ここから本文です

投稿コメント一覧 (112コメント)

  • >>No. 467

    そうはいっても、1000万個レベルのキャリアグレードの契約済と公表はされている。
    ソフトバンクは太陽誘電+Altairだし、ドコモは多分ない。だとするとKDDIというのが妥当だと思うがにゃ。

  • >>No. 333

    > KDDIの通信モジュールについて
    > ●KDDI通信モジュール
    > 京セラ(CAT-3あたりと思われる)とセイコーソリューションズ(CAT-1)の2種類3型番
    > ttp://www.kddi.com/business/mobile/m2m-solution/domestic-m2m/product/
    > よほど秘密にしておきたいようだが、セイコーのCAT-1は関係3社の同一タイミングでのNRからしてJIG-SAWが開発(エンジニアリング)したものと思われ、通信チップは諸情報から考えてAltairと考えている。

    jun emiが、8/30日のツイートで思わず「ついに!」と絶叫?しているところを見ると、このセイコー製KDDI用モヂュール「SKM32」は、JIG-SAW・MOBICOM・Altair連合が絡んでいそうだにゃ。これが数千万個レベルプロジェクトだろうにゃ。
    でもその場合どれくらいのデータ監視がJIG-SAWに回ってくるのかにゃ?
    それ次第やな。
    山川はん、早う数値公表してや?せやないと、ワシの信用金利かさむ一方やけ。
    頼むで、11月中旬の3Q発表。
    それまでに徐々に株価は買戻し捌きながら上向いてくると思う。

  • ここ二ヶ月の株価の動きは、なんだかんだ言いながらも6000台をキープしてきたそれまでの1年の動きと明らかに変わっている。北問題もはらみながらも業績期待があるにも関わらず、800円下げている。この間空売り需要の増で、貸借銘柄ではないJIG-SAW株はその需要に応えるために、SBIの貸株を利用して売られた。その為大量報告として発表されるまで残高が膨らんだ。
    一方、空売り需要は増えているにも関わらず、貸株金利は下がってきている。
    この矛盾はどう説明すればよいのか?
    とりあえず貸株金利下がってはきているが、まだ圧倒的に他にくらべて高いので、貸株にでも出して金利を得るとともに、そろそろ指数関数的な値上がりも期待できそうな環境も整ってきたので、将来値上がり期待も含めて純投資しておくか?
    というのりで、貸株に出し値上がりも期待する現物投資のダブルゲイン狙いの投資家が増えた。
    そんな感じではないか?

  • モルガン、昨日から空売り入って来てるのね~

  • 14年度決算と16年度決算比べて、売上約2倍、経常利益約4倍に増えてる超優良企業。
    既に今年度第二四半期だけで去年度の同時期の売り上げの1.4倍達成、純利益は2倍。
    いいんじゃない?

  • GSは7月の1か月で98,892株買い戻しています。
    その間の株価上昇は、6360⇒6630(+270)と実に巧妙に吊り上げることなくジワジワと。
    彼らが売り仕込んだ大半の価格帯は去年の4/13~19の19,000~23,000前後で十分すぎるぐらい利益が乗っています。
    なぜ1年間も寝かしておいた売り玉(これは裏を返せば寝かしておくことで貸株利息を高く抑え売りを減らす目的ともいえる)を、ここにきて急速に価格を吊り上げることなくジワジワ買い戻しているかを考えると、今後の上昇期をにらんだ戦略と言える

  • GSの買い戻し、非常に注目してみています。
    ほぼ最高値近辺で大量に売りを入れたものが大半を占めているので、十分利益が乗っているはず。
    それを1年以上保持し続け、この時期なってジワジワ継続的に買戻しを入れています。
    意図としては、単なる買戻し以上に、指数関数的な右肩上がりの売り上げの起点でもあろう2Q決算を踏まえ、上昇相場をつくろうとしている様に思えます。
    仕込み時期と考えて良いでしょう。

  • ここの現状は、値上がり期待よりも、現物で貸株に出して貸株金利で儲けている人が多いんだろうな。
    100株持っているだけで概ね8000/月入るわけで、値上がり多かったりして。
    だから業績伴わなくても、売る人少なく株価も高値安定。
    問題は業績出てきて、信用売りが減って貸株金利が下がり始めた時、かなり乱高下始まるんだろうな。
    そんなXデーも徐々に近づいてきている予感

  • >>No. 585

    貸借比3倍じゃまだまだ売り機関に狙い撃ちされるだけやな~
    1.5~1.8位まで下げてこないと上向きには転換しないね。

  • その1600株から600株いただきました。

  • 「1/9」になるというのは、あくまで既存のラインで使えるからで、既存工場で新規にラインを入れかえるのに比べてコストが1/9で抑えられるという意味です。
    住友化学の「1/2」は蒸着装置そのものと比較した場合の製造装置の単価比較なので、今後中国などで期待される新設工場などでは、当然設備投資が安くて済む印刷方式の採用が進む可能性が高いと思います。

  • 買いが膨らみすぎたから指定されたのでは?
    だとすると買い方不利でしょ。

  • 連日こんなに機関が売り込んでいては、上がるわけがない。
    今日も相当売り込んでいるだろうから、しばらくは上向かない。

    06/29
    モルガン・スタンレーMUFG 107,780株 -5,800

    06/28
    JANE STREET GLOBAL 44,714株 +8,100
    JPモルガン証券 50,150株 +12,700
    モルガン・スタンレーMUFG 113,580株 +18,500
    Merrill Lynch 35,800株 +6,300

    06/27
    Credit Suisse Securities 36,670株 +7,800
    JPモルガン証券 37,450株 +5,100
    Merrill Lynch 27,500株 +2,000

    06/26
    Credit Suisse Securities 28,870株
    JANE STREET GLOBAL 36,614株 +6,200
    モルガン・スタンレーMUFG 95,080株 +16,500
    Merrill Lynch 27,500株 +1,900
    ART International 44,700株 -4,700

  • 本日の株価
    安値19850
    高値20450
    終値20350

  • 昨日はまんまとハマってしまった。あの寄りから30分の下げを見てビビった人も多かったのでは?私もこりゃ調整売り仕掛けが半端ないなと思い、その時点(21750)で持玉すべて利確。昼間で様子見ていたが、どうも買い優勢に思えたので(22150)でまた買戻し。さや(350)ミスミス捨てる羽目に。
    暫くは買い方向で中期に構えていた方が正解かな?と反省。

  • 寄りで上げてその後下げるパターンは昨日で終わりでいいですね?

  • 改めて空売り銘柄ランキングを眺めていたら、一銘柄に入っている空売り機関ランキングでブイテクは9機関が参入しており、全銘柄中堂々の4位。
    空売り比率ランキングでも堂々の14位。
    明らかに信用比率いびつな所を狙った機関の崩し売り局面に入ってる。
    去年の8月の下落相場の時でさえ約2倍。それが今や4倍。
    こりゃ、上がりたくても上がれない訳だ。

  • 世の中きな臭い動きになってきたね。
    ブイテクの上げ下げに一喜一憂してる場合では無いのかも知れない。
    米国のシリアへのミサイル攻撃は、単に中東だけの問題だけでなく、北朝鮮への威嚇で見ある。
    11日 北朝鮮で最高人民会議
         →核開発や経済建設で文書採択など焦点
         金正恩委員長が党第1書記就任5年
    15日 故金日成主席誕生105周年→最大の記念日の一つ。軍事パレードか?
    25日 朝鮮人民軍創建85周年
    5月9日 韓国大統領選投開票日
    と朝鮮半島では警戒すべきイベントが目白押し。
    韓国大統領選で有力候補の文在寅氏は北朝鮮に対し融和政策をとるらしい。それを米国は黙って見逃すわけにはいかず、
    大統領選までの間の一ヶ月のうちに、北朝鮮の動き次第ではトランプ政権が「北朝鮮に対し事を起こす」可能性も十分有り得るとの観測もある。
    そうなると、もはや株式市場は底が抜ける。

    その地政学上のリスク回避の売りが続くとの予想もあり、そうなるとブイテクも好景気に浮かれてる場合では無くなる。

  • 同じく昨日シャープに切り替えたら、今日はシャープもさんざん。
    しばらく日本株全体がやばそうな雲行き。
    そんな逆境で踏ん張ってるのは任天堂か?

  • 5000までは行くと思っていたが、アメリカ下がり、為替もここまで円高進むと流石に厳しいね。先週損切で逃げといて良かった。

本文はここまでです このページの先頭へ