ここから本文です

投稿コメント一覧 (1075コメント)

  • >>No. 667

    ホンマ、毎日続くだけに大変難儀。
    また親の全盛期をも知るだけに精神的ショックと肉体的介護疲労も上乗せやから、
    ホンマ泣きたくなるのも当然。

    今日ちょっと、特許について調べていたら2015年に議論されてたね。
    まずは脳梗塞の臨床研究そして日本で脳出血の臨床試験開始も狙っていたらしく、
    ホンマこれからやね。
    治験が1日でも早く開始されると良いですね。

  • 森社長、マメなニュースリリースとはエエなぁ。
    カルフォルニアから銭を貰ったIR発射の翌日に日経新聞の援護射撃あるとは、
    アホな俺には思いもつかんかったわw

    しかし、後遺症で苦しむ患者による現実はホンマ厳しい。
    ワンランクアップ改善の為に藁をも掴む思いに駆られるわ、人として当然だわ。
    従って、森社長による上市へのモチベーションが高いのも理解出来る。

    また傷害部位や重症度などの多様なばらつき状況下で、尚且つ薬の投与部位も治験担当医の裁量に任されているばらつき三昧な状況下で。
    良く、有意な結果を叩き出したのは改めて凄いなぁホンマ。

    とりあえず、目先の株価はええわ下がろが上がろうが。
    相場の事は相場に聞くしかない。
    とにかく、慢性期外傷性脳損傷の上市の目処と脳梗塞治験の結果が出るを待つのみ。
    兎にも角にも、是が非でも上市させなぁアカンわなぁホンマそう思う。

  • 市場開始気配は、こんなもんやろ。
    個人も率先して買わんだろう。
    ディフェンスシブ株云々より、この不安環境では追い証の投げもあるから。
    とりあえず、この環境下でサンバイオは信用買い整理整頓へと向かう方がエエな。

    こんな地合い悪い中で、
    上がる上がるの繰り返しする御花畑組が意気消沈する頃に整理整頓も進んでいたら儲けもんやな。

  • やっと、いよいよ明日から日本市場が開けるのぉ。
    再び、明日から機械仕掛けのAI取引が開戦やな。
    今日は米国の12月ISM製造業景況指数が発表で、明日は米国雇用統計やな。

    また、中国のPMIも50割で日本市場にとっても悪材料出尽くしとなる数字ちゃうから。
    明日、AIが日経及びマザーズはどこまで掘り下げるのか?再び正月早々に年金マネー炸裂か?見ものやな。
    不安感漂う環境の中でサンバイオは上昇でなく、どの価格帯で逆張りを含めた買い支えあるかが重要やな。
    グローバルに取引を展開しておるAI連中だけに、
    正月から買いに走っても行って来いでハイ終了となる可能性が高い。
    慢性期脳梗塞治験結果までには、まだまだ時間があるからなぁ。
    個人も正月からデカく逆張り勝負もせいへんやろ。

    とりあえず、
    慢性期脳梗塞治で良い結果を得たら今年も森社長は出来る限りメディア出演した方がエエなぁ。
    出たとしても出演ゴールで20%の下落もないやろ、SB623の認知度を高めることも経営者として大切。
    ipsは大人の利権絡む芳ばしい世界だけあって知名度もあるが倫理問題含めまだまだ遠い話し、それに比べてSB623の知名度はまだまだやしなホンマ。

  • 昨日で大納会となって良かったか?
    ダウもナスも芳しくないスタートから掘るのか?上げるんか?謎だから?
    もう寝る。(苦笑)

    しかし今更感やけど、箸折った記事でもあるが東洋経済はやりおったな。
    この時のサンバイオによる財務状況からアカン増資覚悟の必要性あり、
    尚且つSB623は外傷性脳損傷治験?どないやん?と疑問符が付くばかりで買わんかっただったけど。(苦笑)
    いざ、増資に打って出た動機と内容がボロ株バイオと違って見えたから思わず行使が終わる頃に買ってしまった。
    その後、11月1日の材料発射とメガバンクから融資連発で今に至り。
    10月からホンマにダウもナスも日経も下り坂相場の中で、
    外傷性脳損傷治験結果が優良にて出て良かったのぉ。
    更に、森社長はTV出演で当面は増資の必要性がないと明言。
    この行き先が不安定感溢れる環境の中で治験結果は微妙で、
    更に年末増資発射では洒落にならんかった。(苦笑)
    また、今後に控えている慢性期脳梗塞治験結果も期待したいところやなぁ。

    兎にも角にも、安倍晋三!
    年金マネーの支えばかりに頼らんで消費税アップ撤回せいや!ホンマ。(苦笑)

  • こんなもんやろなぁ。
    ダウとナスは、
    別に先行きが明るい材料で陽線付けてのリバースで無く自律反発ぽい上げやしなぁ。

    また、日経は後場から日銀砲であるETF買いか?オイ。
    外人は大型連休となる日本の年末年始やから買わんだろう。

    それと中国共産党の存在も悩みのタネやったわ。
    大晦日に控える中国指標 であるPMIが50を下回ると景気減速懸念。
    更に来月3日は米国製造業景況指数も待っておる。

    こうした不安定感を増す外部環境時、
    とにかくサンバイオは膨れ上がる信用買い組の整理整頓が進むことが最善やなぁ。
    今後に影響する上値の重い鉛は整理整頓した方が後々にエエからのぉホンマ。

  • 再び、恐怖指数が上昇やなぁ。

    【指標】12月米消費者信頼感指数 128.1、予想 133.7

    米国消費者信頼感指数も予想よりアカンがな。(苦笑)
    景気後退期の前兆か?オイ。
    この下落トレンドでダウもナスも日経も行って来いのボラが大きい振れ幅はアカンわホンマ。

    これは益々と来年は銘柄厳選やなぁ。
    ここ以外は、どうしようか?じっくり思案しとこか。

    とりあえず、明日の相場は期待せず、もう寝る起きても仕方ない。(苦笑)
    明日も心理的にアワワ、、、オタオタの繰り返し相場になっても可笑しくないな。

  • 今日は、ボリンジャーバンドσ−3接触から反発する型となって良かったのぉ。

    とにかく、
    来月から米国下院議員が民主党に入れ変わるからトラブルメーカーのトランプにはホンマに注意やな。
    トランプが思い描く予算案も経済政策も滞るから、
    外交成果を狙ってヘマする可能性もあり市場の姿勢はリスクオフ継続となって恐怖指数も警戒圏に漂うことになっても仕方ないなぁ。

    芳しくない相場の中でも慢性期脳梗塞治験結果が出るまで、
    ヨコヨコ揉み揉みで堪えたら大したもんやでサンバイオは。
    また、
    サンバイオがマザーズになかったら更に売り込まれの肥溜めマザーズとなっていたのぉ。
    なので、個人的にサンバイオ以外のマザーズ銘柄は今は持っておらず。
    とりあえず、これから今日のクリスマス明けの米国市場でも眺めるか。
    トランプは悩みタネやなぁ、米国の本選挙による選挙人投票はイカサマと思うわホンマ。(苦笑)

  • しかし恐怖指数、ここ5日間でエラいこっちゃやなぁ。
    笑うしかないなぁ。(苦笑)
    これでは当面、リスクオンは望めん。
    ヘッジかけた打ち込み取引が売りに動けば売りが売りになるかもしれんなぁ。
    更にヘッジファンドも年明けからの解約売りが出てくると考えられるから、
    とにかく目先の相場は楽観視せいへん方がエエなぁ。

    とりあえず、
    まだ慢性期脳梗塞の治験結果まで時間があるから地合いから下り続けるようならば買い増し準備アップを考えておくかのぉ。


  • 【東京証券取引所が20日発表した12月第2週(10~14日)の投資部門別売買動向で、海外投資家は1613億円の売り越しだった。18年の売越額は5兆円を超え、ブラックマンデー暴落があった1987年(7.1兆円)以来の規模になる。世界的な金融危機に見舞われた08年(3.7兆円)も上回る水準だ。】

    今年は外人軍団による売り越しがエグい年やのぉ。
    これじゃ、追証回避祭りで投げ売りも当然やな。
    安倍晋三!経済政策の停滞を払拭する矢を放たなぁアカンなぁ。

    また、森社長は11月1日の前にさっさとワラント完了させて良かった。
    この年末に増資の贈り物では空売り業者への空売り好機プレゼントとなるしなぁ。(苦笑)

    更に、TV出演にて今後のプロジェクトに向け十分に資金調達が出来て当面増資予定なしと解説委員による最後の問いに答えたのは良かった。
    これで信用整理がガッツリ進んだ場合には、
    脳梗塞治験結果開示からのヤレヤレ売りからの重い重い上値の重しが軽くなるからのぉ。

    今回の番組は中流層以上の視聴者層と考えられるから拒否反応がない脳の特殊を捉えての価格を抑えた量産化の細胞薬をアピール出来たのはエエ事やな。
    その層なら、己や身内に対し回復を望む思いから治療費は出せるからなぁ。

    それと、まだまだ恐怖指数が警戒値を彷徨う相場だから自力反発してもプログラム設定によって下落の繰り返しの恐れがあるから買い増ししたいホルダーは各々の判断でやなホンマ。

  • 薄皮一枚で25線に乗せてフィニッシュやなぁ。
    とりあえず、これから始まる黒田総裁の会見でも見るか。

    明日は、明日の相場に聞かんと分からんホンマ。(苦笑)
    その前に、安倍晋三!消費税アップ撤回せいや!
    今年3月の下落ネックライン超えて下がるでしかし!(苦笑)

  • 今日も一昨日と同様に大寒波相場やなぁ。
    時価総額5千億超える東一のペプチドリームも売られおるのぉ。
    バイオ銘柄でガツンと上がっておるのは、ガン研究や特許取得など材料発射銘柄のみ。

    この行先寒い年末相場では、
    とりあえず配当も望めん銘柄でガツンと利益出しておったらそれなりに売られても仕方ないのぉ。

    悪材料が出て売られている訳でもないから、今のところ焦る必要もないだろう。

  • 何、、、森社長TV出演するんか。
    決算通過後にTV出演とは、森社長もやるのぉ。
    11月1日発射の材料が効いたなぁ。
    とりあえず、観るしかないな。
    企業カラーである緑のネクタイでなく緑のジャッケットとかやったら、
    森社長やる気モードマックスと見てエエのか?そう言うキャラでないから羽織らんか。(苦笑)

    兎にも角にも、ブレない事業戦略を世の中に向けてプレゼンする事はエエやんなぁ。
    この前と雲行き違ってブレる発言の連発では待ち望む患者と株主を裏切る行為になるから、とにかくブレない綿密な事業戦略と財務状況及びSB623のポテンシャルを十分に理解出来る内容を解り易い言葉で発信するればエエなぁ。

    某そーせいとか、阿保の俺には内容があまり理解出来ず保有出来んかったわホンマ。
    今の時価総額でも、某そーせいとか安いのか?高いのか?分からん。(苦笑)

  • おっ、踏ん張りおるなぁ増し担解除効果か?知らんけど。

    また、昨日にレポート開示やったんやなぁ。
    しかし、決算後に速やかに開示はエエやんなぁ。
    あとは、慢性期脳梗塞による結果公表は待ち遠しいのぉ。

    慢性脳梗塞を対象としたSB623の第1,2a相では、
    主要評価項目であるFMMSのベースラインからの改善量が6ヶ月、12ヶ月時点で10-12点。
    これよりも条件が24週時点と厳しいかった外傷性脳損傷で8.7点との改善結果を出して、SB623が予想外に安定した改善効果があることを示したって事は。

    こりゃぁ侮れなく、慢性脳梗塞を対象とした第2相治験も同じような安定した改善効果があると期待してしまうところやなぁホンマ。
    兎にも角にも、保有実績と待ち望む患者の為にもSB623に経営資源集中やなホンマ。

  • 森社長、ワラント発射効果が出た財務体質の向上やなぁ。
    自己資本比率と現金預金がリッチマンやなぁ、賞与引当金もいったれいったれやなぁ。
    更に、赤字縮小は誠にエエやん。

    これで、再びメガバンクへと脳梗塞治験結果を武器に更なる融資交渉も挑める。
    自己資本比率はガッツリ低いわ現金預金も空欠でボーナスもスタッフに出せんでは、
    メガバンクも研究費と自販インフラ構築費用の融資が更に欲しかったら、
    先ずは赤字縮小の経営手腕を見せて増資を敢行し財務体質強化をはかってから出直して来いと門前払いやでホンマ。

    とりあえず今後も、森社長の経営手腕には注目するしかないなぁホンマ。

  • 昨日、恒例のリポートが開示されておったんやなぁエエ事やん。

    しかし、再生医療による市場は今後も侮れん規模やんなぁ。
    サンバイオは未だに控えおる開発品もあるから、
    森社長もまだまだ研究費もガッツリ欲しいところやなぁ大変やで経営者は。

    兎にも角にも、脳梗塞の治験でも優良な結果を叩き出し上市保有実績を成し遂げ。
    他の開発品も上市に繋がる研究開発を成功させて欲しいところやなぁホンマに。

    それと、メジャーSQ週間で更に米中関係から欧州までボロボロの外部環境下では目先株価¥10,000とか御花畑にも無理あり静まった方がエエ。
    こんな売りが売りを呼ぶ環境では、
    利益が出ている銘柄も損失補償から売りが優勢になってもおかしくはないやんなぁ。
    ネックラインで買われてくるか?否か?が今は大事。
    とりあえず、焦ることもないなぁ。

    毎日、壊れもんのレコーダーみたいに上がる上がると御花畑が完全に鎮まった頃には?
    総悲観から売られ過ぎの頃合いとなり反発相場含めて買われくるやろ多分?

  • しかし、相変わらず中国企業も信用ならんなぁ。
    米中首脳会談後、
    ファーウェイは何をしとんねん法はあって無いもんやなぁ。(苦笑)
    森社長も、中国はホンマ慎重に考えんとな。
    国内自社販売インフラ構築出来たら中国からの引き合い拒否し、国内から中国へとSB623輸出するでくらいでエエなぁ。

    そんなほぼ全面安の地合いの中で、窓を閉める型になったんはエエなぁ。
    ここ3カ月で上昇率200%のサンバイオ、
    地合いが悪い時には空いた窓はガツンと閉めたらエエ。
    空いた窓は心理的ポイントとなるだけに特に地合いが悪の環境だと心理は大きく働く、
    その後に市場が売られ過ぎと判断した場合には自然に買い上げるからなぁ。
    とりあえず慌ててることもないやろ、
    三菱グループによる融資から弾き出したレーティング内容までイカサマでない限り。

    そして、決算は来週やなぁ。
    森社長、財務基盤も気を付ける経営者だから財務状態は気になるところ。
    自社販売まで手がけるには銭も大いにかかる研究費も大いに必要、
    そこで財務状況を気を付けておけば再びの増資でなくメガバンクからの追加融資も効くやろう多分。

  • お華ちゃんは、相変わらず元気か?
    SB623無事上市を果たしたら、京都巡りでもしようと思う。
    しかし、インバウンドで京都もホテルラッシュやなぁ。

    あと、やまびこのうどんは美味いかのぉ。
    お華ちゃんが美味いと推しならば喰ってみるか。

  • 全く、日本の処方薬は想定内に中国でも人気やなぁ。
    横流しする日本の業者も業者でアカンでしかし。(苦笑)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00050070-yom-soci

    しかし、今回の医師からも信頼がある専門誌への論文掲載から。
    今後に控えている慢性期脳梗塞による治験結果で驚異の数字を叩き出したら、
    世界中の医師からもSB623上市は?いつ頃なんや?となるかのぉ。

    とにかく、
    医師や患者から「裏切られた」という気持ちにさせんようSB623で実証しなくてはならん。

    森社長たちも十分に理解し日本で上場を決意したと思うので、
    早期承認制度は製薬会社以外にもリスクを負わせた上で製薬会社は新製品の有効性が明確になる前から収入が得られる新制度やからホンマに下手は打てん。
    それだけにSB623には期待したい、俺も世話になる可能性があるからなぁホンマ。

    にしても、テルモのハートシートはエラく高いのぁ1500万。
    こりゃ、、、厚生労働省も保険適用の判断も下すわなぁ。
    SB623は価格からも世界中の患者へと貢献出来る可能性がある細胞薬やなぁ。

  • それと、月足も見てみぃ。
    出来高を伴った火柱おっ立ちのサンバイオ、当たり前のように調整期間突入あってもエエやんなぁ。
    少しでも下落が嫌気ならば、速攻に売り捌き他銘柄へ行った方がエエやんホンマやでw

    ここから25日線落下まで押すようならば、余力から再び買い増しとこか。

本文はここまでです このページの先頭へ