ここから本文です

投稿コメント一覧 (8976コメント)

  • お昼(Ф_Ф)/にしましょ🍜🍵

    ガルニャモ マンペイサン ミテルノ バレバレ😁😁😁ウシャシャシャ

  • >>No. 32179

    笛吹さんこんにちは♪

    おっしゃる通りでございます。
    トリケミバスは、通行禁止の危ない崖っぷちを走ったり、チェーン無しで夜明けのアイスバーンを走ったりしません。
    置いて行かれても、必ずバックして戻ってきてくれます。
    そして、目的地まで安全に連れて行ってくれます。
    たまに、大勢を迎えに行くため、かなりの距離を戻ることがあります。

  • >>No. 32176

    ガルたんおはようございます♪

    pon サマ マンペイサン ジョウタイ😁
    おしっ!張り切ってまいりましょ(^^)/😶🍵 ワタシモ オチャノモ。ズズズズ

  • ★文字数制限のため、朝刊を3
    回に分けて投稿します。続きです。
    _______________________________
    東証一部の騰落レシオ(25日)をお伝えします。
    ※( )内は日経平均株価
    12/3 123.40(22,574)
    12/4 118.26(22,036) 
    12/5 107.29(21,919)
    12/6 96.10(21,501)
    12/7 96.70(21,678)
    12/10 86.87(21,219)
    12/11 84.50(21,148)
    12/12 87.79(21,602)
    12/13 92.22(21,816)
    12/14 82.04(21,374)
    12/17 79.36(21,506)
    12/18 74.53(21,115)
    12/19 78.55(20,987)
    12/20 74.23(20,392)
    12/21 68.95(20,166)
    12/25 65.64(19,155)
    12/26 68.49(19,327)
    12/27 76.17(20,077)
    12/28 77.88(20,014)
    1/4 72.71(19,561)
    1/7 77.53(20,038)
    1/8 76.21(20,204)
    1/9 74.85(20,427)
    1/10 70.96(20,163)
    1/11 69.44(20,359)
    1/15 68.88(20,555)

    ※騰落レシオとは、売られ過ぎ買われ過ぎを見ようとする指標です。
    ・レシオ120%以上は、要警戒天井圏で、市況は目先反落する事が多いです。
    ・レシオ70%前後は相場の底値圏となり、市況はその後上昇に転じることが多いです。
    ・底入れ(下げ切って上昇に転じること)の時は、50%まで下がることが多いです。
    ・50%から反転し上昇幅が拡大する場合、近い将来相場は大きく人気づくと見られます。

    EU離脱案が否決されましたね。
    これでまた、英国での政治の混乱が長引くでしょうね。
    このことがヨーロッパ全体、引いては世界全体の均衡を崩してしまわないことを祈ります。
    それでは今日も力強く行きましょう!

  • ★文字数制限のため、朝刊を3回に分けて投稿します。続きです。

    ヨーロッパ市場ですが、軒並み高です。中国が、米中貿易摩擦による打撃を和らげるために景気刺激策の導入を表明したことが、相場を押し上げました。特に、テクノロジーや工業、自動車など、通商政策や中国への輸出に業績が左右される部門が、値を上げています。自動車・部品株指数は0.44%上昇し、2018年12月5日以来、約6週間ぶりの高値を付けました。フランスの自動車大手PSAグループ(旧社名:PSAプジョーシトロエン)が、18年の乗用車・バンの世界販売が過去最高を記録したと発表したことで、自動車メーカーが中国需要の鈍化による打撃を受けているとの懸念が、後退しました。

    一方、イタリアの銀行株指数は2.00%低下です。欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏の銀行に対し、不良債権を処理するための資金を積み増すように要請する、との報道が嫌気されました。【出典:Reuters】
    VSTOXX欧州恐怖指数は16.93(-5.39%)です。


    昨日の日本市場ですが、日経は続伸です。14日発表の12月中国貿易統計で、輸出入が予想外に減少。世界景気に対する警戒感が広がる中、米国株安を引き継ぎ朝方は安く始まりました。ただ、円相場が弱含みで推移したことが支えとなり、指数はプラス転換、上海株の上昇も追い風となり、上げ幅は一時200円を超えました。

    市場では「中国の景気対策に対する期待も出ているが、基本的には売られ過ぎの修正だろう。日経平均ボラティリティー指数が低下し、リスク回避姿勢が緩和している」「落とし過ぎたポジションを修正するための再投資の動きがみられる。貿易摩擦が続くなか、日米中はいずれも内需刺激的な政策に走らざるを得ない。当面は対策期待も相場の支えになりそうだ」「弱含みの円相場に連動する先物買いに加え、リスクパリティ系ファンドのヘッジ外し等に伴う買い戻しの動きもあるようだ」「英国のEU離脱を巡る議会採決を控えているが、否決後のシナリオが不透明。『考えても仕方がない』として買いに動く投資家もみられたが、ここに来てさすがに様子見の雰囲気が強くなっている」との声が出ていました。 【参考:Reuters(マーケットアイ)】
    日経VI恐怖指数は22.68(-3.78%)です。
    東証一部の売買代金は2兆4613億円でした。

  • みなさんおはようございます。

    今日は急速に発達する低気圧の影響で、北日本は冬の嵐に注意が必要です。北海道では暴風や猛ふぶきに警戒してください。晴れ間の戻る太平洋側も、風が冷たく感じられそうです。【出典:Yahoo天気予報】

    アメリカ引けました。
    ダウは24,065.59(+0.65%)です。
    ナスダックは7,023.84(+1.71%)です。
    CME日経先物、昨日の日経終値より現在約60円下げています。
    為替は現在ドル円で108.72円です。
    原油価格(WTI)は反発で、現在1バレル52.09$です。

    ダウは3営業日ぶりに反発です。主力ハイテク株が軒並み買われて、投資家心理が改善しました。市場予想を上回る四半期決算を発表した、医療保険のユナイテッドヘルス・グループが買われ、指数を押し上げました。中国政府が景気対策に動くとの期待も、相場を支えています。もっとも、米政府機関の一部閉鎖の長期化や英国のEU離脱問題などの不透明感は根強いです。米中貿易協議の行方を見極めたいとの姿勢も相場の重荷になり、ダウは下げに転じる場面もありました。

    ナスダックも反発で、2018年12月中旬以来ほぼ1カ月ぶりに7000台を回復しました。値上げで収益拡大の期待が広がったネットフリックスが大幅に上昇し、アマゾンやアルファベット(グーグル)などに買いが波及しました。【出典:日本経済新聞】
    SOX(フィラデルフィア半導体)指数は1,197.03(+0.23%)です。
    VIX恐怖指数は18.39(-3.57%)です。

    ★尚、先ほど英議会下院が、EUからの政府離脱協定案を、反対多数で否決しました。採決は202対432でした。与野党双方からの離脱案への反発が収まらず、230票差という大差での歴史的な否決となりました。否決の直後、野党第1党の労働党は内閣不信任案を提出しました。英国政治の混迷は深まり、EU離脱の行方は一段と不透明になりそうです。【出典:日本経済新聞】

  • >>No. 32168

    そうですね、そのお気持ち、なんとなく理解できます。
    ドラマを見るのは結構パワーを使いますし、実生活が波乱万丈だと、どうしてもドラマが作り物で、薄っぺらく感じてしまう時もあります。(私の場合、今まで何をやらかして生きてきたのかって話ですけれど(笑))
    脳を休めてくれる、リラクゼーション音楽のような番組がいいですね。

    あともう一つよろしいですか?
    最近NHK連続テレビ小説の「まんぷく」にはまってるのですが、主役の旦那さんである万平さんとも、pon様は少し重なって見えてしまいます。チキンラーメンの開発者です。寝食を忘れて発明に没頭しているので、時々奥さんに注意されます(笑)。

  • >>No. 32161

    pon旦那様こんにちは♪

    お久しぶりでございます。
    お仕事がお忙しいとのこと、何よりでございます。
    そ、そ、それに、今をときめくAI関連の事業を手掛けておられるのですね。
    カッコいいです!
    妥協を許さず、何度も何度も試行錯誤を繰り返しながら、完成度の高い製品に仕上げていかれるのでしょうね。
    時々「pon様こそリアル下町ロケット」だと思うことがあります。
    まだまだ寒い日が続きますが、お風邪に気を付けてお仕事がんばって下さいね。

  • >>No. 32156

    笛吹さん

    こんなに貴重な情報を、惜しげもなくお教えいただき、誠にありがとうございました。
    これだけうかがっただけでも、トリケミの社長さんの自信が伝わってきます。
    momさんが半年前に株主総会でお聞きになった様子と、今日のお話と比較しても、会社の強気な姿勢にまったく揺るぎがないように強く感じます。

    大変関心のある濃いお話を聴きとって下さり、本当にありがとうございました。
    これだけのことを覚えて書き下ろせるのは、すごいです。
    さすがに、日々トレードで脳を鍛えてらっしゃるだけありますねwww

  • お疲れさま(Ф_Ф)/でしたー
    本日は+3.43%ですたー😆😆😊
    アスモ ガンバリマショー
    =====================
    【eワラント トリケミカル コール 第5回~第14回 デモトレード進捗状況】
    ★仮想トレードなので、実際にお金はかけていません。
    購入総額 1,489,250円
              (2018/08/31 第5回~第11回を10,000WRずつ購入)
              (2018/09/04 第5回~第11回を20,000WRずつ購入)
              (2018/09/12 第5回満期日 権利行使価格5,000円に至らず消滅(損失額ー5,700円))
              (2018/09/27 取得価格から30%上昇した価格で持ち玉すべて売却)
              (2018/10/09 第8回~第11回を前回利確した売値から10%下落した価格で、50,000WRずつ購入)
              (2018/11/28 第12回~第14回を10,000WRずつ購入)
               (2018/11/28 取得価格から30%上昇した価格で持ち玉すべてに売り注文)
               (2018/11/28 第14回取得価格から30%上昇した価格で売却)
               (2018/12/3 第8回~第11回取得価格から30%上昇した価格で売却)
               (2018/12/3 第12回取得価格から73%上昇した価格で売却)
               (2018/12/3 第13回取得価格から92%上昇した価格で売却)
               (2018/12/7 第9回~第14回を30,000WRずつ購入)
    評価損益(現在値)ー937,800円(前日:ー1,106,600円)
    資産合計(初期値は100万円)552,950円(前日:384,150円)
    デモトレード登録者間での成績順位(21位以下は非表示)不明(前日:不明)

  • >>No. 32152

    お返事ありがとうございました。
    この番組を視聴された笛吹さんはスゴいです!
    たまたまであっても、なくてでもです!

  • >>No. 32147

    うわー!! トリケミびっくりです。
    CNBC効果なのかなぁ。
    だとしたら、社長さんのお話がとてもポジティブな内容だったのでしょうね。

  • >>No. 32147

    笛吹さんこんにちは♪

    えっ?!そうだったんですか!
    見たかったなぁ。。。。

  • >>No. 32145

    ガルたんおはようございます♪

    さて、連休明けですね。
    おしっ!張り切ってまいりましょ(^^)/ズズズズ

  • みなさんおはようございます。

    連休はお天気に恵まれた所が多かったですが、穏やかな晴天はそう長くは続きません。今夜からは北日本で荒れた天気となり、明後日も北陸や北日本を中心に大雪やふぶきに注意が必要です。今日は、北海道の日本海側と太平洋側は、猛吹雪による交通障害に警戒が必要です。東・西日本は、午後はくもりや雨で、夜は標高の高いところは雪が降る見込みです。【出典:Yahoo天気予報】

    アメリカ引けました。
    ダウは86$安です。
    CME日経先物、昨日の日経終値より現在約260円下げています。
    為替は現在ドル円で108.17円です。
    原油価格(WTI)は続落です。現在1バレル50.63$です。

    ダウは続落です。中国の貿易統計を受けて、同国景気の減速懸念が強まりました。米主要企業の決算発表を控えて様子見姿勢が強まりやすい上、米政府機関の一部閉鎖が続き、米国政治を巡る不透明感が広がっていることも、相場の重荷でした。

    ナスダックも続落です。欧州の部品納入業者のさえない業績見通しを受け、アップルが下落、マイクロン・テクノロジーなど半導体株の下げも目立ちました。【出典:日本経済新聞】
    SOX(フィラデルフィア半導体)指数は反落で、1.55%上げました。
    VIX恐怖指数は18.80(+2.97%)です。


    ヨーロッパ市場ですが、ほぼ全面安です。中国の軟調な指標を受け、高級ブランドとテクノロジー銘柄が売られました。高級ブランド企業は、中国で急成長する中流階級の顧客による、ハンドバッグや宝石の需要に業績が左右されます。エルメスとグッチの親会社ケリング、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は1.6%から2.6%下落しました。

    テクノロジー株指数は1.48%低下、ただ、アップルに部品を供給する半導体大手ダイアログ・セミコンダクターは1.9%上昇、クレディ・スイスは同社が同業他社と比べて業績がはるかに良く、アップル以外の事業が好調だと述べました。【出典:Reuters】
    VSTOXX欧州恐怖指数は17.90(+2.76%)です。

    さて、3連休が終わり、今週が本格始動ですね。
    市場は円高傾向も相まって、日経は軟調のスタートとなりそうですが、落ち着いて行きましょう。
    空の方では、低気圧が急発達していて、特に北海道では荒れたお天気になりそうです。
    それでは今週も安全に行きましょう!

  • ★文字数制限のため、朝刊を2回に分けて投稿します。続きです。
    _______________________________
    さらに、インフルエンザ対策の驚きの“新常識”がこちら!↓

    <インフルエンザ対策には紅茶を飲むべし>
    ・ウイルスには「スパイク」という粘膜細胞に侵入するための突起がついている
    ・紅茶を摂取することで、テアフラビンという成分がスパイクをガードする→結果的にウイルスを“無力化”することができる!
    ・一部の研究では10秒でインフルエンザウイルス100万個を無力化。これは消毒液並みの効果!

    「緑茶もいいですが、紅茶の方が効き方が早いですね。ですが、紅茶でうがいしても感染予防にはならないんです。かかった人が飲むと口の中のウイルスが無力化しますから、人にうつさない」

    1時間ごとに少しずつ口に入れてくれれば、その人の口からウイルスが出てこないので、飛沫感染を防げる。
    そして一番のポイントは…「湿度40%以上でインフルエンザウイルスは死滅する」こと。

    「湿度が低い冬がインフルエンザの流行期です。湿度が低いとインフルエンザウイルスが非常に元気になるので、湿度を上げるのが最善です。例えば湿度50%だと3時間でウイルスは1万分の1に下がります。40%~70%以上に湿度を上げれば、それだけで部屋にいるインフルエンザウイルスは死んでしまいます」
    ====================
    毎年成人の日の新聞には、著名人等による「新成人に贈る言葉」がよく掲載されていますが、読むたび、気を引き締められる思いがします。
    年齢は逆戻りできませんが、初心に返ることはいつだってできます。
    新成人の方と一緒に、気持ちをリフレッシュさせたいですね。(ちとずうずうしいwww)
    それでは連休最終日、今週に備えて充電を続けて下さいね。

  • みなさんおはようございます。

    成人の日は広く晴れて穏やかな天気になりそうです。朝は東日本と北日本で冷え込みが強まるため万全な寒さ対策が必要です。日中は東海から西の地域で3月並みの気温の所が多くなりそうです。今週の気温は、ほぼ全国的に平年並みを少しだけ上回ったり下回ったりしながら、1月らしい気温となりそうです。ただ、この傾向は今月下旬になると変わり、寒波がやってくるかもしれません。【出典:Yahoo天気予報】

    インフルエンザが猛威を奮っています。一旦罹ってしまうと健康にも生活にも大きな影響が出てしまいます。インフルエンザの正しい予防・対策を知って、感染拡大を防ぎたいですね。
    ========================
    <インフルエンザ大流行!驚きの新薬と感染拡大を防ぐ身近な飲み物とは?>
    FNN PRIME (「直撃LIVE グッディ!」2019年1月11日放送分より)

    11日、厚生労働省よりインフルエンザ流行の最新調査結果が公表された。去年12月31日~今年1月6日までの一週間で、推計およそ58万6000人の患者が医療機関で受診し、去年の秋口からの累計受診患者数はおよそ165万人という結果。インフルエンザはまさに流行シーズンに入ったと言えそうだ。バイオメディカル研究所特別研究員・中山幹男医学博士が、注目の新薬“ゾフルーザ”をはじめとした、インフルエンザの予防と最新対策について語った。

    【抗インフルエンザ薬「タミフル」は…】
    ・「細胞内で増えたウイルスを他に移すこと」を抑制する薬
    ・2001年2月~販売開始
    ・1日2回×5日間服用を続ける
    ・ウイルス未検出になるまで72時間かかる

    【新薬「ゾフルーザ」は…】
    ・「細胞内でウイルスが増えること」そのものを阻止する薬
    ・2018年3月~販売開始
    ・服用は1回のみ
    ・ウイルス未検出になるまで24時間

    ゾフルーザは新しい薬のため、副作用のリスクや、ウイルス側がどのように耐性をつけてくるのかがまだ未知数の部分もあり、しっかりと考えて、医師と相談して服用するようにとのこと。

    「ウイルスの増殖を止めるので、画期的な薬だと思います。ただ、ウイルスの増殖を止めると体の中でウイルスが増えてませんから、インフルエンザに対しての免疫が出来ないってこともあるんです」

  • みなさんおはようございます。

    昨日は午前中に東京で初雪の観測があり、平年より9日遅い発表となりました。今日は高気圧に次第に覆われるため、全国的に曇りや晴れとなる見込みです。ただ、関東南部の沿岸部では朝まで、九州は午前中、北陸の東部は朝から夕方にかけて雨や雪の降る所があるでしょう。【出典:Yahoo天気予報】

    来週の相場ですが、日経は20000円台を固める展開が見込まれそうです。ダウは先週の5日続伸で、1315ドルも上昇したことで一服の可能性があり、そうなると、日経も伸び悩むことが考えられます。先の米中通商協議では明確な合意がなく、次回の主席交渉官協議へと持ち越しになりました。米予算を含む政府機関閉鎖、米金融政策、欧州政治リスクと不透明要因が重なる中で、日経は為替動向に影響を受けやすくなるでしょう。また、再来週21日はキング牧師誕生記念日で、米国市場は3連休になり、週後半は見送りムードが高まりそうです。ただ、日経は基調的には水準訂正高の動きが継続し、21000円近辺までは、年末に短期で急落した価格帯にあることから、戻りに弾みが付く可能性もあります。

    物色的には、主要3月期企業の第3四半期決算発表を21日からの週に控え、来週は4営業日であることも相まって、手掛かり材料に欠けるかもしれません。主要上場企業の第2四半期(4-9月)決算時の想定為替レートは1ドル約110円、12月調査の日銀短観による想定為替レートは1ドル109.41円で、現状はこれよりも円高となっていることから、ハイテク株等は買いが続きにくいかもしれません。米国では金融株を先陣に、決算発表が本格化します。尚、アップルの決算発表予定は29日です。決算を控えて大型株が動きにくい中、中小型株の個別株物色が継続されそうです。【参考:Fisco(来週の株式相場見通し)】
    それでは来週の日程を、簡単にお伝えします。

    14(月)成人の日(休場)
        露日外相会談
    15(火)英EU離脱合意案の議会採決
    16(水)11月機械受注(8:50)
    19(土)第1回TPP委員会(閣僚級)

    3連休、いかがお過ごしでしょうか。
    全国的に概ね良いお天気で、明日成人式を迎えられる方には、晴れ晴れしい門出となりそうです。
    成人式をとっくに過ぎた方も、明日は初々しくお過ごし下さいね。
    それでは、引き続き穏やかな休日をお送り下さい。

  • ★文字数制限のため、朝刊を3回に分けて投稿します。続きです。
    _______________________________
    東証一部の騰落レシオ(25日)をお伝えします。
    ※( )内は日経平均株価
    12/3 123.40(22,574)
    12/4 118.26(22,036) 
    12/5 107.29(21,919)
    12/6 96.10(21,501)
    12/7 96.70(21,678)
    12/10 86.87(21,219)
    12/11 84.50(21,148)
    12/12 87.79(21,602)
    12/13 92.22(21,816)
    12/14 82.04(21,374)
    12/17 79.36(21,506)
    12/18 74.53(21,115)
    12/19 78.55(20,987)
    12/20 74.23(20,392)
    12/21 68.95(20,166)
    12/25 65.64(19,155)
    12/26 68.49(19,327)
    12/27 76.17(20,077)
    12/28 77.88(20,014)
    1/4 72.71(19,561)
    1/7 77.53(20,038)
    1/8 76.21(20,204)
    1/9 74.85(20,427)
    1/10 70.96(20,163)
    1/11 69.44(20,359)

    ※騰落レシオとは、売られ過ぎ買われ過ぎを見ようとする指標です。
    ・レシオ120%以上は、要警戒天井圏で、市況は目先反落する事が多いです。
    ・レシオ70%前後は相場の底値圏となり、市況はその後上昇に転じることが多いです。
    ・底入れ(下げ切って上昇に転じること)の時は、50%まで下がることが多いです。
    ・50%から反転し上昇幅が拡大する場合、近い将来相場は大きく人気づくと見られます。


    3連休ですね。
    お正月明け直後に来るこの連休は、新年始動の緊張感を一服させ、とてもありがたいですよね。
    「二度寝」みたいな心地良さがあります。
    それでは、のんびりと連休をご満喫下さい。

本文はここまでです このページの先頭へ