ここから本文です

投稿コメント一覧 (1799コメント)

  • そだねー ジャパン、おめでとう!

  • >>No. 34353

    >コメント多すぎる(笑) カーリングがスポーツじゃないとか言ってる

    ばかだよな。
    それを言うならば、
    野球選手の大半がベンチに座っているか、
    立っているだけじゃないか。
    運動量を比べたとしても、カーリングの方が優る。

  • 試合内容は100%完敗

  • 鈴木に代えて本橋だな。
    次の試合は。

  • >>No. 22029

    金曜日、20時です。

  • >>No. 22006

    >放送ないんですね。

    生中継で放送する予定です。

  • >>No. 21939

    >にわかだけど、カーリング女子の前評判はどうだったんだろう?

    世界選手権準優勝!
    上位4チームに残る可能性は十分にありました。
    奇跡ではありません。

  • アイスが読めていないのか、
    ここ数戦、調子が下降線を辿っているように見える。
    最近の勝利も相手ミスの棚ぼた的。

  • 真夜中のジャンパーと言えば聞こえはいいが、
    零下10度、まばらなスタンド、日が代わっての表彰式
    誰のためのスポーツなのであろうか。

  • >>No. 249588

    > 海外キャンプ振り分け時に、肩の調子が良くない事は本人わかっていたはず。海外へ遊びに行きたくて隠していたのか?

    アリゾナは周囲に遊戯施設が何もなく、
    野球に集中する環境としてはベストだそうです。
    反対に選手にとっては不評とのこと。

    また、名護の施設が老朽化しているために、
    市に対して改善を要求しているそうです。
    改善が図れたならば、おそらく戻ってくるでしょう。
    沖縄ほど情報収集、練習試合を組むことに対して、
    適した場所が他にないからです。

  • >>No. 249461

    > 悔しいが中田がこのままだと侍ジャパン4番の座を筒香か柳田に取られるかもしれない。

    私は何とかジャパンはまったく興味がありません。
    それでも言わせて貰えれば、
    その前に、ジャパンに中田が選出することすらないでしょう。
    あの成績で選ばれるようであれば、
    それこそ身内贔屓のそしりは免れないでしょう。
    稲葉監督にとっては

  • >>No. 249286

    >減量したり、増量したり・・・
    >嫌な予感しかしない。

    コロコロ変わる、誰かさんのバッティングホームのようです。
    中田にはぶれない信念という概念が、
    そもそもないように見えます。

  • 岩瀬の年俸は7500万円だそうです。
    高齢、高額の選手を、
    ファイターズがガチに取りにいく訳ないでしょ。

    まだ、実力のほどが判らなかったエスコバーですら、
    9000万円を嫌って(?)放出する球団ですから。

  • 43歳の岩瀬を取りにいくならば、
    32歳の谷元は当然、残しておくのが筋。

    ファイターズの内幕を探るには、
    谷元基準からアプローチを図るべき。

  • 【朝一ファターズ批評 1月20日】

    ~~岩瀬指名の背景とは~~

    あくまでも推測の域に過ぎないのであるが、
    岩瀬指名は補償金つり上げの狙いではなかろうか。
    そして、現にファイターズの収入になったことだろう。
    非公表、いわば違約金として。

    そう思うのは、谷元のトレードが端緒にある。
    どうしてもファイターズが岩瀬を欲しいのであれば、
    そのトレード時に「岩瀬+金銭」で成立させればよかった。
    が、「金銭トレード」で終わった。

    このトレードの意味するところとは、
    「中日には目ぼしい選手がいない」
    と結論に至ったからである。

    どうしても欲しかったのであれば、岩瀬を指名すればよかった。

    そして、半月が経ち今回の事件。

    まあ、評価としては中日に捕る選手はいない、
    その評価は変わらないであろう。
    ならば、大野のFAに伴う補償は「金銭」に限られる。


    「ただ、どうしたら中日からマックスの金銭を引き出すことが可能なのか」

    そこで一計を案じ、岩瀬指名という禁じ手に出た、のではなかろうか。

    すんなり補償金を要求したならば、
    法定内の金額しか入ることができない。
    が、岩瀬指名だと、補償金にプラスしていわば違約金として
    ファイターズに収入をもたらす可能性が高い、と踏む。

    元中日、山崎武氏によると、
    中日球団は多大な貢献を果たした選手は、
    引退時も自分で決めていい、という特権を与えられるという。
    要するに、首にはしないそうだ。
    岩瀬はもちろんのこと、荒木にもその特権が与えられているのだろう。
    中日は功労者に対しては最大限の厚遇を果たす球団だそうだ。

    そんな方針に加え、
    岩瀬自身も中日で骨を埋めたいというのも人情である。

    こんな背景が水面下にあり、
    そこで岩瀬を指名したならば、
    中日は拒絶することには予想に難くない。

    そして、落としどころは金銭増額になった、

    と、そんな顛末ではなかろうか。


    そんなトラブルに巻き込まれるならば、
    鼻から中日は岩瀬をプロテクトしていればよかった、と!

    それも、谷元のトレードが伏線になったか。

    「ファイターズは主力選手を放出してまでもお金が欲しい」
    それゆえ、ゆめにも岩瀬指名など眼中になく、
    ついついガードが甘くなってしまった、のかと。


    日本人はどうしても、スポーツを聖なる存在にしたがるが、
    野球に限らずスポーツとは騙し合いの世界だ。
    打者はインコースを待つ素振りをしていながら、
    実はアウトコースを待っていたり、
    ランナーは走ると見せかけて、走らなかったり、、、
    だました方が勝ち、だまされた方が負ける世界である。
    私は今回のような球団の駆け引きも、
    スポーツの一シーンと捉えている。
    ファイターズが非道であり、中日が善道である
    そのような日常の善悪の規範で考えるべきではない。

    ただし、そんな私ですら「岩瀬指名」はやり過ぎと思う。

    岩瀬は中日のみならず、球界に多大な貢献を果たした功労者。

    Dマークのユニホームを脱ぐシーンは
    名古屋ドームで迎えさせてあげる、
    引退にふさわしい場を提供してあげる
    のが、野球界に身を置く人間としての最低限のマナーでなかろうか。

    縁もゆかりもない札幌ドームでその日を迎えさせるのは、こちらが御免被る。


    (そう考えると、落としどころも考えた「岩瀬指名」ではなかろうか。
    「ファイターズには決して移籍しない」と鼻から決めつけたことから)

  • そして、黒羽根を獲得したことは失敗であり、
    判断ミスがなぜ起きたのか、
    そのような検証を内部で行なっているのだろうか?

  • >>No. 248916

    >實松はすぐさま 古巣のファイターズから声が掛かった、
    選手兼コーチとしてだが、ファイターズから誘いがあって、
    實松にとって また一年野球が出来るという 感謝の気持ちが大きいでしょう。

    キャッチャー、キャッチャー、キャッチャー、
    黒羽根 といい、鶴岡といい、實松といい、どうなってんだ!
    ファイターズはきっちんとした捕手戦略を考えているのだろうか。

    取れる捕手は、できるだけ獲得していく、
    というダボハゼ的なその場限りでしか見えんな。

  • >>No. 248777

    【朝一ファターズ批評 12月24日】

    ~「根本」の新球場建設の是非とは~

    たとえ「東京ドーム」が建て替えの話が出たとしても、
    ファン、選手、マスコミ、、、
    おそらく、どこからも反対の意見は挙がらないであろう。
    「天井を見上げれば、いつも黒ずんだ空
    もうそろそろ、建て替えの時期ではないか」
    反対どころか、賛成意見の方が多数を占めるに違いない。

    が一方、戦前からある「甲子園球場」はどうであろう。
    建物としてはこちらの方がだいぶ古い。
    ところが、阪神ファンのみならず、
    全国の野球ファンから建設中止の声が多数寄せられるに違いない。

    この両者の違いとは何だろうか。


    ざっくり言ってしまえば、
    今回の新球場建設においての是非とは、
    多額の建設費などではない。

    五稜郭、金森赤レンガ倉庫付近の運河のよう
    「新球場も後世に残したい」
    そのような愛着、
    もっと言えば文化が生まれるかどうか、である。

    がgarさんのような‟損得勘定”のみ固執しては、
    新球場も必ず、
    東京ドーム、札幌ドームの末路を辿ることになろう。
    間違いない。

    レガシーを残せるかどうか、にある。

  • オリンピックが終わったら
    建設ラッシュも終了、日本経済も下降線を辿ると、
    まことしやかに囁かれているが、
    だが、新球場建設においては好都合だ。

    建設需要が減るならば、その建設費も落ちる。
    経済の論理に従えば当たり前である。

    ここでは新球場建設に500億円強と見積もりを立てているが、
    その額は札幌ドームの建設費をなぞった額である。
    が、この額よりはリーズナブルな額になることであろう。

    しかも、新球場建設に当たっては、
    建設業者の談合など働く余地はない。
    先般のリニアモーターカーのインフラ整備に伴い、
    大手建設会社が話し合いで取り分を決めていたらしいが、
    そのようなインチキは介在しない。
    (札幌ドームも公共物ゆえに、建設会社の言い値で建設したのであろう)

    ガチンコの競争入札である。

    300億円から400億円、
    その程度の費用で新球場はできるのはなかろうか。

  • 刑事事件では日馬富士のみ罪が問われ終わりそうだが、
    民事事件ではその宴席を囲んだ、
    全てのモンゴル人力士に容疑が掛かることができるらしい。
    白鵬も然り。

    「不作為の罪」で。

    この罪は、たとえば
    路上に倒れている病人を見捨てたまま通り過ぎるとか,
    現在の事実・事象に対して積極的に働きかける行動をとらず,
    それらの事実・事象を放置する罪をいう。

    貴ノ岩は平手で十数回、リモコンで何発か殴られた。
    その間、取り巻きのモンゴル人は止めに入らなかった。

    モンゴル人力士を
    「不作為の罪」で訴えることができる証拠は十分にある。

    ただ、訴えるかどうか、後は貴乃花親方次第だ。

    もちろん、民事であろうとも、
    嫌疑が掛かる係争中の人間を
    神聖な土俵に挙げる訳にはいかない。
    休場扱いになる。

    来場所は、モンゴル人がいない土俵になるかもね。

本文はここまでです このページの先頭へ