイスワールド東京公演の方がチケットは取りやすいと思いますよ。
    両方を抑えておけばより確実でしょうが

    わたしはリッポン君のジャパンオープンへの出場&出演がなければ
    今年は息子に録画たのめる やったー(´∀`*)ウフフ ですませますが
    舞さんは町田くんの演技を一度は生で観ておきたいかな?と思いましてお知らせまで

  • >>No. 5831

    お帰りなさい。

    幻想的なポップ&レガシーを堪能されたようで、長野まで出かけたかいがありましたね(^^

    THE ICE でEX版「フライオン」観た時のわたしと同じ~良かったねぇ~✨

    宇野くんの新フリーは「天国への階段」とな

    オリンピックの年はどうしても再演プロや再使用曲が増えてしまうけれど
    オリンピックも終ったので冒険しやすいシーズン
    新プロが増えて、曲も仰々しいものではなく、ポップやロック等も増えそうですね。

  • >>No. 5828

    そう言った傍から、今、これ発見、嬉しい
    今年GPS欠場して追求してみたい新たな可能性の中にダンスが含まれているのなら
    大歓迎だわ( *´艸`)💕

    .@adaripp and @dance10jenna are dancing across the stage on tomorrows #TRL on @mtv @ 8 am dont miss it!!!!!

  • >>No. 5827

    アダムくんのダンスもっと観てみたい。

    アダムくんも楽しかったって言ってるし
    ジェナもアダム君のことを「ダンサーになる筈だった男」と評価してるから
    4週間だけで、あの番組の中だけで、終わらせちゃうの勿体ないなぁ

  • >>No. 5814

    >誰でも両面あると思うし、バイセクシュアルと言うか、

    本人インタビュー等から漏れ聞こえてくアダムくんの性自認過程を書き込んでて、
    舞さんのレス読んでて、
    「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」で披露したアダムくんのコンテンポラリーダンス
    フライオンの曲に合わせた鳥かごの中から外への演技、また違う解釈が

    鳥かごの中のつがいの鳥じゃなくて、籠の中のつがいで居られなかった母の物語というよりも

    あれはアダムくんの中の男性性と女性性の象徴なのじゃないかと
    そのどちらもが鳥かごの中に押し込められて身動きのとれない前半部から
    共に手をとりあって外へ、シンクロする羽ばたき、補完しあう動き、やがて二つは一つに統合される。
    アダムくんの物語でもあり、誰にでも両面ある、アニマとアニムスの物語として
    そんなイメージで観直してみた。しっくり💕

  • >>No. 5823

    同時にクリーンな演技でプレッシャーから解放された時のこんな雄たけびや歓喜や涙を
    もう見ることはないんだなと思うと寂しくもあるけれど

    ここ数年の戦いぶりは、本当にいいもん見せてもらったな
    グランプリファイナル生で観れて良かった。最後かもしれないファンミ行けて良かった。
    わたしってば、なんてラッキーなんだ(^^*

  • >>No. 5822

    アダム・リッポンは、今や時の人で
    これまで繋がりのなかった分野の人達との人脈も広がってきてますし
    パフォーマー&エンターティナーとしての活躍の場もいろいろと提示されてますし
    彼としてはこのチャンスに親交を深めたい人達、挑戦してみたい事や試してみたいこと、すべきと思われることが山盛りなのでしょう。沢山の選択肢が広がっているのは、オリンピック後の余波で最大限の注目と人気を集めている現在だからこそで、2年後3年後にまた機会があれば・・・ってわけにはいかないだろう
    馴れた古巣の中に舞い戻りトレーニング漬けの日々でGPSに備え、この貴重な転機をみすみす見送るのは、普通に考えて得策ではあるまい。

    「まだ考え中だけど」といい「現時点では必ずしも引退を意味するかどうかは分からない」ってのは
    彼の中にも馴れた競技生活への未練があり、新たなステージへの不安もあるのでしょうが
    フィギュアの世界以外にも活躍の場が広がっていて、そのひとつひとつのチャンスがまた次のチャンスに繋がっていってるのは、彼の為に、喜ぶべきことなのだろう。
    新たな挑戦が、彼をわくわくさせて、軌道にのれば、もう競技生活への未練は消えてなくなるだろうとしても

    オリンピックという夢を追って賢明に努力し、競技の度にプレッシャーからの吐き気に耐えて、
    何度も何度も躓き、指の間からチャンスが零れ落ちていくのに打ちのめされた
    「あんな顔やあんな痛々しい姿やこんな苦しい表情をもう見ないですむ」彼は既に夢を叶えたのだから
    そう思うと「ハッピーエンドで良かった」と少しホッとするところもある。(^^*

  • >>No. 5814

    >自分も特に決めてないです笑

    いやぁ本人がこっちにしようと決めるんじゃなくて
    ・・・そうだったんだ
    ・・・そうなっちゃったんだ
    ってなもんだと思うぞ
    (ん?もしかして舞さんの言いたいことは同じこと?)

    性別や性的嗜好も含めて、自分はこっち側だったんだって発見したり、認めたり、受容することが大切なのは
    それがアイデンティティーの形成に関わる結構重要な部分だからなんだけど

    「本人の意志で決めることができる」って思ってる人達が
    「社会的に望ましい選択や宗教的に正しい選択」をさせようとして、矯正プログラムを受けさせたり、本人の望まぬものを与えたり本人の望むものを遠ざけたり、ロシアのようにゲイ的な文化の発信を禁じるような法律規制をかけたりして
    ゲイの若者を自己否定や自己不信に陥らせて、孤立させたり、自殺に追い込んだりしてしまうので
    ガスくんやアダムくんのような有名人が公に「自分のことを語る」ことが、まだ必要なのでしょう

    二人とも共通して言うことは
    「決してクローゼットから出るようプッシュしてるわけじゃないよ。自分の準備が整ってからでいいんだ。それにかかる時間は人それぞれなんだから。」ただ二人とも先にカミングアウトした人達の経験をいくつも聞くことによって、自分のことを理解できたり、怖れが和らいだりしたので、今度は自分が話すべきなんだと、それを実行していて

    それを見たり聴いたりする人達が、当事者じゃなくても、最初は興味本位からでも、正しい理解が広まるのは昔の自分達と同じような子供達にとっても良いことからね

本文はここまでです このページの先頭へ