ここから本文です

投稿コメント一覧 (2762コメント)

  • 移籍早々、ケチつけるのは本意ではないが、
    秋吉はルーキー年に61試合、
    二年目は74試合、三年目は70試合に登板。
    この酷使では投手寿命が短くなるな。

    吉井コーチがいれば、このトレードには反対していただろう。

  • >>No. 297132

    >僕は通訳の水原一平さんの妻も映ってたのでそちらのほうがタイプですけど(笑)

    私はてっきり、水原さんが野茂の息子だと思っていた。
    両者とも面影がありますね。

  • フィクサー堕つ
    ならば朗報でしょう。

    ただ、読売には一行も触れていなかった。

    後から亡くなっていましたでは、
    情報機関として面目丸つぶれであるな。

  • >>No. 296485

    > ついに モズカッチャンが1番人気になった。ニッカンAIの予想とやらは なんとも凄い予想やな。アドマイヤリード、コルコバード、スマートレイヤーなんて面倒見きれん こちらは変わらずレッドジェノヴァ1着固定の軸でいく。馬単5➡2 5➡7 5➡8 5➡12 5➡13 馬連2➡5 5➡7 5➡8 5➡12 5➡12 3連複5➡7➡12 5➡12➡13 5➡8➡12 2➡5➡12 3連単 5➡12➡7 5➡12➡2 5➡12➡8 レッドジェノヴァ リスグラシューが飛んだら負けという寸法 その前に福島記念は馬単1➡6 6➡1の勝負。100円づつ 計2000円の勝負 2000円が最終的にいくらになるのか? レッドは前目の位置で番手の競馬で押しきってくれるといい。モズはどうしても後ろからの競馬になるので、最後は届かないと見た。リスグラはモレイラが終い伸ばしてくれると思う。 ちなみにルメールのノームコアはむやみに過信は出来ない。


    余談ですが、
    改行した方がわかり易いですよ。

    馬単5➡2 5➡7 5➡8 5➡12 5➡13 
    馬連2➡5 5➡7 5➡8 5➡12 5➡12 
    3連複5➡7➡12 5➡12➡13 5➡8➡12 2➡5➡12 
    3連単 5➡12➡7 5➡12➡2 5➡12➡8

    こんな感じで

  • ファイターズの日本人年俸総額15億2383万円。
    仮に来シーズン、中田が去り、
    日本人ではないけれどレアードが去るとするならば、
    12球団ダントツ最下位となろう。

    その球団が「600億円」もの大豪邸を建てようとしている。
    (ファイターズは準独立採算ゆえ、親会社からの支援はない)

    良いんだか、悪いんだか。

    マクロの見方としては、
    その大豪邸に戦力が吸い取られていることは、
    間違いないところである。

    どこまで新球場を大看板として、
    経常利益を伸ばすことができるかであるが、
    これからも当分、この傾向は変わらないであろう。
    安月給のサラリーマンが住宅ローン支払いに追われるよう。

  • メヒアが5億円で来シーズン残留ですか。
    それに引き換え、
    ファイターズの日本人年俸総額はメヒア3人分。
    12球団最低の15億円強
    バンクの約47億円と比べると3分の1にも満たない。

    それでcs進出の3位だから、
    おそらくは、経常利益では12球団ナンバー1であろう。

    ただ、私にとって経常利益などどうでもいい話だ。

  • >>No. 295867

    ネーミングライツの有無が、
    札幌市の姿勢を見る「リトマス試験紙」になることでしょう。

    oldさんは、札幌市を評価し過ぎ。
    いや、そのレベルにはまったく達していないと思います。

  • >>No. 295870

    >ただ、市内の移転先候補が上がっても球団との折り合いがつかず、
    >最後の砦の真駒内地区では、住民の反対運動が起き、
    >いくら球団に残って欲しくても市民レベルでは、
    >どうにもならないことでしたよ

    ネーミングライツすら札幌ドームは獲得していない。
    数あるプロスポーツ団体が使う施設の中で、
    札幌ドームぐらいではないでしょうか。
    私が住む片田舎ですら、体育館名に企業名が付いている。

    札幌市が街の発展にベクトルが向いていなく
    いや無気力体質が「球団に逃げられた」そもそもの原因でしょう。

    その市民レベルで札幌市を変えていかなければならにのでは。

  • >>No. 295873

    >札幌ドームの維持管理費が100億というのは本当でしょうか?

    元横浜denaベースターズ社長、現スポーツ参与の池田純氏の
    ラジオでの発言です。
    行間的にはこんな感じです。

    「北海道経済は冷えているんじゃないですか。
    札幌ドームはどうするんでしょうか。
    構造的にもお金が掛かっていて、
    維持費だけでも何十億、
    へたしたら100憶近く掛かる話も出ているじゃないですか」

    詳しく知りたいのであれば、
    ラジコのタイムフリーで「タケ小山」で検索を掛けて、
    「The News Masters TOKYO(木曜日)」をクリック。
    番組がはじまってから1時間ぐらい経過した頃、
    上記の発言が飛び出ます。

    ラジコは地域フリーだから、スズさんの地域でも聞けるかと思います。


    >年間、100億の維持管理費だと速攻に解体すべきでしょうね。

    想像して見てください。
    もし、先の地震、真冬に起きていたら。

    が、札幌ドームのトイレ数が少ないところを見ると
    被災者はトイレに行く回数が少ない、と想定したようです(笑)。

    バカですね。
    札幌市の行政は何もかも、場当たり的で、
    計画性がまったく感じません。

    まずは、「ニトリ札幌ドーム」でも改名して見たらどうでしょう。
    多少なりとも、その維持費の負担軽減にはなることでしょう。
    ファイターズが去ってからでは、遅れを取った感は否めませんが。

  • 使わない札幌ドームの維持費は、年約100億円だそうだ。
    当然、その補填は札幌市民の税金となる。

    あえて言おう。

    野球観戦には新球場の方が良いに決まっている。
    が多寡だか、野球を見るがために
    将来に渡り、100億円の重荷を抱えていいの?
    札幌市民は札幌ドームの改良を図り、
    何とか球団に残ってもらうよう、
    働き掛けるべきではなかったのか。

  • >>No. 295513

    > >「 泣いて馬謖を斬る 」
    >
    > 三國志では、有名な格言ですね。
    >
    > 栗山監督も、諸葛孔明のような部下に対しての一刀両断の気構えがあればと思います。
    >
    > 「馬謖」が中田に想えてきました。


    やはり、交代時も全力疾走を欠かさなかった稲葉がリーダーの頃と、
    今日の中田がリーダーの時とでは、
    その従う下の人間まで影響を与えるのでしょう。

    西川以下、、、

    昔、阪神の監督時代、星野が金本を引き抜き、
    お手本とするようリーダーを務めさせた理由が判ります。
    あれでは、下の人間も息を抜けない。
    (が監督では、余りにも規律を重視しために、裏目に出たのでしょう)

    ただ、ファイターズも、
    大田や清宮は息を抜かないタイプの選手だから、
    変わってくる兆しもあります。

  • >>No. 294892

    > 得失点差の件ですが。
    >
    > マクロ的視点での素晴らしい着眼点と思います。うっかり見逃しておりました。
    >
    > 追加で考えられる切り口を示します。
    >
    > ①年間トータルの得失点差 監督の貢献度と監督の評価
    > ②年間トータルの得失点差から「上沢とマルチネスが投げた試合を抜いた、得失点差」における、監督の関与と評価
    > ③「上沢とマルチネスが投げた試合の得失点差」における、監督、吉井コーチの関与とそれぞれの評価
    > ④上沢が投げた試合の得失点差における、監督、吉井コーチの関与とそれぞれの評価
    > ⑤マルチネスが投げた試合の得失点差における、監督、吉井コーチの関与とそれぞれの評価
    >
    >
    > ①のデータを根拠とすると、監督は頑張ったという評価になるでしょう。
    > では、②~⑤はどうなるか?
    > 怪物江川がいて甲子園準優勝した作新学院みたいな状況なので、打者には期待できず、監督、投手コーチ、選手の誰がその試合の勝利を導いたのか、ということになるでしょう。投手コーチと選手とのやりとりを知りえる立場の人なら、分析は容易でしょう。
    > 得失点差の視点から一歩踏み込んだ分析は可能と思います。
    >
    > 考えられる切り口は外にもあるでしょう。


    oldさん遅れまして。
    ②~⑤の評価については、
    データ分析のプロでもなければ、内部の人間でもない。
    結局のところ、ミクロの事象について私には判らないところです。

    たとえば、
    初球、甘く入ったカーブを柳田に運ばれたとします。
    捕手のサイン通りに投げて、
    柳田がそのカーブを狙っていたならば
    捕手の責任が大方でしょう。

    が、そんな内部事情は誰にも判らず、
    また、「カーブを投げろ」ベンチからのサイン
    柳田の初球は打ってこないデータ
    投手の単なるサイン間違い
    そもそも、初球から何でもいくもりで、ストレートもカーブも打たれていた、
    などなど、打たれた要因は様々考えられる訳です。

    ゆえに、この打たれたミクロの事象について、
    「だれだれの責任」と批判することは、できないと思っています。
    冤罪の危険性の方が大きいことでしょう。

    それゆえ、余程の因果関係がハッキリしていない限り、
    ミクロの視点での批評はできない、というのが私のスタンスです。

    結局はマクロ
    ファイターズ現有戦力において74勝66敗3分という結果はどうだっか、
    その評価しかできない、と思います。

  • >>No. 295373

    > >san さんは三國志の薫(かお)りがする。
    >
    > ハムの選手に贈ることば
    > 劉備玄徳 名言
    >
    > 【 誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し】
    >
    > 【意味】
    > 才能がある人なら、今は埋もれていても必ず、花が開いてゆく。


    hokさん、こんにちは。

    私は全体の規律を守るためには、
    たとえ愛する者であっても私情を捨て、
    涙をのんで処分する
    ことわざ「泣いて馬謖を斬る」が好きですね。

    (その程度のことわざしか、知りませんが 笑)

    たとえ結果を残していたとしても、
    試合中に規律を乱す選手は、好きではないですね。

  • 地方大会は、全5試合で646球(オール完投)
    全国大会は、全6試合で881球

    この約1カ月の短期間に
    ドラ1の吉田輝星は計11試合に登板し
    1527球、投じている。
    世界中で最も球数を投じた投手に違いない。

    斎藤佑樹、安樂智大のよう
    「1527球の悲劇」にだけはならないよう祈る。

    (能力の多寡は判らないが、私ならばそのようなギャンブル《指名》はしない)

  • 甲子園ヒーローを獲得すれば、
    札幌のファンが喜んでくれる。

    そのポピュリズムからでなければ良いのだが、、、
    ハンカチのように。

  • >>No. 295043

    >やはり即戦力の社会人や大卒の投手を獲りたいが、やはり1位は頑として根尾で行って欲しいな。

    うちの西村もそうだが、
    その即戦力と見こされて取った選手が、
    何人、期待に応えることができたのだろうか。

    即戦力を取る確率もかなり低い。

  • >>No. 294883

    同感

    まず、戦力分析から入る。
    その戦力において成績はどうだったか。

    74勝66敗3分

    総得点589
    総失点586


    あなたが推定した戦力において、
    成績(貯金8)が
    上回っていたならば監督の功績
    下回っていたならば監督の責任

    ただし、この分析結果は人それぞれ
    もっとも、我々はアナリストでもないので詳細な戦力分析はできない。
    が、いちようの監督を評価する目安にはなる。

    最近のコメを見ていると、
    どうも感情ばかりが先走り、
    この作業を怠っている、と思う。

    * 総得点と総失点を比べてみてはじめて解ったが、
    そうか、足引+3しかなかったのか。
    増井が抜け、石川の一時離脱
    トンキン、鍵谷らリリーフがかなり不安定にも拘らず、
    結構、善戦している。

  • >>No. 294827

    >これは昨年酷い成績に終わりながらも栗山続投を決めた時にも真剣に考えました。
    >ただもう一年、栗山に執行猶予を与えたと同時に僕自身の決意も延期したのでした。
    >「最後まで優勝争いをする」という条件を自分なりにつけて。

    勝負の世界に「たられば」はありませんが、
    もし、一昨年のような大谷、増井の活躍があったのならば、
    少なくとも終盤失速のような事態は起きなかったでしょう。

    ならば、なぜ一昨年の段階で、
    見切りを着けなかったのでしょうか。

    一昨年も今シーズンも、
    栗山采配は変わらないと思いますが。

  • >>No. 294305

    > 残念。西川は2020シーズン(5月ころ)
    > 取得予定です。

    それは残念でした。

本文はここまでです このページの先頭へ