ここから本文です

投稿コメント一覧 (130コメント)

  • 決算説明会資料を読んでいると、単なるⅠ民間企業というより、日本を代表する国策企業の匂いがしてくる。
    パネルから半導体へ。
    来年以降も大きな成長が期待できる。

  • >>No. 889

    > でも、山川社長の方針も非常に問題があります。
    > 2016年2月に指数関数的な成長をすると公言しているのの、肝心な部分である、時期と売上の規模について公にせず、2年間ずっと横倍のままなのですから。これでは、機関にやりたい放題にやられます。
    > 秘密保持契約の関係で公に出来ない部分があるのは仕方ないにせよ、そろそろ指数関数的な成長を遂げる時期や規模について公にするよう、伝えるべきかと思います。
    > 2019年3月までに、最低でも昨年10月から下落が始まる前の株価6,000円前後までは戻さなければ、ブチキレて良いのではないかと(悪い言い方ですが)。

    本当にその通りだと思います。
    公にした会社の資料で少なくとも「大型モジュール契約済」「千万単位の案件」「モジュール出荷開始済」など、相当前からささやいていながら、未だに年度想定売上すら公表しないその姿勢、それを棚に上げて東証一部上場基準を既に満たしているなどと、鞍替えをほのめかすNR。
    そういった広報の姿勢が株主軽視だと思うのです。
    ブチ切れ寸前、既にブチ切れた株主の大量製造にならぬよう、健全な経営をしてくれよ、山川さん。

  • 今日が決算短信発表だという事すら関心も無かったけど、相変わらずやな。
    でも、もう誰もここの決算に感心も注目もなくなってるんと違う?
    だから株価にも殆ど影響無いかもよ。
    あきれるなほんと。
    さんざん今まで期待あおるNRばかり出しておきながらこの体たらく。
    処分する気にもなれないので、当分塩漬けだ
    ほんと資産の無駄遣い、どうにかしてくれ。

  • >>No. 316

    > ブラックロックが約17億も投じて仕込んだブイ・テクノロジー。
    これは間違いだった。ブラックロックは凡そ28500円で252500株仕込んでいるので投資総額約71.9億だった。
    こんな巨額の投資、調べは十分つけたうえで投資したはずだから、今後35000は最低限狙ってくるくらいの仕掛け場面は必ずやってくる。
    それが明日からなのか、14日以降なのかは分らんが五月中には少なくとも30000は超えてくる。
    ホルダーは振り回されず握力強くにぎっておくに限る。

  • 気になる杉本発言。「売れないなら自分たちで蒸着まで事業化」

    =東洋経済=
    もう一つが有機EL用蒸着装置。中小型パネルを中心に有機EL化が進むと予想されている。独自に縦型装置の開発を終え、「売れないなら自分たちで蒸着まで事業化することも検討中」と杉本氏。自社技術に絶対の自信を示している。

  • > まあ、装置自体の売上じゃないから、そんなものでは?

    でも、「蒸着マスク」「蒸着装置製造」とあるので、単体の装置としては結構売上立っても良さそうだが?
    そもそも今までのファブレスで提供してきた「露光装置」と米沢で製造する「蒸着装置」ってどう違うの?
    「蒸着マスク」そのものの生産も今までは自社では手掛けて無かった物を今回初めて自社製造するってことだよね?

    また、今更だけどルミオテックって20億以上の赤字会社だけど、100%子会社にして大丈夫なのかね?
    本格的な売り上げ計上は20年度からという事なので、50億の新工場の設備投資と合わせこのあたりが今期の決算の足を引っ張らなければ良いが。

  • モルガンMUFG、24、25、26日と売り増ししてますね。今日もきっと奴らの仕業。彼らが本格参入してくると下げ一方のトレンドになるのは過去の経験より学習済。ここは特に執拗に売り増してくる。

  • ここはまだ機関のカラ売りが入ってないので、ホルダーがしっかりと握っていれば暴落することはありません。
    ただどこまで上がるかは、しかけている大口さんがいつまでいるのか、今後どれだけ人気が出るか次第です。
    放置しておいたままだと、結構出来高少ないので少しの放出で下げの雰囲気を作ってしまうので、注意が必要。

  • 日本電産のIR見ました。
    EVの車載モーターだけで今後2025年までに今の約5倍、600万台を想定。
    トラクションモーターで新規に2025年までに1000億円。
    とにかくすごい、2020年度までに小型モーター、車載モーター、家電、で各々6000億円の売上、総額2兆円を目指すそうです。
    当然のことながら、日本電産は小田原エンジニアリングの主要取引先の1つ。日本電産製の全てのモーターの製造過程で小田原の巻き線機が使われるでしょうから、日本電産だけでも相当量の納入が見込まれる。ましてや付き合いのある会社はトヨタ、ファナック、日産、三菱電機などキラ星の如く。

    末恐ろしい展開が想像できます。

    ■因みに小田原エンジニアリングの主要取引先
    トヨタ自動車
    アイシン精機
    日産自動車
    三菱電機
    ファナック
    日本電産
    珠海格力(中国)
    LG電子(韓国)
    台全電機(台湾)
    マクソンモーター(スイス)
    エマーソン(アメリカ) デンソー
    アイシン・エィ・ダブリュ
    日立製作所
    パナソニック
    マキタ
    シナノケンシ
    上海日立(中国)
    LGイノテック(韓国)
    威技電器(台湾)
    MES(スイス)
    ワールプール(ブラジル) アスモ
    愛三工業
    東芝
    ダイキン
    マブチモーター
    明電舎
    美芝(中国)
    三星電子(韓国)
    瑞智精密(台湾)
    ビューラー(ドイツ)

  • DMPは赤字会社なのに15000超えてる訳で、株は瞬間的には期待値に対するマネーゲームだからブームが来れば上がる。去年のJIG-SAWなど、通期営業利益2億しかないのに24000円まで上がるわけです。
    それに比べればここは新興ではなくそれなりに利益を上げている会社なのでまだ期待が持てます。
    しかし、いづれ株価は適正値に収束していくものでもあります。
    どこで見切るか、正に欲と理性の戦いです。

  • 別に機関の空売り入っている訳でもないのに、なぜこれだけ信用買い増えても上がらぬ??
    誰が押さえつけてるのかね?
    2Q発表後に売り込んできた輩と同一だろうが・・・・

  • > かぶたんでも初めは100億円の記事が載っていましたがしれっと訂正されていましたね。四季報でも10億円。100億円は桁が違いすぎて信憑性のないミスですね。実際100億円いくならこの上昇じゃすまないでしょう。


    1)血糖値用は米国で承認、下期から引き合い急増、来期は倍増ペース。
    2)カテーテル用マイクロ圧力センサーは18年春から販売。
    3)EV用はテスラ社に納入開始
    これを見ると、来期は大幅に新規販売、引き合いが増えそう。と思いませんか?
    今期でもひょっとしたら10億は達成可能かもしれず、来期100億もまんざらでは?と思って買った人も少なからずいるはず。
    シレっと訂正では済まない!公の場で謝罪してもらいたいね。
    まっ、仰る様に100億の営業利益が正だとこんな株価では収まらないでしょうが・・・・

  • > 【医療用センサーで業績成長加速】
    > 温度センサーの専業メーカーで企業の設備投資需要の拡大を追い風に受注を伸ばしている。需要先は自動車やOA機器、家電、医療向けなど多岐にわたるが、今後期待されるのは血糖値用センサーなど医療用で来期の業績に寄与しそうな点である。18年3月期業績は営業利益段階で前期比31%増の9億5000万円と前期に続き大幅な伸びを見込んでいる。また、来期営業利益については10億円台乗せが有望視される。

    ⇒いつから来期営業利益予想が90億もへったのか?
    10億なんて場合によっては今季達成可能な数字ではないのか?
    これは大きなミスリード、誤報ではないのか?
    https://s.minkabu.jp/stock/6626/pick/10000000002116854

  • えっ?JIG-SAWってサーバー屋さんでしょ。
    バイオグラスなんて特許もとってるけど、これは主たる研究は岩手大の研究室がしてるわけで。
    サーバー監視数増やして、問題がないかどうか24時間体制でチェックするビジネスモデルだから、大した技術必要ないし、400万もあれば札幌ならソコソコ人集まると思うけど。
    そういえばLitmusとRohmとでファクトリーオートメーションの提携したみたいだど、JIG-SAWも当然絡んでるだろうから、また接続ポイント増えて忙しくなりそうだね。

  • Google翻訳の直接の掲載はやめましょうよ。いくら精度が上がったとはいえ、意味わからない文は原文読んだうえで解釈加えてください。
    > Litmus AutomationのCEO /共同設立者であるVatsal Shah氏は、「日本は製造業と自動車産業の強みを基盤とした当社の重要な市場機会であり、今年は大きな進歩を遂げることができました。 「われわれは、日本でのIIoTの導入の需要が増えていることを認識しており、その需要を国内で確固たるものにすることができた」
    “Japan is a key market opportunity for us based on the strength of the manufacturing and automotive industry and we’ve been able to make significant progress there this year,” said Vatsal Shah, CEO/co-founder of Litmus Automation. “We are seeing an increased demand for IIoT enablement in Japan and we have been able to meet that demand with a solid presence in the country.”
    最後の行なんか、全然意味が違いますよ

  • 私もJPMの動きには気を付けています。
    株価はほぼJPMの空売り動向にリンクしています。
    まず去年6月の高値を付けた後の6/16に再IN。
    それ以降、10/11の124950株まで売り続けています。
    特に1Q発表後の8/14、2000円下落した日など19000株も売り込んでいます。
    10/12以降徐々に買戻しはじめ、11/13に34000株まで減らします。
    これはブイテクが徐々に値を戻した時期と重なります。
    ところが11/14よりまた売りに転じます。
    特に1000近く下落した2Q発表後の11/29など24000株売り込んでます。
    それから年末まで売りは続き現在約120000株の残高。
    この間のブイテクの株価の動きとほぼ一致します。
    野村、jane、スイスはすでに撤退し、ドイツの動きも微妙ですが現在残っている空売り機関のうち大口はJPMで、彼らの出方次第で株価の動向が決まるとみています。
    春先から6月にかけてあげてくると思いますが、そのころには金利や朝鮮問題含めた外部環境の動きもあり、予断は禁物。
    さて、どうなるか?

  • すっかり忘れていたが、スイスは相変わらず相当数の売り残抱えて積み増ししてるのね~。
    モルガン撤退モードの中、GS、nomuraと並んでいまだに10万株以上の売り残抱えて強気だね。
    この三社が完全撤退モードに転じない限り、個人がいくら買いあおってもどうしようもないね。

  • そうはいっても、1000万個レベルのキャリアグレードの契約済と公表はされている。
    ソフトバンクは太陽誘電+Altairだし、ドコモは多分ない。だとするとKDDIというのが妥当だと思うがにゃ。

  • > KDDIの通信モジュールについて
    > ●KDDI通信モジュール
    > 京セラ(CAT-3あたりと思われる)とセイコーソリューションズ(CAT-1)の2種類3型番
    > ttp://www.kddi.com/business/mobile/m2m-solution/domestic-m2m/product/
    > よほど秘密にしておきたいようだが、セイコーのCAT-1は関係3社の同一タイミングでのNRからしてJIG-SAWが開発(エンジニアリング)したものと思われ、通信チップは諸情報から考えてAltairと考えている。

    jun emiが、8/30日のツイートで思わず「ついに!」と絶叫?しているところを見ると、このセイコー製KDDI用モヂュール「SKM32」は、JIG-SAW・MOBICOM・Altair連合が絡んでいそうだにゃ。これが数千万個レベルプロジェクトだろうにゃ。
    でもその場合どれくらいのデータ監視がJIG-SAWに回ってくるのかにゃ?
    それ次第やな。
    山川はん、早う数値公表してや?せやないと、ワシの信用金利かさむ一方やけ。
    頼むで、11月中旬の3Q発表。
    それまでに徐々に株価は買戻し捌きながら上向いてくると思う。

本文はここまでです このページの先頭へ